SMBCモビットの審査基準を徹底調査!審査に落ちる人、審査に通る人の違い

更新日:

電話連絡なしで審査が可能なことから、人気の消費者金融であるSMBCモビット。

竹中直人さんと夏菜さんのCMも絶好調で、今後もどんどん業績を伸ばしていくと予想されます。

そんなSMBCモビットですが、使いたいと思っても審査に通過しなければ利用できません。

はたしてSMBCモビットの審査では、どのようなポイントが見られるのでしょうか。

こちらの記事ではSMBCモビットの審査について解説していきます。

SMBCモビットの申し込み方法

まずはSMBCモビットの申し込み方法別に、申し込み方法を紹介していきます。

自分に合った申し込み方法を確認していきましょう。

インターネットから申し込みする方法

まずはインターネットからSMBCモビットに申し込みをする方法です。

パソコンやスマートフォンを利用した申し込みは近年かなり整備させてきましたが、SMBCモビットは他社にはないサービスを展開しています。

それはWEB完結という仕組みで、この仕組みを利用するとローンカードの郵送と電話連絡がなくなるというもの。

ローンカードの郵送がないということは手元にカードがないので、同居している人にSMBCモビットの利用がばれる可能性が下がります。

また電話連絡もなくなるので、職場の人にSMBCモビットの利用を気づかれることもありません。

WEB完結申込みはバレにくい

このように周りの人にSMBCモビットを利用していることを、ばれる可能性を極力まで低くしたサービスがSMBCモビットのWEB完結です。

消費者金融は法律にのっとった会社ですが、社会的なイメージがいいとは言えません。

そのため使っていることが周りの人にばれたくないという人も多いのではないでしょうか。

そんな需要に対して応えたSMBCモビットのWEB完結は、とても素晴らしいサービスだと思います。

ちなみにローンカードの郵送をしてほしいという人については、郵送してもらうことも可能です。

WEB完結を利用する場合いくつか条件はありますが、難しいものではありませんよ。

自動契約機から申し込みする方法

SMBCモビットへの申し込み方法としては、自動契約機から申し込みをするという方法もあります。

自動契約機は三井住友銀行内に設置されているものと、SMBCモビットが独自に設置しているものがあります。

自動契約機に入るとオペレーターの人と電話がつながり、オペレーターの人と話しながら手続きを進めていきます。

途中わからないことがあればオペレーターの人に質問できるので、不安な点がある人にはオススメの方法ですね。

また自動契約機からの申し込みは、土日でも対応しています。

インターネットからの申し込みの場合、融資を受ける方法は銀行振込が一般的です。

全銀システムのシステム拡大により、現在SMBCモビットは24時間いつでも3分で振込融資が可能です。

また、自動契約機からの申し込みの場合、その場でローンカードが発行されて併設されているATMから融資が受けられます。

自動契約機の営業時間は9時から21時なので、営業時間内に審査が完了すれば、土日でも融資が受けられるという訳ですね。

インターネットはとても便利ですが、自動契約機を利用した申し込みにもメリットはありますので、必要であれば利用していきましょう。

SMBCモビットに申し込みするときに用意する資料

それではSMBCモビットに申し込みをするときに、用意しなければいけない資料はどのようなものがあるのでしょうか。

申し込み方法と希望借入限度額によって用意する資料は異なりますので、自分がどれに該当するかしっかりチェックしましょう。

必ず用意しなければならないもの 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
条件によって求められるもの 収入証明書(源泉徴収票、給与明細書、確定申告書など)
WEB完結を利用するときに用意しなければならないもの ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座
・社会保険証もしくは組合保険証

このようにWEB完結を利用する場合、他の申し込み方法より用意する資料は多いです。

ただし銀行口座は持っていればそのまま利用できますし、会社で働いているのであれば社会保険証もあるので、わざわざ用意する必要はありません。

用意しなければならないものがないと契約に時間がかかることがありますので、必ず申し込み前にチェックしておきましょう。

SMBCモビットの審査手順

それではSMBCモビットではどのようにして審査がおこなわれるのでしょうか。

ここからはSMBCモビットの審査手順を解説していきます。

申し込みから10秒で簡易審査結果表示される

SMBCモビットですが、インターネットから申し込みをした場合、申し込みから10秒で簡易審査結果表示されます。

ただし仮審査結果が問題なかったとしても、審査に通るというわけではありません。

仮審査は年収や他社への借り入れ情報から機械的な診断をしていると思われますが、実際入力通りの情報が正しいかどうか確認する必要があります。

たとえば他社への借入額を偽っていた場合、審査にはすぐ落ちます。

仮審査の結果はあくまで仮のものなので、安心せず次の連絡を待ちましょう。

勤務先に在籍確認の電話がくる(WEB完結のときは簡略)

仮審査結果が問題なく、申込情報にも偽りがなかった場合次は在籍確認にうつります。

在籍確認とは申込情報に記載された会社で、その人が本当に働いているか確認するためのもの。

会社情報が誤っていると年収はもちろん、その後の返済状況が大きく変わってきますので、丁寧な確認がおこなわれます。

在籍確認の電話では
「私佐藤と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
という個人名で電話がかかってきます。

決してSMBCモビットという社名を出すことはありませんので、その点は安心してください。

ただ普段と違う名前で電話がかかってくることが、他の社員の人の不信感につながってしまう可能性があります。

そのためSMBCモビットではWEB完結という、電話連絡をなくすサービスを展開しています。

在籍確認の電話をする代わりに社会保険証を提出することで、在籍確認とみなすことをしているということですね。

社会保険証には社名が記載されていますし、偽装することも難しいので、在籍している証明としては十分だと認識しているということでしょう。

在籍確認ではSMBCモビットという社名は出ませんが、不安だという人はWEB完結を利用しましょう。

本審査で借入限度額が決定する

在籍確認が問題なければ、改めて信用情報と勤務先情報の確認が行われる本審査にうつります。

本審査では申込者にお金を貸しても大丈夫かという審査がおこなわれると同時に、いくらまでであればお金を貸せるかという審査がおこなわれます。

いくらまで借りられるかは申込者の年収・勤務先・これまでの返済状況などをもとにおこなわれ、個別審査がおこなわれます。

そうした審査を経て申込者にお金を貸してもいいと判断されれば、審査に合格という流れになりますね。

合格の連絡はインターネット申し込みの場合はメールで、自動契約機の場合はその場で回答があります。

インターネット申し込みの場合審査に合格したら会員ページにログインできるようになるので、会員ページから銀行口座への振込手続きがおこなえます。

振込手続きがおこなわれたら、数分でお金が振り込まれますのでそこから融資スタートです。

ちなみに自動契約機で申し込みをした場合、その場でローンカードが発行されます。

自動契約機にはATMが併設されていますので、ATMにローンカードを挿入すると融資が受けられるという流れですね。

SMBCモビットの審査基準

それではSMBCモビットでは、どのようなポイントで審査に合格するのでしょうか。

ここからはSMBCモビットの審査基準について解説していきます。

年収・勤務先情報が一つの審査基準

SMBCモビットをはじめとしたカードローン商品は、お金を貸して利子をつけることで利益を得ています。

つまり利子分まで含めてしっかり返済してくれるのであれば、利益がしっかり出るビジネスモデルということですね。

そのためカードローンの審査では「申込者がしっかり返済してくれるかどうか」が、審査のポイントとなります。

長年の付き合いがある有人ならともかく、はじめて申し込みをする人の返済能力を判断するためには、客観的な情報しかありません。

そのため年収や勤務先をもとに、その人がしっかり返済する能力があるかどうかを判断します。

ただ年収はただ高ければいいというものではなく、毎月安定した収入があるかどうかがとても大切です。

カードローンの返済は数年にわたるため、成果報酬制の仕事など収入が安定していない人は、いつ収入がなくなるかわからないと見なされます。

同じような理由で勤務している会社も、安定性がとても大切です。

給料は安くても上場している会社と給料は高いけど創業1年目のベンチャー企業では、前者の上場企業の方が高く評価されることが多いですね。

さらにクビになる可能性がほぼない公務員であれば、カードローン会社の評価はかなり高くなります。

このように年収や勤務先を確認することで、数年にわたって安定して返済してくれるかどうかを見極めているということです。

信用情報はどのように参考にされるのか

年収や勤務先とともに審査のポイントとなるのが、信用情報です。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。引用:CIC

このように信用情報には、これまでクレジットカードや携帯電話の分割払いなど、分割払いや信用払いの支払い履歴が掲載されています。

クレジットカードや携帯電話の支払いは後払いなので、購入後しっかり支払っていない場合その人の信用力が落ちます。

クレジットカード会社やカードローン会社は信用情報という形で情報を共有しています。

そのため他社で支払いが遅れていたり、支払いがおこなわれていなかったりすると、すぐにその状況を把握します。

「他社で支払いが遅れている・返済ができていない=自社でお金を貸しても返済が遅れる・返済できない可能性が高い」
クレジットカード会社やカードローン会社はこのような考えをベースにしているので、信用情報に支払い遅れや支払いをしていない情報が掲載されていると、審査に落ちる可能性が高くなりますね。

ちなみに信用情報は自分でも確認できます。

CICの場合クレジットカード決済も可能なので、もし不安なのであれば自身の信用情報を確認してみましょう。

総量規制について

またSMBCモビットをはじめとした消費者金融を利用する人は、総量規制という仕組みについても頭に入れておきましょう。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)引用:日本貸金業協会

つまり年収300万円の人は、最大でも100万円までしか借りられないということです。

総量規制は借入総額に対する規定なので、他の消費者金融で50万円借りているのであれば、SMBCモビットでは50万円までしか借りられません。

多重債務者による債務整理や自己破産件数が増えてしまったため、このような措置がとられるようになりました。

ちなみに例外となる借り入れとしては銀行カードローンが挙げられます。

たとえば年収300万円の人が、三井住友銀行カードローンで50万円借りていたとしても、SMBCモビットでは100万円まで借りられます。

ただし先ほど紹介したように、SMBCモビットでは審査に際に信用情報を確認します。

総量規制上は100万円まで借りられたとしても、三井住友銀行カードローンから50万円借りている事実は変わらないので、何も借り入れがない人と比べると返済能力は落ちると判断されます。

また総量規制は多重債務を防ぐために作られた制度です。

総量規制内であればどれだけでも借りていいのではなく、自分が返済できる金額だけを借りるようにしましょう。

そうしないと最終的に返済ができなくなり、債務整理や自己破産につながってしまいますよ。

SMBCモビットの審査に通る人・落ちる人

ここまでSMBCモビットの審査基準について解説しましたが、それでは具体的にどのような人が審査に落ちてしまうのでしょうか。

ここからはSMBCモビットの審査に通る人と落ちる人について解説していきます。

収入の安定性がポイント

ここまでの内容でも紹介してきましたが、申込者の収入では安定性がとても大切です。

収入が安定している人は、カードローンの返済が長期間になっても耐えられると判断されるので、収入の高さよりは安定性がポイントになります。

SMBCモビットのホームページにも、お申し込みいただける方の欄には
「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。」
という記載があります。

安定した定期収入とは、決して正社員である必要はありません。

たしかに正社員の方が給料は安定しているので評価は高くなりますが、アルバイトやパートなどでも毎月収入があれば、審査に通る可能性は十分あります。

逆に言えば安定した定期収入がない無職の人や、専業主婦、家事手伝いの人は、審査に通ることはまずありません。

どうしてもSMBCモビットを利用したいのであれば、まずはアルバイトでもいいので仕事に就くことが必要です。

他社からの借り入れ・信用情報のポイント

信用情報もカードローンの審査では重要なポイントになります。

信用情報にはたくさんの情報が載っていますが、審査時に確認されるポイントとしては

  •  他社で借り入れがあるか
  • カードローンやクレジットカードの支払いが遅れずにおこなわれているか
  • 直近で他社への申し込み履歴があるか

といった点がポイントになります。

他社で借り入れがある人は、毎月返済がありますのでその分返済能力が劣ると判断されます。

カードローンやクレジットカードの支払い履歴は、かなり重要な情報となります。

毎月遅れなく返済している人であれば、お金を貸した時でもしっかり返済してくれる可能性は高いと判断されますよね。

逆に支払い遅れがクセになっている人は、お金を貸す側としては不安になるので、審査ではマイナスポイントとなります。

またあまり注目されませんが、直近で他社への申し込み履歴があるかどうかも、審査の際にチェックされます。

直近で他社に申し込みがある人は、それだけお金に困っている可能性が高いということ。

お金に困っているということは、返済も不安定になる可能性が高いので、審査ではマイナスです。

カードローン会社はボランティアではなく事業としてお金を貸しているので、返済能力がないと見られればお金に困っていても審査には落ちます。

信用情報にはそういった情報が詰まっているので、それをもとに審査をおこなうということですね。

希望借入限度額が大きすぎる

SMBCモビットの審査について、最後のポイントは希望借入限度額です。

SMBCモビットでは申し込みの際に、いくらまでお金を借りたいか記載する欄があります。

もちろん総量規制内でしかお金は借りられないのですが、総量規制内でも希望額が高すぎると審査に落ちることがあります。

収入と返済能力のバランス的に、希望借入限度額が高いと返済できる可能性があると見なされるということですね。

そのため希望借入限度額は、必要最低限に抑えることをオススメします。

カードローンを利用してみて限度額が足りないとなったら、増額申請もできますのではじめの段階では、希望借入限度額は抑えておくことがポイントですよ。

SMBCモビットの審査についての詳細情報

ここまでSMBCモビットの審査について解説しましたが、ここまでの内容で触れられなかった点もいくつかあります。

最後にSMBCモビットの審査について、細かなポイントを解説していきます。

SMBCモビットの審査にかかる時間

SMBCモビットの審査にかかる時間ですが、最短30分ほどで完了します。

信用情報に問題がなく、在籍確認もスムーズにとれれば審査結果はあっという間に出ますね。

ただしこれはあくまで最短の審査時間。

申し込みが多くて混雑している、信用情報に返済遅れの情報がある、勤務している会社のホームページがないなどさまざまな要因で審査は遅れます。

ちなみに申し込みが特に混雑するのは、GWや年末年始など大型連休前です。

GWや年末年始はお金が入用になる人が増えるため、申込者も増加、結果的に審査が遅くなります。

SMBCモビットの審査は最短30分ですが、時間には余裕をもって申し込みましょう。

WEB完結と他の申し込み方法の違い

SMBCモビットの特徴として挙げられるポイントとしては、WEB完結というサービスです。

WEB完結と他の申し込み方法との違いとしては

  • 電話連絡がなくなる
  • ローンカードなしで利用できる

という2点。

電話連絡がなくなることは他社にはない特徴なので、はじめて消費者金融を利用する人は特に嬉しいのではないでしょうか。

またローンカードなしで利用できる点も、他の人にSMBCモビットの利用がばれにくくなるという点では大きなメリットです。

WEB完結の場合、借り入れは指定の銀行口座に振り込み、返済は口座振替でおこないます。

そのためローンカードが無くても、カードローンが利用できるという仕組みになっています。

ただし返済を口座振替のみでしていると、毎月約定返済額しか返済されない点は、頭に入れておきましょう。

カードローンの返済はできるだけ早くした方が利子はかからないので、できれば約定返済額以外にも返済をしたいところ。

そのためSMBCモビット指定の口座にお金を振り込む、アプリを利用してセブン銀行ATMから返済するなど、随時返済も意識的におこなっていきましょう。

SMBCモビットは土日でも審査してくれる?

SMBCモビットは年中無休で営業しています。

そのため土日でも審査には対応しています。

営業時間は9時から21時なので、この間に申し込みをすると基本的には審査に対応してくれます。

ただし土日の間に融資を受けたい場合、銀行振り込みでは対応できない点は頭に入れておきましょう。

銀行の営業時間の問題で土日に振込手続きをした場合、月曜日に振り込みになります。

土日に融資を受けたい場合、自動契約機でローンカードを受け取るか、公式アプリをダウンロードしてセブン銀行ATM取引をする必要があります。

セブン銀行ATMを利用する場合手数料がかかるので、できれば自動契約機に行くことをオススメします。

SMBCモビットの審査を早くする方法

「営業時間ギリギリに申し込みをしたけど、どうしても当日に融資をしてほしい」
そんなときはSMBCモビットのコールセンター(0120-03-5000)に電話をして、融資を急いでいる旨を伝えましょう。

もちろんすべての要望に応えられるわけではありませんが、できるだけ早く審査をするよう対応してくれます。

2018年から銀行カードローンで即日融資ができなくなったため、消費者金融では即日融資に力を入れています。

そのため即日融資を希望する人に対しては、できるかぎり対応するようになっていますので、即日融資を希望する場合あきらめずに電話をしてみましょう。

SMBCモビットの審査に通過しよう

ここまでSMBCモビットの審査について解説してきました。

SMBCモビットの審査は年収・勤務先といった返済能力に関わる情報と、これまでの返済実績を確認する信用情報をもとにおこなわれます。

返済能力や信用情報はすぐに改善することは難しいので、日々の生活が審査では問われます。

SMBCモビットの審査に通過して、生活をより豊かにしましょう。