リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介

更新日:


「リボ払い」と聞くと、「なんだかよくわかってないけどなんか嫌な感じがする…なんだかやばそう…」なんて思う方も多いです。

確かにその通り。

リボ払いは時に「地獄」と言われるほど、関わると良いことにならないと有名です。

リボ払いは、クレジットカード支払い方法のひとつですが、実はその返済方式は「借金返済」とほぼ同じ。

つまり、リボ払いで支払うということは、つまり借金を負うことと同義だということです。

今回は、基本的なリボ払いの仕組みから、リボ払いがどうしてやばいのか。

そして、実際にリボ払いのやばさで苦しんだ人の体験談も調べていきたいと思います。

リボ払いの仕組みは?

まずは、リボ払いのやばさを学ぶ前に、リボ払いの基本的な仕組みから学んでいきましょう。

特に、某申込み殺到のあのカードなんか、利用者にリボ払いを積極的に勧めてきますがリボ払いを行うことで何が起こるのでしょうか?

どれだけクレジットカードを使っても支払額は一定額

クレジットカードの支払い方法で「リボ払い」を選択すると、当然クレジットカードの利用額の支払いを行うことになります。

しかし、その支払額が問題です。

リボ払いは、「どれだけクレジットカード利用額が膨らんでいても支払うのは、少額の一定額」という方法です。

たとえクレジットカード支払額が数万円だったとしても、リボ払いをえらべば支払うのはせいぜい1万円かそこら。

これだけ聞くとなんだかすごくお得なもしますが、実はこの「支払が楽」なのがリボ払いのヤバさなのです…。

リボ払いで金利がかかる

リボ払いは、毎月の支払いに金利がかかり「手数料」をとられます。

つまり、毎月支払う金額のなかには「手数料」が含まれているということ。

本来払わなくて良い、自分がクレジットカードで支払ってないお金を同時に払うことになるのが、「リボ払い」のやばいところでもあります…。

これはまるで、カードローンで借りたお金を「利息込み」で支払い続ける、「カードローン返済」と同じです。

リボ払いの金利はだいたい15%程度。

カードローンの中には、もっと金利の低いものもあるのですが…。

リボ払いはどうしてやばいのか

さて、リボ払いの基本的な説明が終わったところで、ここからは具体的にリボ払いがどうしてやばいのか。

リボ払いのヤバさを具体的に学んでいきましょう。

「やばい」自覚がないのが「やばい」

「カードローン」「キャッシング」

と聞くと、借金している意識が出て、「やばい」と感じることもあるもの。

しかしリボ払いはあくまでクレジットカードの支払い方法の一つ。

借金と比べてかなり軽い気持ちで選ぶことができます。

リボ払いはまず、この気軽さが「やばい」一つの要因です。

終わらないのが「やばい」

リボ払いは終わりません。

ちまちまと数千円から数万円を支払い続けたところで、あなたの膨らんだクレジットカード利用料支払いは進みません。

なぜなら、上でも説明した通り、リボ払いで支払う金額には「手数料」も含まれているからです。

元金の支払いは、支払う1万円程度のなかでも一部なのです。

リボ払いを長く続けても、クレジットカードの支払い完結が遠いのはこれが要因です。

リボ払い期間中にクレジットカードを使えるのが「やばい」

リボ払いが進むと、支払いが進んだ分再びクレジットカードを使うことができるようになります。

当然、使った分クレジットカード支払い料金は増えて、リボ払いの期間は延びます。

結果それによりリボ払いはさらに苦しくなるので、これはもうやばいとしか言いようがありません…。

リボ払いで苦しんだ人の体験談

住宅ローンで生活が苦しくなってリボ払い

私はもともと家族持ちのサラリーマンで、年収なんかもそれほど少ないわけじゃなかったんです。しかし、住宅ローンの返済でいっきに収入が圧迫されてしまって…。子供と専業主婦の妻を養うのが苦しくなってしまって。気づいたら「リボ払い」という選択を選んでいました。しかし、リボ払いと住宅ローン返済が両立できるわけもなく…、妻に「働け」とも言えず…。最終的には債務整理にまで追い込まれてしまいました。

リボ払いのやばさで苦しんでしまいがちな人

どんな人がリボ払いのやばさで苦しむことになるのか?

リボ払い地獄にはまってしまいがちな人の特徴を、ここで調べておきましょう。

買い物に計画性がない

計画性なく買い物をする人は、リボ払いのやばさで苦しんでしまいがちです。

そもそも、しっかりと考えて一回で支払える確実な買い物をしていれば、リボ払いのやばさで悩むこともないのです。

あまり深く考えず、比較的高価な買い物をぽんとしてしまう人ほど、リボ払いで支払いがちです。

考えないでする買い物は、その場こそ楽しくて快感もあるでしょう。

しかし、その後間違いなくストレスで苦しみます。

前もって、やばさのストレスに耐えうるための行動をしておきましょう。

「なんとかなる」が口癖

多少のトラブルを目の前にしても「なんとかなる」なんてことを言いがちな人は気をつけてください。

ハッキリ言ってリボ払いのやばさはなんとかなるものではありません。

リボ払いのほか、目の前に直面した問題に「なんとかなる」ではなく、しっかりと考えることができる人でないと、リボ払いは危険です。

高価な買い物でストレス発散する

ストレス発散法が「買い物」なんて人も危険です。

買い物にはきりがありません。

やればやるほど、支払額は増えていきます。

直面したストレスを対処する方法が「買い物」一択では、増えたクレジットカード利用料に困ってリボ払いを選んで「やばい」目にあってしまうことは目に見えています。

リボ払いがやばいと思った時できること

さて、ここまでリボ払いがいかに危険でやばいかを説明してきました。

では、実際にリボ払いのやばさに苦しんでしまった人は、どんなことができるのか。

リボ払いのやばさを対処する方法を学んでいきましょう。

追加で支払う

リボ払いは、クレジットカードの支払い金額の支払いが完結するまで終わりません。

それなら、クレジットカード利用料をすべて支払ってしまえば良いのです。

多少無理してでも、貯金を切り崩してでも、リボ払いの支払いを進めるのをおすすめします。

現時点多少の痛手でも、継続的にやばい苦しみが続くリボ払いと比べれば大したことありません。

支払い方法を切り替える

リボ払いを続けるから苦しいのです。

リボ払いを解除して、別の方法で支払いを行いましょう。

一回払いで払えとは言いません。

多少分割払いを行ったり、支払いが先になり、大きな収入が入るタイミングで行う「ボーナス払い」に切り替えるなどしてください。

カードローンに借り換える

実は危険なリボ払い」の中でも言いましたが、リボ払いをカードローンに借り換えるのもおすすめです。

カードローンのほうが「借金」の意思が強まりますし、リボ払いよりも金利が低いものも多いです。

リボ払いのやばさに苦しんでいるなら、早めにカードローン借り換えも検討してください。

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 最短即日
融資 最短即日

楽天銀行カードローンは、リボ払いの借り換えにおすすめのカードローンです。

金利の低さ、限度額の高さ、審査、融資の早さ、審査基準の設定、どれをとっても優秀なカードローンです。

楽天会員がお得なサービスも多いので、楽天会員にこそ使って欲しい銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 800万円
審査
融資

みずほ銀行カードローンもリボ払いの借り換えに最適です。

やはり目を引くのはその金利の低さ。

そして、みずほ銀行カードローンは、手持ちのキャッシュカードで借り入れが可能という借り入れハードルの低さもメリットです。

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?どれくらい時間がかかる?

債務整理する

リボ払いの支払いが苦しいならいっそ「債務整理」という判断も良いでしょう。

任意整理に個人再生、ひいては「自己破産」なんて選択肢もあります。

一度現時点を専門家に相談してみるのも良いかもしれません

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はクレジットカードの支払い方法のひとつ、「リボ払い」のやばさについて説明しました。

リボ払いは支払いが長引くこと、支払う金額に手数料が上乗せされるなど、やばい要因が多いです。

なるべく買い物は計画的に。

できれば支払い方法は「一回払い」や「二回払い」など、手数料がかからない方法で行いましょう。