クレジットカードの作り方を初心者にもわかりやすく説明します

更新日:

クレジットカード 男性
「クレジットカードを作ろう!」

と思い立っても、クレジットカードの作り方がわからないと、クレジットカードを実際に作ることはできません。

今回は、そんな「これからクレジットカードを作ろう」と思い立った方に向けて、クレジットカードの作り方をわかりやすく説明していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、クレジットカードの作り方で一番お得な作り方は、「キャンペーンを利用したネット申込み」です。

ネットからクレジットカードに申し込んで作る方法以外にはどんな方法があるのか。

クレジットカードを作る前には「審査」があることなど、初心者がクレジットカードを作るとき気になるポイントをすべてお教えします。

クレジットカードの作り方には3つある

クレジットカードの作り方は、上でおすすめした「オンライン申込み」からの作り方以外にも選択肢があります。

それぞれの申込みで、異なるメリット・デメリットや向き不向きがあります。

自分がクレジットカードを作るときにも、「どの方法でクレジットカードへ申し込むか」を考えておきましょう。

インターネット申込み

クレジットカードの公式サイトから申し込む方法です。

申し込みページから、自分の申込み情報を入力して申込みを行います。

ネットから申し込むのは、申込みの簡単さと場所も時間を選ばないことがメリットです。

そして何より、クレジットカードごとに展開しているキャンペーンに申し込んでクレジットカードを作ることができます。

ネットからクレジットカードを作るだけで、「○○ポイントプレゼント!」なんてカードも多いです。

楽天カードなんて、入会するだけでいつも数千プレゼントキャンペーンを行っていますよね。

店頭申込み

マルイや三越などの店頭で申し込むことも可能です。

店頭のクレジットカードデスクで申し込めば、その場でクレジットカードを作ることができることが多いです。

買い物と同時にクレジットカードを作れば、その買い物で割引を受けられることも多いです。

郵送申し込み

クレジットカードの申込み書類を、クレジットカード会社に送る形で申込みを行い、カードを作る方法もあります。

しかしこの方法は、郵送に手間がかかるのであまりおすすめできません。

電話申込

クレジットカードに電話をして、電話口から申し込む方法があります。

電話申込は、申込みながらカードについての質問や相談ができるというメリットがあります。

クレジットカードを作るときは何が必要?

クレジットカードへ申し込む際、クレジットカード会社に提出することになる「書類」があります。

必要書類を出さない限り、クレジットカードを作ることはできません。

本人確認書類

運転免許証やパスポート、住民票の写しなど、申し込んだ本人の情報が確認できる書類の提出はマストです。

どれだけ審査の甘いクレジットカードでも、本人確認書類の提出がないカードは存在しないでしょう。

提出前に、申込情報と書類の写真が同じである確認をしておきましょう。

クレジットカード代金引き落とし番号口座番号

クレジットカード利用代金の引き落としを行う銀行口座が必要です。

引き落とし用口座番号を確認できるカード、通帳を用意しておきましょう。

未成年なら保護者の同意書

未成年がクレジットカードを作る場合のみ、「保護者の同意書」が必要です。

クレジットカードを選ぶときはどこを比較する?

クレジットカードの作り方、申込み方がわかったところで、実際に自分が作るクレジットカードをどのように選べばいいか「クレジットカードの選び方」も知っておきましょう。

年会費

クレジットカードによっては、持っているだけで「年会費」がかかるカードも多いです。

そうした「ランニングコスト」がかかってもいいから、少しでもポイント還元率が高いカードや、お得なサービスが多いクレジットカードを持ちたいかどうかで、まずクレジットカードを選ぶ基準としてください。

ポイント還元率

やはりクレジットカードを使う最大のメリットは「利用でポイントが貯まる」ことです。

そしてクレジットカードによって、利用時どれくらいポイントが貯まるか違います。

クレジットカード利用でどれくらいポイントが貯まるかは、カードごとに設定されている「ポイント還元率」で決まります。

もしあなたのクレジットカードを作る最大の目的が「ポイント」だったとしたら、カードごとに違う「ポイント還元率」をしっかり比較しておきましょう。

加えて、「ポイントの使いみち」についても調べておくとさらに良いです。

自分がよく行くお店でお得かどうか

クレジットカードによっては、「特定のお店でお得なサービスが受けられる」ものが多いです。

特定のお店で割引を受けられる、優待サービスを受けられるなど。

クレジットカード特有の優待サービスについて、事前に調べておくことをおすすめします。

自分が良くいくお店でお得なクレジットカードはどれか?

自分がよくいくお店でクレジットカードを発行してないか?

調べてみてください。

属性別クレジットカードの選び方

クレジットカードを作る人の属性によって、クレジットカードの選び方は違います。

年齢、職業、生活シーンで、作るべきクレジットカードは違ってきます。

それぞれ、細かく条件を分けて考えていきましょう。

学生が選ぶべきクレジットカード

たとえ未成年の学生でも、クレジットカードを作ることが可能です。

せっかく学生なら、学生専用の「学生カード」を選んで作るのがおすすめです。

学生カードの特徴は「一般カードより年会費が安い」「一般カードより審査基準が甘い」「ポイント還元率が高い」などなど。

若者しか持てない分、メリットが多くなっています。

学生カードの種類は多いです。

事前にしっかりスペックを比較しておきましょう。

新社会人が選ぶべきクレジットカード

働き出した新社会人におすすめなのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳限定で作れるカード。

三井住友VISAデビュープラスカードは、働き出しの新社会人が「見込み年収」で審査を受けられるので、比較的審査通過が容易です。

新社会人になったタイミングでクレジットカードを作る方は多いでしょう。

ぜひ三井住友VISAデビュープラスカードを作ってください。

26歳以上が選ぶべきクレジットカード

ある程度人生経験を積んだ26歳以上の方におすすめしたいのが「三井住友VISAカード」や「JCBカード」がおすすめです。

年会費が比較的安いのと、なんといっても日本人の間で通用するブランド、ステータスが魅力です。

それに、三井住友カードもJCBカードも上位カードが豊富なので、ステップアップと同時にカードのランクアップも狙えます。

安定した収入があれば、クレジットカードの審査も問題なくクリアできるはず。

それに、クレジットカードの審査は若い人のほうがより有利です。

30代が選ぶべきクレジットカード

30歳をこえてくると、クレジットカードに求めるものも変わってくるはずです。

30代が持つべきなのは、「アメリカン・エキスプレス・カード」や、「三井住友VISAカードゴールド」「ダイナースクラブカード」など、ステータスが強いカードです。

ある程度の年齢になったなら、あらゆる場面で「ステータスの強いクレジットカード」の出番が多くなるはずです。

女性が選ぶべきクレジットカード

女性だって「クレジットカードを作りたい」と思うことはあるはず。

そんな女性におすすめしたいのは、「楽天PINKカード」など女性が使いやすいカード。

今どき「女性=ピンク」って…となんだか時代錯誤感も否めないですが、例えば楽天PINKカードなんて女性がうれしいサービス盛りだくさんです。例えば。

  • ヘアーサロン「ソシエ・ワールド」割引
  • 「ABCクッキングスタジオ」入会金半額
  • 「ハーゲンダッツ」会員特別価格
  • 「美容院TAYA」トリートメントサービス無料

など、通常の楽天カードでは決して受けられないサービスが盛りだくさんです。

女性が便利な女性専用カードは、実は種類が盛りだくさん。

事前にしっかり比較して、女性専用クレジットカードを作ってください。

クレジットカードを作る前に「審査」がある

クレジットカードを作りたいと思った方の前に、かならず立ちはだかるのが「審査」です。

クレジットカード審査は、「申し込んだ人に、クレジットカードの利用代金を支払う資格があるのか」、という支払能力を調べるために行われます。

審査をクリアしないと、クレジットカードを作ることはできません。

事前にクレジットカードの審査についても知っておきましょう。

審査基準

クレジットカードの審査基準は大きく分けて2つの要素です。

ちなみにこの審査基準は、キャッシング審査ともよく似ています。

「消費者金融の審査に落ちた…」審査に落ちた理由は?どこの審査が甘い?

属性

まずクレジットカード審査で重要なのは「属性」です。

属性は、単純に申し込んだ人の収入状況など、単純な数字で見える「支払い能力」を指します。

年収をどれだけもらっているか、どんなところにどれだけ住んでいるのか、どこで働いているのか…。

そうした、申し込んだ人の普段の生活状況が、まずここで審査されます。

信用情報

クレジットカード審査で重要なのが、「信用情報の審査」です。

信用情報は、信用情報機関という専門機関に集められる、個人の金融商品利用記録です。

現在どのクレジットカードに申し込んでいるのか。

実際どのクレジットカードと契約を結んでいるのか。

過去クレジットカード利用の中で「代金支払い延滞」があったか。

それらの情報をかなり詳しく審査されるのが、「信用情報の審査」です。

この信用情報に悪い記録が残っている人のことを「ブラック」と言うのです。

自分の信用情報が悪い状態になっている疑いがある人は、審査で不利になってしまうことを覚悟してください。

審査で嘘をつくのはNG

クレジットカードの審査に通りやすくするために、年収などの情報で嘘をつく人がいますが、これはやめてください。

審査で嘘をついても、審査するクレジットカード会社にはすぐバレてしまいます。

そして当然、嘘がバレるとクレジットカードの審査に落ちてしまいます。

審査するのは過去多くの人を審査してきたプロです。

申し込んだ情報を照らし合わせれば、嘘をついているかどうかなんてすぐに見抜かれます。

クレジットカードの審査に落ちたら「ACマスターカード」に再チャレンジ

クレジットカードの中でも、「ACマスターカード」の審査基準は少し特殊です。

なぜなら、ACマスターカードを発行するのは、かの有名な大手消費者金融「アコム」だからです。

アコムが発行するということは、ACマスターカードの審査基準も「アコム基準」だということです。

つまり、他のクレジットカード審査に落ちた人でも、ACマスターカードの審査ならクリアできる可能性があるということです。

立て続けに申し込むのはリスキーですから、審査落ちから多少間を開けて、ACマスターカードへの申込みを行ってください。

楽天カードの審査は本当に甘いか?

ずっと言われ続けている噂に「楽天カードの審査は甘い」というのがあります。

楽天カードの審査は「スナイパーでも通る」とか、「無職でも通る」とか言われます。

しかし、はっきり言ってこれは嘘です。

スナイパーなんんて職業は基本的にクレジットカードの審査では認められませんし、安定収入のない無職が審査に通るはずもありません。

ブラックリストに載っているとクレジットカードを作ることができない?

信用情報に問題が残っている状態を「ブラックリスト入り」なんて言います。

この状態では、クレジットカードの審査に絶対通らないのか?

クレジットカードの審査とブラックリストの関係について考えていきましょう。

ブラックリスト入りなら「デビットカード」か「ACマスターカード」

はっきり言ってブラックリスト入りだと、クレジットカードを作ることがかなり難しくなります。

審査通過は、かなり絶望的…と思ってもらって良いです。

そんなブラックリスト入りの人でも作れるのが、「デビットカード」です。

デビットカードは、クレジットカードと違い利用代金が登録口座から直接引き落とされるカードです。

つまり、ある程度口座にお金がないと利用できないということ。

支払い方式がほとんど現金払いと同じだからです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

クレジットカードの作り方、クレジットカードを作る際の注意点、わかっていただけたでしょうか。

クレジットカードの作り方は多く、クレジットカードの種類も多いです。

しっかりクレジットカードを見極めて、申し込んだクレジットカードの審査にも落ちないようにしておきましょう。