三菱東京UFJ銀行が三菱UFJ銀行に名称変更!銀行名が長すぎるという声に応えた形です

公開日:

大手都市銀行の三菱東京UFJ銀行が、2017年5月、銀行名を「三菱東京UFJ銀行」と改めることを表明しました。

三菱東京UFJ銀行、改め三菱UFJ銀行は、そもそも旧三菱銀行と旧東京銀行が合併して「東京三菱銀行」となったのがはじまりです。その合併が1996年のこと。それから10年後の2006年に旧UFJ銀行と合併し、今の「三菱東京UFJ銀行」という形になりました。

そこから10年経った今、また銀行名が改まるわけです。最初の合併から数えれば、はや20年経った今の改名となりました。

なぜ三菱UFJ銀行へ改名する流れとなったか

どうして今三菱東京UFJ銀行が改名する流れとなったのか。そこから考えていきましょう。

改名のタイミングで多いのは「合併したタイミング」が多いですが、三菱東京UFJ銀行は現在合併がありませんよね。

銀行名が長すぎた

以前から、三菱東京UFJ銀行という名称が「長すぎる」という意見が多かったのも事実です。確かに3つの銀行名を平等に入れるとこうなるのですが、残り2つの都市銀行名と並べると確かに長い。利用者のことを考えるなら、銀行名を短くするという判断もまあおかしい判断ではないですよね。

持ち株会社名に合わせた改名

三菱UFJ銀行の持ち株会社は「三菱UFJフィナンシャル・グループ」。どこにも東京の2文字が入っていません。三菱UFJ銀行にとって主力の持ち株会社ですから、当然多くの顧客を抱えています。その顧客からも、「三菱UFJ」と「三菱東京UFJ」で紛らわしい。という声が上がっていたそうです。持ち株会社の名称に合わせるという意味合いもコメられた改名なのかもしれませんね。

他都市銀行名と比べると…

3大都市銀行の名称を並べてみれば、三菱東京UFJ銀行の長さはよりいっそう引き立ちます。

三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行

私なんて、書類に自分の銀行名を書くとき楽だから、という意味で「みずほ銀行」をメインバンクとしているほどです。利用者にとって、銀行名のわかりやすさは、かなり重要なのです。

三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行の法人融資が一本化の流れ

今後三菱東京UFJ銀行は、自行の法人融資部門と、三菱UFJ信託銀行で手がける法人融資部門を一本化することも表明しています。あれだけ大きな銀行ともなると、部門を細かくすることで、管理を容易にしていたのですね。

しかし、それぞれ分かれていた融資部門を今後は一本化して管理するそうです。ここにも、三菱UFJ銀行の狙いがあるそうです。

日銀のマイナス金利に対応する

日銀のマイナス金利制作があってから、日本中の銀行が「融資」で利益を上げられず苦しんでいます。そんなマイナス金利に対応する手段の一環として、三菱東京UFJ銀行は、三菱UFJ信託銀行の融資部門との一本化を行うのです。

金利収入が低迷している今、一本化で事業の効率化を図り、事業拡大を狙うのです。ですがこれはあくまで「法人融資」の話。個人融資は以前の通り個別に融資を行うようです。

内部から「まだ正式発表ではない」の声も

しかし、5月15日現在のニュースでは、三菱東京UFJ銀行から「改名はまだ正式決定ではない」という意見が上がっています。すでに大々的に「来年春を目処に改名の動き」という報道が始まっています。実際改名にあわせて、数々の会社がそれに合わせて動いているでしょう。

はやく改名に関して正式決定をしないと、日本中が混乱してしまいます。あれだけ大きな銀行ともなると、改名にまつわるエネルギーもとても大きいのでしょうが…。

大手銀行らしい内部分裂か

そんな大きな規模を誇る三菱東京UFJ銀行。内部では未だ「東京」を名称から取り払うのに反対している派閥があるのではないかと、私は考えています。

今後の三菱東京UFJ銀行

今後は三菱東京UFJ銀行が改名したことで、リテール部門などで多少動きがあるかもしれません。個人融資、とりわけカードローンなどに厳しい目線が向けられているため、金利改訂など、金融庁を怒らせるような動きはできないでしょう。動きあるとすれば、今後大規模な統合が行われる法人融資部門でしょうか。

我々一般市民クラスでは、そう大きな変化を肌で実感することが難しいかもしれませんね。

まとめ

三菱東京UFJ銀行が、「三菱UFJ銀行」へ20年ぶりに改名するというニュースをお伝えしました。

日本を代表する都市銀行の三菱東京UFJ銀行が改名ともなれば、日本に与える影響もとても大きなものとなります。銀行側から「正式決定ではない」などのコメントも出るなど、未だ不確定要素が多いですが、今後の動向に日本中が注目しているのは間違いないです。