三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか?厳しいのか?

公開日: 最終更新日:

三菱東京UFJ銀行カードローンは低金利で、かつ即日審査と即日融資にも対応しているという、「高性能」なカードローンです。多くの利用者から強い支持を集めるのも納得。

しかし問題は、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通らないと、三菱東京UFJ銀行カードローンを使った借り入れは不可能であるということ。

そこで気になるのが、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準です。年収が低いなど、審査通過に自信が無い方ならなおのこと、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか、気になってしまいますよね。
同じ都市銀行カードローンの「みずほ銀行カードローン」の審査基準について知りたい方は、「みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?」を参照してください。

また、三菱東京UFJ銀行カードローンではなく、三菱東京UFJ銀行のクレジットカード審査について知りたい方は、「三菱東京UFJ銀行クレジットカードの審査は厳しい?」を参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基順については「どちらとも言えません」

結論から、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準について言ってしまえば、「三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準は甘くも厳しくもありません」というのが事実です。

「三菱東京UFJ銀行は銀行だから審査が厳しいんだ」と思い身構えるほど、他銀行カードローンとくらべて特質審査が厳しいわけでもありません。しかし決して、「審査が甘い」というわけではありません。あとでも説明しますが、最近は特に三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準が高まっていると言われるほどです。

とにかく、収入その他の情報に大きな問題のない人は、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通り、「50万円」ほどの限度額が設定されるのではないかと思います。

「お借入審査」はあてになるのか?

三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトには、簡単な数項目の入力で仮審査結果が出る「お借入診断」があります。

お借入診断は、生年月日と性別・独身既婚・他社借入件数と他社借入金額を入力するだけで、借入可能かどうかが表示されます。

こんな簡単な情報で、審査結果がわかるわけないと思われるでしょうが、おそらく信憑性は高いと思っています。

なぜなら、今三菱東京UFJ銀行は、カードローンの審査にかなり慎重になっています。かるはずみに「借りられます」とか「借りられません」とか軽はずみは事は言わないはず。仮審査ですら、慎重になっている可能性があるからです。

審査結果で金利も変わる

三菱東京UFJ銀行カードローン利用時適用される金利設定も、審査結果に由来します。

審査結果にて、「返済能力がある」と判断されれば、三菱東京UFJ銀行カードローンで適用される金利は低くなります。返済不能となるリスクが少ないので、より良い条件でお金の借り入れが可能となるのです。

より低金利の好条件で借り入れを行いたいなら、自身の属性を高めておく必要があるのです。

具体的に適用される金利は以下の通り。

限度額 適用金利
500万円以下400万円超 1.8~6.1%
400万円以下300万円超 6.1~7.6%
300万円以下200万円超 7.6~10.6%
200万円以下100万円超 10.6~13.6%
100万円以下10万円以上 13.6~14.6%

高額な年収をもらっているなど、審査で高い返済能力を認められないと高い金利が割り当てられてしまいます。

アコムには回収ノウハウがある!審査において最優先されるのは「現在の返済能力」

yahoo知恵袋

「Yahoo知恵袋」に寄せられた質問で、面白いものがありました。その質問主は、「過去CICに異動の記録をつけており、さらに現在セブン銀行のカードローンを利用している。なぜこの状態でバンクイックの審査に通ったのか?」という質問を出していました。

その質問に対するベストアンサーが興味深いもので、「バンクイックの審査を行うアコムは、回収するスキームやノウハウがある。過去にネガティブな記録があっても、現在の情報を最優先するため審査に通ったのかも」というものでした。

これは面白いです。「長年のノウハウによるアコムの判断で、回収できる人なら、バンクイックの審査に通るかもしれない」ということ。

この人が言う以外にも、「CICに残るのは、クレジットカード利用記録であって、キャッシング審査に大きく影響しない」などの理由があるでしょうが、この人の意見も一理あります。

この人の言うことを信じるなら、「過去信用情報に記録された悪い情報」も、あまり大きなものでないなら十分バンクイックの審査通過の見込みがるということ。

現にこの質問主は、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通っているのですから、一つデータが取れているのも事実ですよね…。

バンクイックの申込方法は?

バンクイックを利用するためには、まずは「審査申し込み」を行わなければなりません。バンクイックへの審査申し込み方法は全部で3つあります。一つずつみていきましょう。

パソコン、スマートフォンからネット申し込み

現在、カードローンの申込みで一番ポピュラーな方法が、この「ネット申し込み」です。パソコンだけでなく、スマートフォンから申し込み可能となっているので、自分のスキマ時間を利用した申込みが可能です。

必要事項を入力するだけで可能な「ネット申し込み」。実際私もPCからのネット申し込みを行いましたが、申込み自体に要した時間は10分ほど。夕方の空いた時間にすぐに行うことができました。申込み時用意した書類は何もありません。

申込後、カードの受取方法を「郵送」か「テレビ窓口で発行」か選択可能です。

電話申し込み

バンクイックのフリーダイヤルから申込みも可能です。
「0120-959-555」に電話をかけて申込みを行ってください。

電話申し込み受付時間にだけ注意しておいてください。対応時間が短くなるものの、土日祝日も電話受付してくれるのがうれしいですよね。

 曜日 受付時間
平日 9:00~21:00
土・日・祝 9:00~17:00

テレビ窓口から申し込み

バンクイックの強み「テレビ窓口」からの申込みも可能です。

テレビ窓口のブース内で申込み用紙記入。そして必要書類をスキャンして申し込んで、審査が通れば、その場でカードが発行されます。

難点は、テレビ窓口から申込みを行うと、審査結果が出るまでブースの外に出られないということです。申込んでから審査結果が出るまでの数十分から一時間の間、ブース内でじっと待つのは苦痛ですよね。

必要に迫られていないなら、事前にネットか電話から申込みをおすすめします。

テレビ窓口から三菱東京UFJ銀行カードローンへ申し込めば、簡単に即日融資で借り入れが可能です。
三菱東京UFJ銀行カードローンの即日融資について詳しくは、「三菱東京UFJ銀行カードローンで即日融資を受ける場合」を読んでみてください。

テレビ窓口を使えばどの申込方法でも即日融資可能

どの申込み方法を選んだとしても、テレビ窓口を活用することで、即日カード発行後即日融資を受けることが可能です。

テレビ窓口でカードを発行する際には、「本人確認書類」が必要です。運転免許証などを用意していきましょう。そして、条件以上の借り入れには「収入証明書」も必要になってきます。こちらも事前の準備を行ってください。

テレビ窓口からの申込みは人目につく

テレビ窓口は、申込みもしやすく、画面を見ながらの操作はハッキリ言って簡単です。私も経験しましたが、テレビ窓口には書類を読み取るスキャナもついているため、書類提出も簡単です。

三菱東京UFJ銀行カードローンで即日融資を受けたいならなおのこと、テレビ窓口を使ったカード受け取りを考えなければなりません。

しかしそんな便利なテレビ窓口ですが、一つ端点も。それは、テレビ窓口を使ったその姿は、不特定多数の目についてしまうこと。

テレビ窓口は、三菱東京UFJ銀行内ATMコーナーの中にブースが設置されています。テレビ窓口自体は、銀行口座開設や海外送金サービスも対応可能ですが、ほぼ全員がバンクイックの契約に利用します。

ということは、ブースに入る人が「ああ、あの人カードローンでお金借りるんだな」と思われるということ。

まあそんな事気にしない…なんて人もいるのかもしれません。しかし多くの人は、外の目線を少し気にしてしまうはず。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査手順

どのような流れで、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査が進められていくのか、三菱東京UFJ銀行カードローン審査手順を調べていきましょう。

1.申込み

まず三菱東京UFJ銀行にカードローンの申込みを行います。

申込方法については、上で述べたとおりです。

2.仮審査

申込み情報に沿って「仮審査」が行われます。あくまでこの段階で行われるのは、申込情報に沿って行われる、仮審査です。この段階で、返済能力の乏しい人をふるいにかけるのです。

3.結果連絡

仮審査に通った人には、「仮審査に通過した」ことが伝えられます。

このあとで本審査となる旨が伝えられ、在籍確認が行われること、必要書類を提出してもらうことを伝えられます。

4.書類送付

FAXか、テレビ窓口から、カードローン契約に必要な書類を提出します。

5.本審査

提出された書類に沿って、本審査が行われます。同時に在籍確認も行われます。当然在籍確認が取れないと審査落ちです。

6.契約

無事に在籍確認が取れ、提出書類にも不備が無いと認められた段階で、無事審査が終わります。

郵送かテレビ窓口から、カードローン借入カードを受け取ってください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査はどれくらいの時間がかかるのか?

時計を悩ましげに見る女性

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」に申し込みを行うと、審査結果が知らされるまでどれくらい待たされるのか?という、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査時間が気になる方も多いはず。バンクイックの審査時間についても詳しく知っておきましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査の流れ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」への申込みが完了すると、三菱東京UFJ銀行が設定した審査基準での、審査が行われます。

どのような流れで三菱東京UFJ銀行が利用者の審査を行うのか、「三菱東京UFJ銀行カードローンの審査の流れ」を大まかに知っておきましょう。

1.属性の審査

三菱東京UFJ銀行カードローンへの申込みが終わると、まず「属性」が審査されます。申込時に入力した情報、年収や勤務先の情報を審査するのです。

この情報は申込みを行った人の自己申告で行われるため、容易に嘘を就くことができます。しかし、嘘がバレると審査に落ちるなど、様々な不都合があります。

それに、バレない程度の嘘は、三菱東京UFJ銀行の審査において大した影響を及ぼしません。正直な情報で申し込むのがベターでしょう。

属性とは?

三菱東京UFJ銀行の審査でまず最初に見られる「属性」について詳しく見てみましょう。属性とは、その人がもつ「支払い能力」に関する情報です。

年齢に始まり、年収、勤務先の会社、勤続年数など、基本的な支払い能力に関する情報を数値化して、「加点方式」で審査を行います。

年齢が若すぎず上すぎず、年収が安定しておりそれなりの額、そして結婚している属性が、三菱東京UFJ銀行の審査に通りやすい属性となります。簡単に言えば「社会的に安定した人」が、強い属性を持った人と言えるでしょうか。

2.信用情報の審査

属性の審査とほとんど同時に行われるのが、「信用情報の審査」です。

信用情報の審査は、審査全体において「属性の審査」よりも重い比重が割当てられています。信用情報に大きな問題がある時点で、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまう…そう考えて良いほどです。

信用情報とは?

信用情報は、申し込んだ人が、今までどのようにお金と付き合ってきたか、その記録です。現在どのキャッシングやクレジットカードに申込んでいるのか。そしてそのキャッシングやクレジットカードを利用しているのか。

審査で重要なのは、そ今までキャッシング利用記録があるとしたら、そこできちんと期日内の返済を行っているのか。債務整理を行った記録はないのか。という記録です。

過去に返済遅延があったり、債務整理を行った記録のある人は、「返済能力が低い」とみなされてしまいますから、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に落ちやすくなってしまうのです。

最短30分で終わる、最短即日審査

基本的に、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「最短30分審査」という短い審査時間が設定されています。一時期はこの「30分審査」に対応しているのが消費者金融のカードローンのみだったのですが、今では三菱東京UFJ銀行など、銀行のカードローンでも短い審査時間でカードローンが利用できるようになっています。

とはいえこの30分というのは、あくまで「最短」での審査時間。申し込みが混み合っている場合、審査で見る情報が複雑な場合などは、さらに長い審査時間となってしまいます。

できるだけスムーズな審査を希望している方は、平日の午前中など、早い時間の申し込みをおすすめします。

即日審査対応時間外、その他事情で審査時間が前後する場合あり

具体的に、審査時間が30分以上の長い時間かかってしまうケースについて考えてみましょう。まず、そもそも「即日審査対応時間外の申し込み」を行ったとしたら、審査には多くの時間がかかってきてしまいます。

即日審査対応時間は、「平日9:00~21:00」と「土日祝9:00~17:00」の時間帯です。これ以外の時間に申込んでも、審査結果が届くのは早くて翌日。

まず、申し込む時間帯にもしっかり注意を払っておきましょう。

テレビ窓口から申し込めな時間をかけずにカードの受取が可能

どうしても、審査に時間をかけたくない方。少しでも30分に近い審査時間で審査を終わらせたい方は、「テレビ窓口からの申し込み」がおすすめです。

テレビ窓口から申し込むことで、審査回答はその場で待つことになります。テレビ窓口ブース内にいる人を、そう何時間も待たせることは無いでしょう。少しでも早く審査回答を出そうとするはずです。

実体験で言うと、土曜夕方にテレビ窓口からの申し込みを行うと、「40分」で審査結果が出ました。30分とはいかないものの、これはかなり早い審査時間と言っても良いのでは無いでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の在籍確認について

職場で電話をかける女性

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の最後に待ち受けるのが、三菱東京UFJ銀行から利用者の職場にかけられる確認電話「在籍確認」です。この在籍確認を無事クリアせねば、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通ったことにはなりません。三菱東京UFJ銀行から職場に電話がかかってくるなんて困る…という方も多いでしょう。そんな方のために、三菱東京UFJ銀行の在籍確認がどのように行われるのか、説明します。

在籍確認の電話は個人名でかけられる

三菱東京UFJ銀行カードローンの在籍確認と言っても、「三菱東京UFJ銀行ですが」と名乗るわけではありません。あくまで個人名で電話がかけられるのです。これで、電話対応した同僚から「カードローンに申し込んだ」ことがバレにくくなるでしょう。

逆に、銀行名を名乗った方が怪しまれないという方がいれば、「三菱東京UFJ銀行」を名乗ってもらうことも可能です。
三菱東京UFJ銀行は、在籍確認に関してかなり柔軟な対応を行ってくれるのです。

バンクイックの在籍確認はかなり自由が効く

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の在籍確認は、他のカードローンとくらべてかなり自由度が高くなっています。
例えば、上で「個人名で在籍確認の電話がかけられる」と書きましたが、「三菱東京UFJ銀行」を名乗って欲しい人は名乗ってもらう事も可能です。

また、大まかに「◯時以降に電話をかけて欲しい」というような、大まかではあるものの時間の指定も可能。在籍確認で一番理想的なのが、その電話を自分が出ることです。

できれば、申し込みの際事前に在籍確認の電話に自分が出やすい環境を作っておくことが大切です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に落ちた理由

書類を見て悩む男性

あなたがもし三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまったとしたら、その審査落ちには明確な理由があります。

年収が「極端に」低い

年収の金額は、実はそこまで審査に影響しません。年収が高ければ高いほど、属性の値が強くなり三菱東京UFJ銀行カードローン審査で有利ですが、年収が決定打になることはありません。

あまりにも年収が低い。月々の最低返済額を返すのも難しいだろう年収では、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通るのは難しいでしょう。

収入が安定していない

カードローンの返済は毎月行われます。この毎月の返済を行うためには、「毎月途切れない安定した収入」が必要です。毎月の収入にバラつきのある自営業などは、カードローン審査では不利な扱いを受けることを理解しておいてください。

他社借り入れが多すぎる

すでに他社のカードローンを利用している場合、その借り入れが審査において不利に働くことが多いです。借入件数が多いということは、それだけカードローン返済能力が低いということ。借入件数が多い自覚のある方は、三菱東京UFJ銀行カードローンへの申込み前に借入件数を減らす努力を行ってください。

短期間に復数のカードローン申込みがあった

申込み記録も業者にすべて筒抜けです。三菱東京UFJ銀行カードローンへの申込み前に、復数のカードローンへ同時申し込みを行っていた場合、その申込記録を見た三菱東京UFJ銀行側は、「返済能力が低い」とみます。カードローンへの申込みを焦っているということは、お金に困っているということだと認識されるからです。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に無事通貨するには、三菱東京UFJ銀行カードローン意外のカードローンに絞った申込みを行いましょう。

信用情報に自己記録が残っている

信用情報はカードローン審査においてとても重要視されます。三菱東京UFJ銀行カードローンの審査でも、信用情報に金融トラブルが記録されていると審査に大きく不利となります。審査で不利となる記録は、

  • 返済遅延
  • 債務整理記録
  • 他社借り入れ記録
  • クレジットカード代金支払い遅れ

などです。この中でも債務整理記録は大きいです。逆に、返済遅延くらいなら、その他記録に問題が見つからなければ審査に通る可能性も高いです。

提出書類の不備もNG

三菱東京UFJ銀行カードローンへ申し込む際提出する書類に不備のないようにしておきましょう。カードローンの契約に必須な「本人確認書類」の徹底は当然のこと、提出を求められることがある「収入証明書」もしっかり認められるものを用意してください。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通るための審査対策

スマートフォンを見ながら悩む男性

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に一度落ちてしまった方、またこれから三菱東京UFJ銀行カードローンへの申込を行う方に向けて、「三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通るための審査対策」をお伝えします。

審査基準はわかっていないものの、適切な対策の後審査を受ければ、審査に落ちることはありません。

正確に申し込む

申込情報に誤りや嘘が見つかった段階で、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。

なるべく提出書類と同じ、誤りのない情報での申込を心がけてください。

年収などで嘘をついて審査に通りやすくする人もいますが、正規雇用や非正規雇用などの雇用形態などで嘘をつくのはやめましょう。在籍確認や信用情報の審査などでその嘘は簡単にバレてしまい、嘘が発覚した段階で審査に落ちてしまいます。

必要書類の不備を無くす

提出書類をしっかり準備しておきましょう。

とはいえこの段階は、審査に落ちるというより「申込」の段階です。しっかりと、本人確認書類と必要ならば所得証明書も準備しておき、その段階で実際の申込を行ってください。

在籍確認の対策をしておく

審査の最後に待ち受ける「在籍確認」も大切です。

申し込んだ人が職場に在籍しているかの電話確認。この電話確認が行われることを、事前に職場で通知しておきましょう。

どうしても同僚に知られたくなければ、なんとか自分が在籍確認の電話に出る努力が必要です。在籍確認は個人名でかかってくるため、過度な心配もいらないはずですが…。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は厳しくなりつつある

近年、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準は厳しくなっています。これも時代の移り変わりでしょうか。

そして三菱東京UFJ銀行は、三菱UFJ銀行へと名称を変更するという話も出ています。→三菱東京UFJ銀行が三菱UFJ銀行に名称変更!銀行名が長すぎるという声に応えた形です

強まりつつある銀行カードローンへの風当たり

金融庁

以前と比べ、銀行カードローンへの風当たりは強くなっています。また後で説明しますが、消費者金融のカードローン利用者より、銀行カードローン利用者の方が多くなっているほどです。

そして、利用者が多くなると問題も比例して多くなるもの。そうして続出する問題が積み重なり、銀行カードローンへの強い風当たりにつながっているのです。

国の「マイナス金利」により銀行の経営状況が傾いたのがきっかけ

日銀の、日銀政策決定会合で発表されたマイナス金利。

マイナス金利政策により、銀行の利息収入は大幅ダウン。それまで重要な資金源だった住宅ローン金利などが下げられ、銀行の経営状況は一気に傾いてしまう結果となりました。

業績が悪化した銀行は、なんとかして経営難を逃れるために、比較的簡単に収益を上げられる「カードローン」に頼ることにしました。

カードローンは簡単に収益が上がる

銀行カードローンの金利は、住宅ローンなどより高い「15%」ほど。

これにより、利用者から簡単に利息を徴収することができ、収益をかんたんにあげることができます。

それに利用者は、一度銀行カードローンを利用すると、継続的に長期間利用するという特徴もあります。これにより、長期的な収益を見込むことができるのです。

そして、保証会社に消費者金融をつけることで、審査と貸し倒れのリスクも軽減しました。こういった背景もあり、銀行カードローンは以前よりずっと活発に広告を打ち出すなどしているのです。

「カードローン審査はゆるゆるでアコムに丸投げ」なんて記事もあるが、あれは過去の話になりつつある

もうすでに5年前の記事とはなりますが、こんな記事があります→「三菱東京UFJ銀行員「ローン審査ゆるゆるで、アコムに丸投げ
この記事の話は、記事が書かれた当時こそ本当だったかもしれません。
しかし今こんな雑多な審査を行うと、三菱東京UFJ銀行への利益こそあるでしょうが、その状態をみた国から何らかの形で注意されるのは目にみえています。
保証会社であるアコムが審査を行うのは変わっていないにしても、まず間違いなく、審査基準を引き上げる工夫が何らかの形で行われているはず。
この記事自体にも、三菱東京UFJ銀行が怒って物言いを出すのも時間の問題でしょう、

消費者金融のように「総量規制」の適用があり得る

今後こんな状態が続けば、三菱東京UFJ銀行カードローンに総量規制がかけられるのも時間の問題です。事実、同じ都市銀行の三井住友銀行は、自社のカードローン借入額を「年収の3分の1まで」としました。
貸金業会のように、法律で定められるほど問題が本格化する前に銀行側が自主的に動いたのでしょう。

今までの審査が甘すぎたのか

確かに、それ以前の銀行カードローン審査基準が甘すぎたとも言えます。銀行カードローンの審査を行うのは、銀行ごとに設定されている保証会社。この保証会社には大手消費者金融が設定されていることが多く、そうなると審査基準もその消費者金融基準に近しいものとなります。

そうなると、銀行カードローン審査基準は甘くなってしまいますよね。

どうして銀行カードローンの審査基準が見直されつつあるのか

ではそもそもどうして、三菱東京UFJ銀行カードローンほか銀行カードローンの審査基準がこれほど問題視されるに至ってるのか。

そこには、カードローンは「借りやすく、借りすぎてしまう」という、カードローン特有の問題がありました。

銀行カードローン利用者が増加

現在消費者金融カードローン利用者を、銀行カードローン利用者が数で上回っています。

銀行カードローン利用者の推移
2010年あった貸金業法を区切りに、銀行カードローン利用者が増え始めました。いまや消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング利用者より銀行カードローン利用者の数が上回っているほどです。

総量規制で消費者金融のカードローンを利用出来ない層が入ってきたため

銀行カードローン利用者がこれほど多くなったその要因は何より、貸金業者のキャッシングを制限した「総量規制」です。

総量規制の制限を受けて、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用できなくなった多重債務者は、逃げ込むように銀行カードローン利用に流れました。

銀行カードローン利用者は増え、その利用者層の多くは現在すでにお金を借り入れている多重債務者。銀行カードローンで追加借り入れを行えば、そのお金の返済が苦しくなるのも当然です。そうなると利用者はどうするかといえば、「自己破産」ということになります。

自己破産件数の増加

銀行カードローン利用者増加に伴って、返済が不能になった利用者の「自己破産」も多くなりました。自己破産件数が増えれば、当然国も見過ごしていられません。

増えた自己破産。それはつまり、銀行カードローンによって一般人の生活が脅かされていることに他なりません。

国からまだお達しはない

国から、「借入金額を制限しろ」など、明確なお達しは出ていません。貸金業法改正時のような、ハッキリとした制限をかけられたわけではないのです。

だからといって、このまま銀行側が何もしないままでは、過去と同じことの繰り返しです。だからこそ、三菱東京UFJ銀行などの銀行が自発的に動く事態となっているのです。

今後銀行カードローンはどうなっていくのか

銀行カードローンが今後どんな風に変わるのか。その変容までは詳しく私にはわかりません。現在は、収入証明書提出条件を厳しくするなどにとどまっていますが、今後はどうなるのか。

カードローン利用者の多くは、「生活費が必要」な若年層であることも多いです。そういった若年層の生活を守るためにも、銀行側が自発的に動いて、国もそれをサポートするような体制を整えていってほしいですね。

カードローンの審査基準が厳しくなるのは止められない

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査基準は高まっています。

そして他の都市銀行カードローンをはじめ、銀行カードローン審査基準も厳しくなっています。特に、他社カードローン借り入れの多い「多重債務者」への貸付に、銀行が慎重になっています。

この流れはしばらく続くはずです。むしろ、この審査基準で固まるかもしれません。

そうなると、総量規制を逃れるために銀行カードローンを利用していた層はどこに流れるのか…。他人事ながら心配になってしまいます。
「メルカリの現金購入」や「クレジットカード現金化」など、貧困を利用したビジネスに騙されて、お金を掠め取られないようにしてください。

今後間違いなく、「三菱東京UFJ銀行カードローン審査に落ちた人」を狙うビジネスが出てくるはず。実際に三菱東京UFJ銀行カードローン審査に落ちてしまったなら、カードローンに頼らずにお金を手に入れる方法を探すべきです。

キャッシングは市民を生かすか?殺すか?

銀行カードローンの審査基準が引き上がることで、以前銀行カードローンの審査に通っていたような人でも、審査に落ちてしまうでしょう。

これにより、支払い能力が低く、支払い能力も低いような人が銀行カードローンでお金を借りられなくなってしまいます。
そういった人が、「明日の生活費を借り入れる」ことができなくなってしまうのです。

しかし同時に、「カードローンでお金を借りすぎてしまう」人が減るのも確か。銀行カードローンの審査が厳しくなることには、良い面と悪い面、両面があるのです。

闇金が発展する可能性

闇金とは、一般的なキャッシングの審査基準と比べかなり緩い審査基準で審査を行う、法律を無視した貸金業者です。

闇金の審査は甘いので、銀行カードローンの審査に落ちてしまった人が、行く行くは闇金を頼るようになる未来は怖いなと、ふと考えてしまいました。

まだ闇金にたどり着くまでに、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなど、銀行カードローンより審査が甘いキャッシングは多いです。しかし、キャッシングの審査基準そのものが引き上げられた場合、「キャッシング難民」が問題にならないかと、少し不安です。

日本の景気はそこまで悪くないものの、貧困に苦しむひとは常に一定数いるものです…。

銀行カードローン以外のカードローンで借り入れを行うべき

審査に自信の無い方は、今後三菱東京UFJ銀行カードローンなどの、銀行カードローンへの申込みは避けるべきです。

銀行カードローン、特に都市銀行カードローンを中心に審査基準は厳しくなっていくはずです。

以前のように、「おまとめローン」として利用したかった「多重債務者」は、返済能力が低いと切り捨てられる可能性が高くなるでしょう。

前は「消費者金融で借りられないし、銀行カードローンでいいか」という気軽さがありました。ですがこれからは、もっと原則な基準で銀行カードローン審査が行われるでしょう。

それならば、別種のカードローンを利用してお金の借り入れを行うべきです。

私がおすすめしたいのは、銀行カードローンでもない、消費者金融のカードローンでもない第三勢力「信販会社カードローン」です。

クレジットカード業務を中心に行う信販会社なら、銀行カードローンとも違う自社独自の審査を行うため、審査基準が柔軟です。金利他借入条件も、かなり優秀な条件が揃っている場合が多く、借りやすいのも特徴です。

消費者金融と同じく、「総量規制」の制限を受けてしまいますが、消費者金融のカードローンを使うより気軽におk値の借り入れが可能なのではないでしょうか?

お借入診断の難易度は上がったか?

仮の審査結果を受け取ることができる、三菱東京UFJ銀行カードローン公式サイト上のコンテンツ「お借入診断」はとても便利なサービスです。

本審査を受けずとも、自分が審査に通るか大まかな審査結果を、事前に受け取ることができるからです。三菱東京UFJ銀行カードローンが、今後審査基準を引き上げるということは、この「お借入診断」の難易度も上がったと考えるのが普通です。

いろんな条件で、「お借入診断」を受けてお借入診断の難易度を調べてみました。

20代 他社借入件数0

これは受ける前からわかっていましたが、やはり「三菱東京UFJ銀行カードローンを利用可能」という仮審査結果がでました。

30代 他社借入件数3件 100万円借り入れ

借入件数も借入額もそれなりなので、審査結果はどうなのかなと思いましたが、こちらも「三菱東京UFJ銀行カードローン利用可能」という結果が出ました。これは少し意外。

40代 他社借入件数2件 150万円借り入れ

年齢と借入額を引き上げてみました。しかしこちらも「三菱東京UFJ銀行カードローン利用可能」という結果が。それなりに厳しい条件でないと利用不可能の結果を出すことは出来ませんでした。

お借入診断難易度は体感何も変わらない

3回の「お借入診断」を行ってみて、私は少なくとも、「お借入診断」の難易度は変わっていないと感じました。当然、本審査を受けた時と結果が変わることはあるでしょうが、審査に対する心配が少し減りますよね。

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の審査を受けた口コミ

30代 男性 福岡県
色々な出費が重なって、生活費までお金が回らなくなったので、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査を受けました。
どうしてバンクイックの審査かというと、単純に知名度が高かったからと、私が三菱東京UFJ銀行に口座を持っていたからです。金利などはあまり気にしませんでした。
平日に申し込み、その日のうちに在籍確認、カードローン契約を済ませて、テレビ窓口からカードを受け取りました。私が言い渡されたのは「限度額100万円」でした。
審査などにかかる時間、借りやすさなど、大方不満はありません。
20代 男性 東京都
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は甘いと聞いていたけど、実際に受けてみると審査落ち。当方アルバイト、25歳、他社アコム、アイフルからそれぞれ20万借り入れ。まあ確かに審査に通りにくい状況とは思うが…。もっと情報の弱い知り合いが三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通っていたので、なんだか割に合わない気分ではあります。昔に比べ審査基準が厳しくなったのか?謎。
40代 男性 広島県
日々の生活で自由に使えるお金が欲しくて、三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込んだ。こんなところに書いても仕方ないとは思うが、審査には通った。私が良いと思ったのは、電話の担当者でした。とても慣れた対応してくれて、取引がとてもスムーズに終わりました。どことは言えませんが、過去同じく都市銀行のカードローンへ申し込んだ時は、もっと対応者がぞんざいだったのを覚えています。

一介のサラリーマンである私が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査を受けてみた

私は、三菱東京UFJ銀行カードローンのさらに詳しい審査基準を知るために、実際に自ら三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を受けてみました。

結論から言うと、私は無事審査に通りました。思っていたよりあっさり審査に通ったなというのが感想です。

限度額100万円 利率11.0%だった

土曜夜にネットで申込み、翌日日曜朝に三菱東京UFJ銀行から電話がかかってきました。電話してくれたのは、若い女性社員の方で、「審査に通った」こと、「限度額100万円利率11.0%」であることが伝えられました。

明日また在籍確認して、在籍確認が済んだ時点で、テレビ窓口からカード受取が可能であると教えてくれました。拍子抜けするくらい、すぐに審査結果が届き、何より審査が甘いと感じました。

しかしこれは、私が申し込んだ2016年12月のこと。現在三菱東京UFJ銀行カードローンへ申し込めば、もっと厳しい審査基準で審査を受けることになるであろうことは、容易に想像できます。

何より限度額100万円もつくわけがありません。私は年収300万円なので、総量規制がかかったとしても「限度額100万円」はない話ではありませんが、今ならせいぜい50万円といったところでしょう。

はじめてのカードローンなら絶対三菱東京UFJ銀行カードローン

審査基準が厳しくなったとはいえ、まだまだ三菱東京UFJ銀行カードローンが借りやすいのは変わりません。

低金利で即日融資にも対応している優秀なカードローンです。テレビ窓口から申し込めば、担当のオペレーターが丁寧にアシストしてくれます。
カードローンにべったりなキャッシング利用歴の長い方でないなら、まずは三菱東京UFJ銀行カードローンから初めてみるのもいい判断です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査まとめ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査についての情報を紹介しました。

保証会社のアコムが審査を行うため、審査の厳しい銀行カードローン審査と比べると審査基準が柔軟かもしれません。しかし油断も禁物です。しっかりとした収入などの「属性」と、過去のキャッシング履歴などの「信用情報」を持ち合わせてないと、三菱東京UFJ銀行カードローン審査に通るのは難しいでしょう。