三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の限度額を上げたいあなたへ

公開日: 最終更新日:

三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額は最高500万円。

しかし契約したばかりの初期段階では、もらえる限度額はせいぜい50万円ほど。ちなみに、年収300万円の正社員の私で、限度額100万円でした。しかし、今後三菱東京UFJ銀行の審査が厳しくなればなおさら適用限度額は低くなってしまうでしょう。

しかしカードローンでの借り入れになれてしまうと、「もっと借りたい」と思うのが人というもの。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で、もっと借入限度額を上げたいと思った時どうすればいいのか。それを考えていきましょう。

金利が決まるのも限度額次第

実際の借入時何%の金利が適用されるのか、それは、審査で決められた限度額に応じて決まることになります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの設定金利は「1.8~14.6%」と、かなり低金利設定です。限度額が高ければ高いほど、この低金利の設定をさらに活かすことができるのです。

返済能力で金利が決まる

誰もが「1.8%」という低い金利で借りたいと思うでしょうが、実際に1.8%でお金を借り入れるには、500万円の限度額が適用されるしかないのです。そのためには、それ相応に高い返済能力を持ち合わせている必要があるのです。

高限度額ほど金利は下がる

そうです。適用限度額が上限に近いほど、適用金利が下限金利に近づいていくのです。審査で「高限度額」が適用されるには「返済能力が高い」と認められる必要があります。

返済能力が高い利用者には、末永く安定して借り入れてもらうためにも、低い金利が適用されるということです。

適用限度額を上げるには?

それでは具体的に、どうすれば三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額を上げることができるのか、限度額を上げる方法についてみてみましょう。

増額申込みは電話からのみ

三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額を上げるための方法は、電話から三菱東京UFJ銀行に「限度額を上げたい」という意志を伝えるしかありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンはネットサービスにそれほど力を入れていないため、ネットから限度額増額申込みができないようになっているようですね。

三菱東京UFJ銀行は、定期的に利用者の条件見直しを行ってる

三菱東京UFJ銀行は、カードローン利用者の条件に変更が無いか、定期的な見直しを行っています。そこで、顧客の条件に変更が無いかを審査します。

もしその見直しで「優良顧客である」と判断されれば、増額申し込みの必要なく、三菱東京UFJ銀行から「増額案内」が届きます。

増額申請を出すと「アコム」の増額審査を受けることになる

電話で増額申し込みを行うと、そこから増額しても良いかどうかを見定める「増額審査」が始まります。

増額審査では、果たして増額しても問題なく返済が行われるか、改めて返済能力を審査されるのです。増額しても、返済が滞ることがないほどの年収をもらっているか、信用情報で返済能力に疑問が持たれる部分は無いか。以前より厳しく審査されます。審査が厳しくなる理由は、またのちほど説明します。

審査するのは、初期審査と同じく保証会社の「アコム」です。

増額審査の難易度は厳しい

増額審査は、初期審査より厳しく審査されると言われています。その理由は、「まだ三菱東京UFJ銀行からの信用が十分ではない」ためです。まだ三菱東京UFJ銀行からの増額案内が届くほど信用がない。今後もしっかり借り入れと返済が行われるのか、三菱東京UFJ銀行が測りかねている状態なのです。
初期審査の難易度は「三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?」を参照してください。

そんな、三菱東京UFJ銀行の信用が十分でない状態の審査なので当然、基準も厳しくなる…ということですね。

利用者のカードローン限度額を増額するのは銀行側にとってハイリスク

どうして増額審査が厳しいのか、銀行側にたって考えてみれば当然です。

「未だ信用が十分でない客」が、もっとお金を貸してくれと言っている。返済能力は不明。または、情報だけみれば確かに返済能力があると言えるかもしれないが、返済の実績がないので返済してくれるか判断が難しい…。

増額審査とは、こんな心持ちで行われるもの。申し込まれた三菱東京UFJ銀行側としても、慎重に審査するのは当然とも言えるでしょう。

初期審査の方が通りやすいのは、返済能力の確認も兼ねているから

ではどうして申し込んだ直後受ける初期審査は、審査に時間がかからず審査も増額審査と比べると審査が甘いのか。それは、利用開始直後きちんと返済してくれるか、それも審査の一部だからです。

初期審査で、低い限度額が割り当てられて、その限度額内できちんと返済を定期的に果たすか。三菱東京UFJ銀行は、それも審査しているのです。

限度額内できちんと返済を行ってくれれば良し。仮に返済してくれないとしても、限度額設定が低いので、三菱東京UFJ銀行側のダメージも少ないのです。

これで、「優良顧客には増額案内が届く」というカラクリも理解していただけたでしょうか。

増額審査において利用者の会社がわかっていなければ在籍確認はない

三菱東京UFJ銀行カードローンの初期審査において、基本的に欠かすことができない利用者への確認電話、「在籍確認」。

しかし限度額を増額する審査において、在籍確認は必須ではありません。在籍を確認する電話ですから、在籍する会社が変わっていなければ基本的に在籍確認は行われません。

増額審査においても在籍確認を必須とするカードローンがあるなか、在籍確認が行われないケースがあるのは利用者にとってありがたいですよね。

増額審査の審査結果が出るまでにかかる時間は1日2日

増額の申込みを行ってから、実際に増額できるか、その審査結果が出るまでにかかる時間は「1日から2日」ほど。かならず「即日審査」で増額審査を行ってくれるとは限らないようです。

急いで増額したい方は、増額申込みにおいて「急いでいる」旨を伝えることで、増額審査を優先的に行ってくれます。いずれにせよ、審査の過程で、審査にかかる時間が多少変わるのは間違いなさそうです。

どんな人が増額審査に通る?

ではどんな人が、三菱東京UFJ銀行に申請したその増額申請が通るのか。増額審査に有利な属性をみていきましょう。

一定期間三菱東京UFJ銀行カードローンを利用している

まずは、「三菱東京UFJ銀行カードローンの利用期間」も重要です。まだ三菱東京UFJ銀行カードローンを使いはじめて間もない状態なら、三菱東京UFJ銀行側も限度額を増額してくれるとは思い難いですよね。最低でも、半年以上借り入れと返済を行っているというのが、増額審査に通るための最低条件となります。

返済遅れが無い

増額審査において大切なのは、過去の三菱東京UFJ銀行カードローン利用時において、返済遅延が起きていないことです。返済が遅れている記録があると、増額してもまた返済の遅れが生じてしまうかもしれないと三菱東京UFJ銀行も思うため、増額審査に通るのは難しくなるでしょう。

利用開始当初より年収が上がった

増額審査に通るためには、三菱東京UFJ銀行から「限度額を上げてもきちんと返済してくれる」と認められる必要があります。つまり、カードローン利用当初よりも返済能力が上がっていると認められば、カードローン限度額が上がるのです。

年収が上がったタイミング、何かの収入が入り資産が増えたタイミングなどに、増額申請を出すのがおすすめです。

バンクイックの限度額増額か?他カードローン借り入れか?

「バンクイックの限度額を増額せずとも、他のカードローンでお金を借り入れればいい」

という意見の人も多いです。確かに、追加の借り入れが必要な時、他カードローンを使って借り入れるメリットは多いです。

実際、カードローンを何社か並行利用している人はとても多いです。

「三菱東京UFJ銀行カードローン限度額増額か?他カードローンでの借入か?」

という観点から考えてみましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン限度額を増額するメリット・デメリット

メリット

限度額を増額するメリットから見ていきましょう。

追加借入が必要な時、限度額を増額して、限度額が上がったカードローンでの借入。これを行うメリットは何より「安全」ということです。

後でも述べますが、カードローンを並行して利用するのは、支払う利息がかさむのでかなり損です。限度額増額を行えば、返済管理がとても楽なので、とにかく「安全」。

そして安全とも通じる話ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額を増額すれば、「適用金利が下がる」のも大きなメリットです。

限度額が上がれば、反比例して金利が下がっていくので、限度額が上がれば上がるほど返済の負担が小さくなります。

なぜならこれは、三菱東京UFJ銀行から「優良顧客である」と認められているから。

「この人なら、貸し倒れの不安はない。末永く取引したい」

という三菱東京UFJ銀行からの意思の表れなのです。

デメリット

東京UFJ銀行カードローンの限度額を増額するために、三菱東京UFJ銀行へ申し込むと、限度額増額審査を受けることになります。

まずこの増額審査はとても厳しいです。これがまず一つ目のデメリット。

以前より返済能力が上がっていること。過去の利用中返済の遅れがないことが認められないと、増額審査に通りません。

そして、増額審査には、2日ほど時間をとられることがあります。他のカードローンならば即日融資で借入可能な場合も多いですから、この「時間がかかる場合がある」のはデメリットですよね。

他カードローンで借り入れるメリット・デメリット

メリット

他カードローンでの借入を行う一番大きなメリットは、「早さ」です。

上でも少し触れましたが、三菱東京UFJ銀行カードローンと別に、即日融資に対応したカードローンで借入を行えば即日借り入れが可能です。

そしてこれも上で触れましたが、三菱東京UFJ銀行カードローンの増額審査は厳しく、審査通過率が悪い。

増額審査を受けた記録も、審査に落ちた記録も、信用情報にしっかり残ってしまいます。増額審査に通る自信がない、かつ追加借り入れの必要を感じているなら、素直に別カードローンで借り入れを行うべきかもしれません。

デメリット

別カードローンを並行して借り入れに利用すると、借入額が増えるだけでなく、それぞれを高金利で借り入れることになるので支払う利息が高額になります。

キャッシングにおいてもっとも重視されるのは「金利」が高いかどうか。

できれば今後も高い金利をかけずにカードローンの借り入れを行いたい方は、別カードローンでの借り入れを行うべきではないでしょう。

カードローン限度額増額と他カードローン利用…使い分けるべき

どうしても本日中に追加借り入れを行いたい場合。それなら三菱東京UFJ銀行カードローンと別のカードローンを利用するのが確実です。それだけお金に困っているということは、増額審査に落ちてしまう可能性も高いでしょう。

対して、多少時間がかかってもいい、支払う利息は少なく追加借り入れを行いたい。そんなことを考えているあなたは、三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額を増額する方向で考えたほうが良いかもしれません。

まとめ

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を増額するためには、電話から三菱UFJ銀行に限度額増額申請を出すしかないのです。
三菱UFJ銀行に増額申請を出して、その後受ける増額審査に通れば、望みどおりカードローン限度額が上がるのです。限度額増額審査は、初回申込み時受ける審査より基準が厳しくなります。

しっかり準備や審査の備えをしっかりしてから、増額審査に申込みましょう。