学生でもみずほ銀行カードローンを利用可能!その審査基準は?

公開日: 最終更新日:

最近知名度も高くなりつつある、「みずほ銀行カードローン」。都市銀行であるみずほ銀行のカードローンということで、その信頼も厚いです。消費者金融のカードローンより、銀行カードローンを使った借り入れを行いたいと思う方も少なくないはず。

そして中には、みずほ銀行カードローンでの借り入れを行いたいと思う学生も少なからずいるはず。

果たしてみずほ銀行カードローンの利用可能者の中には「学生」が含まれているのか。今回はそのポイントを調べていきましょう。

学生

みずほ銀行カードローンは学生でも利用可能?

みずほ銀行カードローンは学生でも利用可能なのか。その大前提から考えていきましょう。学生は社会人より収入が少なく、使えるお金が少ないものです。自由に使えるお金を手に入れる手段として、カードローンが選べると良いのですが。

「収入があれば」学生でもみずほ銀行カードローンで借入可能

喜ばしいことに、学生でもみずほ銀行カードローンを使った借り入れは「可能」です。会社員としてどこかの会社に属して、しっかりと収入を得ていなくても、問題なく借入可能だということですね。

しかしここには条件が一つ。それは「アルバイトなどで、安定収入を得ていること」です。収入がゼロの学生は、残念ながらみずほ銀行カードローンでの借り入れを行うことができません。

専業主婦は収入がなくとも利用可能

収入が無くとも借入可能な人もいます。それは、配偶者の収入で生活する「専業主婦」です。専業主婦の借り入れには、配偶者の同意書など必要ありません。

専業主婦が借入可能な銀行カードローンは実は貴重です。みずほ銀行カードローンは、専業主婦が利用可能という観点から見ても「優秀なカードローン」だと言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンなら収入のない学生も利用可能

ちなみに、みずほ銀行と同じく都市銀行である「三菱東京UFJ銀行」のカードローン「バンクイック」なら、収入のない学生でも利用可能となります。

必要な方は、そちらのカードローンでお金の借り入れを行ってみてください。

学生でもみずほ銀行カードローンの審査に通る?

安定収入があれば、学生でもみずほ銀行カードローンを利用可能なのはわかりました。しかし問題は、みずほ銀行カードローンの審査に通るかどうかです。収入のある学生でも、みずほ銀行カードローンの審査が厳しくては、学生がみずほ銀行カードローンでお金の借り入れを行うことはできません。

続いてここからは、みずほ銀行カードローンの審査基準について調べていきましょう。

審査に通るために必要な「安定した収入」とは

学生がみずほ銀行カードローンで借り入れるための絶対条件、「安定した収入」とはどんなものか?それは、「定期的で、ある程度の期間働いている会社からもらっている収入」のことを指します。

アルバイト収入でも安定した収入ならば問題ありません。

みずほ銀行に口座を持って入れば審査に通りやすい

みずほ銀行の口座をあらかじめ持っていれば、「本人確認の手間」が省けるため、みずほ銀行カードローンの審査に通りやすくなります。

また口座があれば、みずほ銀行が口座の入出金記録など細かい情報も把握できるので、審査に必要な情報が整いやすくなります。

在籍確認が行われるケースも

みずほ銀行カードローンの審査では、申し込んだ人の勤務先への確認電話「在籍確認」が行われるケースが多いです。特にアルバイトや学生など、審査に必要な「信用情報」が足りない方は「在籍確認」が行われることも多いでしょう。

在籍確認が取れないと、みずほ銀行カードローン審査に通ることはできません。在籍確認に落ちないためには、あらかじめアルバイト先に「在籍確認」の電話がかかってきた場合の対策を行っておきましょう。

借入額が200万円までなら「所得証明書」も不要

学生がみずほ銀行カードローンで借り入れる際助けとなるのが、「借入額200万円までなら所得証明書不要」のポイントです。

学生のカードローン利用者のほぼ全員が「10万円」程度の小額借り入れを行うはず。小額借り入れでは審査基準も厳しくなりませんし、学生にとってもありがたいポイントが多いはず。

まとめ

みずほ銀行カードローンは「安定収入」さえあれば借入可能となります。

収入がゼロの学生では借り入れ不可能ですが、たとえアルバイト収入でも、その収入が安定している学生なら、問題なく審査に通るはず。

それに、みずほ銀行カードローンは、収入がゼロの専業主婦でもお金の借り入れが可能となっています。これだけ広い客層が利用可能である銀行カードローンも珍しいと言えるでしょう。

現在お金に困っているあらゆる層の方に、「みずほ銀行カードローン」はおすすめです。