みずほ銀行カードローンは時間をかけず借入可能!…しかし条件もあります

公開日: 最終更新日:

みずほ銀行カードローンといえば、都市銀行カードローンらしい低金利設定や、時間のかからないキャッシングサービスがメリットの使いやすい銀行カードローン。

申し込みがWEBでカンケルするサービス、さらに借入限度額が最高1000万円なのもうれしいですよね。みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外なので、大口融資にも対応可能です。

腕時計を見て焦る男性

みずほ銀行カードローンから時間をかけずに借り入れるには

みずほ銀行カードローンは時間のかからない借り入れに対応しています。条件さえクリアすれば、誰でもみずほ銀行カードローンで手早い借り入れることができます。

では、みずほ銀行カードローンですぐ借り入れるためにはどんな条件をクリアしないといけないのか、具体的にみていきましょう。

みずほ銀行に口座を持っていることが前提条件

まず、みずほ銀行カードローンで素早い融資を受けるためには、「みずほ銀行に口座を持っていること」が絶対条件となります。その理由はあとで説明しますが、みずほ銀行口座保有者なら、みずほ銀行ATMに「カードローン利用可能」という表示が出た方も多いのでは?

みずほダイレクトを利用していると審査がスムーズ

みずほ銀行の口座を持っている方向けのWEBサービス「みずほダイレクト」を以前より使っていると、みずほ銀行カードローンの審査がスムーズになります。みずほダイレクトとはみずほ銀行のインターネットバンキングのサービスで、このサービスを利用しているとみずほ銀行が審査に必要な情報を集めやすくなるのです。

キャッシュカード兼用型でないと時間をかけない借入は不可能

みずほ銀行カードローンを利用する際に、借入カードのタイプを2種類から選択することになります。

  • キャッシュカード兼用型
  • カードローン専用型

この二つのタイプから、「キャッシュカード兼用型」を選べば、お持ちのカードに「カードローン機能」が付帯し、すぐにATMからお金の借り入れが可能となります。

申し込みは平日の午前中に終わらせておく

審査申し込みの時間帯も重要です。みずほ銀行カードローンへの申し込みを、平日の、少しでも早い時間帯に申し込まないと手早い融資を受けることはできません。

残念ながらみずほ銀行カードローンは土日のスピード融資に対応していないのです。

審査をスムーズにするために「在籍確認」の対策を

みずほ銀行カードローンでスピード融資を受けるには、審査を問題なく通過しておく必要があります。

そのためにあらかじめ、「在籍確認」の対策を行っておく必要があります。みずほ銀行カードローンへ申込んでから審査対策を講じるよりも、申し込み前にあらかじめ対策を練っておくほうがスムーズです。

審査に時間がかかることがあるため

申し込みを早めに済ませておくべき理由は、「みずほ銀行の審査に多くの時間がかかることがあるため」です。早い時間の申し込みならば、審査が混み合うことも少ないでしょう。審査担当者の対応も早いでしょう。

土日の審査に対応していない

みずほ銀行カードローンの審査は、「土日の審査が不可能」となっています。平日の申し込みしか、すぐ審査結果を出すことができません。

三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンは、土日の審査に対応していることを考えると、ここはデメリットですね。

みずほ銀行カードローンで手早く借り入れる流れ

みずほ銀行カードローンで時間をかけず借り入れる手順を最後に確認しておきましょう。

ネットから申し込み

何はともあれ、みずほ銀行カードローンへ申し込まないといけません。インターネットからの申し込みが一番気軽で早いです。気軽すぎて、申込内容に誤りのないようにしてください。

審査

みずほ銀行カードローンの保証会社による審査がはじまります。みずほ銀行カードローンで設定されている保証会社は、「株式会社オリエントコーポレーション」です。

契約

審査結果で融資可能となったなら、みずほ銀行カードローンと本契約を結びことになります。お持ちのキャッシュカードでカードローンを利用可能になるため、契約も簡単です。

ATMから借り入れ

契約が済んだらあとはカードを使ってATMからお金の借り入れです。スムーズに手続きが進めば、申し込みから借り入れまでを、すぐに終わらせることができるはずです。

まとめ

みずほ銀行カードローンは、他の都市銀行カードローンと同じく、「スピードキャッシング」に対応しています。ですが、他の銀行カードローンより多少厳しい条件が課せられているため、あらかじめ注意しておきましょう。

ですが、条件さえクリアすれば、みずほ銀行カードローンは低金利で借りやすい銀行カードローンです。カードローンを利用するために、みずほ銀行の口座を開設する価値があると言えるほどです。