みずほ銀行カードローンは即日融資に対応しているのか?実際に申し込んでみた【2018年最新情報】

公開日: 最終更新日:

腕時計を見て焦る男性

2017年、みずほ銀行カードローンをはじめ多くの銀行カードローンは、国からの警告もあり「即日融資」や「多重債務者への貸付」へ慎重になりました。

そしてしばらく経った2018年現在、みずほ銀行カードローンは「即日融資」での借入が可能なのか?

実際に私自身申し込んで確かめてみることにしました。

前提:みずほ銀行カードローンは即日融資に対応していない

まず大前提として知っておくべきなのが、みずほ銀行カードローンは即日融資に対応していないということです。

ネット上のサイトには、「みずほ銀行カードローンは即日融資対応!」なんてでかでかと書いているページがありますが、あれは間違いです。

例えば楽天銀行カードローンなんかだと、「最短2日融資」なんてことも可能です。しかしみずほ銀行カードローンは審査の手続きなどが厳しく、申し込みから借り入れまでに多くの時間がかかってしまうようです。

融資まで早くて一週間らしい…

みずほ銀行に電話で問い合わせたところ、みずほ銀行カードローンで借入可能な状態になるまで、申し込みから数えて「一週間」ほどかかってしまうそうです。

これではとても「即日融資」とは言えません。

みずほ銀行カードローン借入の流れ

みずほ銀行カードローンの申し込みの流れを調べていきましょう。

申し込みの手続き、審査の流れなどは、他のカードローン業者と変わらないのですが、みずほ銀行カードローンはそれぞれの手続きで時間がかかってしまうのです。

みずほ銀行カードローン申し込み

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は4つ。

  • PC・スマートフォンからネット申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 電話申し込み
  • 窓口で申し込み

その後の手続きを考えても、気軽なネット申し込みが一番簡単でおすすめです。

仮審査

申込情報入力が終わり、その情報が送信された時点で、その情報を元に行う、「仮審査」がはじまります。

仮審査は、申込情報を元に行う簡易的な審査です。

本審査

仮審査が終われば、本人確認書類や、必要なら収入証明書の提出を行い、そこから「本審査」がはじまります。

本審査ではさらに「在籍確認」も行われます。

カードローン契約

仮審査も本審査も無事通過したなら、あとはカードローン契約を結び、カードローンを借入可能な状態にするだけです。

ここでみずほ銀行に口座があり、みずほ銀行のキャッシュカードを持っている人なら、お持ちのキャッシュカードを使って借り入れが可能です。

カードローン専用カードを受け取る場合は、カードが送られてくるのを数日待たなくてはならなくなります。

ATMから借入

カードを受け取ったら、後はそのカードを使ってATMからお金の借り入れを行うだけです。

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行ダイレクトを利用しないとネット借り入れを行うことはできないため、ATMからの借り入れが基本となります。

申し込み方法で借入のスムーズさが変わる

みずほ銀行カードローン申込方法はいくつか用意されていますが、どの方法で申し込むかで、その後借り入れをおこなうまでに要する時間が多少変わります。

申込方法 審査時間
ネット申し込み 1日~2日
店頭 数日
郵送 書類郵送に数日、審査に数日
電話申し込み 電話申し込み完了後数日

審査にかかる時間は、申し込みの時期などでも多少変わります。

早い審査を希望するなら、早い時間帯に審査の早いネット申し込みを行ってください。

みずほダイレクトに登録していればWEB完結申し込み可能

みずほ銀行のネットバンキングサービス「みずほダイレクト」に登録している方は、みずほ銀行カードローンのWEbサービスを利用した申し込み、借り入れ、返済を行うことができます。

みずほ銀行カードローンの審査時間、融資にかかる時間自体は変わりませんが、みずほ銀行カードローン利用がとても簡単になります。

みずほ銀行カードローンの借入を少しでも早くする方法

みずほ銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、申し込みから借り入れまでに多くの時間がかかってしまいます。

しかし、どうしてもみずほ銀行カードローンでの借り入れを行う必要がある方のために、「みずほ銀行カードローン借り入れまでの時間」を短縮するコツをお教えします。

平日の早い時間帯にWEBから申し込む

まず、何度も言っていることですが、「平日朝など早い時間帯に申し込む」のが大切です。

午前中に申し込めば、申し込みが混み合ってないなどの理由で、審査が早まるのです。また平日は休日より申し込みが少ないことも、審査に時間がかからない秘密です。まずカードローンの借り入れに時間をかけないコツとしては、「平日の早い時間帯に申し込む」のが時間をかけないコツです。

借入希望額を少額に 正確な情報で申し込む

みずほ銀行カードローン申込時に伝える「借入希望額」を少額で申し込むのも、審査に時間をかけないコツです。

借入希望額が少額ならば、みずほ銀行側も審査基準を緩めるからです。

また、「情報の誤り」を原因に審査に落ちないためにも、提出書類と同じく正確な情報で申し込みましょう。

実際にみずほ銀行カードローンで申し込んで借入までの時間を確かめてみた

みずほ銀行カードローンの申し込みから借り入れまでにかかる時間など、細かく調べてきました。

しかし実際のところ、みずほ銀行カードローンに申し込みから借り入れまで、どれくらいの時間がかかるのか?

私が実際に申し込んで確かめてみることにしました。

ネット申し込み


まずはネット申し込みです。

私は他のカードローン申し込みも行ったことがあるのですが、みずほ銀行カードローンの申し込みフォームは、「住所検索」などのシステムが使いにくいです。

私の勤務地の郵便番号を入力しても、住所を検索して入力補助を行ってくれませんでした。

2週間後 カードローン契約みずほATMから借入完了

みずほ銀行キャッシュカード
私は給与がみずほ銀行の口座に振り込まれるという、みずほ銀行ヘビーユーザーなので、すでにキャッシュカードを持っていました。

持っているキャッシュカードにカードローンの借入機能がつくまでにかかった時間はなんと、「2週間」。

最短即日融資なんて笑わせてくれる…ってな話です。

借入に時間がかからない銀行カードローンをご希望なら、ネット銀行の楽天銀行カードローンをおすすめします。

初回の融資はカード受け取り前に指定口座への振込を行ってくれます。楽天銀行口座以外でも指定できるのもメリットです。

楽天銀行カードローンの審査情報

まとめ

みずほ銀行カードローンは即日融資に対応していません。

実際に借入可能となるまでに、早くとも一週間かかってしまいます。借入に時間のかからないカードローンがご希望なら、別のカードローンを利用しましょう。

参考:即日融資を受けられるカードローン