みずほ銀行カードローンの在籍確認ってどんな感じなの?

公開日: 最終更新日:

みずほ銀行カードローンの審査の中には、申し込んだ人の職場に在籍を確認する電話「在籍確認」があります。

この在籍確認はどのカードローン審査においても、避けることの難しいものですが、申し込む側からすればできれば「無し」にしてもらいたいもの。

みずほ銀行カードローン審査における在籍確認を避ける手立てはあるのでしょうか。在籍確認が行われるとしたら、それはどういった内容で行われるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの審査基準について知りたい方は、みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?を読んでみてください。

電話

みずほ銀行カードローン審査における在籍確認

みずほ銀行カードローン審査において、在籍確認はどんなものなのか、どのように行われるものなのか、そこから考えていきましょう。

在籍確認は審査の最終段階

みずほ銀行カードローン審査において、「在籍確認」は審査の最終段階にあります。この在籍確認をクリアせねば、みずほ銀行カードローン審査は終わりません。

とはいえ、カードローン審査においての在籍確認は、そう難しい確認ではありません。本当に申し込んだその人がそこで働いているか、それが確認できさえすれば、在籍確認は終わります。

そしてこの「在籍確認」は、申し込んだ人の「属性」や「信用情報」の審査がすべて終わった「最後の段階」で行われるものです。

在籍確認が取れればみずほ銀行カードローンの審査は終わり

審査の最後に待ち受ける在籍確認。この在籍確認がとれさえすれば、みずほ銀行カードローンの審査はすべて終わりとなります。

在籍確認が行われたということは、ほぼ審査は通ったものだと思っても良いということです。

在籍確認の対策をしっかり立てておきましょう

この在籍確認さえ終われば審査も終わりとは言いましたが、反対に言えば、「在籍確認が終わらないと審査も終わらない」ということ。
いつごろ電話がかかってくるか、時間帯はわからないものの、なるべくかかってきた電話は自分が出るようにするなどの対策が必要です。

在籍確認は「個人名」で行われる

在籍確認の電話では、担当者から「みずほ銀行」や、保証会社の「オリエントコーポレーション」を名乗ることはありません。

カードローンの審査だったとしても、その在籍確認の電話では担当者の「個人名」で行われます。

よほど在籍確認に対して知識のある人でない限り、「カードローン審査だ」とは気づかないでしょうから安心ですね。

在籍確認を行うのは保証会社のオリエントコーポレーション

この在籍確認の電話をかけるのは、みずほ銀行カードローンの審査を請け負っている「オリエントコーポレーション」です。オリエントコーポレーションの審査は、他カードローン審査基準と大きく変わらないものだと言われています。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどれくらい融通が効くの?

カードローンによっては、在籍確認の内容に関してかなり自由が効く場合があります。在籍確認の電話がどうしても困るという方のために、電話の代わりに在籍確認を取れる方法を提示してくれるカードローンがあるくらいです。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は果たして?

審査結果によっては在籍確認が必要ない場合も?

まず、みずほ銀行カードローン審査において、在籍確認はカアンラズ行わるわけではありません。みずほ銀行カードローンの審査結果によっては、在籍確認の電話が職場にかかってこないなんて場合があるくらいです。

在籍確認の電話なしのパターンで考えられるのは、「みずほ銀行に口座を持っており、メインバンクとして利用している場合」でしょうか。これなら給与の入出金で、みずほ銀行側もわかりやすいですよね。

在籍確認が行わる時間の指定は不可能

みずほ銀行カードローン審査で在籍確認の電話がかかってくる時間は「ランダム」です。カードローン利用者側からこの時間を指定することはできません。

消費者金融のカードローンなんかは、時間を指定できる場合も多いです。

在籍確認を行う社員の性別も不明

在籍確認を行うコールセンター社員の性別も、「ランダム」です。審査を行うオリエントコーポレーションの都合によるということですね。どちらが「男性か女性か、電話して欲しい性別」があったとしても、どちらがかかってくるかは「運」ということですね。

みずほ銀行の在籍確認は自由度が低い?

ここまでの情報を見てみると、みずほ銀行カードローンの在籍確認はハッキリ言って、在籍確認の自由度があまり高くないと言えるかもしれません。

せめて在籍確認のタイミングを指定できれば良かったです。他の三菱東京UFJ銀行カードローンなどの在籍確認は自由度が高いのですが…。

まとめ

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、保証会社のオリエントコーポレーションが「個人名」で行います。

必要以上に在籍確認を警戒する必要もありませんが、あまり甘く見すぎていると、在籍確認で審査落ちなんてことになりかねません。気をつけておきましょう。