ブライダルローンってみんな使ってるの?金利、審査基準は?

公開日:


この記事にたどり着かれた方の中には「結婚の費用について悩んでいる…」という方が多いのではないでしょうか?

「現金で払うかローンで払うか…」さらには「一生に一度の結婚式だから悔いは残したくないし…」と、いろいろと悩むのも無理はありません。

そこで今回は、結婚にかかる費用について、現金で払うべきかブライダルローンなのか?いろんな方向から選択肢を考えてみたいと思います。

一生に一度の結婚式、あなたなら現金で払う?それともローン?

まず最初に、結婚式にはどれくらいの費用がかかるのか、一般的な費用相場から見ていきます。

結婚式、披露宴の相場

下記は、一般的な結婚式場での「式+披露宴」の相場です。

もちろん、式場のレベルや料理の内容によっても費用は変わってきますが、50人程度を招待した場合250万円前後の必要がかかります。

「一度に250万円か…」と思うかもしれませんが、一生に一度の結婚式ですから出来れば悔いが残らないように式を挙げたいものですね。

支出項目 相場 備考
挙式費用 30万円~50万円 生演奏などの演出次第では高額になる事も。</p><p>
披露宴の料理・飲み物 100万円~200万円(一人平均約2万円が相場) 料理のランクにより、一人当たりの単価は2万円~3万円程度に変動
写真 20万円程度 CDやアルバム作成などのオプションを選ぶと追加費用がかかる
ビデオ・DVD 20万円前後
引き出物・引き菓子 25万円~50万円(一人平均約5千円が相場) 親族など、頂くご祝儀の値段で内容を分ける場合もある。
衣装 新婦25万円前後、新郎10万円~15万円前後 お色直しの回数や衣装のレベルにより費用は変わる。</p><p>
テーブル装花 15万円~25万円

ローンで払う人はどれくらい居るか?

ところで、結婚式の費用をローンで払う人はいったいどれぐらい居るのでしょうか?

結婚式の費用の支払い事情については、正式な調査がない為不明です。

しかし、一概に「ローンを利用する」といっても、以下のような様々な理由があるようです。

1.配偶者に自分の貯金がバレるのが怖くて、お金がないふりをする為
2.貯金はあるが、結婚後に必要になる費用の為に現金を置いておきたい為
3.最初から貯金はなく、祝儀でまかなえない金額をローンで支払うと決めていた為

ちなみにTwitterを検索していたら以下のような記事も出てきました。

やはり、お金があるとかないとか…というだけではなく、みんないろんな理由でブライダルローンを利用しているんですね。

「そういえば結婚式・披露宴で見積もり285万だった。二人で貯金してたぶんで払って、残りはご祝儀充て+ローン私の貯金で払えばローン組む必要なんてないんだけど、まさかこんなに金あるなんてバレても困るからやむなくローン組んでおくか…」

結婚にかかる費用は披露宴だけではない!

上記の通り、披露宴等に必要な費用は、ざっと250万以上はかかる訳ですが、挙式費用をローンで賄ったとしても、新生活に必要な費用も考えておかなくてはなりません。

以下は結婚後に想定される主な出費となりますが、このような出費も想定に入れながらブライダルローンを検討する事が大切です。

新居にかかる費用

一つ目は、新居に必要な費用です。

賃貸マンションに住むか、家を買うかによっても費用は変わってきますが、例えば賃貸マンションを借りるだけでも初期費用に20万円前後は必要です。

また、分譲マンションや一戸建てを買うとなると、最低でも頭金は500万円前後必要になってきますし、毎月のローンも10万円前後必要です。

さらに言うと、ブライダルローンを利用して残債が残っている状態で、住宅ローンを申し込んだとしても審査に落ちてしまう可能性も高くなります。

ブライダルローンを利用する場合は、このような事も想定して利用する必要があります。

家電製品や家具

二つ目は、家電製品や家具の購入費用です。

ちなみに、最低限の家電製品を用意するだけでも50万円~100万円程度のお金は必要ですし、家具を用意するだけでも同じぐらいの費用は必要になってきます。

お互いが一人暮らしをしている場合は、それらを持ち寄るという方法もあるのですが、さすがに新生活のスタートに中古の家電を持って行くのもどうかと思います。

参考までに、家電量販店のブライダルパックなど、便利な情報も掲載しておきますので、参考になさって下さい。

旅行費用

三つ目は新婚旅行の費用です。

こちらも海外旅行や国内旅行など、行先やレベルによっても費用は異なってきます。

ただ、一生に一度の新婚旅行ですので、国内旅行であったとしても最低一人15万円~25万円前後はかけたいものです。

また、海外旅行になると一人30万円~50万円程度は覚悟をしておいた方が良いでしょう。

親へのお礼

最後に、これまでお世話になった両親へのお礼も考えておく必要があります。

両親への御礼は披露宴の最後にプレゼントとして渡すケースもありますし、新生活が落ち着いてから両家の両親を食事や旅行に連れて行ったりするケースも多いようです。

結婚式の費用を親に援助してもらうケースも多い為、どこかのタイミングでお返しする事も忘れてはいけません。

結婚式費用に使える、おすすめのブライダルローン

では、以上のような事を踏まえて、挙式費用に使えるおすすめのブライダルローンをご紹介したいと思います。

ブライダルローンとは

まず、具体的なローンをご紹介する前に、「ブライダルローンの概要」からお伝えしておきます。

ブライダルローンは銀行や信販会社が取り扱っていますが、主に以下の特徴があります。

1. ブライダルローンは目的ローンの一種で、借りた後は返済するだけのローンになる。

2. 金利は10%未満の事が多く、比較的低金利で借りられる。

3. 融資には式場の契約書など、必要書類の提出が必要となる。

4. 返済期間も長期で、7年返済も可能なローンがある。

銀行の目的別ローン

ここからは、おすすめの具体的なブライダルローンをご紹介していきますが、一つ目は銀行のブライダルローンです。

参考までに楽天銀行のブライダルローンの商品概要をご紹介しておきます。

楽天銀行のブライダルローンは、融資が実行されてから支払い済の確認書類を提出すればいいので、先にローンを組んで安心して結婚式に臨める点がメリットと言えます。

楽天銀行目的型ローンブライダル
用途 結婚式や披露宴などの費用、結婚・婚約指輪などの購入費用、新婚旅行の費用
条件 1.満年齢20歳以上60歳以下(完済時65歳以下)
2.日本国内に居住している事
3.利用者本人が仕事に就いていて、毎月安定した定期収入がある事
4.楽天カード株式会社の保証を受ける事ができる事
必要書類 支払済確認書類(領収書、振込控などの写し)融資実行日より1ヶ月以内に提出が必要
①支払先②金額③支払日の全てが記載されているもの
※顧客自身が手書きで作成したものは不可
限度額 10~300万円(1万円単位)
金利 7.0%
返済期間 最長8年4ヶ月

信販系のブライダルローン

次に信販会社が取り扱っているブライダルローンもおすすめです。

この種類のローンは、結婚式場と提携しているケースも多く、費用の事で式場に相談すると紹介してもらえるケースもありますので、手続きがスムーズです。(ただし、式場からの紹介の場合でも審査が優遇される事はありません。)

ジャックスのブライダルローンプレシャンテ
用途 挙式と披露宴の費用(挙式・披露宴費用を含めていない場合は、利用不可)
条件 20歳以上で安定した収入がある事
審査結果次第で連帯保証人が必要になる場合もある
必要書類 挙式・披露宴の金額が確定次第、見積書の写しの提出が必要(式場の押印があるもの)
限度額 10万円~500万円
金利 実質年率6.5%
返済期間 1回~84回(支払い途中で、まとまった金額を返済する事で残高を減らし、金利手数料を軽減させる事も可能)

ゼクシィなどの結婚情報サービスが紹介するローン

この記事を読まれている方の中にも、「ゼクシィ」を購読されている方は多いと思います。

ゼクシィはリクルートが運営している情報誌ですので、同じリクルート系列のブライダルローンを利用するという方法もあります。

それが、スルガ銀行リクルート支店の「ゼクシィ結婚式費用立替えプラン」です。

こちらも、商品スペックをご紹介しておきますが、おすすめポイントは「最大800万円までの融資が可能」という大きな限度額です。

スルガ銀行の「ゼクシィ結婚式費用立替えプラン
用途 1.結婚費用(挙式費用、各種衣装代、プレゼント代、装飾品代等)
2.婚約費用(結納費用、婚約指輪代等)
3.旅行費用(新婚旅行費用、土産代等)
4.結婚後の新生活にかかる費用(家具・家電代、転居費用、出産等)
5.結婚を契機としたリファイナンス費用
6.その他、結婚ならびに結婚後の新生活にかかる費用全般
7.その他、教育資金・車購入資金・リフォーム資金等全般
条件 ①契約時年齢が20歳以上65歳未満(目的別ローン完済時のご年齢は70歳以下)の個人
②安定した収入があり継続した取引が見込まれる事
③保証会社の「スルガ・キャピタル株式会社」の保証を受けられる事
必要書類 本人確認書類・収入証明書
限度額 10万円以上800万円以内
金利 年8.8%~12.8%
返済期間 契約日より1年ごとの自動更新

ブライダルローンの審査に通る為の秘訣

次に、上記でご紹介したブライダルローンの審査に通る為の秘訣についても伝えしておきます。

他社借り入れや返済に注意する

ブライダルローンの申込時には、当然審査が入ります。

また、審査時は当然信用情報機関へ情報照会をされますので、他社借り入れをしている場合については、特に「返済に遅れない」という注意が必要です。

「1回だけ1日くらい返済に遅れた…」というくらいであれば問題ないのですが、3ヶ月以上滞納してしまうと、“異動情報”(※)として残ってしまいますので、ブライダルローンの審査通過は難しくなります。

※異動情報:いわゆる金融事故情報の事(支払い延滞・債権譲渡・債務整理等)

保証会社の審査に通る事が条件

上記の商品概要にも記載していますが、ブライダルローンの場合「保証人は不要」です。

しかし、その代わり保証会社の審査に通る事が必要になってきます。

例えば、楽天銀行のブライダルローンの場合は、楽天カードの保証に通る必要があります。

したがって、過去に楽天カードのような保証会社のサービスを利用していて、延滞や債務整理をした場合も、ブライダルローンの審査通過は難しくなります

お金をかける結婚式がいい…という訳ではない

ところで、ここまでブライダルローンありきの説明ばかりしてきましたが、そもそも借金する事を前提に結婚式を挙げる事自体どうなのか?という事も考えるべきです。

海外で家族だけで挙式をあげる

そういう意味では、国内で披露宴を挙げずに、海外に家族だけを招待して挙式を挙げるという方法もお勧めです。

以下に参考情報を掲載しておきますが、場合によっては挙式費用+旅行費用を大幅に抑える事も可能です。

二人だけの結婚式も

また、どうしてもお金がないという人の場合は、二人だけで結婚式を挙げる方法もあります。

また、式を挙げる余裕がない場合は、衣装と写真費用など5万円程度の出費で記念として残す事も可能です。

少額のお金を短期で借りるならカードローンもあり!?

以上、ブライダルローンの概要はおおよそご理解頂けたかと思います。

しかし、10万円~20万円程度のお金なら、わざわざブライダルローンを契約するよりも、カードローンを借りた方が便利かもしれません

ブライダルローンは一度契約すると「借りたり返したり」といった利用はできず、返済専用のローンとなります。

その点カードローンなら限度額の範囲内で追加借り入れも可能ですので、結婚直後の物入りな時期に必要な部分だけ借りる事も可能です

30万円程度なら無利息キャッシングを利用したほうがお得

また、アコムやプロミスなどほとんどの大手消費者金融の場合は、初めての契約に限り30日間の無利息キャッシングを利用する事ができます。

したがって、結婚式費用で10万円だけ足りないという場合でも、無利息キャッシングでお金を用意した後で、ご祝儀ですぐに返済すれば、1ヶ月以内なら金利手数料は無料です。

ブライダルローンの金利や審査、まとめ

たしかに、一生に一度の結婚式ですから悔いは残したくないという気持ちはよくわかります。

しかし、どれだけお金をかけた結婚式をしたとしても、後々の結婚生活に支障が出るような事では、豪華な結婚式には何の意味もありません。

したがって、ブライダルローンを利用する場合は利用額を必要最小限にするなどして、出来れば挙式費用は現金でまかないたいものですね。