ろうきんの教育ローン特集!銀行よりもろうきんの教育ローンを利用すべき?

更新日:

子供を大学まで行かせるために必要な教育資金は「約2,000万円」と言われています。

そのような費用を自己資金でまかなうことができれば何ら問題がないのですが、ほとんどの家庭ではそれが難しく、実際には教育ローンや奨学金を利用して教育資金に充てる…というケースが多いようです。

しかし、大学進学の費用だけを考えても入学金と授業料を合わせて約500万円程度の費用が必要なため、教育ローンを利用するとしても「いかに低金利のローンを選ぶか?」という点が重要になってきます。

そこで、今回は教育ローンを利用するなら「銀行の教育ローン」か、それとも低金利で利用できると評判の「ろうきんの教育ローン」がいいのか?、各々の教育ローンを比較してみたいと思います。

銀行とろうきん、教育ローンを利用するならどっち?

まず、銀行とろうきんの教育ローンについて、各々の特徴をまとめてみたいと思います。

銀行の教育ローンの特徴

まず、銀行の教育ローンの特徴からお伝えしていきます。

銀行の教育ローンは、金利が2.5%~3.5%程度と比較的低金利で利用できるという特徴があります。

また、銀行の教育ローンは奨学金や国の教育ローンのように年収の上限が定められていないため、比較的高収入の世帯であっても利用できる点もメリットの一つです。

ただ、その一方で低所得世帯では利用できないことが多く、大手メガバンクの教育ローンの場合は最低年収が税込200万円以上ないと利用できないケースもあります。

また、この後ご紹介するろうきんの教育ローンと比較しても限度額が少ない…というデメリットもあります。

ただ、ろうきんの教育ローンとは異なり、利用できる人の条件として居住地域などの制限もなく、申し込み手続きが行える方なら全国どこからでも申し込める点は銀行教育ローンのメリットと言えます。

ろうきんの教育ローンの特徴

次に「ろうきん教育ローン」の特徴についてです。

ろうきんの教育ローンのスペックについてはこの後詳しくご紹介していきますが、銀行の教育ローンと比較して「若干金利が低い」というメリットがあります。

また、利用できる人の条件として「安定した収入がある人」という点がありますが、最低年収は「銀行が200万円」のところ、「ろうきんは150万円以上」となっていますので、比較的利用しやすくなっています。

また、労働金庫の団体会員や生協会員の場合は、特別金利が適用されるというメリットもあります。

おすすめのろうきん教育ローンを徹底解説

ろうきん教育ローンの概要は以上の通りですが、ここからは全国各地のろうきんの教育ローンをいくつかピックアップし、各々のろうきん教育ローンのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

なお、ろうきんの教育ローンは「全国同じ条件」というわけではありません。

金利や利用できる人の条件などが、各々の地域のろうきんによって若干異なる…という点も特徴です。

中央ろうきんの教育ローンは金利1.2%~利用可能

まず、一つ目にご紹介するのは「中央ろうきんの教育ローン」です。

以下に中央ろうきんの教育ローンの条件を記載していますが、この教育ローンは低金利で利用でき、さらに奨学金の借り換えにも利用できる点が特徴です。

また、奨学金の借り換えで利用する場合は、団体会員の構成員であれば「年1.20%」の低金利が適用されます。

さらに、銀行の教育ローンとは異なり最高2,000万円までの融資が可能ですので、余裕のある教育資金を用意することができます。

利用できる人の条件 中央労働金庫に出資のある団体会員、または生協会員の構成員で、以下の条件に全て該当する人

  1. 申し込み時の年齢が満18歳以上満65歳未満。最終返済時が満76歳未満であること。
  2. 同一勤務先に1年以上勤務していること。(自営業者等の給与所得以外の方は原則として3年以上)
  3. 安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上あること。
利用用途
  • 受験料や入学金、授業料、学用品の購入費用
  • 下宿の敷金・礼金
  • 留学費用(6ヶ月以上滞在)
  • 予備校費用
  • 他社教育ローン・奨学金の借り換え
融資限度額 最高2,000万円
融資期間 最長15年
金利 変動金利型と固定金利型

  • 一般勤労者の場合…固定金利(年3.400%)奨学金借り換え(年1.600%)
  • 生協会員の組合員…固定金利(年2.600%)奨学金借り換え(年1.400%)変動金利(年2.400%)
  • 団体会員の構成員…固定金利(年2.400%)奨学金借り換え(年1.200%)

変動金利(年2.200%)
※上記固定金利は、10年以内で返済する場合の金利
※変動金利型は、団体会員または生協会員のみ利用可能
※奨学金の借り換えの場合、通常の教育ローン(証書貸付型)とは適用金利が異なる。

融資方法 支払先へローン契約者名で振込
保証機関 ろうきん指定の保証協会を利用

参考:中央ろうきんの教育ローン

九州ろうきんの教育ローンはカードローン型もある

二つ目は、九州ろうきんの教育ローンについてです。
九州ろうきんの教育ローンの条件は、先ほどご紹介した中央ろうきんとほぼ同じです。
また、九州ろうきんの教育ローンはカードローン型の教育ローンもありますので、必要な費用だけ借りたい人や、頻繁に随時返済をする人にとっては便利な教育ローンと言えます。

利用できる人の条件 「九州ろうきん」に出資のある会員の構成員、または九州ろうきん管轄内に居住もしくは勤務している勤労者で、以下の条件をすべて満たす個人。

  1. 満18歳以上満65歳未満で、最終返済時年齢が満76歳未満であること。
  2. 同一勤務先に原則1年以上勤務していること。
  3. 安定継続した収入があり、前年度税込み年収が150万円以上あること。
利用用途
  • 高校、大学、専門学校などで教育を受けるために必要な資金※入学金・授業料・アパート代・仕送り等にも利用可能
  • 他金融機関からの教育ローンの借り換え費用
  • ビジネススキル向上のための資金(資格専門学校納付金等の資金)
融資限度額 最高2,000万円
※(株)セディナ保証の場合は最高1,000万円
融資期間 最長15年
金利 変動金利型と固定金利型

  • 一般勤労者の場合…固定金利(年3.10%)変動金利(年2.70%)カード型(2.70%)
  • 生協組合員…固定金利(年2.85%)変動金利(年2.45%)カード型(2.48%)
  • 会員…固定金利(年2.60%)変動金利(年2.20%)カード型(2.20%)
融資方法 支払先へローン契約者名で振込
保証機関 一般社団法人日本労働者信用基金協会
(株)セディナ

参考:九州ろうきんの教育ローン

四国ろうきんの教育ローンは団体生命保険とセットで安心

三つ目は、四国ろうきんの教育ローンについてご紹介します。

四国ろうきんの教育ローンは、その他のろうきんと同じく最高2,000万円まで利用することができ、金利も2.20%と低金利で利用することができます。

また、四国ろうきん教育ローンを利用した場合、ろうきん側が保険料を負担して「ろうきん団体信用生命保険」に加入することが条件となります。

そのため、教育ローン契約者に万一のことがあったとしても、返済を心配しなくても良いというメリットがあります。

利用できる人の条件 「静岡ろうきん」に出資のある会員の間接構成員、または静岡ろうきんの営業管轄内に居住もしくは勤務している勤労者で、以下の条件をすべて満たす個人

  1.  満18歳以上満65歳未満で、最終返済時年齢が満76歳未満であること
  2. 同一勤務先に原則1年以上勤務していること
  3. 安定継続した収入があり、前年度税込み年収が150万円以上あること。
利用用途
  • 幼稚園から大学・専門学校までの受験料や入学金、授業料
  • 下宿代、仕送り費用
  • 他金融機関の教育ローンの借り換え等、教育に必要な費用
融資限度額 最高2,000万円
※静岡県勤信協保証を利用の場合は最高1,000万円。
融資期間 最長20年(※在学期間の範囲内で、最長6年6ヶ月、元金据置が可能)
金利 固定金利と変動金利型

  • 固定金利…5年以内の場合(年1.98%)
  • 変動金利…(年2.40%)
融資方法 支払先へローン契約者名で振込
保証機関 一般社団法人日本労働者信用基金協会
静岡県勤労者信用基金協会

参考:四国ろうきんの教育ローン

静岡ろうきんの教育ローンは借り換えもOK

四つ目は、静岡ろうきんの教育ローンをご紹介します。

静岡ろうきんの教育ローンの利用条件も、ここまでご紹介したろうきんの教育ローンとほぼ同じです。

ただ、固定金利であっても5年以内の返済を利用すれば「年1.98%」という低金利で利用できる点が他のろうきん教育ローンと異なる点です。

利用できる人の条件 「静岡ろうきん」に出資のある会員の間接構成員、または静岡ろうきんの営業管轄内に居住もしくは勤務している勤労者で、以下の条件をすべて満たす個人

  1. 満18歳以上満65歳未満で、最終返済時年齢が満76歳未満であること
  2. 同一勤務先に原則1年以上勤務していること
  3. 安定継続した収入があり、前年度税込み年収が150万円以上あること。
利用用途
  • 幼稚園から大学・専門学校までの受験料や入学金、授業料
  • 下宿代、仕送り費用
  • 他金融機関の教育ローンの借り換え等、教育に必要な費用
融資限度額 最高2,000万円
※静岡県勤信協保証を利用の場合は最高1,000万円。
融資期間 最長20年(※在学期間の範囲内で、最長6年6ヶ月、元金据置が可能)
金利 固定金利と変動金利型

  • 固定金利…5年以内の場合(年1.98%)
  • 変動金利…(年2.40%)
融資方法 支払先へローン契約者名で振込
保証機関 一般社団法人日本労働者信用基金協会
静岡県勤労者信用基金協会

参考:静岡ろうきんの教育ローン

中国ろうきんの教育ローンは若干金利が高め

最後に、中国ろうきんの教育ローンについてもご紹介します。

中国ろうきんの教育ローンは、中国地方の5県に住んでいる、又は勤務先があるという方が利用できる教育ローンです。

また、最長20年で利用できる点は他のろうきん教育ローンと同じなのですが、金利が変動金利で年3.00%~年4.20%となっており、他のろうきん教育ローンと比較しても若干高めです。

利用できる人の条件 1.中国5県に住んでいる、または勤務していること。
2.中国ろうきんの定める保証機関の保証が受けられること。
3.申込時年齢が満18歳以上で完済時年齢が満76歳未満であること。
利用用途
  • 幼稚園から大学・専門学校までの受験料や入学金、授業料
  • 下宿代、仕送り費用
  • 他金融機関の教育ローンの借り換え等、教育に必要な費用
融資限度額 最高2,000万円
※静岡県勤信協保証を利用の場合は最高1,000万円。
融資期間 最長20年(※ローンカードご利用期間は在学期間中かつ、7年以内)
金利 年3.00%~年4.20%(変動金利)(保証料込み)
融資方法 支払先へローン契約者名で振込
保証機関 一般社団法人日本労働者信用基金協会

参考:中国ろうきんの教育ローン

ろうきんの教育ローンを利用したほうがいい人

ここまでで、ろうきんの教育ローンや一般の銀行の教育ローンについての概要はご理解いただけたかと思います。

では、一般的な銀行教育ローンよりも「ろうきんの教育ローンを利用した方がいい人」とはどんな人なのでしょうか?

いくつかのポイントをお伝えしていきます。

ろうきんの組合員や生協会員にはメリットが大きい

まず「ろうきんの教育ローンを利用した方がいい人」の特徴の一つ目は、ろうきんに出資している…そしてろうきんに加入している「労働組合の組合員の人」です。

また、生協の会員になっている人も、ろうきんの教育ローンを利用する場合いくつかのメリットがあります。

以上に該当する人は、上記スペック表のところでもお伝えしましたが、一般勤労者と比較して金利の優遇措置が受けられます。

銀行教育ローンでは融資額が足らない人にはオススメ

また「銀行の教育ローンでは融資額が少ない…」という人にも、ろうきんの教育ローンはおすすめです。

さきほどからお伝えしている通り、大手メガバンクの教育ローンの場合などは、限度額が300万円までのところもありますし、国の教育ローンも原則限度額は「350万円まで」となっています。

そのため、海外への留学費用や子供二人が一度に大学に進学する…など、多額の教育資金が必要な場合はろうきんの教育ローンを利用した方がいいでしょう。

年収が150万円~200万円までの世帯も利用できる

この点も先ほどからお伝えしている内容ですが、ろうきんの教育ローンは最低年収が150万円あれば利用できますので、比較的低所得世帯であっても申し込むことは可能です。

ただ、低所得世帯であったとしても教育ローンを借りたあとは当然返済が始まります。

その為、世帯年収に応じた無理のない利用を心がけることが大切です。

銀行以外の教育ローンとも比較してみよう

また、教育ローンを取り扱っているのは銀行やろうきんだけではなく「信販会社」も教育ローンを取り扱っています。

たとえば、大手信販会社で有名なジャックスでは「ジャックスの教育ローン」という商品があります。

ジャックスの教育ローンは学校と提携しているケースがほとんどで、学校にパンフレットが置かれていると思いますので、詳細はそちらをご覧になることをおすすめします。

ちなみに、ジャックスの教育ローンはろうきんの教育ローンとは異なり、保証会社の保証が不要で連帯保証人も不要です。

そのため、「審査の通りやすさ」という意味で言えば、ろうきんの教育ローンよりも利用しやすいかもしれません。

ろうきんの教育ローンはデメリットもある

ここまでで、ろうきんの教育ローンは低金利で利用できる…そして「労働組合の組合員であれば金利優遇措置がある」など、いくつかのメリットがあることはお分かりいただけたかと思います。

ただ、ろうきんの教育ローンは以上のようなメリットばかりではなく、デメリットもあります。

ろうきんの教育ローンのデメリットの一つ目は「融資スピードが遅い」という点です。

大手メガバンクの教育ローンの場合、最短で申し込み後4営業日程度で融資が行われるケースもありますが、ろうきんの教育ローンの場合は融資までに約2週間必要です。

そのため、合格発表が出てから至急で入学金を支払わないといけないケースなど、急ぎの教育資金を用意する場合には不向きな教育ローンと言えます。

また、ろうきんの教育ローンの場合カードローンとセットになるケースがあり、カードローンを契約するために「最低でも店舗に2回程度行く必要がある」という点もデメリットの一つです。

30万円前後ならカードローンを利用するという方法も

なお、100万円以上の教育資金を用意する場合は、ろうきんの教育ローンや銀行教育ローンを利用した方がいいのですが、数十万円程度の教育資金の場合は一般的なカードローンを利用した方がメリットが大きい場合もあります。

たとえば消費者金融のアコムやプロミス、またはレイクが提供している30日間の無利息キャンペーンをうまく利用するという方法もあります。

無利息キャンペーンを利用して入学金などを支払い、ボーナス等が入った時点で全て返済してしまえば、実質利息負担なしで教育資金を利用することも可能です。

消費者金融カードローンについては、銀行のカードローンと比較して悪いイメージを持っている人が多いようです。

しかし、このような無利息キャンペーンを上手く利用すれば、実は銀行のカードローンよりも賢くお金を用意することができます。

ろうきんの教育ローン、まとめ

今回はろうきんの教育ローンを詳しくご紹介しました。

なお、「教育費用は子供に奨学金を利用させる」という考え方もありますが、奨学金については返済不能になるケースも多く、いまや社会問題となっています。

そのため、子供が奨学金の返済に苦しむことを考えれば、今回ご紹介したろうきんの教育ローンなどを利用して、親が教育資金を負担するほうが賢明と言えるかもしれません。

なお、ろうきんのホームページでは返済シミュレーションも利用できるようになっていますので、収入や将来の生活設計などを視野に入れて、くれぐれも無理のない返済計画をたててからローンを利用することをおすすめします。