低金利のフリーローンを比較!金利が低いほど審査が厳しい?

更新日:

この記事を読まれている方の中にもローンを検討されている方は多いと思いますが、ほとんどの方は「ローン」と言えば、カードローンかフリーローンを思い浮かべるのではないでしょうか?

フリーローンとカードローンは、共に「使い道自由なローン」という意味では同じです。

しかし、細かな点を見ていくと、各々にメリットやデメリットがありますし、フリーローンを利用する上ではいくつかの注意点もあります。

そこで今回の記事では、フリーローンの基本的な概要をお伝えし、カードローンとの違いについても詳しく解説していきたいと思います。

<この記事はこんな人にオススメ>
・フリーローンご利用するかカードローンを利用するか迷っている人。
・おすすめの低金利フリーローンはどこなのか知りたい人。
・フリーローンの注意点などをおさえておきたい人。

フリーローンの基本情報

まず、一般的なフリーローンとはどのようなローンのことを指すのか、基本的な概要からお伝えしていきます。

フリーローンの意味

まずフリーローンの概要ですが、フリーローンとは、その名の通り「資金の使い道が自由なローン」のことを指します。

尚、フリーローンとは別に、利用目的が決まったローンとしては、銀行の目的別ローンなどがあります。

また、目的別ローンを利用する場合は、利用用途を証明する書類の提出が必要ですが、フリーローンの場合は使い道が自由なため、そのような書類の提出は必要ありません。

フリーローンを取り扱っている金融機関

つぎに、フリーローンを取り扱っている金融機関についても触れておきます。

一般的に個人にお金を貸してくれる金融機関としては、「消費者金融」「銀行」「信販会社」の三つが挙げられますが、その中でもフリーローンを取り扱っているのは、主に銀行か信販会社となります。

消費者金融もフリーローンを取り扱っていますが、一部の中小消費者金融に限られます。

フリーローンとカードローンは何が違うの?

では、一般的なカードローンとフリーローンとでは一体どんな点が異なるのでしょうか?

返済専用ローンか、追加借入が出来るローンか

カードローンとフリーローンとの違いはいくつかありますが、その最も大きな違いは「返済専用のローン」か「追加借り入れができるローン」か?という点になります。

例えば、100万円の借り入れをした場合、フリーローンであれば最初に100万円の融資が行われ、その後は100万円を完済するまで返済をし続ける仕組みになっています。

一方、カードローンの場合は100万円の限度額でローンを契約しても、実際にいくら借りるのかは、利用者の判断に委ねられます。

そのため、100万円の限度額が設定されたカードローンであっても、10万円だけ借りておき、その後お金が必要になった時点で、残りの90万円の枠の中で追加借り入れを行うという事ができます。

証書貸付型ローンか、極度型ローンか

以上のように、返済専用となるフリーローンのことを、正式には「証書貸付型ローン」と呼びます。

証書貸付型ローンと聞くと、少々難しい表現になりますが、簡単に言えばローン契約時に借入金額と毎月の返済額、さらには返済期限などを取り決めた契約書を取り交わすローンのことを指します。

一方、カードローンは極度型ローンと呼ばれます。

極度型ローンとは、審査の際に利用者の返済能力を審査し「この人ならいくらまで貸すことができる」という極度額を設定するローンのことを指しています。

先ほどもお伝えした通り、ローン利用者はこの極度額の範囲内で、借りたり返したりを繰り返し行えることになります。

ただし、極度額と限度額は少し意味が異なります。

例えば、100万円の極度額が設定されたカードローンを契約した場合でも、お金を貸す側の消費者金融などは、それとは別に「限度額」というものを設定します。

したがって、結局のところローン契約者は極度額ではなく限度額の範囲で利用することになります。

消費者金融を運営しているローン会社は、常に利用者の信用度を確認し、例えば他社借り入れが増えた場合は限度額を少なくしたり、逆に他社借入の返済が進んだ場合は限度額を増やしたりして調整します。

フリーローンを利用するメリットとデメリット

フリーローンの概要については、ここまでの内容で概ねご理解いただけたかと思います。

では、カードローンと比較してフリーローンを利用する場合には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット①返済計画が立てやすい

まずメリットの一つ目ですが、フリーローンの場合カードローンのように追加借り入れができない為、返済計画が立てやすいという点があげられます。

また、フリーローンの返済では、毎月の返済に加えボーナス時の増額返済や、また事前に連絡をしておけば随時返済も可能です。

一方、カードローンの場合、意志が弱い人の場合などは借入限度額が増えればその限度額いっぱいまで追加借り入れをしてしまい、結果として返済が長引くケースもあります。

そのため、お金の管理が苦手で少し意志が弱い…という方はフリーローンを利用した方が賢明です。

メリット②金利が低い場合がある

メリットの二つ目は、カードローンと比較してフリーローンの方が金利が低い、と言う点があります。

例えば、一般的な消費者金融カードローンの場合、上限金利の18%が適用されるケースがほとんどですが、フリーローンの場合はそれよりも低い5%~15%程度の金利が適用される場合が多いようです。

また、カードローンと同じく限度額借入額が大きくなれば金利も下がる仕組みを採用しているローンが多いため、余裕を持った返済が可能です。

デメリット①融資まで時間がかかる

一方、デメリットについてですが、カードローンと比較して申し込みから融資までの時間がかかる、という点が挙げられます。

消費者金融カードローンの場合、概ね申し込みから融資までは、最短で2時間前後あれば借入が可能です。

しかし、フリーローンの場合銀行なら即日融資はできませんし、中には銀行の窓口に行って申し込み手続きが必要となるケースもあります。

したがって、フリーローンは申し込みから融資まで、最短でも2~3日、長ければ申し込みから2週間前後かかる場合も珍しくありません。

デメリット②借りたり返したり…が出来ない

この点は先ほどもお伝えしましたが、フリーローンの最も大きなデメリットは「追加借り入れができない」という点です。

もし、フリーローンの利用中に追加借入を希望する場合は、新たなフリーローンを組むか最初から契約をやり直す必要が出てきます。

以上のように「借入の利便性」という意味では、断然カードローンのほうに軍配が上がります。

フリーローンの審査条件、金利が低いと審査は厳しい?

次に、フリーローンの審査条件についても詳しく見ていきます。

また、この後銀行が取り扱うフリーローンを主にご紹介しますが、フリーローンの金利と審査の厳しさの関係についてもお伝えしていきたいと思います。

保証会社の審査に通る事が条件

まず、フリーローンの審査に通るための条件についてです。

フリーローンの審査条件は、各金融機関によっても異なりますし、その条件は一切公開されていませんので、詳しい部分までは不明です。

しかし、一般的なフリーローンの審査では、主に以下の条件をクリアしておく必要があります。

  • 20歳以上で安定した収入があること。
  • 本人確認書類や収入証明書などの必要書類を不備なく用意できること。
  • 在籍確認がきちんと取れること。
  • 他社借り入れをしている場合は、その返済を滞らせていないこと。
  • 過去に任意整理や自己破産などの金融事故を起こしていないこと。
  • その他信用情報機関に傷がないこと。
  • 銀行のフリーローンについては保証会社の審査に通ること。

尚、フリーローンの審査に通るために最もネックになる条件は、上記の一番最後でお伝えした「保証会社の審査に通る」という点です。

銀行のフリーローンの保証会社は、信販会社やカード会社、または消費者金融の会社が多いのですが、利用者の返済能力の審査は保証会社が行うことになっています。

したがって、フリーローンを申し込んだ際には、銀行の基本審査と保証会社の審査の二重審査となりますので、当然審査は厳しくなります。

完済後の年齢も考えておく必要がある

フリーローンの利用条件は20歳以上となっていますが、一方で完済時の年齢も決められているのが普通です。

例えば、フリーローンの完済時の年齢としては「65~79歳まで」と決められているのが通例です。

そのため、フリーローンを利用する場合は、そこから逆算して上限年齢に達するまで残債を完済できるかどうか…ということがポイントになってきます。

金利が低い=審査は厳しいのか?

フリーローンを取り扱う銀行の中でも、その金利は様々です。

では、このようなローンの金利と審査の厳しさには関係はあるのでしょうか?

結論から申し上げると、ローンの金利が低いということは審査が厳しいという場合が多くなります。

銀行のような金融機関は、金利を設定する場合、融資をした人の何割が返済不能に陥るのか?というリスク度合いから金利を決定します。

例えば、審査を緩くして100人にお金を貸し、そのうちの20人が返済不能に陥るようなケースにおいては、最悪のケースとして20人からお金が返済されない…というリスクがあります。

したがって、この場合は金利を高めに設定してそのようなリスクに備えることになります。

一方、審査を厳しくして返済能力の高い100人にお金を貸した場合、返済不能に陥るようなケースは2~3人程度ですので、銀行もそこまでリスクは高くないと判断し、金利を低めに設定するということになります。

収入証明書の提出が必要になる場合もある

また、フリーローンの申し込みには収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

一般的なカードローンの場合は、一社で50万円未満または他社との借入を合算して100万円に満たない場合は、基本的に収入証明書の提出は必要ありません。

しかし、収入証明書の提出を求めるかどうかは各金融機関に任されていますので、審査の厳しいフリーローンの場合は、銀行から収入証明書の提出を求められるケースもあります。

在籍確認は必須と思っておいたほうが良い

さらに、フリーローンの審査終盤では必ず勤務先に在籍確認がある場合がほとんどです。

もちろん、金融機関側としては申込者本人のプライバシーに配慮してくれますので、決して銀行名や金融機関名は出さずに個人名で電話をしてきてくれます。

在籍確認は利用者の勤務が確認できればそれで終了ですので、あまり細かな内容は電話で伝えられる事はありません。

おすすめのフリーローン、金利や限度額を徹底解説

では、ここからはフリーローンを利用する場合、どのローンがおすすめなのか?いくつかのメガバンク系のフリーローンについて、スペックなどをご紹介したいと思います。

三井住友銀行のフリーローン

まず、三井住友銀行のフリーローン無担保型からご紹介します。

三井住友銀行のフリーローンは、家具やインテリアの購入資金、または旅行資金や婚礼資金など、様々な用途で利用することが可能です。

ただし、事業性資金や投資のための資金のためには使うことはできません。

気になる金利ですが、無担保型の場合で「年5.975%」ですので、一般的なカードローンと比較して低金利で利用することが可能です。

また、限度額も10万円以上300万円以内となっていますので、余裕のある資金計画が立てられます。

ただし、最低年収が200万円以上という条件があったり、他社の無担保ローンと三井住友銀行のフリーローンの借り入れ合計額が、前年税込年収の50%以内に収まることが条件になります。

りそな銀行のフリーローン

次に、りそな銀行のフリーローンについてもご紹介していきます。

りそな銀行のフリーローンは、借り入れ限度額が10万円以上500万円以内となりますので、先ほどご紹介した三井住友銀行より限度額は200万円アップします。

ただし、金利は固定金利で年6.0%・9.0%・12.0%・14.0%の何れかで設定され、どの金利が設定されるかは審査で決まることになっています。

そのため、最高金利の14%が設定された場合は、消費者金融カードローンとほとんど変わらない金利になりますので、それほどメリットは大きいとは言えません。

ただし、りそな銀行の住宅ローンを利用している場合は、金利が年0.5%優遇されるなど、いくつかのメリットもあります。(※金利は2018年11月19日現在)

みずほ銀行のフリーローン

次に、みずほ銀行のフリーローンについてです。

みずほ銀行のフリーローンは「多目的ローン」と呼ばれ、20歳以上かつ完済時の年齢が71歳未満であれば利用できます。

ただし、勤続年数2年以上という条件があったり、三井住友銀行と同じく前年度の税込年収が200万円以上ある事、という条件も設定されています。

また、みずほ銀行フリーローンの限度額については10万円から300万円以内となり、他社借り入れを含めた条件は、三井住友銀行と同じく他社借り入れを含めた金額が前年度年収の50%以内と決められています。

さらに、金利は変動金利で年5.875%、また固定金利の場合は年6.700%となっています。

ただし、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、変動金利で年3.375パーセント、固定金利方式の場合は10年以下の借入期間で年4.0%と、かなり金利は低くなります。

結局のところお金が必要ならフリーローン?カードローン?

最後に、フリーローンとカードローンとで迷った場合には、どんな基準で選ぶべきなのか、いくつかのポイントをお伝えしておきたいと思います。

急ぎの資金を用意するならカードローン

まず、どれだけ急ぎでお金を借りたいか?という点から考えてみます。

この点で考えると、先ほどもお伝えした通り、フリーローンよりカードローンの方が融資までのスピードは断然速くなります。

例えば、消費者金融のカードローンで無人契約機で申し込み、その場でカード発行をしてもらえれば、申し込みから融資可能になるまで最短1~2時間程度あれば十分です。

また、アコムやプロミスなどのWEB申し込みを利用した場合で振り込みキャッシングで借り入れたとしても、午前中に申し込めば昼過ぎには融資を受けることができます。

家族にバレたくないなら消費者金融カードローン

次に、借り入れを家族に内緒にしているか?という点からも考えてみます。

フリーローンの場合、ローンの申し込みが完了すると、必ず自宅に契約書の控えなどが郵送されてきます。

また、郵送物の中には返済予定表等が必ず含まれていますので、万一家族に郵便物を開けられてしまった場合には、フリーローンの利用はバレてしまいます。

一方、カードローンの場合は、自宅への郵送物をなしにするため、明細などの確認もWEB明細に切り替えることができます。

また、キャッシング用のカードについても、カードレス契約にすることも可能ですし、カードの発行をしてもらう場合でも、無人契約機での受け取りにしておけば、わざわざ自宅に郵送物が届くという心配もありません。

10万円までの少額資金なら断然カードローン

また、借りたい金額がいくらなのか?という点についても利用すべきローンは変わってきます。

例えば、希望融資金額が100万円を超えるような場合は、断然低金利のフリーローンを利用して計画的に返済していくことをお勧めします。

しかし、希望金額が5~10万円程度の場合は、手早く消費者金融カードローンでお金を借り、早めに返済をしてしまった方が、結果的に負担金額は少なくなります。

なぜなら、消費者金融カードローンのほとんどは、カードローンの契約が初めての人に対し、30日間の無利息キャッシングサービスを提供しているからです。

そのため、次のボーナスまで5万円程度足りない…というようなケースでは、わざわざフリーローンを契約するよりも、大手消費者金融の無利息キャッシングを利用し、ボーナスが入ったらすぐに返済するようにしておけば利息負担額も0円で済みます。

低金利のフリーローン、まとめ

今回は低金利で利用できるフリーローンの概要や、カードローンとの違いについて、いくつかの情報をお届けしました。

たしかに、カードローンは追加の借り入れができたり、返済も自由であったりと、利便性という意味で言えばこの上ないサービスが提供されています。

一方、フリーローンの場合は利便性には欠けるものの、消費者金融の半分以下の金利で利用できる場合もあり、計画的に返済したい人にはやはり最適なローンと言えます。

金融機関によっては、フリーローンの返済シミュレーションが利用できるサイトを用意しているところもあります。

カードローンとフリーローンに迷った場合は、そのような返済シミュレーションで比較して、総支払額はどう変わるのか?比較してみるのも決め手の一つになるのかもしれませんね。