フリーローンの審査は厳しい?審査に落ちないための条件とは

更新日:

書類を見て悩む男性
カードローンとは違い、追加融資を受けられず、一度振込融資を受けたらあとはそのお金を返すだけ…なフリーローン。

フリーローンという名の通り、基本的に借り入れたお金をどんな目的でも利用できます。

フリーローンで借りるには、申し込んだあと受けることになる審査を通過せねばなりません。

実際、フリーローンの審査はどれくらいの難易度なのか?

審査の甘いフリーローンはあるのか。

そして、フリーローンの審査に落ちたらその後どうすればいいのか。

今回はフリーローンの審査について、しっかり考えていきたいと思います。

そもそもフリーローンとは?という内容が知りたい方は「低金利のフリーローンを比較!金利が低いほど審査が厳しい?」を読んでください。

フリーローンの審査は厳しいのか?

それでは早速、「そもそもフリーローンの審査は厳しいのか?」というところから考えていきましょう。

カードローンより金利が低いことが多いので審査が厳しい

銀行のフリーローンは、ほとんどが「カードローンより低い金利」が設定されています。

金利が低いローンの審査というのは、えてして金利が高いローン審査より厳しく審査基準が設定されています。

つまり、金利の低いフリーローンの審査は、カードローンより厳しく設定されていることがわかるのです。

無担保・無保証人で借りられるフリーローンは審査が厳しい

フリーローンは、基本的に借り入れを行う上で担保も保証人も必要ありません。

そのため、フリーローンでお金を借り入れるには、相応の返済能力が求められます。

担保も保証人もないので、銀行は利用者に「確実に返済できる能力」があるかを、審査で確かめるのです。

無担保、無保証人で借りられるフリーローンは、審査が厳しくなることが容易に想像できます。

フリーローン審査で見られるポイント

フリーローンの審査で、具体的にどんなポイントが審査されるのか。

審査される項目を大きく2つに分けて考えてみましょう。

属性

まず、キャッシング審査でみられるのが「属性」です。

属性は、主に申し込んだ人の生活状況。

どれくらいの年収をもらっているのか、どんな会社で働いているのか、どこに住んでいるのか…。

それらの情報をスコアにして、総合点を審査します。

まずこの属性の審査をクリアしないと、その後の審査もクリアすることはできません。

信用情報

属性の審査以上に大切なのが、信用情報の審査です。

信用情報は、信用情報機関という専門機関に集められる「個人の金融記録」です。

この信用情報をみれば、個人が過去どの金融商品をどれだけ使っていたのか、現在どれくらい使っているのか。

すべてわかります。

過去借りたローンの種類、借りた金額、利用したクレジットカードの種類など。

記録を積み重ねれば未来もわかると言っていた為末大の言葉通り、信用情報をみればその人の「今後返済する能力」が見えてくるのです。

信用情報に悪い記録がある状態を「申し込みブラック」といいますが、ブラックについての話はまた後で。

フリーローン審査に落ちる人の特徴

それでは続いて、フリーローン審査に落ちてしまう人の特徴を調べていきましょう。

フリーローンの審査に落ちてしまう人には、共通した特徴があります。

年収が極端に低い 安定してない

やはりキャッシングの審査は、もらっている年収が大きく関係してきます。

もらっている年収の額が極端に低い、またはもらっている収入が毎月不安定な人は、フリーローンの審査に落ちやすいです。

まずは自分がもらっている年収がどれくらいか、一度思い返してみてください。

信用情報がブラックである

フリーローンの審査で、信用情報がかなり重要なのは言ったとおりです。

その信用情報に、過去の「返済遅延」など悪い記録が残っていると、「ブラック」な信用情報として扱われるのでフリーローン審査に落ちやすくなってしまいます。
申し込みブラックとは?申し込みブラックになるともう審査に通らないのか?

他社借入が多すぎる

信用情報をみれば、現在どれくらいキャッシングでお金を借りているのか一目瞭然です。

他社借入が多いということは、それだけ返済能力が低くなるということ。

現在すでにキャッシングで多くのお金を借り入れていると、フリーローンの審査に落ちやすくなってしまいます。

そもそも申込み条件をクリアしてない人

そもそもの問題として、フリーローンの申し込み条件をクリアしてない場合は、フリーローンの審査に通る通らないどころの話ではありません。

各銀行で設定されている、フリーローンの申し込み年齢基準、申込み書類の提出条件などを、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

専業主婦はフリーローンで借りられないことも多い

フリーローンの多くは、「専業主婦利用不可」なんてことも多いです。

本人に収入があることを、フリーローン利用の最低条件であることも多いです。

専業主婦がお金を借りる場合は、「専業主婦利用可能」としている銀行カードローンを利用してお金を借り入れましょう。
銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用可能

フリーローンの審査に落ちないコツ

フリーローンの審査を申し込むとき、フリーローンの審査通過率を上げるためにできること、フリーローン審査に落ちないためのコツを紹介します。

借入希望額は少なくしておく

フリーローン申込時に「借入希望額」を入力することになります。

このとき入力する借入希望額が少なければ少ないほど、審査で求められる返済能力が低くなります。

そのため、借入希望額が低ければ低いほど、フリーローンの審査に通りやすくなるのです。

申し込み時嘘をつかない

申込みで嘘が発覚した段階で、フリーローンの審査は落ちてしまいます。

申込みを行う際に、「審査に通りやすくなるように」と嘘をつく人がいますが、これはやめてください。

嘘をつかないで、なるべく正確な情報を入力することを心がけてください。

必要ないならカードローン、クレジットカードを解約しておく

必要ないなら、フリーローン申し込み前に、「カードローン」「クレジットカード」をあらかじめ解約しておくことをおすすめします。

利用中のカードローン、クレジットカードがあるほど、返済能力が下がるとしてフリーローンの審査に通りにくくなってしまいます。

審査の甘いフリーローンはあるのか?

フリーローンの審査について多少わかったところで、具体的に審査の甘いフリーローンはあるのか?

そこのところを少し調べてみましょう。

上限金利の高いフリーローンが狙い目

審査の甘いフリーローンを希望しているなら、なるべく上限金利の高いフリーローンが狙い目です。

上限金利が高いということは、それだけ多くの利息を返済時支払うことになるということ。

多くの利息を請求できれば、銀行側が「万が一返済不能になっても大丈夫だ」と感じるのです。

総合的に審査面でおすすめのフリーローンもお教えします。

ちばぎんフリーローン「クイッパワー<アドバンス>

金利 4.3~14.8%
限度額 30~500万円
審査時間 最短即日
融資までの時間 最短即日

審査面で総合的におすすめなのが「ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」です。

審査時間が最短即日であること、上限金利が14.8%と比較的高い設定であることから、審査基準が甘いことが想像できます。

注意点があるとすれば、利用可能地域が「千葉全域・東京全域・埼玉全域・茨城全域・神奈川の一部地域」と、制限がついてしまっていることでしょうか。

フリーローン審査に落ちたらどうすればいいのか?

フリーローンの審査は当然、無事通過しお金を借り入れることができた人と、審査に落ちてしまう人がいます。

それでは、フリーローンの審査に落ちてしまった場合、その金欠の状態をどのようにクリアすればいいのか。

フリーローン審査に落ちた場合の対処法も一緒に考えていきましょう。

カードローンで代わりに借りる

フリーローンと同じく、借り入れ用途が原則自由のローンが、銀行や消費者金融が運営するカードローンです。

フリーローンの審査に落ちても、その状態でカードローンの審査には通る…なんてこともよくある話です。

審査に落ちてしまったら、今度はフリーローンの審査にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

それに、特に消費者金融のカードローンなら「即日融資」で借り入れが可能なものも多いです。

お金にも時間にも困っている方はぜひ、カードローンへの申込みも考えてみてはいかがでしょうか。

働いてお金を調達

やはり、キャッシングで得たお金よりも、働いて得たお金の方が安全です。

フリーローンでお金が手に入らないとなれば、今度はなんとか働いてお金を調達することも検討してみてください。

比較的早く給与が手に入る仕事や、家でも簡単にできる仕事は比較的多いです。

お金がないときのおすすめ対処法ランキング!

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法もあります。

この方法は、カード規約にも違反しておりかなりグレーなやり方ではあるものの、審査を受けなくても確実にお金を調達できる方法ではあります。

個人間融資で借りる

消費者金融や銀行からではなく、個人と個人でお金の貸し借りを行う「個人間融資」でお金を借りる方法もあります。

個人間融資も法律には違反してないものの、ヤミ金が絡んでいる場合が多いなど危険な場合も多いです。

個人間融資はネット上の掲示板などで利用者を募っている場合が多いですが、利用する際はくれぐれも慎重に行ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

原則借り入れ意図自由なローン「フリーローン」の審査について、詳しくわかっていただけたでしょうか。

フリーローンはカードローンより金利が低いなど、利用しやすい部分も多いですが、事前の審査を受ける際には知っておくことも多いです。

どんな条件でフリーローン審査に通るのか。

逆にどんな条件でフリーローン審査に落ちるのか。

先に押さえておきたいですね。