医療ローンのメリット・デメリット!審査は厳しいのか?

公開日:

金利を計算する女性

最近テレビCMなどを見ていると、美容整形のコマーシャルをよく見かけます。

ただ、一言で美容整形と言ってもそのレベルは様々です。

簡単な脱毛やプチ整形なら10万円以内の費用で済むことも多いようですが、それ以上になると非常に高額な費用がかかってくるため医療ローンを利用される方も多いようです。

そこで、今回は美容整形や歯の治療に使える医療ローンについて詳しく解説していきたいと思います。

この記事では医療ローンの具体例について、さらにはそのローンの審査基準や医療ローンの審査に落ちる人や通る人の違いを詳しく解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 手持ちの資金は少ないけれど、高額の美容整形に興味がある人
  • すでに医療ローンをクリニックから提案されていて審査が通るかどうか不安な人
  • 医療ローンにすでに申し込んでいて審査に落ちたことがある人。

最近、医療ローンを利用する人が急増中?その訳とは

まず、最初に医療ローンの概要やどんなシーンでこのローンを利用する人が多いのか、簡単にお伝えしていきます。

医療ローンの概要

医療ローンとは下記でご紹介する美容整形や歯の治療など、保険がきかない治療に使えるローンのことを指します。

医療ローンは、主に信販会社が取り扱うケースが多いのですが、中には地方銀行が医療ローンを取り扱っているケースもあります。

また、治療によっては200万円以上の高額な治療が必要な場合もあり、長期にわたって返済するケースもあるようです。

美容整形で利用する人

では、どんなシーンで医療ローンを利用する人が多いのか、いくつかの具体例を見ていきます。

一つ目は美容整形で利用する場合です。

美容整形と一言で言っても、簡単な脱毛から顔の整形、さらには脂肪吸引など様々です。

尚、主な美容整形の費用は以下の通りとなっています。(もちろん美容外科や治療内容によって費用は変動します。)

整形の内容 費用 ローンを利用した場合の月々の支払い
二重・目もとの料金一覧 切らない二重術2点止め ¥54,000 ¥5,000/回~
二重切開法目頭切開法 ¥270,000 ¥5,000/回~
まつげ自毛まつげ ¥216,000~ ¥5,000/回~
エラ・あご・頬骨の料金一覧 エラをけずる ¥718,000 ¥5,000/回~
頬骨をけずる(頬骨削りのみ) ¥864,000 ¥5,000/回~
脂肪吸引・痩身の料金一覧 お腹全体/太もも ¥324,000 ¥5,000/回~
しわ・たるみの料金一覧 フェイスリフト ¥617,200~ ¥5,000/回~
レーザー脱毛の料金一覧 1か所(年間パス) (年間フリーパス)¥19,800 ¥5,000/回~

レーシックで利用する人も…。

レーシックに必要な費用は?

次に、レーシックで利用するケースについてです。

レーシックとは近眼の治療方法ですが、代表的なレーシックの治療費は両目で30万円から40万円程度と高額です。

もちろん、近視は病気ではありませんのでレーシック治療には健康保険が適用されません。

そのため、レーシック治療を行っている眼科クリニックでは、クレジットカードが利用できたり、いくつかの信販会社の医療ローンと提携しているケースが多いようです。

また、最新のレーシック治療では非常に医療費が高額になっており、中には80万円程度かかるケースもあります。

中には、個人で加入している生命保険や医療保険で、レーシック治療でも保険の適用範囲内になることがありますので、詳しくはご自分が入っている保険の保険会社に確認されてみることをお勧めします。

薄毛治療AGAで利用する人も急増中

また、AGA(※薄毛)の治療のために、医療ローンを使う人も増えています。

AGAのCMを見ても治療費は公開されていませんが、実はAGA治療には以下のような高額な費用がかかってきます。

まず、治療方法として薬の服用を勧められます。

一般的な配合薬のみの場合は、1回の通院にかかる費用は5,000円~13,000円前後必要になってきます。

さらに、ミノキシジル配合薬と併用した場合は、上記にプラスして10,000円程度かかります。

また、メソセラピー療法といって有効成分を頭皮に少量ずつ注入する方法もあります。

この場合は、
1回19,000円前後で実施可能な医院もある一方で、1回で100,000円近くの費用がかかる事もあります。

さらに、HARG療法という毛根に直接有効成分を注入する治療法を採用した場合は、1回あたりの価格は80,000円~200,000円と非常に高額です。

その為、一般的なAGAの治療費はおおよそ80万円前後となり、さらにランクアップすると150万円から200万円程度かかる事になります。

さらに、薄毛が改善してからの通院を希望する場合は、メンテナンス費用も含み総額が250万円程度になるケースもあるようです。

歯の治療費でも使えるのが医療ローン

最も一般的なのが歯の治療費で医療ローンを使うケースです。

もちろん、虫歯治療等の場合は保険が適用されるのですが、歯の矯正やインプラント治療などは保険の適用外となります。

特に高額な治療費で有名なのがインプラント治療です。

インプラントの治療費には、人工歯根の埋入手術費用+上部構造・補綴物の費用が含まれます。

なお、日本インプラントセンターの直近の調査によると、2011年の1本当たりの平均費用は32万5,000円かかる事が報告されており、最高では50万円を超えるケースもあるようです。

1本でもこれだけの金額ですから、2~3本の治療となると、100万円は軽く超えてしまいます。

代表的な医療ローンをご紹介します

では、ここからは以上でご紹介した美容整形や歯の治療で使える便利な医療ローンをご紹介していきます。

美容整形で利用するならオリコのマイティエール

一つ目は、ほとんどの美容整形外科が提携している「オリコ」のローンです。

オリコでは、多目的ローンといって使い道が限定されたものに利用できる「マイティエール」というローンを取り扱っています。

マイティエールは、旅行資金や資格取得、冠婚葬祭や歯の治療など、さまざまな目的で使う事が出来ます。

尚、マイティエールの利用条件は以下の通りですが、最高300万円まで利用できる為、余裕をもって美容整形にチャレンジする事ができます。

【利用条件】

申し込める人 満20歳以上で安定した収入がある事
限度額 10万円~300万円
貸付利率 6.0%~13.2%
融資方法 利用者本人名義の口座に振り込み
返済期間 最長7年間(6回~84回)※融資金額が50万円以下の場合は最長48回となる。</p><p>
必要書類 ・本人確認書類
・資金の使途を証明する書類の写し(見積書・売買契約書・工事請負契約書など費用の詳細が明記されたもの)
・オリコの借入が50万円以上、または他社借入(消費者金融など)との合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要
連帯保証人 原則不要(審査結果につき、保証人が必要になる事もある)

歯の治療費ならジャックスのデンタルローン

次に、インプラントの治療にも使えるジャックスのデンタルローン「デントキュア」です。

前段でお伝えした通り、インプラント治療費はかなりの高額になる事が想定されますが、ジャックスのデントキュアなら最高500万円まで融資をしてもらえます。

特にデントキュアは歯科治療に限定したローンですので、ジャックスの一般的なローンとは異なり、実質年率4.5%という低金利で借りられる点も特徴と言えます。

デントキュアは20歳以上の安定した収入がある人なら、治療している歯科医院で申し込みが可能です。(歯科医と提携していないところでは、個別の相談が必要です)

ただ、先ほどのオリコの美容整形ローンとは異なり、融資金額は個人の口座には振り込まれず、歯科医院の指定口座に振り込まれる事になりますので、その点は注意が必要です。

参考までに、ジャックスのデントキュアのHPを掲載しておきますので、参考になさって下さい。

医療ローンの利用条件と審査基準

次に、上記でご紹介した医療ローンの基本的な利用条件や審査基準、また医療ローンの審査に落ちる人の特徴について解説していきます。

医療ローンの利用条件について

まず医療ローンの利用条件についてです。

上記でもいくつかご紹介しましたが、医療ローンの利用条件の最も大切なポイントは「利用者本人に安定した収入があるかどうか?」という点です。

したがって、無職の学生や専業主婦など、本人に収入がない場合は残念ながら医療ローンは利用することはできません。

尚、医療ローンを申し込んだ場合、金融機関によっては勤務先に在籍確認の電話が入るケースもあります。

したがって、仕事もしていないのに嘘の勤務先を偽ってローンを申し込んでも、結局はばれることになります。

また利用できる年齢については、「20歳以上」としているケースがほとんどです。

18歳から20歳までの未成年者はローンを組んではいけないという法律はないのですが、民法上の契約行為のルール上、万一未成年者とトラブルになった場合は、契約を白紙に戻さないといけないという決まりがあります。

そのため、美容整形外科や歯科医は未成年者とのトラブルを避けるため、基本的に医療ローンを使えるのは20歳以上としているケースがほとんどです。

他社借り入れを延滞している人は、まず審査落ちする

次に、医療ローンの審査に落ちる人の特徴についてもみていきます。

まず医療ローンの審査に落ちる人の特徴ですが、最も多いケースとしては、やはり他社借入を延滞している人、さらには過去に債務整理を行ったことがある人が最も審査落ちしやすいと言われています。

【審査落ちする人の特徴】

  • 消費者金融などに借金がありその返済が遅れがちな人。
  • カードローンやクレジットカードのキャッシングを4件以上している人。
  • 過去に任意整理自己破産などの債務整理を行ったことがある人。
  • 医療ローンに申し込んだものの連絡がつかない人、また申し込み内容に嘘の記載をした人。

返済能力を超えている人も要注意

上記の他にも、返済能力を超えた借入をしようとした場合、審査落ちする可能性があります。

例えば上記でご紹介したオリコの美容整形ローンの場合、借入は総量規制の対象となりますので、年収の三分の一を超える借り入れは、審査が通らない事になります。

一般的なカードローンであれば、総量規制の対象にならないように限度額を減額して融資されることもあります。

しかし美容整形のローンやインプラントのローンなどの場合、ローンの申込者が限度額を調整するものではなく、かかった治療費をローンに出来るかどうかがポイントになってきます。

例えば、二重治療に合計100万円かかったとして、100万円の審査に通らなかった場合「片目だけの整形でいいから50万円だけ貸して下さい」という人は居ないはずです。

したがって、美容整形ローンやインプラント治療でローンを利用する場合は、申し込む前に他社借り入れや医療費ローンの借入総額を考え、総量規制範囲内で利用できるかどうかよく確認してから申し込む事が大切です。

勤務先には必ず電話はある?

この点は先ほどもお伝えしましたが、基本的にほとんどの医療ローンの場合「勤務先に原則電話がある」と思っておいた方が良いでしょう。

しかし、借入金額が少ない場合や、過去にその信販会社のローンを利用したことがある場合などは、在籍確認の電話が入らないケースもあるようです。

尚、職場に在籍確認の電話が入ったとしても、必ず個人名で電話するルールになっていますのでその点だけは安心できます。

ただ、普段かかってこない個人名からの電話は同僚に疑われる可能性もありますので、事前に「クレジット契約したので個人名で電話がかかってくるかもしれない」等と、適当な言い訳をして協力を申し出ておくとバレずに済むかもしれません。

健康保険の範囲内で出来る治療と、保険適用外の治療を整理しておこう

ここまで、いくつかの医療ローンのご紹介をしてきましたが、わざわざ医療ローンを利用する事なく、健康保険が使える治療もある事はご存知でしょうか?

健康保険が適用できる治療と保険適用外の治療

例えば、一般的に「皮膚の治療」といっても、保険適用できる治療とそうでない治療には、以下のような違いがあります。

  • 健康保険の対象になる治療…生まれつきの病気や奇形の治療、外傷やヤケドの治療、がんを治療した後の皮膚の再建手術など
  • 健康保険の対象外になる治療…病気ではない二重まぶたの手術・シワとり手術・豊胸手術、脱毛や薄毛治療など

中には「自費で治療しないといけないのでは?」と思っていた治療も、保険が効く場合がありますので、一度医師に相談してみる事をおすすめします。

高額医療費制度についても覚えておこう

また、健康保険が効く治療であっても、がん治療のように高額な治療費がかかる場合がありますが、そんな時には高額医療費制度が利用できる事も覚えておきましょう。

高額医療費制度とは、高額な医療費で家計負担が重くならないよう、ある一定の額以上は治療費を支払わなくてもよい制度です。

この制度は、年齢や所得によっても異なりますが、例えば69歳以下で年収が約370万円までの場合であれば、1ヶ月の治療費は最高でも「57,600円」までと決められています。

医療ローンの利用する場合の必要書類や手続きの流れ

少し話がそれてしまいましたが、ここからは医療ローンを利用する場合の必要書類についても、詳しく解説していきたいと思います。

本人確認書類は必須

まず、必要書類についてですが、必ず必要になってくるのが本人確認書類です。

医療ローンの申し込みに使える本人確認書類は、主に運転免許証やパスポートがあれば十分です。

もし、運転免許証やパスポートを持っていないなら、マイナンバーカードや住民票など複数の書類を提出することで本人確認書類とすることも可能です。

尚、運転免許証を提出する場合は、今住んでいる住所と免許証に記載されている住所が相違ないかどうか確認しておくようにしてください。

万一引っ越しした後で免許証の変更手続きをしていない場合は、本人確認書類とは別に住民票などの補助書類の提出が必要になるケースがあります。

収入証明書も必要になる事もある

また、借り入れ金額によっては収入証明書も必要になってきます。

先ほどオリコのローンのところでもご紹介しましたが、信販会社が取り扱う医療ローンは総量規制の対象になってしまいますので、一箇所で50万円を超える借入の場合、又は他社(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)の借入の合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

尚、収入証明書の種類としては主に以下の書類が使えます。

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書
  • 確定申告の写し

治療費を証明する見積書や契約書

また、医療ローンは使い道自由なカードローンとは異なり、治療費を証明する書類の提出が必要になってきます。

ただ、中にはインプラント治療のように、治療している最中で費用が変わってくるケースもあります。

その為、そのような費用が変動する可能性がある場合は、契約書ではなく見積書で必要費用の目安を証明できれば良い事になっています。

尚、医療ローンによっては利用者の口座ではなく、美容整形外科や歯科医の指定口座に直接振り込まれるケースもあります。

したがって、治療費の見積書を偽造して低金利ローンを組み、他の用途で使おうとするようなことはできませんので、くれぐれも不正利用なしないように注意したいところです。

医療ローンを利用する場合のメリットとデメリット

次に、医療ローンを利用するメリットとデメリットについてもまとめていきましょう。

メリット高額な治療でも受けられる

まずメリットからですが、やはり医療ローンのメリットは手元に資金がなくても高額な治療を受ける事ができる…という点です。

例えば美容整形などはその最たるものですが、若い時に美容整形をするのと歳をとってから美容整形をするのとでは、自分に巡ってくるチャンスも大きく変わってきます。

デメリット①長期の返済に苦しむ場合もある

次にデメリットです。

医療ローンのデメリットは、借入金額によっては長期の返済になるという点が挙げられます。

特に美容整形をした場合、一度整形をしてしまうと次から次と整形をしないと我慢ができなくなり、美容整形が「癖になる」という事もあるようです。

その為、最初組んだローンが50万円前後だったのに、気がつけば数百万円のローンを組んでいたというケースも中にはあるようです。

医療ローンと銀行カードローン、フリーローンを比較してみよう

ここまで医療ローンについてご紹介してきましたが、医療ローン以外にもカードローンやフリーローンを利用してみるという方法もあります。

簡単にどちらのローンを利用すべきか比較しておきましたので、参考にしていただければと思います。

利便性で選ぶなら銀行カードローン

まず30万円程度の比較的低い金額を利用する場合なら、場合によっては銀行カードローンの方が便利な場合があります。

医療ローンの場合30万円のローンを組むと、あとは返済していくだけになりますが、銀行カードローンの場合は返済が進めば限度額の範囲内で借りたり返したりということができるからです。

また、銀行カードローンによっては金利は10%~15%のケースも多いため、一般的な医療ローンと比べてもそれほど金利の差がないケースもあります。

銀行フリーローンでも医療費には使える?

また、同じ銀行からお金を借りるならフリーローンを使うことも可能です。

医療ローンの場合は若干金利が低いというメリットはあるのですが、上記でもご紹介したとおり借り入れた金額は治療している歯科医や美容外科に振り込まれるケースもあります。

一方、銀行のフリーローンを使えば必ず自分の口座に利用金額は振り込まれますので、必要な金額より少し多めの金額を借りておいて他の用途に使うということも可能です。

また銀行のフリーローンの場合、医療ローンとは異なり使用目的は指定されないのが一般的ですので、見積書や契約書なども提出する必要はありません。

ただ、カードローンとは異なり借りたり返したりということはできませんので、その点だけ覚えておきましょう。

消費者金融カードローンなら無利息キャッシングも使える

また、ボーナス前など返済の予定がある場合で、且つ比較的借入金額が少ないなら、消費者金融の無利息キャッシングを使うという方法もあります。

例えば、アコムの無利息キャッシングで50万円を借りた場合、1ヶ月間の利息は約7,400円となりますが、無利息キャッシング中であれば30日間は利息はかかりません。

したがって、給料やボーナスが出る前に無利息キャッシングで借りて治療費を支払っておき、手元にお金が入った時点で一気に返済してしまえば、利息は0円で返済可能です。

医療ローンのメリットとデメリット、まとめ

いかがでしたが?

今回は、医療ローンの概要やメリットやデメリットについて、いくつかの情報をお伝えしました。

たしかに「美を追求する」ということは、とてもお金がかかることです。

理想はある程度の貯金をしてから整形や歯の治療をすればいい…という事になるのですが、やはり若いうちに「人に綺麗に見られたい」「綺麗になって様々なチャンスを得たい」という願いは万人共通です。

ただ、この記事でもお伝えした通り、特に美容整形については喉の癖になってしまう可能性もありますので、あくまでも返済できる自分の能力をよく考えてから利用されることをお勧めします。