知らないと危険なおまとめローンのデメリット特集!対処法はある?

公開日:

おまとめローンは、複数の借り入れを一本化するための金融商品でいろいろとメリットも多いのですが、商品の選択や利用のしかたを間違えると大きなデメリットが生じることもあります。

おまとめローンの基本的なしくみをよく知り、どのようなデメリットがあるかを理解して、借金問題に適切に対処できるようにしておきましょう。

おまとめローンはメリットだけではなくデメリットにも注目すべき!

おまとめローンは正しい使い方をすれば確かに返済が楽になります。

しかし、おまとめローンのメリットばかりに注目していてデメリットに目を向けないようでは、おまとめローンで効率よく借金を減らすことはできません。

おまとめローンのメリットとは?

借入が複数ある人にとって、おまとめローンは借金問題を解決するための有力なツールですが、おまとめローンにはどのようなメリットがあるでしょうか。

金利や毎月の返済を抑えられる

おまとめローンを利用する最大の目的は、金利を下げて毎月の返済金額の負担を減らすことです。

借入金額が少ないうちは返済もそれほど負担にはなりませんが、借入金額が多くなると利息負担も増えてきますし、借入も長期化しやすくなってきます。

おまとめローンの利用で金利が低くなれば、利息負担を大幅に減らすことができるので、借金問題を解決しやすくなるというメリットがあります。

借入を一本化することで返済日も統一される

おまとめローンで借入を一本化すると、借入先によって別々だった返済日が統一されます。

別々の返済日を管理するだけでも大変ですが、借入先が異なれば返済方法や返済金額などもすべて異なりますから、毎月の返済日を忘れずに入金するだけでも大変な苦労です。

ですから、おまとめローンによって返済日が月に一度に統一されるのは大きなメリットだといえます。

また、カードローンは返済方法によっては手数料がかかりますが、借入が何件もあれば、1ヶ月にかかる返済手数料もばかになりません。

おまとめローンを利用することで返済手数料の負担が月に一度に減るとしたら、それもメリットとしてはかなり大きいですよね。

借金がどのくらい残っているのかを把握しやすい

おまとめローンで借入を一本化すれば、借金の残高を把握しやすくなるというメリットもあります。

借入が複数あればそれぞれに金利も異なりますので、残高を正確に把握するのが非常に困難ですが、それがおまとめローンでひとつにまとまれば1社分の計算をするだけで済みますから、随分楽になるのではないでしょうか。

また、借金を1本化することで借入残高や支払利息、総返済額を把握できれば、どのように効率よく返済するかについても検討できますから、さらにメリットが大きくなりますね。

精神的な負担から解放される

おまとめローンを利用して借金を一本化できれば、多重債務のストレスからも解放されます。

毎月の返済金額は少なくなり、総返済額を抑えられ、借金を管理する煩わしさも減りますので、精神的な負担はかなり軽減されるはずです。

精神的なストレスが和らぐと、頑張って借金を返済していこうという意欲も湧いて来ますが、この意欲こそが借金問題の解決の一番のカギとなるのではないでしょうか?

ストレスからの解放は、おまとめローンの隠れたメリットだといえるでしょう。

おまとめローンには多くのデメリットがあることを理解する

このように並べてみるとおまとめローンにはメリットばかりのように思いますが、おまとめローンは決してメリットばかりではないということも知っておかなければなりません。

借金の問題点をしっかり把握しないまま安易におまとめローンに飛びついてしまったためにそれまでよりも借金問題がこじれてしまったというケースはいくらでもあります。

せっかく労力を費やしておまとめをした結果が無駄にならないように、おまとめローンのデメリットについてもきちんと理解を深めておく必要があるでしょう。

デメリットその1・おまとめローン審査は厳しいので通過しにくい

おまとめローンのデメリットは、審査が厳しいことです。

何件もの借入を抱えている人にお金を貸すのですから、貸す側の金融機関にとってみればおまとめローンは確実にリスクの高い融資だといえます。

審査が厳しくなるのも当然のことでしょう。

審査の甘いおまとめローンはありません!

おまとめローンの審査は通常のカードローン審査よりも厳しいのが普通です。

「なんとか借金を1本にまとめたいけどおまとめローンの審査は厳しいだろうなあ」
「どこかに審査の甘いおまとめローンはないだろうか」
借入が多くなってくるとおまとめローンの審査に通過できるか不安になりますが、残念ながら審査の甘いおまとめローンはありません。

ただし、審査の甘いおまとめローンはなくても、あなたの目的をかなえてくれる相性の良いおまとめローンはきっと存在します。

おまとめローン審査が厳しいからと諦めてしまうのではなく、まずは自分の借入状況をよく分析して、できそうなことがあれば積極的にチャレンジしましょう。

例えば、借入1件分くらいなら何とか減らせそうなら頑張って借入件数を減らしてみるのです。

また、随時返済ができそうならたとえわずかでも借入金額を減らしておくのです。

その努力がおまとめローン審査の通過につながるかもしれません。

おまとめローン審査に通るコツとおすすめのおまとめローン

おまとめローンはどうしても借入金額が大きくなる

おまとめローンに申し込みをする人は全員が多重債務者です。

借入が何件もあるわけですから、おまとめローンで希望する限度額もどうしても大きくなってしまいます。

ところが、借入限度額が大きければ融資する側は貸し倒れリスクを恐れて慎重に審査を行いますので、どうしてもおまとめローンの審査は厳しくなってしまうのですね。

おまとめローンによってはパートやアルバイトでは利用できない場合もありますし、年収要件を設けて申込者を制限している商品もあります。

おまとめローンは借入金額が大きくなるため、年収の高い人に融資をしたい、ということなのでしょう。

借入件数が多いとおまとめローン審査では不利になる

おまとめローンでは借入金額が大きくなるほど審査も厳しくなりますが、借入件数が多ければさらにおまとめローンの利用は困難になります。

なぜなら、借入件数が多いと金融機関からあまり信用されていないのだと判断されてしまうからです。

例えば、

  • 2社から50万円ずつ合計100万円を借入しているAさん
  • 4社から25万円ずつ合計100万円借入をしているBさん

がいたとしましょう。

同じように100万円の借り入れがあるふたりですが、どちらか一方しかおまとめローンを利用することができないとしたら、おまとめローンを利用できるのはおそらくAさんのはずです。

なぜなら、Aさんの方が一社あたりの限度額が高いからです。

Bさんのように何社からも借り入れをしていると、

  • どの金融機関からも少額ずつしか貸してもらえなかったのか
  • 少額しか借りられないのは何か問題があるからではないのか

と思われてしまうのです。

借入件数の多さは、信用が低いことを示しているというわけです。

デメリットその2・おまとめローンは借入・返済を繰り返すことは不可

返済専用のおまとめローンを利用すると、借入や返済を繰り返すことはできなくなります。

おまとめローンの返済にある程度のゆとりがあれば問題はないのですが、ギリギリのラインで返済をしている場合だと…。

おまとめローンは返済専用商品

基本的には、おまとめローンは借り入れをしたら後はただ返済していくだけです。

おまとめローンは借金の返済を目的としたローンですから、返済に集中するために新たな借り入れができないようなしくみになっています。

追加での借り入れができないことを知らずにおまとめローンを利用してしまうと、急な出費ができた時にこれまでのように対応できず困ってしまうことになります。

おまとめをした後も借入をしたいという場合はおまとめ専用ローンではなく、おまとめローンにも利用できるカードローンなどを利用するべきでしょう。

おまとめローン利用後は他社借入ができない場合もある

おまとめローンによっては、契約後は他社からの借り入れを禁じられる場合もあります。

利用者が別のローンを利用することによっておまとめローンの返済に支障が出るリスクを抑えるためです。

他社からの借り入れを禁じられているのにそれを無視して他社から借り入れをしてしまうと契約違反だとして一括返済を求められる場合もありますので十分注意してください

デメリットその3・おまとめローンで逆に借金が増えてしまう?

おまとめローンを利用しさえすれば必ず借金が減る、と思っていませんか?
おまとめローンで返済が楽になるのは、おまとめローンを正しく利用できている場合に限られます。

おまとめローンの選択を誤ると金利が高くなってしまう

おまとめローンを利用する大きな目的の一つは金利を下げることですが、あまり考えずにおまとめをしてしまうとかえって金利が高くなってしまうこともあります。

借入が複数あれば、それぞれ借入金額や金利が異なるでしょう。

そのような場合は、ただ単純に平均金利を計算するだけではなく、それぞれの借入残高がどれくらいあるかまで加味して金利を計算し(加重平均金利といいます)、それよりも低い金利のおまとめローンを利用しなければ金利を抑えることはできません。

毎月の返済額が少なくなったために利息が大幅に増える可能性も

おまとめローンを利用するもう一つの大きな目的は毎月の返済金額を下げることですが、毎月の返済金額をあまり下げすぎてしまうとその分返済期間が長引いてしまって利息負担が逆に大きくなってしまうことがあります。

しかしそれでは、せっかくおまとめローンを利用した意味がありません。

月々の返済がどうしても苦しいというわけではないのなら、生活に支障をきたさない範囲でできるだけ返済金額を増やしてみましょう。

銀行おまとめローンを利用する場合は注意が必要

銀行おまとめローンには、おまとめ専用ローン以外に、おまとめローンとして利用できるカードローンなどがあります。

カードローンは限度額内なら借入や返済を繰り返せるのが特徴ですから、おまとめをした後でもある程度返済をしていけば枠に空きができるのですがそれが非常にくせものなのです。

借金問題を解決するという強い意志を持っていない限り、空いた枠を利用してまた借り入れを繰り返すようになってしまうことになりかねません。

必ず借金問題を解決したいという場合にはカードローンでのおまとめは避け、おまとめ専用ローンを利用するようにしましょう。

おまとめローンのデメリットにはこう対処しよう!

おまとめローンにはデメリットもあります。

しかし、おまとめローンのデメリットは、それを理解して事前に対処しておくことで避けられるものが多いです。

おまとめローンの利用は借金完済への第一歩だとしっかり認識する

おまとめローンは、審査に通過すればそれで終わりではなくそこからが始まりです。

おまとめローンの審査に通過すると、借金問題が解決したかのような錯覚に陥ってしまいがちですが、これまで借入や返済をうまくコントロールできなかったからおまとめローンを借りることになったことを忘れてしまってはいけません。

おまとめローンの利用は借金完済に向けての第一段階だということをしっかり自覚して今度こそはきちんと計画的に返済を進めていかなくてはならないのです。

おまとめローン成功のカギは借入前の徹底的なシミュレーション

おまとめローンを利用する場合には、事前に徹底的にシミュレーションをしてみましょう。

インターネット上にはローンの金利や返済期間を簡単に計算できるシミュレーションツールが多くあります。

シミュレーションツールを利用すれば、どんなおまとめローンを利用すればどのように返済状況が変化していくかを事前に知ることができます。

おまとめローン利用することで利息負担が減らせることをシミュレーションで実際に確認できれば、頑張って返済しようという意欲も高まります。

また、おまとめローンで一本化した効果をあまり感じられないような場合にも、どんどんシミュレーションをして自分で返済をコントロールしていきましょう。

徹底的なシミュレーションは、おまとめローンの成功を力強くサポートしてくれるはずです。

おすすめは消費者金融のおまとめローン

消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外なので借入総額が年収の3分の1を超えていても借り入れできます。

また、消費者金融おまとめローンは返済専用商品ですから新たに借入をしてしまう心配もありません。

銀行おまとめローンは金利が低いので利息負担を大幅に減らすことができますが、審査が厳しくて通過しにくいというデメリットがあります。

銀行おまとめローンにこだわりすぎて審査落ちを繰り返してしまうと、今度はおまとめローン音自体を利用できなくなってしまうかもしれません。

一本化したいのが消費者金融からの借り入れであれば、審査に通りやすい消費者金融おまとめローンを利用することをおすすめします。

どうしても返済が難しい場合はおまとめローンではなく債務整理を

おまとめローンの審査にどうしても通過できない場合や、おまとめローンで借金を1本にまとめたものの、やっぱりどうしても返済が苦しい場合は、債務整理をすることも検討したほうがいいでしょう。

借金の問題はなかなか家族や知人には打ち明けづらいものですが、常に借金への不安を抱えているような状態では、精神的にも参ってしまいます。

借金の負担を減らす方法はおまとめローンだけではありませんし、一人で悩んでいても借金問題はなかなか解決しません。

返済が難しい場合は、借金問題が大きくこじれてしまわないうちに、できるだけ早めに弁護士などの専門家に相談をしましょう。

おわりに

おまとめローンは、借金問題の救世主のように取り上げられてそのメリットばかりが強調されることも多いですが、 もちろんデメリットだってあります。

デメリットを知らないままおまとめローンを利用するのはとても危険で、せっかくのおまとめローンでの一本化も失敗に終わってしまうかもしれません。

現在おまとめローンを利用している人も、これからおまとめローンを利用しようと思っている人も、ぜひもう一度おまとめローンのデメリットについて振り返ってみてください。