銀行のおまとめローンは審査が厳しい?

公開日:

書類を見て悩む男性

おまとめローンを利用するなら、できるだけ金利の低い銀行おまとめローンを利用したいものです。

とはいうものの、銀行おまとめローンは審査が厳しくてハードルも高そうですよね。

銀行おまとめローンの審査はどのくらい厳しいのでしょうか?
銀行おまとめローンの特徴、消費者金融おまとめローンとの違いといった観点から、銀行おまとめローンの審査基準について解説したいと思います。

審査の甘いおまとめローンはあるのか?審査の早いおまとめローンも調査

銀行おまとめローンは消費者金融おまとめローンとここが違う!

おまとめローンなら銀行でも消費者金融でも大して違いなんてないんじゃないの、なんて思っていませんか?
銀行おまとめローンと消費者金融おまとめローンではその内容は随分異なります。

消費者金融の借入も銀行カードローンの借入もまとめられる

消費者金融のおまとめローンは原則として貸金業者からの借り入れをまとめる商品なので、銀行から借り入れをしている場合だと消費者金融のおまとめローンでは1本にまとめづらいです。

ところが銀行おまとめローンなら、

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • クレジットカードのリボ残高

などをまとめられ、現在の借入を全てひとまとめにしやすい点で消費者金融おまとめローンとは異なります。

ただし、おまとめローン商品によってはクレジットカードのリボ残高はまとめられない場合もあるので注意してください。

銀行おまとめローンも総量規制対象外ですが…

消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外なので、借入の総額が年収の3分の1を超えている場合でも利用できます。

もちろん、銀行おまとめローンも総量規制対象外なのですが、2017年以降は少々事情が異なってきていますので気をつけなければなりません。

銀行カードローン業界が自主規制を導入した

消費者金融では総量規制によって借り入れできる金額が年収の3分の1までに制限されていますが、銀行カードローンにはそのような規制はなく、より大きな金額の借入が可能であることを看板に掲げて銀行カードローン業界はこれまで着実に融資残高を伸ばしてきました。

しかし、2016年、それまでずっと減少傾向にあった自己破産者数が16年ぶりに増加に転じてしまったのです。

当然、銀行カードローン業界には、銀行カードローンが過剰融資を行っているからではないかとの厳しい指摘が各方面から寄せられました。

そして、厳しい批判を浴びた銀行カードローン業界は、以下のことを決定します。

  • カードローンの融資金額の上限を総量規制並みに引き下げる
  • 収入証明書の提出要件を厳しくする
  • テレビコマーシャルの放送時間の見直しを行う

このような経緯で銀行カードローン業界では2017年より自主規制を導入しており、銀行おまとめローンにもそのルールが適用されています。

自主規制導入後の銀行おまとめローンへの影響とは?

消費者金融の場合は、おまとめローンは総量規制対象外となっていますが、銀行おまとめローンは通常の銀行カードローンと同列に取り扱われおり、消費者金融のような例外貸付のしくみはありません。

おまとめローンの利用希望者は借入総額が大きい場合が多いですが、銀行カードローンが自主規制を導入して以降は、銀行おまとめローンの審査通過の難易度はより高くなってしまいました。

消費者金融のおまとめローンが総量規制対象外となっていて、本来制限されている金額よりも大きな金額でも借り入れできるようになっているのに対し、銀行カードローン業界では、自主規制により銀行おまとめローンの利用は逆にハードルが高くなってしまったというのが現在の状況です。

銀行おまとめローン、実はおまとめ専用ローンは少数派

銀行おまとめローンにはいくつかの種類があるということを知っていますか?

銀行おまとめローンには種類がある

銀行おまとめローンと一口に言いますが、銀行のおまとめローンには3種類あります

  • 銀行のおまとめ専用ローン
  • 銀行カードローン
  • 銀行フリーローン

現在、銀行おまとめローンというと、通常の銀行カードローンやフリーローンをおまとめローンとして利用するケースがほとんどで、実は専用のおまとめローンを提供している銀行は非常に少ないのですね。

地方銀行などではおまとめ専用ローンを取り扱っている例が見られますが、申込者の居住地を問わない全国対応の銀行で、おまとめ専用ローンを提供している銀行といえば、実質的には東京スター銀行くらいしかありません。

では、銀行のおまとめ専用ローン・銀行フリーローン・銀行カードローンそれぞれをおまとめローンとして利用する場合にはどのような違いがあるのでしょうか?

銀行のおまとめ専用ローンの場合

おまとめ専用ローンの場合は、他社への返済手続きは銀行が行ってくれますので、利用者の手元におまとめのための資金が渡ることはなく、利用者自身が他社に返済する手間や面倒もありません。

そして、いったん借り入れをしたら後は返済に集中します。

つまり、おまとめ専用ローンでは新たに借り入れをすることはできないのですね。

まさにカードローンをおまとめすることを目的とした商品だといえるでしょう。

ただし、申込者全てが多重債務者であることや銀行が総量規制を自主的に導入していることなどが影響し、おまとめ専用ローンの審査は大変厳しくなっています。

銀行フリーローンの場合

一方、銀行フリーローンをおまとめローンとして利用する場合は、借り入れたお金は利用者の口座にいったん振り込まれます。

他社からの借り入れは、利用者自身が返済手続きを行わなければなりませんので手間がかかります。

ただし、銀行フリーローンの場合もいったん借入をしたら後は返済をしていくだけで、新たに借り入れはできないという点はおまとめ専用ローンと同じです。

銀行カードローンを利用する場合と比べて大きな限度額をもらいやすいですが、借入金額が大きくなればやはりそれだけ審査は厳しくなります。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合も、フリーローンを利用する場合と同じように利用者自身でこれまでの借入先に返済を行う必要があります。

銀行カードローンがおまとめ専用ローンやフリーローンと決定的に異なるのは、他社への返済を終えた後、順調に返済し続けていけばまた新たに借り入れを繰り返すことができるという点でしょう。

せっかく複数の借り入れをおまとめして完済したのに、新たな借り入れをしてしまうケースが見られますので、銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合には充分気をつけなければなりません。

銀行おまとめローンを利用する場合は、この3つのローンの違いを充分理解しておくことがとても重要です。

銀行おまとめローン審査は厳しい?甘い審査のおまとめローンはある?

銀行カードローン業界が自主規制を導入したことなどを考えると、銀行おまとめローンの審査も厳しくなったと思われますが、実際のところはどうなのでしょうか?

銀行おまとめローンの審査は厳しい!その理由は…

銀行おまとめローンの審査が厳しいのは、もっと根本的な理由があるからなのです。

借入件数が多い=信用がない?

おまとめローンの審査の申し込み者は全員が多重債務者です。

銀行は貸し倒れリスクの高い融資を嫌い、多重債務者への融資に対しては特に慎重な調査を行いますのでどうしても審査は厳しくなります。

また、何件もの金融機関から借り入れがあると、はじめに借り入れをした金融機関で増額に応じてもらえなかったのだと銀行に判断されてしまいます。

つまり、限度額を上げてもらうほどの信用がない人だという前提で調査を進めていきますので、やはり銀行おまとめローンの審査は厳しいものとなってしまうのですね。

借入金額が大きい=貸し倒れリスクが大きい

おまとめローンの申込者は多重債務者ですから借入総額も大きいです。

すでに大きな金額の借り入れがある人に対する融資は銀行にとっても大きなリスクがありますから、どうしても審査には慎重にならざるを得ません。

また、先に触れたように、銀行は現在自主的に総量規制を導入していますので、年収の3分の1を超える借り入れがある人にはなかなか融資をしなくなってきています。

複数の借り入れがある人が銀行おまとめローンの審査に通過すること自体が難しくなってきているといえるでしょう。

銀行おまとめローン審査に通過しやすくなるためのポイント

では、少しでも銀行おまとめローン審査を有利に進めるためには、どのような点に気をつければよいでしょうか?

信用情報にキズがついていないことが最低条件

過去5年~10年の間に金融事故など起こして信用情報に事故情報が記載されている場合には、残念ながら銀行おまとめローンを利用できません。

どれだけで年収が高くて返済能力に問題がなくても、ブラック状態では審査落ちしてしまいます。

具体的には、以下のような場合には金融事故として信用情報に情報が登録されますので注意してください。

  • 過去5年以内にカードローンやクレジットカードの返済において3ヶ月以上の長期延滞をした
  • 過去5年以内に任意整理をした
  • 過去5年~10年以内に個人再生や自己破産をした
  • 過去5年以内に代位弁済、強制解約があった

金融事故を起こしたことがある場合は、5年~10年以上経過して信用情報から事故情報が削除されていることを確認してからおまとめローン審査に申し込みをしましょう。

おまとめローン審査を受ける前に借入を少しでも減らす

おまとめローンに申し込みをするときには、借入総額や借入件数が低い方が当然審査では有利になります。

したがって、おまとめローンに申し込みをする前にはできるだけ借入を減らしておくことをおすすめします。

借入の総額が同じ金額なら、借入件数が多い人よりも借入件数が少ない人の方がおまとめローン審査では有利になります。

先にも説明したように、借入件数が多いと、おまとめローン申請先の銀行に「限度額を引き上げてもらえないために何社もの金融機関からお金を借りなければやっていけない人」だと判断されてしまうのですね。

ですから、できれば限度額の大きいカードローンの枠を利用して、限度額の小さいカードローンの借り入れを一つにまとめるなどして借り入れ件数を減らしておきましょう。

審査が厳しくても銀行おまとめローンを利用するメリットとは?

銀行おまとめローンの審査は厳しいですが、それを補うメリットが銀行おまとめローンにはあるのです。

銀行おまとめローンは金利が低い

銀行おまとめローンを利用する最大のメリットは金利が低いことでしょう。

大手消費者金融のおまとめローンは、金利が17.5%~18.0%程度と非常に高金利ですが、平均的な銀行おまとめローンの金利は15%程度ですので3%も安く利用できます。

特に、借入金額が大きくなっている場合には金利が少し下がるだけでも大幅に利息負担を抑えられますから、それだけでも銀行おまとめローンを利用するメリットは非常に大きいです。

銀行おまとめローンを利用することで返済日が統一される

複数の借入をひとつにまとめれば、これまで月に何度もあった返済日も統一されて月に一度になるので、まず返済日を管理しやすくなります。

返済日が月に何度もあると、うっかり返済日を忘れて遅延を起こしてしまう可能性もありますから、返済日が月に一度になるメリットは見逃せません。

また、借り入れが複数あると、実際1ヶ月にどのくらいの金額を返済しているか分かりにくいというデメリットが生じます。

現在の借入残高の総額がどのくらいで、毎月どのくらい利息を支払っているかをきちんと把握・管理することは非常に難しいです。

借金が1本にまとまれば返済総額の把握が容易になりますから、結果としてより利息負担や借入期間を減らせるよう返済をコントロールしやすくなるというメリットもあるのですね。

銀行おまとめローンはおまとめ専用商品でなければ自由度が高い

銀行のおまとめローンは、

  • おまとめ専用ローン
  • おまとめローンとして利用する通常のカードローンやフリーローン

に分類されます。

おまとめ専用のローンの場合は、消費者金融のおまとめローンと同様に現在借り入れしている金額より大きい金額を借り入れることはできませんし、一度借り入れをしたら後は返済をするだけで、借入や返済を繰り返すこともできません。

もうこれ以上借り入れをしたくない、後はとにかく借金をしっかり返済していきたいという場合ならおまとめ専用ローンを利用する方がいいのですが、多少は借り入れもしたいというのであれば、おまとめローンにも使える通常のカードローンやフリーローンを利用するのがいいでしょう。

おまとめローンにも利用できる銀行カードローンなら、毎月きちんと返済さえしていれば借入の枠が空きますのでそれを利用して新たに借り入れできますし、フリーローンならあらかじめ余分に借り入れられる商品もあります。

金利は低いのに?銀行おまとめローンを利用するデメリットとは?

銀行おまとめローンは消費者金融おまとめローンと比べて確かに金利は低いです。

しかし、こんなデメリットもあるのです…。

銀行おまとめローンは審査が厳しい

銀行おまとめローンは確かに消費者金融のおまとめローンと比べると金利は低いです。

しかし金利が低い分どうしても審査が厳しくなります。

審査が厳しくておまとめローン審査に通過できなければ、審査落ちの事実が信用情報に登録されてしまいます。

銀行おまとめローンの審査に立て続けに落ちてしまうと多重申し込みでおまとめローン自体を利用できなくなってしまうことにもなりかねません。

銀行おまとめローンの審査に通過できなかった場合には、銀行おまとめローンだけにこだわるのではなく、消費者金融のおまとめローンを検討してみるなど別の方法を考える柔軟さも必要です。

思ったよりも金利が下がらないことも

銀行おまとめローンの金利は審査によって決まるケースが多いです。

申込者の年収や勤続年数、他社借入件数などを総合的に評価して決定するので、条件によっては金利がそれほど下がらないばかりか、かえってこれまでよりも金利が高くなってしまうようなこともあります。

しかし、それでは銀行おまとめローンを利用した意味がありませんよね?

銀行おまとめローンを利用する場合は、上限金利が適用されることを前提に必ずこれまでよりも金利が下がる商品選びをすることが重要です。

銀行おまとめローンでは借金を1本にまとめられない場合もある

銀行カードローンをまとめローンとして利用する場合、借金を1本にまとめられないこともあります。

銀行カードローンの借入金額も審査によって決定されるからです。

おまとめをしたいと希望しても、借入総額を全てまとめられるほどの金額を銀行から融資してもらえる保証はどこにもありません。

返済能力が充分でなければ、銀行カードローン審査では大きな限度額を認められにくいですから、おまとめするのに必要な金額に満たないことも当然あるわけです。

銀行おまとめローンを利用する際にはこんなことに注意しよう!

銀行おまとめローンを利用する時に特に気をつけておきたい点について解説します。

「おまとめ専用商品」であるかどうかを必ず確認する

銀行おまとめローンを利用する場合には、その商品がおまとめ専用ローンなのか、それともおまとめローンとして利用できるフリーローンやカードローンなのかをしっかり確認しておきましょう。

おまとめすることによってしっかりと借金を返済したい、確実に借金を一本化して借金の返済に集中をしたい場合には、おまとめ専用ローンの利用をおすすめめします。

借金問題をできるだけ有利に解消したくて銀行でおまとめしたのに、契約したのが自由に借入を繰り返せるカードローンだったということになると、誘惑に負けてまた借り入れを繰り返してしまうかもしれません。

せっかくおまとめをするのなら、自分の目的にかなった銀行おまとめローンを選ばなければおまとめの効果も薄れてしまいます。

おまとめローンとして利用することを銀行に相談する

おまとめローンとして利用可能な銀行フリーローンや銀行カードローンに申し込みをする時は、必ずおまとめローンとして利用したい旨を銀行に相談しておきましょう。

おまとめしたい程の借り入れがあるにもかかわらず、何も銀行に伝えないまま大きな金額での借入を希望して申し込みをすると、借入総額が大きくなりすぎると判断されて簡単に審査落ちしてしまいます。

おまとめローンとして利用することをきちんと銀行に説明しておけばその前提で審査をしてくれますので、いきなり審査で落とされてしまうようなことを防止できます。

銀行おまとめローンの具体例

代表的な銀行おまとめローンをいくつかご紹介します。

銀行おまとめローンは、
利用条件や金利などから審査の厳しさをある程度予測することも可能ですので、是非参考にしてみてください。

横浜銀行おまとめローン「フリーローン」

横浜銀行の「フリーローン」は、日本を代表する地方銀行である横浜銀行のおまとめローンです。

横浜銀行おまとめローンのスペックと特徴

利用条件 契約時満20歳以上69歳以下の人
安定した収入のある人、またその配偶者(パート、アルバイトも可。

利用条件 契約時満20歳以上69歳以下の人
安定した収入のある人、またその配偶者(パート、アルバイトも可。学生は不可)
横浜銀行の指定された営業エリア内に住んでいるか勤務している人
借入限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
金利 1.9%~14.6%(限度額によって決定)
おまとめ専用ローンか ×
  • 年金受給者、学生、専業主婦(夫)は利用不可
  • 事務手数料:2,700円

横浜銀行の普通預金口座を持っていれば来店不要でWEB完結可能!
借入時に、

  • 取扱手数料:3,240円
  • 全額繰上返済手数料:3,240円

が必要(借入金額が100万円以下の場合はいずれも無料)

横浜銀行おまとめローンの審査は厳しい?

横浜銀行フリーローンは、パートやアルバイトでも、また自分の収入を持たない専業主婦であっても配偶者に安定した収入があれば利用できることから、それほど高い属性を必要としないことがわかります。

また、年収要件が定められているわけでもありません。

ですから、おまとめしたい金額と年収とのバランスがうまく釣り合っていさえすれば、パートやアルバイトの人でも審査に通過できる可能性は充分にあるといえるでしょう。

ちなみに、借入金額が100万円以下の場合の金利は14.6%ですから銀行おまとめローンの金利としては平均的だといえます。

東京スター銀行おまとめローン「スターワン乗り換えローン」

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は、銀行では数少ないおまとめ専用ローンです。

東京スター銀行おまとめローンのスペックと特徴
利用条件 申し込み時年齢満20歳以上64歳以下の人
給与所得者の人(正社員・契約社員・派遣社員)
年収200万円以上の人
借入限度額 30万円以上1,000万円以内(1万円単位)
金利 12.5%
おまとめ専用ローンか
  • 来店不要でWEB完結ができる
  • 自営業・パート・アルバイトの人は利用不可
東京スター銀行おまとめローンの審査は厳しい?

東京スター銀行おまとめローンは、自営業・パート・アルバイトの人は利用できませんまし、年収が200万円以上なければ申し込むこともできません。

つまり、ある程度の社会的信用と収入がある人しか利用できないという点で審査のハードルが比較的高いことがうかがい知れます。

東京スター銀行おまとめローンの金利は12.5%。

今回紹介する銀行おまとめローンの中でも一番低く、一般的な銀行カードローンの金利と比較しても低く抑えられていることから考えても審査基準が厳しそうだということがわかりますね。

イオン銀行おまとめローン「フリーローン(イオンアシストプラン)」

身近なネット銀行として人気のあるイオン銀行にももちろんおまとめローンがあります。

イオン銀行おまとめローンのスペックと特徴
利用条件 契約時年齢が満20歳以上59歳以下の人
イオン銀行に普通預金口座を持っている人
安定かつ継続した収入がある人(前年度税込年収が200万円以上の人)
借入限度額 30万円以上700万円以内(10万円単位)
金利 3.8%~13.5%(審査によって決定)
おまとめ専用ローンか ×
イオン銀行おまとめローンの審査は厳しい?

イオン銀行おまとめローンも年収が200万円以上という条件が設けられています。

ただし、安定かつ継続した収入があればパートやアルバイトでも利用できますので東京スター銀行おまとめローンと比べれば利用条件は若干緩やかです。

とはいえ、上限金利は13.5%とやはり平均的な銀行おまとめローンと比べれば低くなっていますので、審査は比較的厳しいことが予測できます。

おわりに

金利の低い銀行おまとめローンはとても魅力ですが、審査の厳しさがネックだと考える人は多いでしょう。

しかし、本当は銀行おまとめローンの審査が厳しいわけではなく、銀行おまとめローンの審査に通過できなくなるまで借金問題を放置してしまうことが問題なのです。

金利の低い銀行おまとめローンを利用するには、とにかく借入総額が増えすぎないうちにおまとめを決心するのが一番。

できるだけ早い段階で借金の一本化を進め、お得な銀行おまとめローンで借金問題を解決してください。