廃課金ってなに?ゲームの課金から逃れる方法とは

更新日:

家庭用ゲーム機の販売が頭打ちになる中、ソーシャルゲームの勢いが止まりません。

ソーシャルゲームとはスマートフォンのアプリをダウンロードしておこなうゲームで、ガチャというくじを引いて、強いキャラクターやアイテムを手に入れることが特徴です。

ダウンロード自体は無料で、プレイも無料でできるのですが、よりゲームの中で強くなろうとして課金する人もいます。

そんななか「廃課金」と呼ばれる毎月何十万円以上も課金する人の存在が、社会問題になりつつあります。

はたして廃課金をしている人は、どのような人でなぜ課金をしてしまうのでしょうか。

こちらの記事では、廃課金について解説していきます。

廃課金ってなに?

まずは廃課金とはどのようなものか解説していきます。

ソーシャルゲームで課金する人が増えている

廃課金とは、ソーシャルゲームに高額の課金をする人のことを指します。

スマートフォンでダウンロードすればだれでもプレイできるソーシャルゲームは、課金することによってアイテムを手に入れられるものもあり、課金すれば強くなりやすいという仕組みになっています。

「課金すれば強くなり、ゲームを楽しくプレイできる」
そんな思いからソーシャルゲームに課金する人が増えてきているようです。

ソーシャルゲームは1人プレイのものは少なく、ゲーム上で知り合った人と協力するものも多いので、ほかのプレイヤーと仲良くなりたいという気持ちもあるのでしょう。

ただしその課金が行き過ぎてしまうと、おそろしいことになってしまいます。

年間100万円を超える課金している人も

ソーシャルゲームへの課金は自分が楽しめて、財布に影響のないレベルであれば問題ありません。

それによってストレスが解消できるのであれば、むしろプラスになることもあるでしょう。

しかし中には強くなるために課金が止められず、廃課金者になってしまう人もいます。

どのソーシャルゲームにも年間100万円以上課金している人は、少なからずいるでしょう。

ちなみに筆者が過去にプレイしていた「リネージュレボリューション2」というゲームでは、総額1億円以上課金しているのではないかと言われているプレイヤーが存在しました。

アプリのダウンロードランキングで上位にいた人気ゲームですが、そのレベルになると別世界でしたね。

その人は課金しながら楽しんでいたようですが、私の場合課金をしなかったので強さが頭打ちになり次第にフェードアウトしてしまいました。

基本プレイは無料のものが多い

ソーシャルゲームの特徴として、基本プレイは無料のものが多い点が挙げられます。

基本プレイが無料なので少し手を出したら楽しくて、徐々に課金していくという流れができているようです。

課金することが悪いことではありませんが、自分の生活を壊す課金は決してしてはいけませんよ。

廃課金する人の特徴

廃課金をする人には、ある一定の特徴があるといわれています。

はたして廃課金をする人の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

社長や投資家などお金がある人

廃課金をする人の特徴として、社長や投資家などお金のある人がまず挙げられます。

こういった人はお金だけでなく時間にも余裕がある人が多いため、ソーシャルゲームに時間も割けます。

実際筆者がプレイしていたソーシャルゲームでも、強い人に職業を聞いてみると社長をやっている人が多かったですね。

仕事が自由にできるので、空いている時間でソーシャルゲームを楽しんでいる人が多いようです。

しかしこういった方々はお金にも余裕があるため、ソーシャルゲームで廃課金をしても生活には影響がないという人がほとんど。

廃課金はしているけど、ゲームも実生活も楽しんでいる人たちですね。

主婦や学生など時間がある人

ソーシャルゲームで廃課金をする人の中で、問題になりがちなのが主婦や学生など時間がある人です。

時間つぶしではじめたゲームに次第にのめりこんでしまい、気づいたら廃課金をしてしまったという人が多いようですね。

自分のお金の範囲であれば問題ないですが、ひどい人になると配偶者や親のお金で課金をしてしまっている人もいるようです。

クレジットカードの請求を見てはじめて発覚するようですね。

とくに主婦の人は子育てでストレスがたまり、他人と会話する機会もないため、ゲーム内で居場所を求めてソーシャルゲームに廃課金するパターンが多いようです。

自分が許容できる範囲であれば課金してもかまいませんが、他人のお金に手をだしてしまうと、それはもうアウトです。

自分の中でしっかり自制心をもってプレイすることが求められます。

キャッシング利用に抵抗がない人

課金してしまう人の多くが、クレジットカードのキャッシングやカードローンのキャッシングでお金を借りています。

確かに、借り入れ意図自由な消費者金融のキャッシングなどを利用すると、簡単にゲームの課金は可能です。

「お金がなくても借りればいいや」

こんな甘い気分だと、ゲームの課金を辞められるわけがありません。

課金はほどほどにしなくてはいけませんし、できればキャッシングでお金を手に入れるべきでもありません。

どうしてもお金が必要なら、キャッシング以外の方法でお金の調達をおこなうのがおすすめです。

今すぐお金が必要なあなたに役立つ方法

廃課金から抜け出すためには

それでは廃課金から抜け出すためには、どのようなことをすればよいのでしょうか。

ここからは廃課金からの抜け出し方を紹介していきます。

月の課金額を設定する

廃課金から抜け出す方法の1つ目が、月の課金額を設定することです。

ゲームは楽しいから続けたいけど、課金はおさえたいという人は、まずこの方法で課金額をおさえるのがいいでしょう。

具体的なやり方としては、銀行口座を用意し毎月課金してもいい金額だけ振り込みます。

その後デビットカードを作り、その銀行口座と紐づければ銀行口座にある金額以上に課金はできなくなります。

子供の課金額を抑える方法としても使えますね。

クレジットカードのようにショッピング枠内であれば課金できてしまうと、どうしても誘惑に負けて課金してしまうという人は、このように仕組みを作って課金額を抑えることをオススメします。

無課金で楽しめる方法を考える

廃課金から抜け出す方法の2つ目が、無課金で楽しめる方法を考えることです。

先ほど紹介したように多くのソーシャルゲームは、基本プレイは無料で楽しめるようになっています。

多くのソーシャルゲームでは課金をして楽しんでいるプレイヤーもいますが、それ以上に無料で楽しんでいるプレイヤーもたくさんいます。

そういった現実を考えると、無料プレイでも楽しめる方法はかならずあるはずです。

ゲームによっては無料プレイで遊んでいる人だけのチームもありますし、強くなくても仲間に助けてもらってクエストをクリアすることもできます。

課金をしなければ楽しめないのではなく、課金をしなくても楽しむ方法を見つければ廃課金から抜け出す一歩になりますよ。

アンインストールする

廃課金から抜け出す方法の3つ目が、ゲーム自体をアンインストールしてしまうことです。

無理やりゲームをできなくする方法ではありますが、実は廃課金から抜け出すために1番有効な手段でもあります。

アンインストールすればプレイ自体ができないので、課金することもできません。

アンインストールしてしばらくの間は、ゲームができないストレスがあると思いますが、次第にそれにも慣れていきます。

ゲームから離れた生活をするとほかに楽しいことが見つかって、いつの間にかゲームをしていたことがばからしくなりますよ。

廃課金から抜け出そう

ここまでソーシャルゲームの廃課金について解説してきました。

ゲームへの課金は自分が楽しめる範囲であれば問題ないですが、課金によって生活が変わってしまっては本末転倒。

廃課金によって人生が狂ってしまった人も、現代では多く存在しています。

廃課金は決していい状態ではないので、早く抜け出せるようにしましょう。