申し込みブラックとは?申し込みブラックになるともう審査に通らないのか?

公開日:

悩ましげな男性

申し込みブラックとは?申し込みブラックになるともう審査に通らないのか?

いろいろなカードローンに申し込みをしているのに、どうしても審査に通過できない…。

そんなあなたは、もしかしたら申し込みブラックと呼ばれる状態になっているのかもしれません。
申し込みブラックって何?
どうして申し込みブラックだと審査に通過できないの?

なかなかカードローン審査に通過できない人は、この記事をぜひ参考にしてみてください。

申し込みブラックって何?

そもそも、申し込みブラックというのはどのような状態を指すのでしょうか?

申し込みブラックとはどのような状態を指す?

カードローン審査を受ける時は、審査に通過できるかどうか誰でも心配になりますよね。
「どうしてもお金を借りたいのだけれども、1件だけ審査を受けてもその審査に通過できなかったらお金を借りられない…。」
「それなら、まとめて何件かのカードローン審査に申し込んでおけば、その中のどれか1件くらいは審査に通過できるもしれない…。」

本当にお金が必要な状況なら、審査に落ちてしまった時の保険としてあらかじめ何件かの審査に申し込みをしておいた方がいいかもしれない、そう思うのは自然なことでしょう。

しかし、短期間のうちに何件ものカードローン審査に申し込みをすると、逆にどのカードローン審査にも通過しにくくなってしまうのです。
この状態を申し込みブラックといいます。

なぜ複数の審査に申し込みをすると申し込みブラックになるのか

でも、お金が必要だからカードローン審査に申し込みをしているのに、どうして複数の審査に申し込みをしただけで審査に通過できなくなってしまうの?
そう思う人も多いでしょう。

お金を借りる側は、審査に通過できなければお金を借りることができませんから、いくつも審査に申し込みをしておいた方がいいと思うのは当然のことです。

しかし、お金を貸す側の金融機関の立場に立って考えてみたらどうでしょうか?

カードローン会社の立場から見てみると…?

たとえば、お金を借りるためにあちこちに申し込みをしている人を見て、この人はしっかりとお金を返してくれそうだと素直に思えるでしょうか?

他にも何件もの審査に申し込みをしているとわかれば、

「手当たり次第に審査に申し込みしなければならないほど、お金に困っているのだ」
「そんなにお金に困っているような状態だときちんと返済してもらえないかもしれない」

と判断してしまうのではないでしょうか。

また、審査に申し込みをしている形跡があるのに、契約をした様子がないとなれば他社の審査には通過できなかったと容易に想像ができます。
他社で審査落ちしたということは、融資してもらえない何らかの理由があるのだろうと判断されてしまうのですね。

他社に申し込みをしているという状況は 、審査申し込みをしたすべての金融機関に筒抜けであるということを忘れてはいけません。
本当にお金を借りたいと思っている時こそ、焦らずに一件ずつ審査に申し込みをするべきなのです。

何件申し込みをすると申し込みブラックになるの?

同時に何件以上審査申し込みをしたら申し込みブラックになる、などという基準はあるのでしょうか?

金融機関によって申し込みブラックの基準はまちまち

実は、どのくらいの期間に何件の審査に申し込みをすると申し込みブラックになってしまうという明確な基準はありません
例えば、A社では 1ヶ月間に自社の他2件までしか他社への審査申し込みは認めていなかったとしても、B社では1ヶ月間に5件 申し込みをしていても OK ということだってあります。

その辺りは、各カードローン会社の審査基準次第ということになるでしょう。

ただし、短期間に何件審査に申し込みをすると申し込みブラックになるかという各カードローン会社の基準は、残念ながら公表されていません。

一般的には「1ヶ月に3件以上の多重申し込み」で申し込みブラックに

一般的には、1ヶ月間に3件以上申し込みをしていると申し込みブラックとして扱われ、審査に通過しにくい状態になるといわれています。

ところで、申込者が短期間の間に何件の審査に申し込みをしたのかをどうして金融機関が知ることができるのでしょうか?

カードローンに申し込みがあると金融機関では審査を行いますが、その審査を行うにあたって金融機関は信用情報機関に申込者の信用情報の照会をします。
金融機関は、

「私どものところにこういうお客様が申込をされたので、信用情報を提供してもらえないでしょうか」

と申込情報を信用情報機関に提供して申込者の信用情報を照会し、その情報をもとに審査を行います。

カードローンに申し込みをしたという情報は、申し込みを受けたカードローン会社自身が信用情報機関に提供していたのですね。

申し込みブラックの情報はいつ消える

立て続けに審査に申し込みをしてしまうと申し込みブラックになるということはわかりましたが、では、同時申し込みをしてしまったという情報はいつ消えるのでしょうか?

申込情報は信用情報に一定期間登録され続ける

カードローンやクレジットカードの審査に申し込みをすると、その情報は信用情報機関に6ヶ月間登録されます。

現在日本には3つの信用情報機関がありますが、どの信用情報機関でも申し込み情報の登録期間は6ヶ月間です。

従って、カードローンに何件も申し込みをしたけど1ヶ月の間に何件申し込みをしたか忘れてしまったとしても、最後に申し込みをした日から6ヶ月待てば全ての申し込み情報は削除されますから、申し込みブラック状態ではなくなることが分かります。

申し込みブラックが解除されたことはどうやって確認する?

「最後にカードローン審査に申し込みをしたのは半年ぐらい前だったと思うけども、しっかりした日付までは覚えていない」
「だけどそろそろカードローン審査に申し込みをしたいと考えているのだけどどうすればいいだろう」

万一、まだ申し込みブラック状態が続いている最中にカードローン審査に申し込みをしてしまったら、また審査落ちしてしまうかもしれません。

できれば確実に申し込みブラック状態が解除されていることを確認したいのですが…

自分が申し込みブラックかどうかを確認するにはどうすればよいでしょうか?

自分が申し込みブラックかどうかを確認したいのなら、個人信用情報機関に情報開示請求をしましょう。

申し込み情報の記録は、開示された情報の「照会」欄などで確認できます。

信用情報機関で開示した情報は金融機関が確認する情報と同一のものですから、 自分が申し込みブラック状態であるかどうかも確実に知ることができますよ。

申し込みブラックでも借りられるカードローンはある!

疑問に思うパソコンを持つ男性

一般に言われる「申し込みブラック状態」だと、絶対にカードローン審査に通過できないのでしょうか?

銀行、大手消費者金融は申し込みブラックに厳しい

銀行カードローンや大手消費者金融の場合は、短期間の間に多重申し込みをしてしまうと審査通過が難しくなります。

特に、銀行カードローンの場合だと、「6ヶ月以内に審査に通過できなかった人は申し込みを遠慮して下さい」と明記されているところも多いです。

そのような場合には既に審査落ちした銀行カードローンに再度申し込みをしたとしても審査に通過することはないでしょう。

ただし、それは各金融機関がそれぞれに自社で基準を定めているだけです。
申込者が多重申込をしてブラック状態にある場合には融資をしてはいけないという法的な決まりがあるわけではありません。

しかし、他の業者に申し込みをして審査落ちしている人に融資をするのはやはりリスクが高いですから、申し込みブラックになってしまった場合には貸し倒れリスクを嫌う銀行や大手消費者金融から借り入れをするのはやはり難しいといえるでしょう。

中小消費者金融なら申し込みブラックでもOK!

申し込みブラックになってしまうと、銀行や大手消費者金融の審査に通過するのは非常に難しいです。

しかし、中小消費者金融なら申し込みブラック状態であっても審査に通過できる可能性があります。

中小消費者金融は、信用情報に登録されているネガティブな情報よりも、申込者の現在の返済能力を重視する傾向にあるからです。

実際に、多くの中小消費者金融の口コミでは、申し込みブラックでも借りられたという報告が数多く寄せられています。

多重申し込みをしてしまったけれども6ヶ月も待っていられない、という場合には中小消費者金融に申し込みをしてみるというのもひとつの方法でしょう。

ただし、中小消費者金融は大手金融機関と比べて、

  • サービス面が充実していない
  • 利便性がそれほど高くない

というデメリットもありますので、その点を承知した上で審査に申し込みをしましょう。

申し込みブラックでも融資可能な業者はここ!

短期間に多重申込をした「申し込みブラック」の人でも借りられると評判の中小消費者金融をご紹介します。

セントラル
利用条件 20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する人
借入限度額 300万円まで
金利 4.80%~18.00%
即日融資

申し込みブラックでも借りられると評判のセントラルは、愛媛県を本拠とする中小消費者金融で、全国からの申し込みにも対応しています。

  • セブン銀行ATMと提携をしており、全国のセブンイレブンから自由に借入や返済ができる
  • 30日間の無利息期間がある
  • 設置地域は四国と関東限定だが、自動契約機や自社 ATMがある

など、もはや中小消費者金融とはいえないほどの利便性の高さがセントラルの特徴だといえるでしょう。

アロー
利用条件 満25歳~65歳の人
借入限度額 200万円まで
金利 15.00%~19.94%
即日融資

アローは名古屋市にある中小消費者金融で、申し込みブラックはもとより債務整理や自己破産をした金融ブラック状態の人にも柔軟に対応してくれると評判です。

アローでは過去のデータよりも現在の返済能力を重視していますので、申し込みブラックだと理由だけで審査落ちしてしまう可能性は低いです。

ただし、

  • 健康保険未加入の人
  • 他社の返済が遅れている人
  • 勤続年数が1年未満の人

は利用できないと申込フォームに明記されていますので注意してください。

フクホー
利用条件 20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する人
借入限度額 200万円まで
金利 7.30%~18.00%
即日融資

フクホーでは、大手消費者金融のようにスコアリングに重点を置くのではなく、審査の際のヒアリングを重視しています。
申込者の事情をきちんと把握したうえで審査をするので、申し込みブラックであっても柔軟に対応してもらえると高く評価されています。

ただし、

  • 自営業、会社役員
  • 健康保険証を持っていない人
  • 他社の返済が遅れている人

はフクホーを利用できません。

クレジットカード審査も…?申し込みブラックだと難しい!

申し込みブラック状態だとカードローン審査に通過しにくいことは分かりました。では、クレジットカードの審査なら大丈夫なのでしょうか

申し込みブラックならクレジットカード審査にも不利

クレジットカード会社も、審査の際には信用情報機関に照会をして申込者の信用情報を調査していますので、短時間に申込者が何件もの申し込みをしていることがわかれば、やはり審査に通過するのは難しくなります。

その点はカードローン審査と共通しています。
あちこちで申し込みをしている人にカードを発行するのはリスクが高いと判断するのですね。

そしてやはりカードローン会社と同様、どのクレジットカード会社も自社の申し込みブラックの基準は公開していません。

申し込みブラックだと絶対クレカ審査に通過できないわけではない

クレジットカードの審査もカードローン審査と同様、各々のクレジットカード会社の審査基準に従って行われています。

ですから、自分では申し込みブラックだと思い込んでいても、実はそもそもクレジットカード会社の審査基準には達していなかったというケースもあるでしょう。

あと、申し込みブラックであることをそれほど重視しないクレジットカード会社も存在します。

もちろん、申し込みブラック状態でなくなってから審査に申し込みをする方がベターですが、申し込みブラックだからといって絶対にクレジットカード審査に通過できないというわけではないということも知っておいてください。

おわりに

申し込みブラックになってしまうと、やはりどうしてもカードローやクレジットカード審査には通過しにくくなってしまいます。

しかし、申し込みブラックの場合は金融事故を起こしたというわけではありませんから、しばらくの間申し込みを控えていれば審査に影響も及ばなくなります。

もし、申し込みブラックになってしまった場合は、しばらく待った後に信用情報を調べてみて、申し込み情報が確かに削除されているのを確認した上で再度申し込みをしてみましょう。

お金がないときのおすすめ対処法ランキング!