お金がないときのおすすめ対処法ランキング!

公開日:

財布を見て悲しむ女性

「お金がなくて月末の家賃やクレジットカードの支払いができない」
「このままいくと今月の生活がピンチになるかもしれない」
こちらの記事では、そんな人に向けてお金がないときの対処方法についてランキング形式で紹介していきます。

お金がないときの対応方法は、実はたくさんあり知らなかっただけということもあります。

お金がないからといってすぐにあきらめるのではなく、解決できる方法を探っていきましょう。

ネットでお金を稼ぐ方法はたくさんあります!初期投資不要の稼ぎ方紹介

お金がないときの対処法ランキング1位:初回無利息のカードローンを使う

お金がないときの対処法ランキング1位は、初回無利息のカードローンを使うことです。

特に短期間でお金が返せる見込みがあるのであれば、この方法はオススメ。

カードローンと聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、実際に利用してみるとあっさり審査も終了します。

短期的な借り入れであれば、カードローンは強い味方ですよ。

消費者金融であれば初回無利息の会社が多い

カードローンというと三菱UFJ銀行やみずほ銀行が販売している銀行系ローンと、アコムやプロミスといった消費者金融の2つがあります。

銀行系カードローンは安心感があり、金利も安いことがメリットですが、実は短期間利用の場合消費者金融を使う方がお得なケースも多くあります。

その理由が多くの消費者金融が、初回無利息サービスをおこなっている点。

初回(30日間)無利息でお金を借りて、30日以内に返済をすませば利息をまったく払わずにお金が借りられます。

つまり30日以内にお金が返せるのであれば、もっともダメージが少ない方法が、消費者金融を利用することですね。

消費者金融であれば、身分証明書のみで1時間あればお金が借りられる会社も多くあります。

消費者金融はうまく活用すればとても便利なので、短期間で返済できるアテがあるのであれば、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのカードローンを紹介

消費者金融を利用しようと思っても、多くの会社がありどの会社を使えばいいか迷う人も多いでしょう。

そんな人に向けて、おすすめの消費者金融を紹介していきます。

こちらで紹介する消費者金融は、短期間で返済できる人におすすめの消費者金融です。

長期的にお金を借りることを考えている人は、銀行カードローンも含めて検討していきましょう。

おすすめのカードローン:レイクALSA

お金がないときにおすすめのカードローン1つ目は、レイクALSAです。

レイクALSAは新生銀行が所属している新生フィナンシャルが経営しているため、消費者金融ではありませんが無利息キャンペーンに力を入れています。

はじめてレイクALSAを利用する人であれば

  • 60日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

のどちらかが選べるサービスを展開中。

他の消費者金融の場合、無利息期間は30日の会社が多いですが、レイクALSAは無利息期間がかなり長い状態でお金が借りられます。

少額融資であれば半年間無利息で借りられますし、60日間無利息でもかなり嬉しいサービスではないでしょうか。

今後返済できるアテがあるのであれば、レイクALSAはおすすめのカードローンですよ。

おすすめのカードローン:アコム

お金がないときにおすすめのカードローン2つ目は、CMでもおなじみのアコム。

「はじめてのアコム」
というワードをCMでも強調しているように、はじめて利用する人に重点を置いた経営をしています。

アコムの特徴は、審査に通過する可能性が高い点。

消費者金融が発表している審査通過率によると、他社が42~45%であるのに対してアコムは48%。

より多くの人が審査に通過するように配慮していることがわかります。

もちろん30日間無利息サービスもありますので、短期間で返済するのであれば問題ありません。

消費者金融を利用することが不安な人は、アコムを利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめのカードローン:プロミス

「家族や周りの人に消費者金融の利用を知られたくない」
そんな人におすすめのカードローンが、プロミスです。

プロミスにはWeb完結という仕組みがあり、この仕組みを使うとインターネットのみで契約が完了します。

ローンカードが手元に届かないので、周りの人に消費者金融の利用がばれる可能性は、ほぼないと言っていいでしょう。

30日間無利息サービスもあるので、さっと使ってすぐに解約すれば、消費者金融をかなり上手く使えていると言えます。

周りの人に消費者金融の利用が知られたくない人は、プロミスがおすすめですよ。

お金がないときの対処法ランキング2位:クレジットカードを活用する

クレジットカード 男性

お金がないときの対処方法ランキング2位は、クレジットカードを活用することです。

今や生活必需品となりつつあるクレジットカードですが、お金がないときの強い味方でもあります。

使っていないクレジットカードがある人は、探しておきましょう。

クレジットカードを使えば請求は翌月になる

クレジットカードを使うメリットとしては、請求が翌月になるという点です。

つまり実際にお金を払うまでにタイムラグが生じるので、その間にお金を貯めて請求時まとめて払うことが可能になります。

現代ではクレジットカードが使えるお店が増えてきています。

食料品など日常で使わなければならないものも、LOHACOやAmazonなどのサイトであればクレジットカードで購入可能。

水道・電気・ガスといった公共料金や、携帯電話代やインターネット代金もクレジットカードで支払い可能です。

日常的な出費の中でクレジットカードが使えないのは、家賃くらいではないでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠があるのであれば、請求日を調整することでお金がない期間が乗り切れますよ。

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高め

またクレジットカードには、キャッシング枠というものが設定されています。

キャッシングはカードローンなどと同じように、ATMに入れて設定すると現金が出てきます。

しかしクレジットカードのキャッシング枠は、最後の手段として残しておくことをオススメします。

理由としては、クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いこと。

金利が高いとその場ではいいかもしれませんが、後々多くの出費が強いられてしまいます。

そのためクレジットカードのキャッシング枠を使うのであれば、初回無利息のカードローンを使った方がいいでしょう。

どうしても現金が必要であればクレジットカードのキャッシング枠もありですが、その前に使える手段があるのであれば、そちらを使った方がオススメです。

お金がないときの対処法ランキング3位:生活福祉資金貸付制度を利用する

お金がないときの対処方法ランキング3位は、生活福祉資金貸付制度を利用することです。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得の人などを援助するために、厚生労働省が管轄している制度。

収入が低い、障害があるなどの理由でカードローンが使えない人を対象として、お金を貸してくれる仕組みです。

この仕組みはあまり知られていないのですが、とても便利なのでお金がないときに活用することをオススメします。

連帯保証人なしでもお金が借りられる

生活福祉資金貸付制度には、いくつかの種類があり中には連帯保証人なしで利用できるものもあります。

たとえば1番よく使われる総合資金援助では

  • 生活を再建するまでに必要な生活費(生活支援費)
  • 住宅の賃貸契約(敷金や礼金などの初期費用)のための費用(住宅入居費)
  • 滞納している公共料金の建替費用、就職に必要な技能取得のための費用(一時生活再建費)

が融資の対象になっています。

生活福祉資金貸付制度を利用するためには理由が必要ですが、これらの理由に当てはまっているのであれば、生活福祉資金貸付制度を利用する価値は十分にあります。

その理由は生活福祉資金貸付制度の金利の安さ。

厚生労働省管轄の融資制度ということもあり、カードローン会社とは比べ物にならないくらいの低金利を実現しています。

先ほど紹介した総合資金援助であれば、連帯保証人ありの場合無利子、連帯保証人なしでも年1.5%で最長10年の融資を受けることが可能。

カードローン会社ではありえないくらいの低金利なので、お金を借りるのであれば活用したい制度ですね。

まずは社会福祉協議会に相談してみる

低金利でお金を借りることができる生活福祉資金貸付制度ですが、その人が借りられるかどうかは各都道府県の社会福祉協議会の審査に通過しなければなりません。

生活福祉資金貸付制度は低所得向けのサービスですが、いくらから低所得になるのかは各社会福祉協議会の判断に任されているようです。

社会福祉協議会は各都道府県の県庁所在地にありますので、まずは相談してみるといいでしょう。

上手く活用できればお金がない時期をしのげますので、かなり楽になりますよ。

お金がないときの対処法ランキング4位:日払いアルバイトをする

お金がないときの対処方法ランキング4位は、日払いアルバイトをすることです。

お金がないのであれば、働いてお金をかせごうというとてもシンプルな方法。

日払いアルバイトであれば、未経験者でもできる仕事がたくさんありますし、すぐにお金が手に入ります。

とてもシンプルな方法ではありますが、すぐにお金が稼げる点ではいい方法ですよ。

日払いと日雇いアルバイトの違い

日払いアルバイトを見つけるときに注意するポイントとしては、日払いと日雇いの違いをしっかり覚えておくことです。

  • 日払い・・・給料にかかわる言葉
  • 日雇い・・・雇用期間に関わる言葉

という違いがあります。

日雇いや雇用期間に関わる言葉なので、給料が払われるタイミングは会社によって異なります。

雇用主によってその日にお金がもらえる会社もありますし、一週間後になる会社もあります。

一方日払いは給料に関わる言葉で、1日単位で給料がもらえる仕事のことを表しています。

働いたらその場で現金でもらえる、翌日には銀行口座に振り込まれているというのが日払いアルバイト。

そのためすぐにお金が必要な場合は、日雇いでなく日払いのアルバイトを選択しましょう。

この2つの違いを理解していないと、すぐにお金が必要な人は大変ですよ。

日払いアルバイトの見つけ方

日払いアルバイトはさまざまなアルバイトサイトで見つかります。

その中でもおすすめのサイトは

の3つ。

ショットワークスとシフトワークスは、短い期間で働く人に向けたサイトなので、日払いアルバイトの求人数が豊富。

さまざまな案件があるので、自分ができそうなアルバイトが選べます。

マッハバイトは元々ジョブセンスという名前で運営していたサイトで、お祝い金があることで有名。

マッハバイトの求人には5,000円~10,000円の採用祝い金が設定されていて、無事アルバイトに採用されたら採用祝い金がもらえるという仕組みです。

もちろん給料は通常通りもらえるので、プラスアルファで採用祝い金がもらえるというのはかなり嬉しいですね。

ショットワークスやシフトワークスに比べるとアルバイトの数は少ないですが、採用祝い金がもらえるマッハバイトはぜひ活用したいですね。

お金がないときの対処法ランキング5位:生活保護を検討する

お金がないときの対処方法ランキング5位は、生活保護を検討することです。

生活保護は資産や能力を使っても生活に困窮する人に対して、生活の援助をする仕組み。

体調が悪くて就職が困難、家庭の事情で働けないといった人でお金がないのであれば、生活保護を検討することも1つの方法ですよ。

生活保護を受けるための条件

生活保護を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 預貯金・生活に利用されていない土地・不動産がないこと
  • 働くことができないこと
  • 年金や手当が受けられないこと
  • 族から支援が受けられないこと

これらの条件を満たしたうえで、厚生労働大臣が定める最低生活費を上回る収入が得られない人が、生活保護を受ける対象となります。

厚生労働大臣が定める最低生活費は、住んでいる地域、世帯人数、年齢、子供の有無によって価格が代わってきます。

計算はかなり複雑なのですが、家賃・光熱費に加えて最低限の食費などをプラスした金額が目安ですね。

そのため収入10万円以下であれば、要件を満たすことがほとんどですね。

生活保護が受けられるかどうかは、住んでいる地域の福祉事務所で相談にのってくれますので、生活保護を検討している人は一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

生活保護で支給される金額

生活保護が適用された場合、支給される金額はその人によって異なります。

生活保護で支給される金額は、先ほど紹介した厚生労働大臣が定める最低生活費と同額。

たとえば東京で1人暮らしをしている場合、12~13万円になります。

これに子供がいたら支給額は増えますし、住んでいる地域が田舎であれば支給額は下がります。

生活保護はあくまで働けない人のためのセーフティーネットですので、最低限の生活費用しか支給されません。

働けるのであれば働いた方が収入は増えますので、働いて稼ぐことを目標にして、それでも無理であれば、生活保護の利用を検討しましょう。

お金がないときの対処法ランキング6位:家族にお金を借りる

お金がないときの対処方法ランキング6位は、家族にお金を借りることです。

お金がないときにお金を借りるということは、とてもシンプルな方法です。

しかし借りる人や言い方を間違えると、信頼がなくなってしまうという諸刃の剣でもあります。

そのため借りる人はしっかりと見極めた方がいいでしょう。

友人にお金を借りる事はオススメしない

お金を借りるという発想になったとき、家族には話しにくいから友達から借りようと思う人もいると思います。

結論から伝えると、友人からお金を借りる事はオススメしません。

絶対に返済できる自信があっても、お金を貸してほしいという相談は相手にどういうリアクションがとられるかわかりません。

人によってはそれだけで拒絶反応を起こして、友人関係がギクシャクしてしまう可能性もあります。

また返済が遅れてしまった場合、友人関係にひびが入ってしまう可能性はかなり高いです。

筆者の体験談なのですが、私は過去にお金がどうしても足りなくなって友人を頼ったことがあります。

友人は私を信頼してこころよくお金を貸してくれたのですが、私の返済が遅れてしまいかなり迷惑をかけてしまいました。

その結果私からかなり連絡しにくくなり、友人から連絡がくることもなくなりました。

どれだけ信頼している友人でも、お金は人間関係を壊してしまう可能性が十分にあります。

友人からお金を借りる場合は、その覚悟の上でするようにしましょう。

最後に頼れるのは家族

家族にお金のことは話しにくいという人も多いと思いますが、最後に頼れるのは家族です。

どれだけ仲のいい友人でも、厳しいことを言ってしまえば他人。

裏切られることもありますし、信頼関係が崩れるのも一瞬です。

家族であれば信頼関係を超えた存在なので、最後に頼れるのは家族という結論になります。

どうしてもお金を借りなくてはならないのであれば、家族から借りることをオススメします。

お金がないときの対処法ランキング7位:不用品を売却する

お金がないときの対処方法ランキング7位は、不用品を売却することです。

不用品を売却することでお金を得る方法は昔からありますが、とても有効な手段でもあります。

買い取ってくれる業者や、インターネットサイトもたくさんありますので、もっとも利率よく買い取ってくれる業者はしっかり探しましょう。

売る先によって買い取り価格はかなり違いますよ。

すぐにお金がほしい場合は売る先を選ぼう

不用品を売るときには、どこで売るのかがとても重要。

とくにすぐにお金がほしい場合、売る先選びはとても重要になります。

たとえば不用品販売アプリとして有名なメルカリですが、メルカリのシステムは毎週月曜日が締切日となり、その週の金曜日に入金がおこなわれます。

つまり火曜日に商品を売ったとしたら、翌週の月曜日が締切日になるので、手元にお金が入金されるのは翌週の金曜日。

つまり実際に商品が売れてから入金まで、10日以上のタイムラグがあります。

メルカリはフリーマーケット形式なので、いつ売れるのかはわかりません。

その状態でタイムラグがあるということは、すぐにお金がほしい人にとってはかなりのデメリットになります。

また出金時も出金額が10,000円以下の場合、210円の手数料がかかります。

こういったところでも無駄な出費になる可能性がありますので、すぐにお金がほしい場合は売る先を選ぶことがとても大切ですね。

オススメはヤフオク!

それでは不用品を売るときは、どこで売るのがいいのでしょうか。

私がオススメするのは、ヤフオク!です。

ヤフオク!は落札までの期間を決められますし、入金方法に銀行振込を選べます。

落札者から銀行振込で入金してもらえば、スムーズに取引が進むと数日で自分の手元にお金がきます。

リサイクルショップの店舗で売るという方法もありますが、リアル店舗の場合販売額が安くなる傾向にあります。

どうしてもすぐお金が必要だという場合リアル店舗は便利ですが、買い取り金額が下がってしまう点はどうしてもデメリット。

買い取り金額と自分の手元までお金がくる時間のバランスがとれているのが、ヤフオク!ではないでしょうか。

お金がないときの対処法ランキング8位:治験のアルバイトをする

お金がないときの対処方法ランキング8位は、治験のアルバイトをすることです。

治験とは病院からの依頼で、新薬の検査を手伝うこと。

新しい薬が世の中に出るためには、その薬のデータが必要なのですが、治験では本当に薬が効くかどうか身体を張って確かめるということですね。

これだけ聞くと怪しいアルバイトだと思うかもしれませんが、日本でおこなわれている治験のアルバイトはかなり安全です。

日本の治験アルバイトは他国で治験済み、店頭に並ぶ直前の最終試験など、さまざまな実験を繰り返されて、最終段階としておこなわれることがほとんど。

決して怪しい薬を飲まされる危険な仕事ということではありません。

高額案件が並ぶ治験アルバイト

「治験 アルバイト」
と検索するとさまざまな案件がでてきますが、中にはかなり高額なものもあります。

たとえば2週間ほど入院して30万以上の報酬になる案件もありますし、数日の通院で3万円の報酬が受け取れるものもあります。

治験で入院している間は食事も出ますし、時間もかなりあるので自分の自由なことができます。

入院中はパソコンを持ち込むこともできるようなので、入院中にのちほど紹介する自己アフィリエイトやモニター案件に申し込みをすることも可能。

高額な案件ほど競争は激しいので必ず申し込みに通るということではありませんが、入院して薬を飲むだけでお金が稼げるというのはかなり魅力的ですよね。

即金性はないがまとまった金額が稼げる

治験のアルバイトで少し残念なポイントとしては、高額な案件になると即金性に欠けることです。

報酬が数万円の場合、その場で現金手渡しの場合も多いのですが、高額な案件の場合1か月後に銀行振込などの形で受け取ることが多いです。

入院している期間も含めると1か月後というのはかなり遅く感じてしまうかもしれませんね。

どのタイミングで報酬が受け取れるかは案件によって異なりますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

お金がないときの対処法ランキング9位:自己アフィリエイトをする

お金がないときの対処方法ランキング9位は、自己アフィリエイトをすることです。

インターネットを通じて商品を販売し、キャッシュバックを得ることをアフィリエイトと言います。

アフィリエイトは月数百万円稼ぐ人もいるのですが、知識がかなり必要です。

一方自己アフィリエイトはインターネットの知識などがなくても取り組めるので、リスクの低い方法としてオススメしています。

はたして自己アフィリエイトとは、どのようなものなのでしょうか。

保険相談やクレジットカード作成でお金がもらえる

自己アフィリエイトとは、アフィリエイトの案件を自分でこなすことで、報酬を得るという仕組み。

A8ネットやバリューコマースといったサイトは大手アフィリエイトサイトなのですが、そういったサイトにアクセスすると自己アフィリエイトという項目があります。

自己アフィリエイトは自分でブログを作らなくても実行できるので、手軽にできる点が大きなメリット。

自己アフィリエイトにはさまざまな案件がありますが、保険相談やクレジットカード作成は報酬も高めです。

クレジットカード作成で1万円など、さまざまな案件がありますので自分ができそうな案件を探してやってみましょう。

ちなみに保険の相談などは、申し込みの意思があることが大前提です。

申し込みをする気がないのに、報酬目的で相談に行くことはしてはいけませんので注意しましょう。

欠点としては、報酬を受け取るまで時間がかかること。

案件を実行してから翌々月振り込みといったアフィリエイトサイトが多いので、すぐにお金がほしい人にはオススメできません。

手軽でのちのち報酬がほしいという人には、オススメの方法です。

アフィリエイトサイトによっても用意している案件が異なりますので、いろいろなサイトを確認してみることをオススメします。

アンケートでコツコツ稼ぐ方法もある

また自己アフィリエイトの案件の中には、アンケートに答えるものもあります。

マクロミルなどはアンケートがメインのサイトで、アンケートに答えるだけで数十円から数百円の報酬が得られます。

時間はかかりますが、コツコツ稼ぐのであればアンケートに答えるというのも一つの方法ですね。

お金がないときの対処法ランキング10位:モニター案件に参加する

お金がないときの対処方法ランキング10位は、モニター案件に参加することです。

「モニター アルバイト」と検索すると、さまざまな案件がでてきます。

モニター案件とは、指定されたお店に行って商品を購入したり、サービスを受けたりするというもの。

ミステリーショッパーという言い方もしますね。

特別なスキルも必要ないですし、隙間時間でできることから隠れた人気のあるアルバイトです。

座談会などに参加してお金を稼ぐ

モニター案件にはさまざまな案件があるのですが、比較的楽にお金が稼げることから人気があります。

アルバイトに合格するためにハードルがあるのですが、申し込みに通ればかなり楽にお金が入ります。

個人的にオススメなのは、マクロミルなどのアンケートサイトで募集している座談会や試食会の案件。

会場に出向いて話をしたり、食事をしたりすることで企業のモニターとなる案件ですが、1時間で4,000円など割のいい案件が多いです。

特別なスキルは必要ありませんので、割がいい仕事としてオススメですよ。

即金でもらえることが大きなメリット

座談会や試食会の案件をオススメする理由としては、割がいいこともそうなのですが、その場でお金がもらえる点です。

こういった案件の場合、その場で現金をもらえることが多いので、お金がないときにはかなり助かります。

案件の数自体はあまり多くありませんが、見つけたら積極的に応募していきたいですね。

お金は大切にしよう

ここまでお金がないときの対処方法ランキングを紹介してきました。

ここまでの内容をまとめると

  • 初回無利息のカードローンは使い方によってはかなり便利
  • クレジットカードを上手く活用すると支払いが伸ばせる
  • 生活福祉資金貸付制度や生活保護といった国の制度を上手く活用する
  • 日払いアルバイト・治験アルバイト・自己アフィリエイトなどさまざまな案件がある
  • お金を借りるのであれば家族からがオススメ

といった内容ですね。

アルバイトの案件もたくさん紹介させていただきましたが、どれも特別なスキルは必要ないものなので、誰でも気軽にできます。

ただこれらの対処方法は、お金がなくなったときの緊急の対策です。

大前提としては、お金がない状態にしないことが大切です。

そのため普段からお金がなくならないように行動することがとても大切。

お金を節約する方法としては

  • 格安SIMと契約して携帯電話代を減らす
  • クレジットカードのポイントを活用する
  • 外食を減らす
  • インターネットバンクを使って銀行手数料を減らす

といった方法があります。

普段からお金を貯めることを意識すれば、お金がなくなることもなくなります。

普段からお金に対して意識をもって、お金がなくならないようにしましょう。