ヤミ金の悪質な押し貸し手口!押し貸しの被害に合わないためには

公開日:

全く心当たりのないお金がいつの間にか銀行口座に振り込まれている…。

もしかしたらそれは闇金の「押し貸し」かもしれません!

こうした犯罪は対応を誤ると、ずるずると巻き込まれて抜け出せなくなってしまうこともあります。

「押し貸し」の手口や対処法、予防法について解説します。

必見です!

身に覚えのないお金が入金された!押し貸しっていったいなに?

通帳記帳をしてみたら、見知らぬ相手から心当たりのないお金が銀行口座に入金されていることに気がついた…
押し貸しは突然の入金から始まります。

押し貸しとは?

押し貸しとは、闇金業者がお金を借りるという契約もしていないのに勝手に業者が自分の口座にお金を振り込んでくることをいいます。

無理やりお金を入金しておいて高額な利息とともに返済をするよう迫ってくるのが押し貸しの手口です。

この入金は何だろうと不思議に思っているうちに取り立ての連絡が入りますが、取り立てに応じないでいると、今度は嫌がらせの電話やさらに過酷な取り立てが始まります。

押し貸し被害にあうと…

もともとお金を借りた覚えがないのなら、押し貸しされても毅然として返済なんかしなければいいんじゃないの?と思うでしょう。

しかし、法律に詳しくない人や気の弱い人だと押し貸しされて強い調子で責められると、いわれるとおりに返済しさえすればこの嫌がらせがおさまるのではないかと振り込んでしまうのですね。

押し貸しで振り込まれる金額は数千円~数万円とそれほど大きくないのですが、これも闇金業者の計算です。

「これくらいの金額で済むなら、とりあえず払ってしまおう」と被害者に思わせる金額。

しかし、嫌がらせに負けて一度でも返済してしまったら本当の地獄が始まってしまいます。

押し貸しの原因は?押し貸しの被害にあいやすい人とは?

勝手に入金をしてくる押し貸しですが、口座番号を知らなければ入金はできないはずですよね。

ということは、何らかの原因で口座の情報が違法業者に漏れているとも考えられますが…。

押し貸しの原因にはどのようなものがあるのでしょうか

闇金を利用したことがある人・闇金に近づいたことがある人

闇金を利用したことがある人は特に注意しなければなりません。

闇金などの違法業者は同業者同士のネットワークを持っていて、お互い闇金利用経験者の情報を売買しあっています。

闇金利用経験者の個人情報が闇金業界に流通してしまっているのですね。

闇金を利用していて完済したはずだったのに、今度は押し貸しの被害にあってしまったというパターンは非常によく見られます。

押し貸し業者は、振込をしてくる前に携帯電話などに連絡をしてくることもあります。

これは、

  • 闇金を利用していた人物本人か(闇金利用経験者ならダマしやすい)
  • 闇金を利用していた頃の携帯番号をそのまま利用しているか
  • 押し貸しに使おうとしている口座がまだ解約されていないか

などを押し貸し業者側が確認するためともいわれています。

知らない携帯番号から怪しい電話があった場合は注意が必要です。

悪徳商法などの被害にあったことがある人

訪問販売や悪徳商法などに引っかかったことがあるという人も要注意です。

その時に提出した個人情報が、違法業者や闇金業者に流出している可能性があるからです。

悪徳商法の被害者リストが、いってみれば同業者である闇金業者や違法金融業者に横流しされているケースは珍しくありません。

訪問販売や悪徳商法に引っ掛かったことがある人は、闇金業者から見れば「ダマしやすい人」ですから、充分な注意が必要です。

ネットオークションなどの利用で押し貸し被害にあうケースも…

ネットでの取引の際には、個人情報の取り扱いに充分注意しなければなりません。

最近では、ネットオークションなどを利用して押し貸しのための口座情報を入手する業者もいます。

インターネットを通じた取引では、見ず知らずの相手に銀行口座の情報を伝えます。

相手が最初から押し貸しをするための口座情報を入手する目的でオークションを利用していれば、押し貸しのターゲットになってしまう可能性があります。

ネットで見ず知らずの人と取引をする場合には、安易に個人情報を漏らさないことです。

いつ解約してもいいネット取引専用の口座を別に用意して、そちらを利用するようにしましょう。

押し貸し被害にあった時はこう対処しよう!

もし、心当たりのない入金があったらどう対応すればよいのでしょうか?

銀行に確認をとる

身に覚えのない入金があった場合は、すぐに銀行に問い合わせをして振込人に連絡を取ってもらうようにしましょう。

もしかしたら、押し貸しではなくただの誤入金の可能性もあります。

ただの振込間違いであれば組み戻し手続きをして、振込み人にお金を返してもらいます。

しかし、これが押し貸しだとそう簡単には事が運びません。

銀行にお願いをして、押し貸し業者にお金を返金してもらえばそれが一番良いのですが、返金の手続きは振込み人の了承がなければできないことになっています。

押し貸し業者の目的は、無理矢理お金を押し付けて高額な金利を巻き上げることですから、元金の返金になどカンタンに応じるわけがありません。

そうなると、銀行ではもうそれ以上どうすることもできないでしょう。

押し貸しに使われた銀行口座はどうすればいい?

押し貸しに使われた口座はすぐに解約するのが一番ですが、実際にお金が振り込まれてしまった後では、それもままなりません。

しかし、そのまま口座を利用していればさらに押し貸し業者に悪用されたり、あなた自身が犯罪者に仕立て上げられてしまったりする可能性すらあります。

また、銀行から「犯罪に関わっている怪しい口座」だとみなされてしまったら口座が凍結されてしまうかもしれません。

銀行口座が凍結されてしまうと、もうその銀行では口座を利用することはもちろん、新規開設すらできなくなってしまいます。

こうしたことを防ぐためにも、押し貸し被害にあった場合は、早急に弁護士など法律の専門家に相談すべきです。

過去に闇金を利用した際に使っていた口座を持っていると、こうした犯罪に利用される可能性が高いです。

闇金利用時の口座はできるだけ早めに解約してしまいましょう。

また、闇金利用時に使用していた携帯電話もすぐ解約しておきましょう。

供託制度の利用も検討する

銀行に相談をしても押し貸しをした業者に返金ができない場合は、「供託」制度を利用するのもよいでしょう。

供託とは、お金を返したいのに

  • 相手が受け取りを拒否する
  • 相手が死亡していて受け取ってくれる人がいない
  • 相手が行方不明

などで受け取ってもらえない場合に、法務局が管轄する供託所にお金を預けておくシステムです。

本来、押し貸しの被害にあった場合は、利息だけではなく元金も返済する必要はないのです。

しかし、勝手に振り込まれたお金をそのままにしておくのは気分のよいものではありませんし、業者に返金をしたいと申し出ても、押し貸しとはそうして時間を稼ぐことによって法外な利息を要求するのが目的なのですから返済になど応じてくれません。

お金を返金したいのに受け取らず、一方的な嫌がらせや要求が続く場合には、法務局に供託をしたい旨相談してみることをおすすめします。

警察や弁護士に相談する

押し貸しでは自宅や勤務先に嫌がらせや脅迫の電話が入ることも珍しくありません。

そのような場合には迷わず警察や弁護士に相談しましょう。

警察に相談する

警察は民事事件には介入してくれませんから、嫌がらせの電話が入ったくらいではなかなか対応してくれないのも事実ですが、嫌がらせがエスカレートするようなら躊躇せず警察に相談してください。

警視庁生活経済課に相談するのも一つの方法です。

警視庁生活経済課経済第二係
電話03-3581-4321(代表番号)

弁護士や司法書士に相談する

最も確実なのは、借金問題や闇金問題に強い弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談をすることです。

押し貸し業者は、法律を盾に裁判でも起こされたら、絶対に自分たちに勝ち目がないことをよく知っています。

専門家のアドバイスを受けていると伝えるだけで、連絡を取ってこなくなる押し貸し業者もいるほど効果があります。

実は、押し貸し業者は、脅しに負けずに毅然とした態度をとれる人にはそれ以上アクションを起こすことは少ないです。

絶対に自分の力で解決するという自信がない場合は早めに弁護士など専門家に対応を任せるのがよいでしょう。

押し貸しに被害にあったら無視は禁物!~危険な対処法とは

では逆に、押し貸し被害にあった時にしてはいけないことってあるのでしょうか?

お金を勝手に使ってしまわない

押し貸し業者が入金してきたお金は勝手におろしてはいけません。

お金を下ろしたことを押し貸し業者に知られたら、それこそ相手の思うツボです。

お金を下ろしたことを執拗に責められ、高金利の返済を迫られます。

また、「勝手にお金を下ろしてしまった」いうやましい思いがあると、被害者自身も外部に相談しにくくなってしまいますからね。

悪循環に陥らないためにも、入金されたお金はとりあえずそのままにしておきましょう。

相手にいわれるままお金を支払わない

押し貸し業者は、ただ脅迫まがいの電話連絡をするくらいでは警察がなかなか対応してくれないことをよく知っています。

だからこそしつこく脅しの電話をかけてきます。

あまりしつこく取り立てや嫌がらせの電話が入ると、
「一度だけ。

これくらいの金額を払って相手の気が済むなら」
と、相手のいうまま利息を支払ってしまいそうになりますが、絶対にいけません。

脅しに負けて一度でもいわれるとおりに支払いをしてしまうと、
「脅しさえすれば簡単に払う奴だ」
と思われてさらに大変なことになってしまいます。

脅せばお金を振り込むと思われるのが一番よくありません。

脅しに負ければ取り立てはどんどんエスカレートします。

相手の言いなりになって利息まで払ってしまうようなことはだけは絶対に避けてください。

そのまま放置して無視するのはNG

押し貸しで勝手に入金されたお金は、利子はもちろん、本来なら元本も返済する必要はありません。

しかし、返済する必要がないからといって押し貸し業者からの連絡を無視していると、家族や勤務先に嫌がらせの電話が入るようになります。

自分一人だけならば無視をしていれば済みますが、押し貸し業者は家族や勤務先の人に対しても大声でわめいて暴言を吐きますので、全く関係がない人にも恐ろしい思いをさせることになり、大きな迷惑がかかってしまうのです。

押し貸しに合わないための予防策

押し貸し被害にあわないための予防策をご紹介します。

怪しい金融機関には近寄らない

とにかく、怪しい貸金業者には普段から絶対に近寄らないようにすること。

この一言に尽きます。

闇金は、ただ違法な金利で融資を行うだけの業者ではなく犯罪集団です。

さまざまな手口を使う闇金業者と裏でつながっているので、一度利でも闇金を利用すると格好のターゲットになって次々に業者に狙われてしまいます。

業者からお金を借りるときは、できるだけ名前の知れた大手消費者金融などを利用するのが安心です。

やむを得ず小規模の貸金業者を利用する場合は、必ず正規の貸金業者であることを確認して利用しましょう。

正規の貸金業者なら、国や都道府県に必ず届け出をしています。

金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」などで検索すれば、利用しようとしている貸金業者が正規の貸金業者かすぐに分かりますよ。

普段から通帳記帳をこまめにする

預金通帳の記帳は普段からこまめに記帳する習慣をつけておきましょう。

普段から記帳する習慣をつけていれば、心当たりのない入金があればすぐに気がつくはずです。

不審な入金にすぐに気づくことができれば、冷静に対応できますよね。

押し貸しの場合、入金してから数日経ってから連絡をしてくることが多いです。

その前に入金に気づくことができれば銀行・警察・弁護士など各方面に連絡、相談できます。

おわりに

押し貸し業者は身体的な危害を加えてくることはありませんが、脅しや嫌がらせの電話が連日のように続けば精神的に参ってしまいます。

しかし、そこで根負けして相手のいいなりになってしまったら、どこまでもむしり取られてしまいます。

押し貸しの被害者は、何も悪いことはしていないわけですから、相手の脅しに屈することはありません。