審査クリア後も要注意!クレジットカードの途上与信とは?

公開日:

クレジットカード 男性

審査クリア後も要注意!クレジットカードの途上与信とは?

クレジットカードやカードローンは一度審査に通ってしまえばそれでおしまいだと思っていませんか?

審査にクリアした後も、「途上与信」は定期的に行われていますから、そのような油断は禁物です!

「途上与信」って何?というあなたはこの記事を読んでみてくださいね。

クレジットカードの途上与信って何?

  • クレジットカードのキャッシングの限度額がいつのまにかうんと減額されていた
  • 特に思い当たる節もないのに突然クレジットカードが利用できなくなってしまった

などということを経験したことはありませんか?
もしかすると原因は「途上与信」かもしれませんよ。

途上与信とは?

審査が行われるのは申し込みをしたときだけではありません。

クレジットカードを利用している途中でもクレジットカード会社は定期的に利用者の審査を行っています。

この定期的な審査のことを途上与信といいます。

途上与信では何を調べられるのか

途上与信では、利用者の借入状況が申し込み時からどの程度変化しているかを確認しています。

例えば、ある利用者について、申し込み時は他社からの借り入れがなかったのに、改めて確認したら他社からも借り入れをしていたり、借りる金額も随分増えていたりしたとしましょう。

利用者が返済能力以上に借り入れをしていることがわかると、クレジットカード会社は、利用者が返済を確実に行うかどうか、また借り入れ状況がどのように変化していくかについて当然注目します。

何度も滞納している、借入金額が大幅に増えているという状況が判明すれば、カード会社としてはこれ以上利用者と契約をし続けるのが心配になってしまいますよね。

利用者に対する不安材料がさらに増えてこれば、リスクを回避するために利用枠を縮小することもありますし、カード自体を利用できないようにしてしまう場合もあるのです。

クレジットカード会社はCICやJICCの信用情報で与信管理している

  • 他社からの借り入れ件数は増えていないか
  • 他社からの借り入れはしっかり返済しているか
  • 他社からの借入金額が増えすぎていないか

途上与信ではこのような事を調べますが、これらは CIC、JICCなどの個人信用情報機関に照会をしなければ調べることができません。

ほとんどのクレジットカード会社は CIC に加盟していますし、また、同時に JICC にも加盟しているケースが多いです。

クレジットカード会社は、利用者の与信管理については、主にこの2つの信用情報機関を利用して行っています。

途上与信の頻度は金融機関やカードの利用状況によって異なる

途上与信の頻度には何か決まった基準などがあるのでしょうか?

また、どのくらいの頻度で途上与信は行われているのでしょうか?

途上与信は2種類ある~途上与信と法定途上与信

実は、途上与信には

  • 途上与信…各クレジットカード会社やカードローン会社の通常の途上与信
  • 法定途上与信…貸金業法で定められている法定途上与信

の2種類があります。

通常の途上与信は各金融機関が自社の基準に従って行なっていますが、もう一方の法定途上与信は、借入残高が一定以上になった場合に必ず行うよう貸金業法で義務付けられている途上与信だという違いがあります。

各カード会社個別の途上与信

途上与信は、クレジットカード会社によって行われるタイミングや基準などがまちまちなので、どういう状況になった場合に途上与信が行われるかは一概にはいえません。

途上与信はもともとそれほど頻繁に行われるものでもありませんが、 借り入れ金額が急に大きくなったり、キャッシングの利用頻度が急に高くなったりした場合には、途上与信が頻繁に行われる傾向にあります。

借入金額やキャッシングの利用頻度が急に多くなったとしても、それが一時的なもので特に返済に問題がないのであれば、途上与信が頻繁に行われたとしても特に不利益はありませんから、心配することはありません。

また、クレジットカードの更新時には、ほぼ確実に途上与信が行われていると考えてください。

多少滞納していてもクレジットカードが使えたから 問題ないだろうと思っていると、ある日突然クレジットカードの更新時の途上与信に引っかかり、カード更新をしてもらえない場合もあります。

貸金業法によって定められている法定途上与信

一方の法定途上与信の場合はどうなのでしょうか?

法定途上与信をしなければいけないケースとは

クレジットカードやカードローンのように、限度額を決めてその範囲で自由に何度も借り入れできる契約方式を包括契約といいます。

包括契約の場合は、利用者の借入状況が一定の状況になったら審査を行わなければならないと義務付けられています。

それが法定途上与信です。

利用者の借入残高が10万円以上になった場合には、3ヶ月に1度途上与信を行わなければなりません

また、

  • 1ヶ月の借入の合計額が5万円以上
  • 借入残高の合計が10万円以上

の場合は毎月途上与信を行うことが義務付けられています。

法定途上与信の具体例

「そういえば先月は付き合いが多くて、何回かキャッシングしてしまった」
「もうすくボーナスだけど、お金が足りないからとりあえずまとまった金額をキャッシングで引き出しておこう」

などということがあった場合には、法定途上与信が行われるものと思ってほぼ間違いはないでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する場合には総量規制が適用されます。

途上与信の結果、総量規制をオーバーしていることが判明したらもうそれ以上キャッシングはできなくなってしまいますので、気をつけなければなりません。

審査内容については途上与信と同じで、借入残高や借入の頻度が多くなれば途上与信の頻度も高くなる点も通常の途上与信と変わりありません。

途上与信でクレジットカードの召し上げも?

途上与信の結果によっては、クレジットカードを召し上げられてしまうことがあります。

他社への返済が滞っている場合

他社で延滞してしまったけれども、こっちのクレジットカードではきちんと返済をしているから大丈夫だろうなんて思っていませんか?

他社で延滞すれば、その情報は信用情報に記録されます。

クレジットカード会社は定期的に途上与信を行なっているので、他社で延滞をしたことはすぐにバレてしまいます。

滞納や延滞があると信用が著しく低下しますので、それに気がついた別のクレジットカード会社が貸し倒れリスクを恐れてカードを利用停止にする可能性は充分にあるでしょう。

延滞をしてしまうと新しいクレジットカードを作れなくなるだけではなく、現在利用しているクレジットカードまで利用できなくなってしまうのですね。

他社からの借入が大幅に増えた場合

途上与信を行った結果、他社からの借入が大幅に増えていることが判明すると、カードが召し上げられてしまうことがあります。

他社からの借り入れが増えれば、返済能力は低下します。

返済能力が低下している状態でこれまで通りの枠を利用者に提供し続けるのは、クレジットカードにとってリスクでしかありません。

そのような場合には、リスクを回避するために減額やカードの召し上げを行います。

信用情報には途上与信の記録が記載されている!

信用情報機関で開示した信用情報には、クレジットカード会社が途上与信をした記録も登録されます。

どのクレジットカード会社が自分の情報を確認したのかチェックできるのですね。

【CICの場合】
情報は、

  • クレジット情報
  • 申し込み情報
  • 利用記録

の3つに分かれています。

そのうちの「利用記録」に金融機関の照会情報が記録されています。

CIC では金融機関が途上与信をした日から6ヶ月間照会情報が記録されるので、その間にどの金融機関がどのくらいの頻度で途上与信を行っているかも分かるのです。

【JICCの場合】
JICCの開示書は、

  • ファイルD
  • ファイルM
  • 照会記録開示書

の3種類あります。

このうちの「照会記録開示書」に金融機関の照会記録が記されており、金融機関が途上与信を行うと、「途上管理照会」と記入されます。

JICCも照会情報は6ヶ月間記録されますので、CIC同様、その間に照会をした金融機関をチェックできます。

途上与信でクレカ利用が難しいならカードローンがおすすめ!

「どうも途上与信で引っかかったようで急にクレジットカードが使えなくなってしまった」

こうなったら、もうしばらくはクレジットカードを使うことは難しいと考える方がよいでしょう。

いったん途上与信で決定したことは容易にはひっくり返らないからです。

しかし、クレジットカードが利用できないとしたら、どうすればいいでしょうか?

クレジットカードの審査の難易度は高い

カードローンには貸金業法が適用されています。

一方、クレジットカードは貸金業法と割賦販売法二つの法律が適用されています。

カードローン審査とは異なり、クレジットカードの審査では二つの法律両方の規制に適合するようにしなければならないため、どうしてもカードローンよりも審査基準が厳しくなってしまうのです。

ですから、これまでのクレジットカードが利用できなくなってしまったからとりあえず新規でクレジットカード審査に申し込みをしたとしても、審査に通過するのは難しいでしょう。

審査が柔軟なのは消費者金融カードローン

カードローン審査のほうがクレジットカード審査と比べて対応が柔軟です。

消費者金融なら、幅広い属性の人を対象にしているのでより審査に通過しやすいでしょう。

しかも審査のスピードも速く、借入方法や返済方法が豊富で利便性も高いといったメリットがあります。

  • クレジットカードが使えなくて買い物ができない
  • クレジットカードでキャッシングをしたいのに

という場合は、消費者金融カードローンの利用をおすすめめします。

「消費者金融の審査に落ちた…」審査に落ちた理由は?どこの審査が甘い?

おわりに

途上与信に引っかからないためには、やはり普段からカードの使い方に気をつけるのが一番です。

クレジットカードは利用停止処分になってしまうと 、数ヶ月もの間使用できなくなってしまうこともあります。

肝心な時にキャッシングが利用できなくなることがないよう、日ごろからクレジットカードの適正な利用を心がけましょう。