オリックス銀行カードローンの審査は甘い?口コミもチェック

公開日:


ネットバンクのカードローンは、ネットサービスで借りやすいなど、他の銀行カードローンとは違った使いやすさがあるのはご存知の通り。

WEB手続きのみで申込から借り入れまで行うことができるのは、忙しい現代人にとってうれしいポイントです。

そんな借りやすくて人気のネットバンクのカードローンの中でも、借りやすくて人気を集めるカードローンが「オリックス銀行カードローン」です。

オリックス銀行カードローンが人気の秘訣はやはりテレビCMまで放送しているという「知名度の高さ」が一つ挙げられるでしょう。

そんな、多くの支持を集めるオリックス銀行カードローンを利用を考えた時気になるのが「オリックス銀行カードローンの審査基準」です。

果たして、オリックス銀行カードローンの審査は甘いのか?

どんな人がオリックス銀行カードローンの審査に通って、どんな人が審査に落ちるのか?

オリックス銀行カードローンの審査について、詳しく調べていきましょう。

オリックス銀行カードローン基本情報

オリックス銀行カードローン

金利 1.7~17.8%
限度額 最高800万円
審査 即日審査
融資 公式サイト参照

下限金利が低い、借り換えにも最適な銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの設定でまず目を引くのが「金利設定」です。

1.7~17.8%という金利設定。

この低い下限金利1.7%という設定は、全カードローンをみてもかなり低い設定です。

設定される金利は、借入可能限度額が高くなるほど低くなります。

オリックス銀行カードローンを使って高額借り入れを行う予定の方。

また、高限度額が設定されるほど返済能力が高い方に、オリックス銀行カードローンはおすすめです。

オリックス銀行カードローンをおまとめローンとして利用する、また他の借り入れからの借り換えを考える方なんかにおすすめです。

おまとめローン審査に通るコツとおすすめのおまとめローン

審査で決まる限度額と金利設定

限度額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8%

魅力的な「1.7%」という低金利でオリックス銀行カードローンを利用するには、700万円以上800万円以下というかなり高額限度額で借り入れる必要があります。

しかし、100万円以下の借り入れを行っても、12%で借り入れることができる場合もあります。

消費者金融のカードローンで借り入れるより、低い金利で借り入れる可能性がある、金利面で優秀な銀行カードローンです。

オリックス銀行カードローンの審査でみられるのはこんな情報

さて、オリックス銀行カードローンの審査について考えていきましょう。

そもそもオリックス銀行カードローンは、申し込んだ人のどんな情報を審査しているのか。

審査の甘さ、厳しさの前に、審査されるポイントを知っておきましょう。

収入、勤務先、居住形態などの「属性」

まずオリックス銀行カードローンへ申し込むと、申し込んだ人の「収入」「勤務先」「居住地」など、生活のあらゆる情報が審査されます。

この生活にまつわる情報を総括して「属性」と呼ばれます。

属性は、一つ一つの情報がスコアに直されて、スコアの合計値で審査されます。

高額な収入ほど高スコア。大企業で働いている人ほど高スコアとなります。

より、余裕ある生活をシている人ほど、属性の審査で有利だということです。

過去のキャッシング歴、現在の借り入れ状況など「信用情報」

信用情報の審査は重要です。

信用情報とは、信用情報機関という専門機関に記録される、個人が金融にかかわったあらゆる情報。

信用情報に過去利用したキャッシングの申し込み記録、返済記録、クレジットカードの利用記録などあらゆる情報が集められます。

信用情報に、過去の返済遅延や債務整理など、「金融事故記録」が残っていた時点で審査に大きくマイナスです。

オリックス銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?

それでは今回の本題、オリックス銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?

という問題について考えていきたいと思います。

銀行カードローンの審査は厳しい

そもそもの問題として、銀行カードローンの審査は、消費者金融カードローンの審査などと比べて基準が厳しいです。

その理由はやはり金利が低いことが大きいでしょう。

金利が低いということは、それだけ請求する利息が少ないということ。

利息が少ないと、キャッシング利用者が貸し倒れた場合、それまでお金を貸し付けていた側は損害が大きいです。利息を多く受け取っていれば、仮に返済不能となった場合も、損害を軽減できるというわけですね。

そして金利が低い銀行カードローンは、確実に長期的な返済を行ってくれそうな「返済能力の高い人」を審査に通すのです。

上限金利が高い=少額借り入れなら審査は甘い?

オリックス銀行カードローンの金利設定ですが、確かに加減金利は1.7%と低いですが、反対に上限金利は17.8%と銀行カードローンの中では高めの設定。

この上限金利は、少額限度額が割り当てられたとき設定されるものです。

このことから、オリックス銀行カードローンは、「少額借り入れには高金利が割り当てられる」ことがわかります。

つまり、少額借り入れを行う場合は、比較的甘い審査で借入可能だということです。

オリックス銀行カードローンの保証会社は「2つある」

オリックス銀行カードローンの審査について考えるとき重要なのが、保証会社についてです。

実は、銀行カードローンの審査を行うのは、それぞれの銀行で設定されている「保証会社」です。

つまり、銀行カードローンの審査について知りたいなら「保証会社」について考えるべきなのです。

オリックス銀行カードローンで指定されている保証会社は、2つ。

  • オリックス・クレジット株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

この、新生フィナンシャル株式会社の審査が、オリックス・クレジット株式会社に比べて甘いです。

年収が低い人などは、この新生フィナンシャル株式会社が保証してくれることも多いです。

オリックス・クレジット株式会社の審査基準を満たさなかったとしても、新生フィナンシャル株式会社の審査に通れば、オリックス銀行カードローンの審査に通るというわけです。

安定した収入、事故が記録されていない信用情報があれば審査に通る

オリックス銀行カードローンの審査基準をまとめると、「極端に甘くないが、厳しいわけではない」と言えそうです。

あまり参考にならない答えかもしれないですが、「安定した収入とクリーンな信用情報」があれば審査に通るという、わりと普通な結論です。

このオリックス銀行カードローンの審査基準で自信が無い方は、もっと審査が甘い消費者金融カードローンの審査を受けてください。

オリックス銀行カードローンの審査に通るのはこんな人

具体的に、オリックス銀行カードローンの審査に通る人の特徴を調べてみましょう。

大企業に働いている正社員

大企業で働いている正社員ならば、かなり高い属性のスコアが期待できます。

大企業の社員ならば、もらっている年収も多くなることが多いです。

そうなると、一等地で住んでいる人も多いでしょうか。

大企業で働いている人は、信用情報によほど問題が無い限り、審査でかなり有利となります。

公務員ならもっと望ましい

企業の勤め人ではなく、もっとカードローン審査に有利となるのが、「公務員」です。

公務員は一番安定している職業なので、審査で求められる条件「安定した収入」の要素でかなり有利です。

公務員の方なら、かなり審査の厳しい銀行カードローンでも、問題なく利用できる場合が多そうです。

勤続年数1年以上

収入が安定しているとみられるには、「長い勤続年数」が必要です。

キャッシング審査する側からすると、勤続年数が長いと「すぐに今の仕事をやめない」と判断するのです。

逆に、勤続年数が短いと、「仕事をすぐやめかねない」と判断されるので、審査に不利というわけです。

最低でも、オリックス銀行カードローンの審査に通るためには、勤続年数が1年以上はほしいです。

過去に返済遅延、債務整理記録がない

オリックス銀行カードローン審査で大切なのが「信用情報」です。

この信用情報にブラックな記録があるかないか、それによってオリックス銀行カードローンの審査に通るか通らないかという結果に大きく作用します。

信用情報がクリーンひとのほうが、当然ですがオリックス銀行カードローンの審査に通りやすくなります。

過去カードローンを利用している記録がある

意外と思われるかもしれませんが、過去カードローンを利用した記録のある方が、カードローン審査で有利です。

ですがこれはあくまで、過去カードローンを利用して、「送れずに返済していた人」です。

返済遅延を起こしていたとしたら、お話になりません。

過去カードローンを利用して、返済遅延を起こしてないとしたら、「今後もカードローンの返済が遅れないだろう」と思われるというわけです。

オリックス銀行カードローン審査の流れ

オリックス銀行カードローンへ申し込み、実際に審査のあとお金を借り入れるまでの流れを調べておきましょう。

オリックス銀行カードローン申し込み

まずは、ホームページからオリックス銀行カードローンへ申込みを行います。

申込みフォームは30項目ほどでしょうか。

PC、スマホからの入力ならそれほど長い時間はとられないはず。

ちなみにこのとき、「ご希望の利用限度額」に入力する金額を少なくすることで、審査通過率が上がります。

仮審査

まず審査に申し込めば、申込情報をもとに属性の審査と、信用情報の審査が行われます。

この審査はコンピューターでシステマチックに行われるので、ほとんど時間が取られません。

仮審査結果通知

仮審査が通れば、登録したメールアドレスに結果が届きます。

当然ですが、この仮審査が通ったという連絡がこないと、その後の審査に進みません。

在籍確認

この段階で、申し込んだ人の電話に在籍確認を行う連絡がきます。

在籍確認の準備をしてください。

カードローン借り入れカード発行・郵送

在籍確認が取れれば、オリックス銀行カードローンのローンカードが発行されます。

ローンカードが送られてきたら、カードの受取を行ってください。

書類提出

カードを受け取る前に、カードローン契約、そして借り入れに必要な書類のデータを送ります。

書類の審査

書類の確認が入ります。

確認が取れないと、カードが手元にあったとしても借り入れを行うことはできません。

カード受け取り後メンバーズナビにログイン・手続き

カードが送られてきたら、そのカードを受け取って、オリックス銀行カードローンの専用ページ「メンバーズナビ」にログインして、振込依頼を出してください。

オリックス銀行口座に振り込まれたお金を引き出すためにも、メンバーズナビへログインして手続きを行う必要があります。

借り入れ

その後も、カードを使った借り入れ、振込依頼を出して振込融資を受けるなど、自由にオリックス銀行カードローンで借り入れを行ってください。

ここまでにかかる時間は、手続きが順調に進めば4.5日といったところでしょうか。

オリックス銀行カードローン審査に通った口コミ

年収350万円・勤続年数2年・正社員

はじめてカードローンへ申し込んだのですが、無事審査に通りました。銀行カードローンと聞くとちょっとハードルが高く感じますが、私の条件でも問題なく審査に通りました。オリックス銀行カードローンを選んだ理由としては、やっぱり消費者金融より銀行カードローンで借りたかったのと、テレビCMの安心感でしょうか。

オリックス銀行カードローン審査に落ちた口コミ

年収250万円・勤続年数2年・派遣社員

審査に落ちました…。やっぱり年収が低いとか、派遣審査だから審査に落ちたのかとばっかり思っていたら、友人曰く、「進行形でカードローン借りすぎ」だそうです。
どうやら収入とかより、キャッシング利用状況とかのほうが大事らしいです。

オリックス銀行カードローンの審査に通るための審査対策

オリックス銀行カードローンの審査に通りやすくするために、審査申し込み前に審査対策を行っておきましょう。

申し込み情報は正確に、嘘をつかない

まず最初にやるべき審査対策が、申し込み情報を正確にすることです。

申込情報で嘘をついて、審査通過率をあげようとする人が多いですが、嘘はすぐ見抜かれます。

正直に、間違いのない情報でオリックス銀行カードローンへ申し込んでください。

希望借入限度額を少なく

希望借入限度額は、少しでも少額な方が審査に通りやすくなります。

必要ないなら、少しでも少ない金額で申し込みましょう。

そして、いまやオリックス銀行カードローンも審査の目安に「総量規制」を導入しています。

年収の3分の1をこえた借り入れを行うと、審査におちやすくなってしまいます。

短期間に複数のカードローンへ申し込まない

短期間に複数カードローン同時申し込みも危険です。

なぜなら、複数のカードローンへ申し込むと、審査時「この人はお金に困っている」と判断されるからです。

オリックス銀行カードローン一本に絞った申込みを行うことで、オリックス銀行カードローン審査に通りやすくなるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

オリックス銀行カードローンの審査について包括的に説明しましたが、しっかり理解していただけたでしょうか。

オリックス銀行カードローンの審査は、消費者金融のカードローンよりも厳しい審査基準が課せられてしまいますが、通常の条件を持っていれば問題なく審査に通ります。

これからオリックス銀行カードローンの利用を検討している方はなおさら、オリックス銀行カードローンの審査について、しっかり理解しておきたいです。