楽天銀行カードローンの返済をお得に進める方法

公開日: 最終更新日:


楽天銀行のカードローンといえば、その「金利の低さ」と「高い限度額」に定評にありますが、返済についても毎月わずかな返済額で済むことや、様々な方法で返済ができる等、「返済の利便性」という意味でも人気の高いカードローンのひとつと言えます。

そこで、今回は楽天銀行の返済について…、特に楽天銀行を利用した場合に、「毎月の返済をできるだけお得に、そして低く抑える為にはどのような方法があるのか?」という点について、詳しく見ていきたいと思います。

楽天銀行カードローンの返済は最低2,000円から!?

まず、楽天銀行のカードローンを利用した場合、毎月どれぐらいの返済をしていけばいいのか、詳しく見ていきたいと思います。

楽天銀行カードローンは借入額に応じて毎月の返済額が決まる

楽天銀行の場合、以下の一覧表にあるように、借入残高により毎月の最少返済額が決まってきます。

例えば、借入残高が10万円以内であれば、毎月たった2,000円以上を返済しておけば、毎月の最少返済額はクリアできる事になります。

利用残高 毎月の最少返済額
10万円以内 2千円
10万円超30万円以内 5千円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5千円
100万円超150万円以内 2万円
150万円超200万円以内 3万円
200万円超250万円以内 3万5千円
250万円超350万円以内 4万円
350万円超400万円以内 4万5千円
400万円超500万円以内 5万円
500万円超600万円以内 6万円
600万円超700万円以内 8万円
700万円超800万円以内 10万円

楽天銀行カードローンの返済方式、残高スライドリボルビング方式とは?

次に、楽天銀行カードローンの返済方式についても、詳しく見て行く事にしましょう。

残高スライドリボルビング方式とは?

楽天銀行カードローンの場合「残高スライドリボルビング方式」という返済方式が採用されていますが、この返済方式は、その名の通り「借入残高が増えれば増えるほど、それにスライドして毎月の返済金額が増える仕組み」の事を指しています。

ただ、残高スライドリボルビング方式で返済していく場合、毎月指定された最少返済額だけを返済しているようでは、元金がなかなか減らないのがデメリットです。

例えば、楽天銀行カードローンで50万円を金利14.5%で1ヶ月借りた場合、1ヶ月の利息は約6,000円になり、最少返済額の15,000円だけを返済した場合には、9,000円しか元金は減らないという事になります。

元利定額返済方式とは?

一方、楽天銀行カードローンとは別のカードローンでは、「元利定額方式」という返済方式を採用しているケースもあります。

「元利定額方式」とは、その名前でもお分かりいただける通り、元金と利息を加えた返済金額が常に一定になるように設計されている返済方式の事を指します。

例えば10万円借りた場合でも毎月の返済額は15,000円、50万円借りた場合でも毎月の返済額は15,000円というような感じです。

元金定額返済方式の場合は、借入残高が少ない場合は利息に充当される金額も少なくなる為、元金が減るスピードは速くなるのですが、借入残高が多くなると、毎月の返済額のほとんどが利息に充当されてしまう為、完済までのスピードは遅くなってしまいます。

実際の返済はATM?それとも口座引き落とし?

次に、楽天銀行カードローンの返済方法についても詳しく見て行く事にしましょう。

返済方法①ATMからの返済

楽天銀行は、自社のATMはありませんので、提携している銀行ATMやコンビニATMからカードローンの借入や返済を行う事が可能です。

以下は、楽天銀行カードローンの返済に利用できるATMの一覧ですが、楽天銀行カードローンの場合、一部の銀行ATMでは借入時に手数料がかかってきますが、返済時には手数料はかかりませんので安心していつでも返済する事ができます。

楽天銀行カードローンの返済で利用できる提携ATM
コンビニATM ローソンATM
ファミリーマートATM※e-net
セブンイレブンATM※セブン銀行
銀行ATM イオン銀行
三菱UFJ銀行ATM
みずほ銀行ATM
きらぼし銀行ATM
東京スター銀行ATM
りそな銀行ATM
しんきんBANK/ATM

尚、以上の他にも、各地の地方銀行等の提携ATMが利用可能です。

詳しくは、下記に楽天銀行カードローンの提携ATMの一覧が載っているWebページを掲載しておきますので、参考にしていただければと思います。

参考:楽天銀行カードローンが利用できるATM

返済方法②口座引き落とし

楽天銀行カードローンの二つ目の返済方法は、「自分が指定した口座から、指定日に自動引き落としにて返済する」という方法です。

尚、返済日は1日、12日、20日、27日の中から選択する事が可能です。

ただし、27日を引き落とし日として指定したい場合は、楽天銀行に口座がある事が条件となりますので、注意が必要です。

楽天銀行の場合、ATMやこの後紹介するインターネット返済など、数々の返済方法がありますが、最も返済忘れがなく延滞リスクが低いのは、この口座引き落としで返済する方法です。

返済方法③インターネット返済

三つ目の返済方法は、インターネットバンキングを利用して返済するという方法です。

この方法は「ペイジー」というシステムを使って返済をするのですが、返済金額も1円単位で指定する事ができ、手数料も無料で24時間365日返済する事が可能ですので、「返済日を忘れていた!」という場合でも速やかに返済を行う事が可能です。

返済方法④振込返済

四つ目の方法は、一般的な銀行振込にて返済するという方法です。

これは、楽天銀行の返済用口座に直接振り込むという方法になりますが、振込手数料は利用者の負担となっていますので、手数料がかからない銀行から振り込むのがポイントになります。

ちなみに、楽天銀行の顧客優遇制度の「ハッピープログラム」で最高ランクのスーパーVIPに到達した場合には、1ヶ月に3回まで振込手数料が無料になります。

また、住信SBIネット銀行の場合も、同じく顧客優遇プログラムのスマートプログラムで最高ランクに達した場合は、毎月15回まで振込手数料が無料になります。

各々、最高ランクに達するまでには少々ハードルが高くなりますが、これらの銀行に口座をいくつか持っておいてうまく組み合わせる事で、できるだけ手数料を抑えて返済する事も可能です。

最低返済額だけ返済する場合に気をつけたい落とし穴とは…

楽天銀行カードローンの場合、前段でお伝えした通り最低毎月2,000円からの返済額で済むようになっていますが、最小返済額だけ返済していると、先ほどお伝えした通りなかなか元金が減らず、いつまでたっても返済が終わらないという事態に陥ります。

繰り上げ返済した場合としない場合の返済シミュレーション

そこで重要になってくるのが、「最少返済額に甘えず、繰り上げ返済をしていく」という方法です。

キャッシングをした後に、できるだけ完済までの期間を短くする為には、「いかに元金を少しでも減らすか」という事がとても大切になってきます。

例えば、50万円を金利14.5%で借りた場合、毎月15,000円の最小返済額だけを返済していると、完済までには約43ヶ月かかり、支払利息は14万円を超えてしまいます。

一方、毎月繰り上げ返済をコツコツを行い、最少済額に甘えずに毎月3万円を返済した場合は、完済までの期間は約19ヶ月となり、支払う利息も約6万円で済む事になります。

繰り上げ返済をする方法

尚、楽天銀行カードローンで繰り上げ返済を行う方法としては、 ATMで繰り上げ返済する方法、振込で多めに返済する方法、さらにはインターネット返済での繰り上げ返済が利用可能です。

ただし、先ほどもお伝えした通り、振込返済の場合は利用者に手数料の負担がかかってきますので、あまり小さな金額を何度も繰り上げ返済するのはお勧めできません。

楽天銀行カードローンの返済をできるだけ楽にするには

では楽天銀行カードローンの返済を少しでも楽に…、そしてお得に済ませる方法はないのでしょうか?

その点についても詳しく考えていきたいと思います。

限度額をアップするのが金利を下げる近道

楽天銀行の返済を少しでも楽にする為には、元金を減らすスピードをひたすら早めていくという事がポイントになります。

そして元金を減らすピーススピードを早めていくという事は、同時に「できるだけ利息がかからないようにする」という事が大切になってきます。

そういう意味では、楽天銀行の返済を少しでも楽にする為に、楽天銀行カードローンの金利を下げてもらう必要があります。

このカードローンの場合、下記の一覧表にあるように、利用限度額に応じて借入利率が決まる仕組みになっています。

楽天銀行のカードローンを利用した直後は、おそらく最高限度額の14.5%の金利が設定される事が多いと思いますが、限度額を上げてもらえれば、当初の適用金利の半分以下に金利を抑える事も可能です。

楽天銀行カードローンの限度額と適用金利一覧ATM
利用限度額 借入利率
10万円以上100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

楽天銀行カードローンの限度額アップの方法

では、どのようにすれば、楽天銀行カードローンの限度額を上げてもらう事ができるのでしょうか?

限度額の増額希望は、楽天銀行のコールセンターに電話をする事で申し込む事が可能なのですが、誰でも限度額の増額が認められるという事ではなく、一定の条件をクリアしている事が必要になります。

こんな人は増額審査に落ちる!共通する特徴とは?

では、どんな人が増額審査に通り、どんな人が増額審査に落ちてしまうのか…、基本的な条件について表にまとめていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

尚、これらの審査通過の条件については、あくまで基本的な事をお伝えしているだけですので、申し込む人の諸条件によっては、以下の条件をクリアしていたとしても、審査結果によっては増額審査に通らない事もありますので、それだけは覚えておいてください。

増額審査の項目 増額審査に通る人 増額審査に落ちる人
カードの利用実績期間 最低半年から1年以上堅実な利用を続けている。 楽天カードローンの利用後数ヶ月で増額申請をしている。
カードの借入や返済の実績 毎月の返済は確実に行っており、定期的に借り入れもしている。 毎月の返済が遅れがち。さらに借り入れについても限度額いっぱいまで借りている
他社借入額や返済の状況 楽天銀行カードローンに申し込んだ時よりも、他社借入額が増えていない。または減っている。 他社借入額が増えている。もしくは件数が増加している。また他社借入の返済についても遅れがちである。
収入などの条件 収入が減っていない。または増えている。 収入が減っている。

楽天銀行カードローンの返済、まとめ

今回、楽天銀行カードローンの返済についての詳しい情報をお届けしましたが、カードローンを利用する時は、借り入れはいとも簡単にできますが、いざ返済となると場合によってはとてつもなく長い期間を要する場合があります。

したがって楽天銀行カードローンも一般的な消費者金融カードローンも同じですが、カードローンを利用する前には「いくらまで借りられるか?」という事ではなく、「いくらなら返せるか?」という事を念頭に置きながら、カードローンの限度額を決められる事をお勧めします。