楽天銀行カードローン契約で家族にバレたくない!郵送物が送られてくるのか?

公開日:

この記事を読まれている方の中には、「今から楽天銀行のカードローンを検討したい…」、または「既に楽天銀行のカードローンを契約済み…」、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、カードローンを利用する方の多くは、「できればカードローンの利用は家族に秘密にしたい」、という方がほとんどだと思います。

そこで、今回は楽天銀行のカードローンを利用した場合、郵送物などで家族にバレる可能性があるのか?という点について、詳しく解説していきたいと思います。

楽天銀行カードローンを契約すると送られてくる郵送物

まず、楽天銀行カードローンを契約すると、そもそも自宅に郵送物があるのか? また送られてくるとすれば、どのようなものが郵送されてくるのか、基本的なところからお伝えしていきたいと思います。

キャッシング用のカードが必ず発送される

楽天銀行カードローンの場合、カードローンの契約が完了すると、数日後には必ず自宅にキャッシング様のカードが郵送されてきます。

もちろんその郵送物には、利用者のプライバシーに配慮して「ローンカード在中」などというような表記はされていませんが、普段見られない銀行からの郵便物が届くと家族に怪しまれるかもしれません。

また、ローンカード以外にも、自宅に郵送される書類がありますが、このあたりについてはこの後詳しく触れていきます。

郵送物は回避できない

では、そのような郵便物を回避する事は可能なのでしょうか?

この点について、結論から申し上げると、残念ながら楽天銀行カードローン契約時の郵送物は、避ける事はできません。

尚、郵送先については勤務先を選ぶこともできますが、この場合でも自宅への郵送物が100%なくなるという訳ではありませんので、結局のところ「自宅には何らかの郵便物が届く」と考えておいた方が無難です。

郵送物が原因で家族バレ?なんとか内緒で借りる方法

とはいっても、カードローンの利用はできるだけ家族には秘密にしておきたいものです。

では、できるだけ家族にばれない為に、楽天銀行からの郵便が届く日の指定をする…いった事は可能なのでしょうか?

送付先の日時指定は可能?

たしかに、「自分が自宅にいるときに郵送してもらう為に書類の発送日を指定したい」と言われる方もいらっしゃると思います。

そのような気持ちは理解できますが、残念ながら楽天銀行カードローンの郵便物の到着日指定日は受け付けてはもらえません。

この後詳しく解説しますが、楽天銀行が郵便物を送る理由の一つとして、本人確認の再確認を兼ねているという意味もありますので、到着日指定をすると偽装の住所が使われている事が疑われる為、そのような要望は受け付けられないという事になっています。

勤務先へ郵送してもらうと、自宅には何も送付されない?

先ほども触れましたが、楽天銀行カードローンから送られてくる郵便物は、「自宅への郵送」または「勤務先への郵送」の二つのパターンから選ぶ事が可能です。

家族バレしない為には、勤務先への郵送を選んだ方が無難という事になるわけですが、それでも安心できない理由があります。

それは、「利用するATMによっては利用明細が自宅に郵送されてしまう」という点です。

基本的に、消費者金融でも銀行カードローンでも、利用明細を利用者に確認してもらい契約日や次回返済日などを明記された情報を開示するというのが、ローン会社の義務になっています。

そのような情報については、ほとんどの銀行ATMやコンビニATMの利用明細には記載されているのですが、一部の銀行ATMに限りそのような情報が印字されないケースがあるのです。

したがって、そのようなATMを利用した場合には、契約日などを利用者に開示する事ができない為、別途自宅に利用明細が送られるという事になっています。

また、ローンカードを勤務先へ送ってもらった場合でも、一部のATMの利用明細の他に、楽天銀行からのお知らせが必ず届くようになっています。

これは犯罪収益移転防止法という法律に基づく措置なのですが、このあたりの事についてはこの後の見出しで詳しく解説していきたいと思います。

楽天銀行が必ず郵送物を送る理由

では、そもそも楽天銀行カードローンを契約した場合、なぜ自宅や勤務先に必ず郵送物が届けられるのでしょうか?

本人確認を兼ねている

一つ目の理由は、先ほどもお伝えしましたが、「念の為の本人確認を再度行う為」です。

確かに、楽天銀行カードローンに申し込んだ際には、運転免許証やパスポートなど、本人を証明する書類を提出するわけですが、中にはそれらの証明書類を偽造して楽天銀行カードローンを利用しそのまま返済せずに逃げてしまうというケースもゼロではありません。

従って、楽天銀行もそのような返済不能に陥るケースを避ける為、念の為にカードローンに関する書類やローンカードを自宅に郵送して、その到着を確認してから正式な利用ができる仕組みにしています。

銀行口座が犯罪に利用される事を防ぐ目的も

二つ目の理由は、楽天銀行カードローンの利用が犯罪に利用されるのを防ぐ為です。

先ほど、「犯罪収益移転防止法」という法律の名前を出しましたが、この法律の正式名は『犯罪による収益の移転防止に関する法律」となっており、銀行はその法律を遵守しなければいけません。

少しややこしい名前ではありますが、簡単に申し上げると「銀行には、金融機関に登録した情報と、利用する人の情報が必ず一致しているかどうか確認する義務がある」という事になります。

例えば、犯罪で得た資金を何度も資金移動させ、所在を分からなくしてしまうマネーロンダリングや、楽天銀行のカードローンで得た資金を、暴力団の資金源にするような事などは法律で禁止されています。

その為、銀行としてもそのような犯罪を防ぐ為に、必ず銀行の契約時には自宅に書類を送付し、架空の住所などが使われていないかどうかを確認するというわけです。

家族バレが怖いなら消費金融カードローンがおすすめ

ここまでで、楽天銀行カードローンを契約した場合には、必ず自宅に何らかの郵送物が届くという事は、十分ご理解いただけたかと思います。

しかし、前段でもお伝えした通りカードローンを利用する人のほとんどは、家族に言えないようなお金を使ってしまったりしてローンを利用するケースが多い為、やはり家族バレは困るというのが正直なところだと思います。

では、楽天銀行カードローン以外に自宅への郵送物が全くないカードローンはないのか、いくつかのローンをご紹介したいと思います。

SMBCモビットのWEB完結なら電話と郵送物なし

一つ目はSMBCモビットのカードローンを利用するという方法です。

SMBCモビットのカードローンにはいくつかの申し込み方法がありますが、その中でもWEB完結で申し込んでおくと、本人への電話連絡や自宅への郵送物はなく、カードもカードレス契約となりますので自宅にキャッシング様のカードが届くという事もありません。

ただ、SMBCモビットのWEB完結を利用する為には、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行に自分の口座があり、その口座を返済用口座として利用する事に同意する必要があります。

また、職場への電話連絡もありませんので、在籍確認の代わりに収入証明書と、会社で加入している健康保険証の写しを提出する必要も出てきます。

少々面倒な手続きが必要ではありますが、そのような書類や諸条件をクリアすれば、本人の勤務先や自宅への郵送物も一切ありませんので、安心してカードローンを利用する事が可能です。

プロミスのアプリローンならカードレス

次に、プロミスのアプリローンを利用した場合も、基本的に自宅への郵送物はありません。

プロミスのアプリローンの場合、カードローンの申し込みからキャッシング、そして返済まですべてアプリ一つで行う事が可能なのですが、この契約の場合も先ほどのSMBCモビットと同じく、カードレス契約になりますので、自宅にカードが郵送されるという事はありません。

また、毎月の利用明細についてもWEB確認という方法を選択しておけば、絶対に自宅に郵送される事はありません。

ただし、SMBCモビットもプロミスも、返済を滞らせてしまった場合には自宅に督促状が届く事もありますので、それだけは絶対にないように注意したいところです。

楽天銀行カードローンの郵送物、まとめ

最近のカードローンは、やはり利用者の「家族に秘密にしたい」というニーズに応える為、様々な工夫を凝らしてくれています。

ただ、銀行カードローンの場合は消費者金融カードローンよりも規制が厳しく、今のところ郵送物を避ける事ができるカードローンはないというのが現状です。

たしかに、楽天銀行カードローンは低金利で利用できる…というメリットはありますが、初回契約時には14.5%の上限金利が適用されるケースがほとんどですので、それほど金利を気にしないなら、家族に秘密にできる消費者金融カードローンを利用した方が無難なのかもしれませんね。