楽天銀行カードローンの金利はどのように決まる?金利は引き下げ可能?

公開日:


今回は楽天銀行カードローンの金利の仕組みについて、詳しく解説していきたいと思います。

カードローンを利用する場合、できるだけ低い金利で利用する事がポイントになってきますが、楽天銀行カードローンを利用する上で、できるだけ金利を下げてもらう為にはどういう事が必要なのか? また銀行カードローンによって各々金利が異なるのはどういった理由からなのか、基本的な部分から詳しくお伝えしていきたいと思います。

楽天銀行カードローンの金利

まず、最初に楽天銀行カードローンの金利に関する基本情報から、お伝えしていきたいと思います。

楽天銀行カードローンの下限金利は1.9%、そして上限金利は14.5%となっていますが、以下の表にあるとおり楽天銀行カードローンは、利用限度額に応じて金利が下がる仕組みになっています。

楽天銀行カードローンの限度額と適用金利一覧

利用限度額 借入利率
10万円以上100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

楽天銀行カードローンの金利は申込時の審査で決まる

では、初めて楽天銀行カードローンに申し込みをした場合には、一体どれくらいの金利が設定されるのでしょうか?

審査で限度額が決まり、その結果金利も決まる仕組み

楽天銀行カードローンの金利は、上記の表でご紹介した通り、限度額が多ければ多いほど金利が下がる仕組みになっています。

したがって、楽天銀行カードローンに申し込んだ場合は、まずその人の年収や他社借入額などの審査をした上で限度額が決まり、その結果適用金利も決まるという仕組みになっています。

尚、一般的に楽天銀行カードローンやその他の銀行カードローン、そして消費者金融の契約が初めての場合、いくら年収が高かったとしても、最高限度額が設定されるという事はまずあり得ません。

「いくら年収が高いとしても、その人が信用できる人かどうかわからない…」という事がその理由になるのですが、ほとんどの場合カードローンを契約した初めの頃は、上限金利が適用されます。

また、カードローンの初回契約時には、おおよそ年収の10~15%程度の限度額が適用されるケースが多い為、例えば年収300万円程度の人であれば、30万円~50万円程度の限度額、そして金利も上限金利の14.5%になるケースがほとんど…、という事になります。

楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

金利設定の希望は通らない

以上の事から、楽天銀行カードローンに申し込んだ際に「自分は何パーセントの金利を希望します!」という事を楽天銀行に伝えたとしても、その希望は通る事はありません。

では、どうすれば高い限度額を設定してもらえ、同時に金利を下げる事ができるのか、その点についてはこの後詳しく解説していきたいと思います。

高金利のカードローンと低金利のカードローンがある理由

では、数ある銀行カードローンや消費者金融の中でも、高い金利を設定しているところと低い金利を設定しているところがあるのには、どんな理由があるのでしょうか?

返済不能になるリスクが高い場合、カードローンは高金利になる

カードローンを取り扱う金融機関によって金利が異なる理由…。

それは、「顧客の返済不能リスクがどれほど高いかどうか」という点にかかってきます。

例えば、比較的審査が緩く、利用者が返済不能に陥るリスクがとても高いカードローンの場合は、ある程度を貸したお金が返ってこないリスクも含んだ上で経営をしていかなければならない為、適用金利はどうしても高くなります。

つまり、ある程度の人が返済不能に陥ったとしても、その他の利用者から高い利息を取っている為、少しくらい貸したお金が帰ってこなかったとしても、それらのリスクは全て吸収されるという事になるわけです。

一方、審査の基準が厳しく安定した収入がある人にしか融資しないカードローンの場合は、返済不能に陥る人の数が少ない為、できるだけ低い金利で融資できる事になります。

また、住宅ローンやマイカーローンなどは、もし利用者が返済不能になったとしても、車や住宅そして土地を差し押さえる事が可能になる為、比較的低金利でローンを組む事が可能です。

しかし、銀行のカードローンや消費者金融カードローンについては、担保として設定するものは何もありませんので、どうしても高い金利を設定せざるを得ないという事になります。

楽天銀行カードローンと他社カードローンを金利で比較してみた

では、実際のところ楽天銀行カードローンと他社の銀行カードローンとを比較した場合、どれぐらいの金利差になるのか見ていきたいと思います。

他社の銀行カードローンと比較

以下は、楽天銀行以外の銀行カードローンとの比較表になりますが、これを見る限り、楽天銀行カードローンの上限金利は他の銀行よりもほぼ同じか、若干高いケースもある事がわかります。

尚、消費者金融の場合でも、利息制限法により100万円以上の借り入れになれば適用金利は実質年率で15%以下になりますので、もしかすると楽天銀行カードローンと消費者金融のカードローンの金利もそれほど変わらないケースもあるかもしれません。

銀行カードローン金利比較表
カードローン名 金利(実質年率)
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99%
住信SBIネット銀行MR.カードローン(スタンダードコース) 8.99~14.79%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
東京スター銀行スターカードローン 1.8~14.6%
ソニー銀行のカードローン 2.5~13.8%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475%
りそなクイックカードローン 9.0~12.475%
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6%
セブン銀行カードローンサービス 14~15%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5~18.0%
北海道銀行カードローン ラピッド 1.9~14.95%
じぶん銀行じぶんローン 2.2~17.5%
愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 4.4~14.6%

以上の表を見る限り、確かに楽天銀行カードローンの金利は最低金利が1.9%~と、とても低いのですが、住信SBIネット銀行のカードローンなど楽天銀行カードローンよりもさらに低い金利を適用しているカードローンはいくらでもあるという事が分かります。

楽天銀行カードローンを低い金利で利用できる人の特徴

ここまでで、楽天銀行カードローンの金利について、いくつかの情報をお届けしてきました。

では結局のところ、楽天銀行カードローンの恩恵を受ける事ができる人というのは一体どのような人なのでしょうか?

年収が多く、返済に余裕がある人

一つ目は、一定以上の年収があり、その収入も安定しているという人です。

前段でも伝えした通り、楽天銀行カードローンは限度額が高ければ高いほど金利が下がる仕組みになっています。

また、その限度額は年収が多ければ多いほど限度額が上がる仕組みになっていますので、きちんとした会社に勤務をしていて、毎年年収が上がり続けていく人にとっては最低金利の1.9%の恩恵を受ける事も夢ではないと思います。

他社借入がゼロ、または少なく、延滞などをしていない人

二つ目は、他社借入がない、又は少ないという人です。

楽天銀行カードローンの限度額を決める時の審査時には、他社借り入れがないかどうかが審査されますので、他社カードローンをほとんど利用していない、又あったとしても借り入れが少ない場合は、楽天銀行の限度額が増え、そして低金利をゲットできるという事になります。

堅実な利用を続けていると、楽天銀行から増額の案内が届くことも

また、概ね1年以上楽天銀行カードローンの利用を続けていると、自分から限度額増額のお願いをしなくても、楽天銀行から「ご利用限度額増額のご案内」というものが届く事があります。

楽天銀行としても、「定期的に借入があって」「返済も滞っていない」という優良顧客にたくさん融資したい…というのが本音ですので、ローン契約者の状況を定期的に審査して問題なければ増額の案内を出しているようです。

ただ、その案内が来たからといって、100%増額される訳ではなく、もう一度正式な増額審査が伴いますので、その点だけは覚えておきましょう。

楽天銀行カードローンの金利、まとめ

この記事でお伝えした通り、楽天銀行カードローンの最低金利は1.9%と、とても低い金利で利用する事が可能です。

ただし、このカードローンを利用し始めてすぐは、上限金利の14.5%が適用されるケースがほとんどです。

また、楽天銀行カードローン利用後も返済を滞らせたり、収入も増えない状況が続くと、いつまでたっても限度額が増えず、同時に金利も変わらないという状態が続きます。

そのような状況が続くと、消費者金融のカードローンとそれほど変わらない金利…という事になってしまいますので、楽天銀行カードローンを申し込んだ後は、適度な借り入れと確実な返済を続け、毎年仕事も頑張って年収を増やしていかれる事をお勧めします。