楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

公開日: 最終更新日:


楽天銀行カードローンは、楽天の運営する「低金利」「スピード融資」「高限度額」を兼ね備えた、とても優秀な銀行カードローンです。銀行カードローンの中では審査も柔軟で、安定収入があればアルバイト・パートの方でも利用可能な設定が組まれています。

現在カードローン全体が使いづらくなっているため、楽天銀行カードローンほど借りやすいカードローンは人気が高いですが、申し込んだ直後の初期審査に通らないとお金を借り入れることはできません。

今回は、その楽天銀行のカードローン審査基準について詳しく調べていきましょう。

楽天銀行カードローンの基礎情報

まずは、楽天銀行カードローンの基本情報から調べてみましょう。

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 2営業日程度
融資 2営業日程度

やはり、1.9~14.5%という低金利設定が目につきます。これと、最高限度額設定800万円をかけ合わせれば、「おまとめローン」としての利用にも使えますね。

その他借り入れ目的に制限はありませんから、幅広い用途で楽天銀行カードローンを利用可能です。

楽天会員なら楽天スーパーポイントも貯まる、使い勝手のいい銀行カードローン

しかも、楽天銀行カードローンは、カードローンに珍しい「ポイントプログラム」が設定されています。

まず、楽天銀行カードローン入会だけで、無条件で1000ポイントプレゼント。さらに、利用残高に応じて「最大30,000ポイント」が付与されるため、合計で31,000ポイントがプレゼントされることになります。

後で述べますが、楽天会員が審査で優遇されるというサービスがあるため、楽天会員は積極的に利用してください。

楽天銀行カードローンの審査基準

ではここからは、楽天銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか、楽天銀行カードローンの審査基準について調べていくことにしましょう。

楽天銀行カードローンの保証会社は2つ

銀行カードローンの審査を請け負うのは、指定されている「保証会社」です。

保証会社は、銀行によって大手消費者金融だったり信販会社だったりと様々です。通常、一社しか保証会社を設定してない銀行カードローンが多い中、楽天銀行カードローンは「2社」の保証会社が設定されています。

返済不能リスクを警戒しているのでしょうか。

楽天銀行カードローンの審査に通るためには、いずれかの保証会社の審査に通る必要があります。逆に言うと、どちらかの審査に通れば、楽天銀行カードローンの審査に通ったことになります。

楽天カード株式会社

2001年に設立された、楽天カードの発行をメインで行う会社です。過去別カード会社だったものを、楽天が買収して取り込んだ形です。

楽天カードの保証会社も請け負っているため、楽天会員の個人情報、取引情報はすべてこの楽天カード株式会社が持っているということですね。

株式会社セディナ

三井住友銀行や三井住友カード、日本総合研究所などを傘下に含める三井住友フィナンシャルグループの子会社が、この株式会社セディナです。

楽天銀行カードローンは、この株式会社セディナも保証会社としています。

公式サイトで「アルバイトOK」を公言 審査通過に年収は必要ないか

楽天銀行カードローンは、公式サイト上で「アルバイト・パートでも借入可能」としています。

これだけ具体的に公言するということは、楽天銀行カードローンは、アルバイトをメインの顧客として想定していることにほかなりません。

この記述からも、楽天銀行カードローンは審査基準を過度に厳しく設定していないことが見て取れます。

楽天会員はランクに応じて審査優遇される

楽天会員は、利用に応じてランクが指定されます。

ブロンズからゴールド、プラチナ、ダイヤモンドまで。私自身も、高頻度に楽天カードを使っているつもりですが、まだプラチナ会員止まりです。

楽天銀行カードローンは、このランクに応じて、審査基準が多少代わります。ランクはダイヤモンドに近ければ近いほど審査が優遇され、審査に通りやすくなります。具体的にどれくらい優遇されるのか謎ですが、熱心な楽天会員は、強気で申し込んでみても良いと思います。

どんな人が楽天銀行カードローンの審査に落ちるか

楽天銀行のカードローンにすでに落ちてしまっているとしたら、その審査落ちには必ず理由があります。

他社カードローンで過去金融トラブルを起こしている

カードローン審査で重要なのは、やはり「信用情報」。この信用情報に「返済遅延」など、他社のカードローンで起こしたトラブルが記録されていると、審査に落ちてしまいます。

返済遅延が残っているという事実一発で審査に落ちてしまうことはありませんが、審査で不利になってしまうのは間違いありません。

1ヶ月以内などの短期間にカードローン同時申し込みを行っている

信用情報には、カードローンの申し込み記録も残ります。楽天がその「申し込み記録」を審査した時、短期間に複数のカードローン申し込み記録を見つけたら、その記録も審査で不利になります。

楽天銀行カードローン一本に絞った申し込みが、楽天銀行カードローン審査通過のコツです。

年収が不安定か少なすぎる

やはり「年収」も楽天銀行カードローンの重要な審査基準です。

年収が多い必要はありませんが、100万円程度の年収はやはり審査で不利です。それほどの年収でも、勤続年数が長いなど、他の情報で審査に有利ならまだ望みがありますが、それも無いならかなり厳しいです。

また、年収がある程度高くても、収入の時期が不定期だと審査に不利となってしまいます。カードローン返済は毎月定期的に行う必要があるため、不定期な収入では対応できないのです。

楽天銀行カードローンの審査に落ちたら

楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、別のカードローンへ申し込むのはかまいません。しかし、その申し込みは短くても1ヶ月程度の期間を空けてください。

そして申し込みは、消費者金融のカードローンがおすすめです。間違っても、セディナのカードローンに申し込まないようにしてください。

楽天銀行カードローンの審査は厳しくない!積極的なチャンレジを!

楽天銀行カードローンの審査基準について今回調べていきましたが、まとめると「楽天銀行カードローンの審査は際立って厳しくない」というものでした。審査が甘いと言い切ることができないとしても、審査基準はどちらかというと柔軟。安定した審査があればアルバイト勤務の方でも審査に通ります。

楽天会員のランクに応じて審査が優遇される、利用に応じて楽天スーパーポイントが貯まるなどのサービスもあります。楽天会員なら、積極的に申し込んでみてはいかがでしょう。