楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

公開日: 最終更新日:


楽天銀行カードローンは、楽天の運営する「ネット銀行ならではの金利水準」「高限度額」を兼ね備えた、とても優秀な銀行カードローンです。銀行カードローンの中では審査も柔軟で、安定収入があればアルバイト・パートの方でも利用可能な設定が組まれています。

現在カードローン全体が使いづらくなっているため、楽天銀行カードローンほど借りやすいカードローンは人気が高いですが、申し込んだ直後の初期審査に通らないとお金を借り入れることはできません。

今回は、その楽天銀行のカードローン審査基準について詳しく調べていきましょう。

楽天銀行カードローンの基礎情報

まずは、楽天銀行カードローンの基本情報から調べてみましょう。

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 2営業日程度
融資 2営業日程度

公式サイトはこちら

楽天会員なら楽天スーパーポイントも貯まる、使い勝手のいい銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、借り入れ目的に制限がないため、幅広い用途で利用可能です。しかも、楽天銀行カードローンは、カードローンに珍しい「ポイントプログラム」が設定されています。

楽天銀行カードローンは、カードローン利用でポイントが貯まる、珍しい銀行カードローンなのです。

適用金利も審査で決まる

楽天銀行カードローンの金利設定「1.9~14.5」の中で、実際に適用される金利はどれくらいなのか。それを決めるのもまた、「審査」です。

審査で決められる「限度額」に応じて、金利が割り当てられます。

限度額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

審査で「返済能力が高い」と判断された人ほど、「高限度額」が割り当てられ、それに応じてどれくらいの金利での借り入れが可能となります。

楽天銀行カードローンの審査基準

ではここからは、楽天銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか、楽天銀行カードローンの審査基準について調べていくことにしましょう。

楽天銀行カードローンの保証会社は2つ

銀行カードローンの審査を請け負うのは、指定されている「保証会社」です。保証会社の審査基準を調べれば、自ずと楽天銀行カードローンの審査基準も見えてくるということです。

保証会社は、銀行によって大手消費者金融だったり信販会社だったりと様々です。通常、一社しか保証会社を設定してない銀行カードローンが多い中、楽天銀行カードローンは「2社」の保証会社が設定されています。

返済不能リスクを警戒しているのでしょうか。

楽天銀行カードローンの審査に通るためには、いずれかの保証会社の審査に通る必要があります。逆に言うと、どちらかの審査に通れば、楽天銀行カードローンの審査に通ったことになります。

楽天カード株式会社

2001年に設立された、楽天カードの発行をメインで行う会社です。過去別カード会社だったものを、楽天が買収して取り込んだ形です。

楽天カードの保証会社も請け負っているため、楽天会員の個人情報、取引情報はすべてこの楽天カード株式会社が持っているということですね。

株式会社セディナ

三井住友銀行や三井住友カード、日本総合研究所などを傘下に含める三井住友フィナンシャルグループの子会社が、この株式会社セディナです。

楽天銀行カードローンは、この株式会社セディナも保証会社としています。

楽天銀行カードローンの審査項目

一般的に、カードローンの審査項目は2つ。

「属性」と「信用情報」です。これらの情報で割り出されるスコアが、楽天銀行の定めた基準を満たさないと、審査に通ることはありません。

「属性」と「信用情報」の審査ではどんな情報が審査されるのか。少し見ていきましょう。

属性

属性の審査では、主に申し込んだ人の「生活」にまつわる情報が見られます。

基本的な「年齢」にはじまり、「職業」「勤務先」「住所」「年収」「同居人の有無」など、様々な生活にまつわる情報を審査されます。

年齢や年収などの情報を「スコア」に換算して、スコアを加点形式で審査します。最終的なスコアが、楽天銀行カードローンの審査基準を満たした時、審査クリアとなるのです。

信用情報

属性より重要なのが、この信用情報の審査です。

信用情報には、申し込んだ人と金融商品との付き合い方が記録されています。現在のキャッシング申し込み記録、利用記録、過去のキャッシング返済記録などなど。過去キャッシング利用時返済トラブルなどが合った場合にも、しっかりとここにその記録が残ってしまいます。

そしてその記録を審査した楽天銀行側が、「この人は過去返済トラブルを起こしているから、審査に落とそう」という判断を下しかねないということです。

楽天銀行カードローンの審査に通るために必要な条件

楽天銀行カードローンの審査は、他の銀行カードローンと比べると甘く設定されているものの、審査通過のために必要最低限の条件があります。

楽天銀行カードローンの審査に通るために必要な条件を抑えておきましょう。

20歳~62歳(パート・アルバイトの場合60歳まで)

年齢制限を満たしているのは、楽天銀行カードローンの審査通過のために必要な最低条件です。

ですが、20歳という条件さえ満たしていれば、たとえ学生でも安定収入があれば審査に通るとも言えるのです。

安定した収入

カードローン利用には毎月の返済がつきもの。その毎月の返済を行うには、安定収入が必須です。

楽天銀行カードローンで求められる安定収入とは、最低でも年収200万円を指します。アルバイト収入であっても、年収200万円を満たすのは難しくないはず。

つまり、楽天銀行カードローンの審査で安定収入の条件を満たすのは、それほど難しいことではないのです。

なるべくクリーンな信用情報

信用情報も楽天銀行の審査で重要です。

楽天銀行カードローン以外のカードローン利用時に、返済遅延などのトラブルを起こしていると、楽天銀行から返済能力に疑問を持たれてしまいます。

楽天銀行カードローンで審査に通りたいなら、返済遅延などのトラブルがない、クリーンな信用情報で申し込みを行いましょう。

公式サイトで「アルバイトOK」を公言 審査で年収は重要視されない?

楽天銀行カードローンは、公式サイト上で「アルバイト・パートでも借入可能」としています。

これだけ具体的に公言するということは、楽天銀行カードローンは、アルバイトをメインの顧客として想定していることにほかなりません。

この記述からも、楽天銀行カードローンは審査基準を過度に厳しく設定していないことが見て取れます。

土日の審査未対応

楽天銀行カードローンは、土日祝日の審査に対応していません。

理由は簡単です。土日祝日は楽天銀行が営業していないからです。土日祝日、楽天銀行が営業していない時にカードローンへの申し込みを行った場合、実際に審査が行われるのは楽天銀行の翌営業日となります。

楽天会員はランクに応じて審査優遇される

楽天会員は、利用に応じてランクが指定されます。

ブロンズからゴールド、プラチナ、ダイヤモンドまで。私自身も、高頻度に楽天カードを使っているつもりですが、まだプラチナ会員止まりです。

楽天銀行カードローンは、このランクに応じて、審査基準が多少代わります。ランクはダイヤモンドに近ければ近いほど審査が優遇され、審査に通りやすくなります。具体的にどれくらい優遇されるのか謎ですが、熱心な楽天会員は、強気で申し込んでみても良いと思います。

※必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。

どうして楽天銀行カードローン審査の難易度は低いと言われがちなのか

楽天銀行カードローンは、ネット上の口コミを見ると時たま「審査が甘い」と言われています。

どうしてこんな口コミが散見されるのか。私なりに考えてみました。

楽天カードの審査が甘いというイメージに引っ張られている

実は、今ではそんなこともなくなったのですが、以前から「楽天カードの審査は甘い」と有名でした。

実際ほとんどバイトもしてなかった学生時代の私でも審査に通ったことを思い出すと、あの噂も軒並み嘘ではないのかなと…。

当時は「ニートでも審査に通る」と言われるほどでしたから。

その楽天カードのイメージに引っ張れて、楽天銀行カードローンの審査も甘い…と思われている可能性は十分にあります。

楽天銀行業務がカードローン事業に依存してない

運営元の楽天の体質も一つの要因として挙げられるでしょう。

ご存知楽天は超大手IT企業。楽天銀行、ひいてはその中のカードローン事業は、楽天全体の事業で考えれば氷山の一角でしかないのです。

ですから、たとえ利用者が返済不能状態「貸し倒れ」となったとしても、消費者金融などのようなダメージは受けないのです。

消費者金融が確実に返済してくれる人を審査に通すのに対し、楽天銀行はかなり強気で審査を行います。

返済能力の低い人の審査が甘い

楽天銀行カードローンの審査が甘いと言われがちなのは、楽天銀行カードローンの審査は「低い返済能力でも審査に通る」というその懐の広さも要因の一つでしょう。

具体的にどんな人でも審査に通るのか、見ていきましょう。

最低返済額「2,000円」

楽天銀行カードローンの最低返済額は、なんと「2000円」と超低額。

2000円ほどなら、どれほど返済能力が低い人でも、支払うのはそう難しいことではないはず。最低返済額を返済しても、利息の支払いばかりに当てられてしまいます。そのため、元金の返済は一向に進みません。

とはいえ、最低返済額を返済することで「返済遅延」のステータスがつくのは避けられます。

月最低2000円払える人なら審査通過が見込めるのは、楽天銀行カードローンの審査基準の甘さを表すポイントなのではないでしょうか。

楽天会員なら多少の問題は多めにみる

楽天銀行カードローンは、審査において「楽天会員を優遇」します。

たとえ、年収が低いなど、返済能力に疑問を持たれる要素があったとしても、楽天会員ランクが高いなら楽天銀行カードローンの審査に通るのです。

アルバイト利用可能な設定

楽天銀行カードローンは、公式サイトに堂々とアルバイト利用可能と表記されており、実際にアルバイトの方が審査に通った実績も多数あります。

「アルバイト利用可能」と聞くと、なんだか審査ハードルが低そうなイメージですよね…。実際は他の銀行カードローンもアルバイト利用可能なんですけどね。

口コミの伝播

ネット上などあらゆるところで、「楽天銀行カードローンの審査が甘い」と言われ続けたこと。その結果が今だという可能性もあります。

やはり「口コミの威力」たるや凄まじいものがあります。あらゆるところで楽天銀行カードローンの審査が甘いと言われ続けた結果、楽天銀行カードローン審査が甘いというイメージが根付いた可能性は十分あります。

人によっては楽天銀行カードローンの審査は厳しい、なんてことも

時折、楽天銀行カードローンの審査は厳しい、なんて声も聞きます。

楽天銀行カードローンの審査は甘いという声が多い中、どうして人によっては「厳しい」と感じるのか。

それは、はっきり言って、本人の属性や信用情報などの状況が悪いからです。

楽天銀行カードローンの審査が厳しいなら他の銀行カードローンも利用できない?

はっきり言って、楽天銀行カードローンの審査は厳しくありません。

にも関わらず、楽天銀行カードローンの審査が厳しいということは、別の銀行カードローン審査はもっと厳しいかもしれません。

厳しいと思う要因が、収入など「属性」によるものか、「信用情報」の記録からかはわかりません、

しかし、楽天銀行カードローンの審査が厳しいなら、素直に消費者金融のカードローン利用に舵を切ったほうが良いかもしれません。

実際楽天銀行カードローンの審査は甘いのか?

審査についてあれこれ説明していますが、実際のところ楽天銀行カードローンの審査基準は甘く設定されているのか、厳しいのか。

そこのところをズバッと回答するために、価格.com等ネット上で口コミが載っているサイトを片っ端から見ていくことにしました。

実際に審査を受けた人でないと、審査基準についてどうだったか語ることができませんからね。

ちなみに私の審査申し込み体験談は下のほうにあります。
私の審査体験談へ

利用者の多くが「審査通過」している

私の見た口コミサイト(価格コムではない)では、なんと私が読んだ20件の口コミすべてで「審査可決」と書いていました。

文句を言っている人も、「審査に通ったものの希望借入額より限度額が低かった」だったり、「電話対応が悪い」など、審査基準とは違う部分で悪評を書いていました。

驚いたのが、「自己破産歴あり」や「KSCの官報に載っている」なんて人が、楽天銀行カードローンの審査に通っていること。しかも「おまとめローン目的の申し込み」で。

これにより楽天銀行カードローンの審査は、他の銀行カードローンとは違う独自の審査基準が取られていることがわかります。楽天カードという、自社グループ内企業を保証会社とすることで、かなり審査基準に自由度を持たせられているのかもしれません。
公式サイトはこちら

どんな人が楽天銀行カードローンの審査に落ちるか

楽天銀行のカードローンにすでに落ちてしまっているとしたら、その審査落ちには必ず理由があります。

他社カードローンで過去金融トラブルを起こしている

カードローン審査で重要なのは、やはり「信用情報」。この信用情報に「返済遅延」など、他社のカードローンで起こしたトラブルが記録されていると、審査に落ちてしまいます。

返済遅延が残っているという事実一発で審査に落ちてしまうことはありませんが、審査で不利になってしまうのは間違いありません。

「申し込みブラック」で審査に落ちるか?電話で聞いてみた

コールセンターで電話する女性

私「過去自己破産等、債務整理を行った人など、信用情報に問題がある人は審査に落ちますか?」

オペレーター「審査基準を明かすことができませんので、なんとも言えません…」

私「ブラックでも、審査に通る可能性があるということですか?」

オペレーター「実際に申し込んでいただかないと、なんとも言えないです…」

という会話でした。信用情報で審査に落ちるかどうか、電話でははっきりしませんでした。しかし私は、消費者金融の電話でも同じことを聞いたことがあります。その場合は、「審査に通る可能性があります」との返答でした。つまり間違いなく、「消費者金融カードローンの審査より厳しい」ということですね。

1ヶ月以内などの短期間にカードローン同時申し込みを行っている

信用情報には、カードローンの申し込み記録も残ります。楽天がその「申し込み記録」を審査した時、短期間に複数のカードローン申し込み記録を見つけたら、その記録も審査で不利になります。

楽天銀行カードローン一本に絞った申し込みが、楽天銀行カードローン審査通過のコツです。

年収が不安定か少なすぎる

やはり「年収」も楽天銀行カードローンの重要な審査基準です。

年収が多い必要はありませんが、100万円程度の年収はやはり審査で不利です。それほどの年収でも、勤続年数が長いなど、他の情報で審査に有利ならまだ望みがありますが、それも無いならかなり厳しいです。

また、年収がある程度高くても、収入の時期が不定期だと審査に不利となってしまいます。カードローン返済は毎月定期的に行う必要があるため、不定期な収入では対応できないのです。

楽天銀行カードローンの審査に落ちたら

楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、別のカードローンへ申し込むのはかまいません。楽天銀行カードローンの審査に再チャレンジするのも良いでしょう。しかし、その申し込みまでには短くても1ヶ月程度の期間を空けてください。

そして申し込みは、消費者金融のカードローンがおすすめです。間違っても、セディナのカードローンに申し込まないようにしてください。

楽天銀行カードローンの審査通過率を上げるための審査対策

楽天銀行カードローンの審査基準について、詳細な情報は明かされていません。

しかし、だいたいの審査基準の目安は見当がつきます。ですから、その楽天銀行カードローン審査基準に見合った、少しでも楽天銀行カードローンの審査に通りやすくなる審査対策を前もって行っておきましょう。

楽天会員として会員ランクを温めておく

楽天会員は審査優遇を受ける楽天銀行カードローン。

前もって楽天会員となっておき、楽天会員ランクを上げるくらいの努力をしておきたいです。

楽天カードを持ってないなら、これを機に作っておく。楽天銀行口座を持ってないなら開設しましょう。

他社借入を減らす

他社借入が多いと、審査する楽天銀行側が「返済能力が低い」と判断します。

楽天銀行カードローン申し込みまえに、少額借り入れを行っているカードローンに繰り上げ返済を行うことで、返済を完結してしまいましょう。

他社借入金額、他社借入件数が少ないほど、楽天銀行カードローンの審査に通りやすくなります。

クレジットカード利用実績を作っておく

カードローン実績と同じく、クレジットカード利用実績も、わずかですがカードローン審査で有利に働きます。

カードローン利用は借金ですからリスキーです。しかしクレジットカード実績なら、あなたに与える悪影響を最小限に留めることができるのではないでしょうか。

楽天銀行カードローンの審査は甘いか確かめるために私が実際に申し込んでみた

ネット上の「甘い」だとか「厳しい」とかの、誰かが予想で書いた情報では当てになりません。

ここは私が、楽天銀行カードローンの審査基準を確かめるために、実際に申し込んで見ることにしました。

まずは私の自己紹介から。

年齢 26歳
年収 300万円(残業代こみ)
他社借入件数 1件
他社借入金額 50万

一件他社借り入れがあるものの、過去に返済遅延の経験はありません。それに、万が一総量規制で制限を受けたとしても、借入額は年収の3分の1に届いていません。

ぶっちゃけ、かなり自信があります…!

申し込み開始

なにはともあれ、まずは申し込みです。

楽天銀行カードローンのサイトにPCからアクセスし、申し込みフォームを埋めていきます。

楽天銀行カードローン申し込みフォーム

まあ問題はありません。入力補助もあったので、かなりサクサク進みました。

申し込みは続きます。

注意したいのが、「ご希望の利用限度額」の欄です。

ここでは、何も選ばないと最高限度額の「800万円」で申し込まれてしまいますが、それではいけません。私はここで、低めの「50万円」で申し込みました。

下の「利用意図」も、「教育資金・自己啓発」としました。これで審査通過率は上がるはず。

10分後 申し込み完了

楽天銀行カードローン申し込み完了

問題なく申し込み完了です。

申し込んだ時間が遅かったので、仮審査結果は翌日でしょう。

審査状況はわからない

カードローンによっては、会員ページにて「審査状況」を調べることができるものがありますが、楽天銀行カードローンは審査状況を調べることができません。

とはいえ、楽天銀行カードローンは審査が早いので、審査状況を調べるまでもないかもしれませんが…。

審査が遅い人は状況が悪い

楽天銀行カードローンの審査は基本的に早いです。

それなのに、結果が出るまでに何日も時間がかかってしまうような人は、「その審査に時間がかかる理由がある」と思ってください。

審査に時間がかかるということは、楽天銀行が審査結果を迷っているということ。

「審査に通すか、通さないか」で、楽天銀行が悩む要因があることにほかなりません。

翌日 仮審査結果到着


翌日の午前中に、楽天銀行カードローンから仮審査結果のメールが届きました。

まあ無事審査通過です。あそこまでやれば、よほどじゃない限り審査に通るとは思います。あ、それに私は、楽天会員のプラチナ会員。かなり審査が優遇されるんじゃないかと…。もっと限度額上げても良かったか。

でも、私は「50万円」で申し込んで、仮審査結果が30万円とは。やっぱり一昔前とくらべて銀行カードローンの審査は厳しくなりました。

これであとは「在籍確認」を待つばかりです。在籍確認が来たらまたここに書こうと思います。

申し込みから2日後 在籍確認

事前に楽天銀行カードローン電話窓口で打ち合わせていた通り、「平日の午前中」に在籍確認の電話がかかってきました。

電話を受けたのは後輩でした。後輩いわく、「石川」という個人名で私宛に電話がかかってきたそう。

電話をかわってもらった私は、その石川さんと電話で会話します。

「もしもし、○○ ○さんでお間違いないでしょうか」
「はい」
「ありがとうございます。私楽天銀行の石川ともうします。これにて、在籍確認は終わりです。この後、カードローン契約確認のお電話がありますので」
「あ、じゃあ審査はほとんど終わりですね」
「まだ書類の提出などが残っておりますが…。契約確認のお電話は何時頃差し上げましょうか」
「あ、じゃあ今日の12時から13時の間でお願いします」
「かしこまりました」

といった内容でした。在籍確認は何回か受けたことがありますが、男性からの電話は初めてでした。

12:20頃 カードローン契約確認電話

打ち合わせ通り、その日の12時に楽天銀行から確認電話がかかってきました。

その電話では、「必要書類の案内」や「契約内容の確認」が行われました。その電話では、「カードローン限度額40万円」が伝えられました。仮審査結果では30万円だったので、10万円増した事になりますね。

ちなみに電話で、「初回はカード到着前に振込融資が可能です」と伝えられました。楽天銀行口座以外でも振込可能だそうです。つまり、楽天銀行カードローンに申し込んだのが2日前ですから、楽天銀行カードローンは最短で「2日」の融資が可能だということですね。

申し込みから5日後カード到着

申し込みから5日後、実際に楽天銀行カードローンのローンカードを受け取りました。

カードは書留で届き、封筒には「楽天銀行」の文字がありました。銀行だし、まあごまかすのは簡単か…。

審査も早いし、初回の振込融資も早いし、審査基準もそこまでガチガチに厳しい印象は受けませんでした。

金利も低いし、何気なく申し込むカードローンとしても優秀な設定ではないでしょうか?

まとめ:楽天銀行カードローンの審査難易度は低め!

楽天銀行カードローンの審査基準について今回調べていきましたが、まとめると「楽天銀行カードローンの審査は際立って厳しくない」というものでした。審査が甘いと言い切ることができないとしても、審査基準はどちらかというと柔軟。安定した審査があればアルバイト勤務の方でも審査に通ります。

楽天会員のランクに応じて審査が優遇される(※必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません)、利用に応じて楽天スーパーポイントが貯まるなどのサービスもあります。楽天会員なら、積極的に申し込んでみてはいかがでしょう。
公式サイトはこちら