楽天銀行カードローン申し込みで収入証明書は必要なのか

公開日:


銀行カードローンを利用したり、消費者金融カードローンを利用する場合、審査時に何らかの書類を提出しないといけない…というのは皆さんご存知の通りだと思います。

しかし、カードローンに申し込みたい時は、往々にして「できるだけ急ぎでお金が必要!」というケースも多いと思いますので、できればそのような面倒な書類の手続きは避けたい…というのが正直なところではないでしょうか。

そこで、今回は楽天銀行カードローンの場合を例にとり、実際のところ楽天銀行カードローンの申し込みにはどんな書類が必要なのか?また、特に面倒な手続きが発生する「収入証明書の提出」についてはどんな制約があるのか?

役に立つ情報をお届けしたいと思います。

楽天銀行カードローンの申し込みにはどんな書類が必要なの?

まず、楽天銀行カードローンに申し込む際に、必要となる書類からお伝えしていきたいと思います。

運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

楽天銀行カードローンの申し込みには、いくつかの書類が必要になりますが、その中でも必ず必要になるのが「本人確認書類」です。

以下に、楽天銀行カードローンの本人確認書類として認められている書類を一覧表にしていますが、ほとんどは顔写真付きの運転免許証やパスポートを提出するだけで申し込みは受理してもらえます。

本人確認書類(いずれかの写し) 運転免許証(裏面に変更情報が記載されている場合は、表面と裏面)の写し
健康保険証(名前・生年月日・申込住所が記載されているページ)の写し
パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
住民基本台帳(顔写真付)の写し
個人番号カード(顔写真付。氏名・生年月日・住所欄※の写し

源泉徴収票などの収入証明書書類

次に、収入を証明する書類についても提出が必要です。

収入証明書類(いずれかの写し) 源泉徴収票・給与明細書・課税証明書のいずれかの写し
課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

ちなみに勤務している会社によっては、源泉徴収票などを発行してくれない会社があったり、小さな個人事業主などの場合は給与明細書も発行されない事があります。

その場合の対処法法や書類の取り寄せ方については、後の見出しで詳しくお伝えしていきたいと思います。

楽天銀行に収入証明書を提出する方法

次に、楽天銀行カードローンに申し込む際の、書類の提出方法やタイミングについても詳しくお伝えしていきたいと思います。

楽天銀行カードローンの書類提出方法としては、「①郵送による提出」と、「②WEBやアプリ上で提出する方法」の二つの方法があります。

現在は、公式WEBやアプリで申し込まれる方がほとんどですので、今回は郵送以外での書類提出方法について詳しくご紹介していきます。

まず、書類を提出するタイミングですが、下記の手続きの流れにある通り、楽天銀行の必要書類は仮審査が終わり本審査の途中で書類の提出が求められる事になります。

以上の事から、書類提出が求められるという事は、ほとんど審査は終了していると言う事になりますので、審査通過は見えている段階と言えるかもしれません。

楽天銀行カードローンの手続きの流れと書類提出のタイミング

手続きの流れ
STEP1 公式WEBやアプリから申し込む
STEP2 仮審査と本人連絡
STEP3 本審査開始、契約内容の確認と在籍確認
STEP4 必要書類の提出 ←ここで提出!
STEP5 審査結果通知と契約、カード発行

アプリで書類を送付する場合の注意点

ただ、WEBやアプリ上で書類を提出する場合には、少しだけ注意点があります。

それは、「写真を鮮明に撮影して提出する」という点です。

楽天銀行カードローンの場合、手続きは全てWEBやメール、そして電話で行う事になり、万一書類に不鮮明な部分があったりすると、何度も提出をやり直させられたり、最悪のケースとしては一旦審査を中止し郵送にて書類を送るように求められるケースもあるかもしれません。

その為、書類をカメラで撮影してWEBで送る際には、特に手ブレに注意し、また蛍光灯などが映り込んで書類が白く光り、文字が鮮明に見えなくなる事がないように、細心の注意を払う事が必要です。

楽天銀行カードローンの限度額によっては、収入証明書は不要?

次に、肝心の収入証明書類の提出について、詳しく解説していきます。

楽天銀行は限度額に関わらず収入証明書の提出が必要です!

まず、前段でお伝えした源泉徴収票などの収入証明書類ですが、銀行や消費者金融カードローンの場合、借入限度額によって収入証明書が不要になるケースがあります。

しかし、楽天銀行カードローンの場合は、基本的に設定される限度額に関わらず、申し込み時には収入証明書の提出が必要になります。

以前は収入証明書が不要の銀行もあったが、最近は厳しくなっている

たしかに、以前は一部の銀行カードローンに於いて、ある一定の限度額までなら「収入証明書の提出を不要」としている銀行もありました。

しかし、最近では銀行カードローンを取り巻く規制がかなりかなり厳しくなっており、ほとんどの銀行では収入証明書の提出が義務付けられています。

これは、昨今の銀行カードローンの過剰融資が原因で、金融庁が各銀行に対して指導を繰り返している…というのが要因になります。

参考までに、平成30年の1月に金融庁から発行された「銀行カードローン検査に関する調査報告書」の一部を抜粋していますが、これを見る限り、過去は「収入証明書を不要としていた銀行」や「200万円以上の限度額に限り収入証明書の提出を義務付けていた」という銀行が多かったようですが、指導後は対象の銀行のほとんどが消費者金融と同じく、「50万円以上の借り入れで収入証明書の提出を義務付けている」という事がよくわかります。

尚、楽天銀行カードローンの場合、申込時の希望限度額は利用者の希望によって決められるものではなく、最初から最高限度額の800万円を希望するものとして申し込むようになっていますので、最終的に設定される限度額に関わらず、申し込み時には必ず収入証明書の提出が必要になります。

平成30年1月26日金融庁銀行カードローン検査中間とりまとめ抜粋

(ア)年収証明書の取得基準年収証明書については、申し合わせ前において、12行すべてが、新規融資実行時の融資額(極度額、以下同じ)が200~500万円超の場合を取得基準としていた。

申し合わせ後は、11行が改正貸金業法上、貸金業者に求められている50万円超に取得基準を引き下げている。

しかし、1行では顧客の実態を把握するための方策について十分な検討がないまま、取得基準を100万円超とする例が見られたため、改善を促した。その結果、この銀行は年収証明書の取得基準を50万円超に引き下げるよう検討を進めている。

参考:銀行カードローン検査 中間とりまとめ

収入証明書不要の銀行でも、審査次第では要求される事もある

また、一部の銀行では収入証明書の提出を「不要」としている銀行もあるようですが、そのような銀行の場合でも、審査途中で返済能力に問題がある事が発見された場合には、後々収入証明書の提出を求めるケースもあるようです。

したがって、銀行カードローンや消費者金融など、全てのカードローンを利用する場合は、とにかく急な提出指示にも応える事ができるよう、あらかじめ収入証明書類は用意しておいた方が無難と言えそうです。

できる事なら収入証明書は提出したくない…。消費者金融はどうなの?

楽天銀行カードローンに申し込む際には、「必ず収入証明書の提出が必要」というのは、十分おわかりいただけたかと思います。

しかし、収入証明書類は書類の取り寄せる必要がある等、少々面倒くさいのも事実ですので、できればそのような面倒な手続きは避けたい…というのが本音のところだと思います。

では、楽天銀行カードローンには申し込まず、消費者金融に申し込んだ場合、収入証明書類の提出はどのような扱いになるのでしょうか?

消費者金融は1社50万円までなら原則提出不要

この点については既にご存知の方も多いかもしれませんが、消費者金融を利用する場合一社50万円までの限度額なら収入証明書を提出する必要はありません。

ただ、先ほどもお伝えした通り審査の結果次第では50万円未満の借り入れでも収入証明書の提出が求められるケースもあるようですが、非常に稀なケースだと思いますので、ほぼ50万円未満なら収入証明書の提出は不要と考えても大丈夫です。

ただ、申し込もうとしている消費者金融の限度額が50万円までだったとしても、既に他社の消費者金融で借入がある場合で、その借入額と新規申し込みの限度額を合算して100万円を超えるような場合は、収入証明書の提出が必要になります。

例えば、既に他社のカードローンで70万円を借りている状態で、別の消費者金融に50万円の限度額を希望して申し込む場合は、最大120万円の借り入れができる事になりますので、収入証明書の提出が必要になります。

尚、これらの収入証明書の提出条件については、貸金業法できちんと決められている内容でもありますので、どの消費者金融に行っても条件は変わる事はありません。

そもそもなぜ銀行は収入証明書の提出を求めるのか?

では、ここで改めて考えてみたいと思いますが、そもそもなぜ銀行は収入証明書の提出を求めるのでしょうか?

先ほども何度か触れた事ではありますが、改めてポイントを整理しておきたいと思います。

勤務先を証明する補助書類として

銀行が収入証明書の提出を求める一つ目の理由は、勤務先を証明する補助書類として確認をしたい、という点が挙げられます。

もちろん銀行カードローンを申し込む際には、勤務先の会社名や連絡先などを登録し在籍確認も行われますので、万一虚偽の申告をしてもそこでばれる事になるわけですが、中には架空の会社名を登録し、知り合いに電話番を頼むなどして、審査をすり抜けるケースもゼロではありません。

このような場合、収入証明書の提出を求めている銀行は、源泉徴収票に書かれた会社名や給与証明書に書かれている勤務先の名前と、申告した勤務先の情報が一致しているかどうか…という事を確認する事が可能になります。

返済能力を確かめる為

二つ目の理由は、先ほどからお伝えしている通り「返済能力を確かめる」と言う点となります。

当たり前の話ですが、楽天銀行は慈善事業でカードローン事業を営んでいるわけではありません。

たくさんのお金を個人に融資して、確実に返済してもらって初めてカードローン事業が成り立つ仕組みになっています。

したがって、利用者の収入証明書を確認し、その人が安定した勤務先に勤め、収入がある事を確認するというのは楽天銀行にとっては非常に重要な事と言えます。

具体的な収入証明書の取り寄せ方

次に、以上でご紹介した収入証明書の取り寄せ方についても、詳しくお伝えしておきたいと思います。

源泉徴収票

まず、収入証明書で最も利用されるケースの多い源泉徴収票についてです。

源泉徴収票には、その年の税込年収や支払った社会保険料など、全ての情報が記載されており、ほとんどの会社では毎年12月になると会社から自動的に配布されたり、また自宅に郵送される会社もあるようです。

また、最近の会社では社内のイントラネットに自分でログインして、源泉徴収票を印刷できるようにしている会社も多くなっているようです。

ただ、小規模の会社の場合や、また以前勤めていた会社を辞めてしまった場合には、改めて会社に源泉徴収票の発行を依頼しないといけません。

その場合は、少々面倒な手続きになりますが、会社の総務担当や人事担当者にその旨を伝えると会社としては源泉徴収票の発行の義務がありますので、快く発行してくれると思います。

尚、何らかの事情で源泉徴収票が発行されない場合は、この後ご紹介する課税証明書などを利用するしか方法はありません。

課税証明書

次に、課税証明書の取り寄せ方についてです。

課税証明書には、給与所得額や所得割額などがきちんと明記されていますので、その人が一年間にどれくらいの収入があって、どれだけの税金を納めたかという事が一目でわかる書類になっています。

課税証明書は、基本的に自分が住んでいる地域の役所に行けば発行してもらう事が可能ですが、もし忙しくて窓口に行けないような場合には、交付依頼書を役所に郵送する事で、課税証明書を自宅に送付してもらえるという自治体もあります。

詳しくは、各市役所や自治体のホームページで確認される事をお勧めします。

確定申告の写し

次に、自営業者や会社経営者などに提出が求められる「確定申告の写し」です。

この場合、特に発行手続きが必要という訳ではではなく、毎年確定申告をきちんと行っていれば確定申告書の控えが手元にあるはずですので、その書類を楽天銀行に提出すればいいという事になります。

尚、万一確定申告の写しを紛失してしまった場合は、税務署に行って保有個人情報開示請求書を提出する事により再発行してもらう事も可能です。

ただし、この場合は手数料もかかりますし、住民票や本人確認書類の提示が再度必要になりますので、少々面倒になります。

収入証明書を偽造してもバレない?

最後に、楽天銀行カードローンに提出する収入証明書を偽造した場合のリスクについても、念のためにお伝えしておきたいと思います。

特に、源泉徴収票や給与明細などは、会社によってはパソコンで偽造ができるぐらいの簡単な書類が発行される場合もある為、人によっては「自分のパソコンで適当に偽造してもバレないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、源泉徴収票に書かれているのは税込の年収だけではなく、支払った社会保険料や税金など非常に細かな金額が記載されていますので、素人では税金の計算などは難しいのが現状です。

したがって、適当な数字を入力して書類を偽造すると、楽天銀行カードローンの審査担当者もその道のプロですのでそのような嘘はすぐに見送ってしまいます。

また、一つでも書類の疑義が発生すると、合わせて別々の収入証明書の提出を求められる場合もありますので、いずれにしても収入証明書を偽造すればすぐにバレると思っておいたほうがいいでしょう。

楽天銀行カードローンでの収入証明書、まとめ

たしかに、カードローンを利用する場合には、収入証明書等の面倒な書類提出はできるだけ避けたい…というのは皆さんの本音だと思います。

しかし、カードローンを利用する場合は、「いくらまで借りれるか?」という事ではなく、自分の収入に対し、本当に返済ができるかどうかをきちんと見極める事がとても重要になってきます。

その為には、改めて自分の年収を確認し、どれくらいの借入が妥当なのか落ち着いて計算する事も大事だと思いますので、収入証明書の要・不要に関わらず、改めて収入証明書で実際の年収を確認される事をおすすめします。

楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?