カードローン審査を受ける前にあなたができること5つ

  公開日:   最終更新日:

これからカードローンへ申し込もうと思っているけど、審査に通るか不安…。果たして自分は審査に通るのか…。
そんなことを思っているあなたのために、審査へ申し込む前に今すぐできる行動を5つ紹介します。

顎に手を当て悩む女性


カードローン審査を受ける前にあなたがやるべきこととは?

カードローン審査が不安なら、少しでも審査に通りやすくなる努力をするべきです。
何も対策しないままでは、当然審査に落ちてしまう確率が高くなってしまいます。具体的にあなたが審査に通りやすくするために、やるべきこと行動を5つ紹介します。

1.収入を増やすまたは今すぐ働く

もらっている年収が多ければ多いほど、申し込んだカードローンの審査で有利となります。とはいえ、収入が多ければそれだけで良いというわけでも無く、収入が安定していることも求められます。収入が安定していることを表明するには、長く働いている勤続年数が求められます。
収入に自信がない人は、一つの職場に長く働いている必要があるということ。
もし、今働いていないという人は、その状態では消費者金融の審査には通りません。消費者金融は、収入で借入金額が決まる「総量規制」の対象だからです。

2.すでに借金があるならば、少しでも返す

今現在、すでに他のカードローンなどキャッシングを利用しているとしたら、少しでも借り入れているお金を返すのも大切です。借入件数と借入金額が多いと、それだけでカードローンの審査で不利だからです。
借入件数を手っ取り早く減らすために、消費者金融や銀行の「おまとめローン」で借金の一本化を行うのも有効な行動です。

3.同居人を作る

同居人がいる人は、「属性」の値が高くなり、申し込むカードローンの審査に有利です。「属性」とは、申し込んだ人の持つ「収入」や「勤続年数」など、支払い能力に直結する情報のことです。
例えば、家族と一緒に住んだ状態でカードローン審査に申し込む。こんな簡単なことでも、審査に有利な情報を作ることが出来るのです。

4.審査の甘いカードローンを調べる

審査基準はカードローンによって異なります。少しでも審査の甘いカードローンを調べておき、そのカードローンへ申し込むことで、あなたがカードローンの審査に落ちてしまう確率を下げることができます。
審査の甘いカードローンを調べるには、ネット上の口コミを見ること、またはその他カードローンの情報サイトを参考にするこのが有効です。

5.お試し審査を受けまくる

カードローンによっては、公式ホームページ上に簡単な数項目の入力で仮の審査結果を教えてくれる「お試し審査」のサービスが展開されています。本審査は、申し込むとその申込み記録が信用情報に残ってしまい、後の審査に影響を及ぼしてしまいます。ところが、お試し審査をいくら受けてもその記録が信用情報に残ることはありません。
現時点の自分の情報を入力して色々なお試し審査を受けまくって、その後の本審査に通るかどうかの一つの目安とすることができます。


どの方法で審査に申し込む?

さあ、いざカードローンへ申込み!
とはいえ、カードローンへ申し込むための方法は一つではありません。いくつかあるカードローンの申込み方法の中から、自分にあった方法で申込みましょう。

ネット申し込み

最近のカードローン申込みはほとんどこの、「ネット申し込み」が主流です。ネット申し込みはパソコンやスマートフォンから公式ホームページにアクセスして、申込みページからアクセスすることで申込みが可能です。
スマートフォンから申し込むことで、パソコンから申し込むのよりさらに場所を選ばない申込みが可能です。審査結果は、申込み時に伝えたメールアドレスへ届きます。

電話申込み

用意されているフリーダイヤルから、カードローン申込みが可能です。
機械音痴で、パソコン・スマートフォンの操作が苦手。できれば契約機からの申込みもしたくない…。そんな方におすすめなのが、この「電話申し込み」です。
この電話申し込みのメリットの一つに「入力ミスが防げる」というのこともあります。

自動契約機から申込み

自動契約機からカードローンへ申し込むことができます。
自動契約機は、日本中いたるところに、大手消費者金融が中心となって設置してくれています。自動契約機から申し込むメリットはなんといっても、審査に通ればその場でカードを受け取ることができること。カードを受け取り次第、同じブース内にあるATMからキャッシングが可能となります。
自動契約機は、大手消費者金融の他にも、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行カードローンでも利用することが可能です。


まとめ

カードローン審査に通るためにあなたが今すぐするべきこと5つ、そしてカードローン審査に申し込むための3つの方法を紹介しました。
少しでもカードローン審査に通りやすくするために、一つでも多くの審査の対策を行っておくべきです。
何も対策を講じない状態で審査に通るほど、カードローン審査は甘くありません。
カードローン審査でまだまだ知っておくべき情報は多いです。TOPページのカードローン審査に関する詳細情報を把握して、さらに申し込む際の助けとしてください。