様々なカードローン審査を受けた筆者が教える、カードローン審査で見られる情報TOP5

過去私は様々なカードローンへの申込みを行ってきました。
消費者金融や銀行が運営する、様々なカードローンの審査を受けまくった私だからわかる、カードローンの審査で重要視される情報をお教えします。
また、審査に有利な状況を作るための方法もお教えします。実際に私は、後で述べる審査対策を行って無事カードローン審査に通りました。

書類を見て悩む男性


カードローン審査に通るためには、条件を満たす必要がある

申し込んだカードローンの審査に通るためには、業者が定めた審査基準を満たす必要があります。具体的な審査基準の設定は、それぞれの消費者金融、銀行によって設定が異なります。とはいえ、審査で見られる情報の種類と、どの情報が重要視されるのか、それらのポイントは、そう大して変わりません。


カードローン審査で重要な情報TOP5

今回は具体的に、カードローン審査で見られる情報を、消費者金融や銀行で重要視される順にTOP5形式で並べてみました。もし審査に不安を感じているなら、少しでも上位の情報を改善した後、申込みを行ってください。

1位 信用情報

信用情報とは、それぞれの個人が持つ、現在どのキャッシングやクレジットカードに申し込んでいるのか、また、現在どのキャッシングと契約を結んでいるのかなどの記録が載った情報です。信用情報機関という専門機関で記録されており、カードローン審査の際見られることになります。
信用情報の審査で重要なのが、過去返済遅延の記録や債務整理の記録が残っていないかどうかです。返済遅延や債務整理の記録は、返済能力に疑問を持たれるきっかけとなってしまい、審査で不利です。

2位 収入

収入の情報は支払い能力に直結するので、カードローン審査において重要な情報として扱われます。収入が高ければ高いほど審査で有利となり、安定しておりある程度の収入があれば、かなり審査に有利となります。
収入が高ければそれだけで良いというわけでもなく、途切れなく定期的な収入であることも重要です。

3位 勤続年数

収入がある程度あるのも重要ですが、それなりに長い勤続年数であることも求められます。勤続年数が短いと、今の職場もすぐ辞めてしまうのではないかと思われてしまい、審査で不利です。具体的に言うと、一年以上の勤続年数がないと、カードローン審査において不利です。

4位 年齢

知らない人も多いですが、年齢もカードローンの審査で重要な審査基準です。
一番審査で有利な年齢は、26歳から35歳の、まだ体力が有り余っており働き盛りの年頃です。ちなみに、年齢と合わせて独身か既婚かも審査で見られます。25歳以下の若年層では、既婚者の方が審査で不利、36歳以上の年齢層では、独身者がカードローン審査で不利となります。

5位 同居人の有無

同居人がいれば、支払い能力が高いとみなされ、カードローンの審査で有利です。パート・アルバイト・主婦・学生など、弱い属性の人はなおさら、同居人がいるかどうかは重要なポイントです。


カードローンの審査に通るか否かは運の要素も大きい

カードローンの審査に通るかどうかは、審査に申し込む時期や、審査を行う担当者の主観なども絡んでくるため、「運」の要素も大きいです。いくら「審査が甘いカードローン」と評判のカードローンへ申し込んでも、運が悪く審査に落ちてしまうことも十分あり得るということです。


少しでもカードローン審査に通りやすくするためには

ここからは、申し込んだカードローン審査に通りやすくするためにできる対策を、2つ紹介します。

どうせバレる嘘を審査でつかない

審査に通りやすくなるようにと、嘘の情報で申し込んで見栄を張る人が多いですが、申込みの際嘘をつくと、その嘘がバレた時点で審査に落ちてしまいます。消費者金融や銀行は過去多くの人を審査してきた「審査のプロ」です。素人のついた嘘くたい簡単に見破ってしまいますから、嘘をつかずに正直な情報で申し込んでください。
ちなみに情報の誤りも「嘘」と同じ扱いを受けます。くれぐれも正確な情報で申し込むようにしてください。

他社借入れ件数、他社借入金額を減らしてから申込みを行って

他社借入れ件数と他社借入状況が多いと、それだけで審査に落ちてしまいます。多少無理してでも「繰り上げ返済」行う。または、消費者金融や銀行の「おまとめローン」などを上手に活用して、なるべくクリーンな借入状況で申し込むようにしてください。


まとめ

カードローンの審査基準は、申し込む消費者金融や銀行の設定で異なります。
具体的に、三井住友銀行カードローンの審査について知りたい方は、TOPページに三井住友銀行カードローンの審査について詳しく書いていますから、そちらを参考にしてください。
ですが、審査で見られる情報の種類と情報の質は、どこも同じです。今回紹介した、カードローン審査で重要な情報に気を使いながら申込みを行ってください。