カードローンの審査とクレヒスの関係とは?

カードローンの審査では申し込んだ人が持つ様々な情報を審査されます。
まず、「属性」の情報。属性には、収入や勤続年数など、支払い能力にまつわる情報が集まっています。
また他にも、属性より重要視されるのが、申し込んだ人が現在どこに申し込んでいるのか。どこからどれだけのお金を借りているのかなど、それらの情報が載っている信用情報です。
クレジットカードヒストリー、通称クレヒスはこの信用情報に入っています。
他にも、カードローン審査で必要となる要素は多く存在します。カードローン審査についてもっと知りたいという方は、TOPページに記載した、カードローン審査に関しての詳細情報を参考にしてください。
現金とクレジットカード


そもそもクレヒスって?

クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略で、その名の通りクレジットカードを使っていた履歴のことです。クレジットカードの利用情報が残る信用情報機関はCIC。カードローンの審査でなく、クレジットカードを発行する審査は特にこのCICに残った情報を審査で重要視します。
クレジットカード請求代金を支払っている記録ももちろん残りますし、利用代金の支払い遅れ。この情報もしっかり残ってしまいます。

CICに残った情報はクレヒスとして扱われる

クレジットカードの支払い情報以外にもCICが扱う記録は軒並みクレヒスとして扱われます。クレジットカード契約情報のほか、リース契約、住宅ローンの借入記録など、CICが扱う情報の幅は幅広いです。
クレジットカードの情報だけだと油断していると、他の審査で痛い目を見ます。


カードローンの審査でクレヒスは見られるの?

さて、あなたが気になっているのカードローンとクレヒスの関係です。
カードローンの審査でクレヒスを見られるのかどうか。実は、CICと契約しているのはクレジットカード会社ばかりではありません。例えばプロミスはJICCという信用情報機関のほかCICにも加盟しています。そのような消費者金融に申し込む場合は、なお一層CICの情報に気を配っていなくてはいけませんよね。

CRINで情報が共有されている

CRINとは、Credit Information Networkの略で、信用情報機関同士が情報を共有する仕組みのことを指します。
共有されるということは、例えばCICで残っている過去の返済遅延、その他契約情報、これをJICCを用いた審査で見られることになります。
しかし反対に言えば、長い期間積み重ねたクレヒスは、消費者金融が審査で利用するJICCの審査でも有利に働くということ。審査は加点方式で行われますから、強いクレヒスはカードローン審査で有利に働くでしょう。

クレジットカードの審査では重要視されるが…

とはいえ、クレヒスはカードローンの審査で重要視されません。
直接、消費者金融や銀行からお金を借りた記録に比べると、弱い情報として扱われるでしょう。
ですが、これがクレジットカードを作る際の審査では話が別です。
クレジットカードで一番重要視されるのこそクレヒス。クレジットカードを作りたいと思っているなら強いクレヒスが必要不可欠です。


アコムのACマスターカードでもクレヒスは貯まる

アコムのACマスターカードをご存知でしょうか。
アコムのローンカード「ACマスターカード」にはカードローン機能のほか、クレジットカード機能をつけることができます。
ですがアコムは大手消費者金融ですから、アコムの審査で主に見られるのはJICCの情報です。たとえクレジットカードの扱いで過去多少の返済遅れなどがあったとしても、アコムの審査基準なら審査に通ることも十分あり得るのです。
また、反対にアコムのACマスターカードを使ってショッピングなど支払いを行った記録もクレジットカードでの支払い記録と扱われるので、この情報はクレヒスとして扱われますから、クレジットカード発行時の審査で有利です。


クレヒスに残った問題はどれくらい残る?

クレヒスに残った不利な情報とは、CICに残ってしまっている返済遅延や、請求金額の一部しか支払うことができなかったという情報のこと。
これは、CICの入金情報に通常きちんとクレジットカード代金支払いが行われていた場合は$と記載されるところ、PやAとして残ってしまいます。これらの審査で不利な情報が消えるまでには5年かかってしまいます。


カードローンの審査に通りやすくするためには

申し込んだカードローンの審査。この審査に少しでも通りやすくするための対策を今一度考えてみましょう。

なるべく綺麗な信用情報で申し込みましょう

カードローンの審査でクレヒスがまったく無関係ではないことをわかってもらえたでしょうか。
クレヒスはカードローンの審査で有利に働くこともあれば、反対にクレヒスが審査で不利に働くこともあるということ。
クレヒスだけでなく、キャッシング履歴にもできればまったく問題を起こさないように、できるだけ綺麗な信用情報で消費者金融や銀行に申し込むことが大切です。

CICに加盟していない消費者金融や銀行に申し込みましょう

CRINで情報が共有されるとはいえ、加盟していない信用情報機関の情報をくまなく見ることは難しいです。
反対に加盟している信用情報機関の情報は、当然くまなく審査されてしまう。このことを覚悟しておくべきです。
カードローンの審査で見られるクレヒス、この情報に自信がない方はぜひCICに加盟していないノーローンへの申し込みをおすすめします。

ノーローン-468-60-20160517
金利 限度額 審査
4.9~18.0% 300万円 最短20分