カードローンの審査がうっとおしい…どうして審査があるの?

カードローン利用前に、申し込んだ誰もが受けることになるのが審査です。この審査で消費者金融や銀行に認められることができないと、そこのカードローンを利用してお金を借入れることができません。
審査が煩わしい…と考えている方に向けて、どうしてカードローンには審査があるのか説明します。

顎に手をあてて悩む女性


カードローンの審査で知りたいのは返済能力

カードローンの審査で消費者金融や銀行が知りたいのは、申し込んだ人が持っている「返済能力」です。多角的にその人の情報を審査することで、どれくらいの返済能力を持っているのか。お金を貸したとしたら、きちんとそのお金と、金利で上乗せされる利息を支払うことができるのか。それを知るために、金融会社は審査を行うのです。
カードローンの審査に通りやすくするコツについて知りたい方は、「カードローンの審査に通りやすくなるコツはある?」を読んでコツを掴んでから申し込んでください。

貸したお金が返ってこないと話にならない

カードローンでお金を貸し付けるのは、非営利団体が行う慈善事業ではありません。貸した分はきっちり返して貰わないと。「貸したお金が少しでも戻ってこない」「返済が遅れてしまう」などの問題が起こると、それだけで債権者側の不利益となってしまうのです。貸し倒れなんてもってのほかなのです。

支払い能力はどの程度か

まず、収入や職場、勤続年数などを審査して、利息まできちんと支払ってくれるのかを調べます。この審査で見られる生活にまつわる情報は「属性の審査」と言われるものです。
加点形式で属性の情報が審査され、少しでも生活力がある人の方が「強い属性を持っている」ということになります。

同居人がいるか

属性の審査で見られる情報は多いですが、生活の安定をみる審査の中では例えば、「結婚しているか」「同居人がいるか」も審査で見られることになります。
同居人がいれば、同居人に支払いを頼ることができると判断され、審査に強い属性となります。

過去の借り入れで返済遅れが発生してないか

過去のカードローンなどのキャッシングで、返済遅延などの問題を起こしていないかも審査されます。この審査で見られるのは、「信用情報」です。信用情報の審査で主に見られるのは、過去のキャッシング記録です。過去にキャッシングを行っていたとしたら、ここで返済遅延があっただけで、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちとなってしまうはずです。

現在の借り入れ状況

過去の借り入れ状況と合わせて、現在の借入件数、そして借入金額も見られます。借入件数と借入金額が多ければ多いほど、返済能力が低いと見られます。また、カードローンなどキャッシングの申込み情報も審査され、短期間に復数のカードローンに申し込んでいたとしたら、その申込み情報も審査で不利となります。

収入源として申し込んだ職場に在籍しているか

属性と信用情報の審査の後に行われるのが、「在籍確認」です。在籍確認で行われるのは、カードローンを運営する消費者金融や銀行から、申し込んだ人が働いている職場への電話確認です。この電話で確認されるのは、申込情報通りその職場にきちんとその人が在籍しているのか。その情報に嘘は無いかということです。


銀行と消費者金融で審査基準が違う

銀行と消費者金融のカードローンで審査基準が異なります。一般的に、消費者金融のカードローンは、銀行カードローンより審査が甘いと言われています。消費者金融の方が、申し込んだ人の属性や信用情報の不備を大目に見てくれるのです。

審査基準を詳しく知るには?

もっと詳細に審査基準を知りたいと思う方も多いでしょうが、はっきり言ってしまうと、審査基準に関して詳細な情報を知る手立てはありません。なぜなら、審査基準に関しての情報は最重要機密だからです。消費者金融や銀行の社員の中でも、上層部の人間でないと詳しい審査基準は知るよしもありません。

お試し審査を受けてみる

プロミス お試し審査

審査基準を知ることはできませんが、その足がかりを掴むことはできます。その審査基準の足がかりを掴むための方法は、大手消費者金融や一部の銀行カードローンで利用できる、「お試し審査」を受ける方法です。
お試し審査は性別や年齢、他社借入状況などの簡単な数項目の入力で仮審査結果を即座に知ることができる、とても便利なサービスです。

審査通過率を調べてみる

大手消費者金融のいくつかは、カードローンの審査通過率を株主向けに公開しています。この審査通過率を見れば、審査の厳しさにも目安が立てられるのではないでしょうか。

消費者金融名 審査通過率
アイフル 47.0%
プロミス 44.0%
アコム 47.0%

最新データで明かされている大手消費者金融3社の審査通過率は以上の通りです。この審査通過率は最近上がり調子なので、大手消費者金融が貸付に積極的である姿勢を見て取ることができます。

自分にあった審査基準のカードローンへ申込みましょう

審査基準の詳しい詳細を知ることができないものの、どこの審査が甘い、どこの審査は厳しいなど、大まかな目星をつけることはできるはずです。
金利や限度額など、良い条件がそろっていたとしても、自分ではこのカードローン審査に通ることはできないな…と感じたなら、無理せず他のカードローンに申込みましょう。
TOPページにもカードローン審査に関する詳しい話題を集めておきました。TOPのカードローン審査に関する詳しい情報を読んで、自分に適したカードローンを選ぶ助けとしてください。