カードローン審査が通りやすい会社はここ!審査に通りやすくなるコツも紹介

更新日:

カードローンを利用する際、避けて通れないのが「カードローン審査」です。

消費者金融や銀行、その他金融会社はカードローン審査にて、申し込んだ人の返済能力を確かめてお金を貸し付けるか判断します。

今回は、消費者金融や銀行が行う審査基準が甘く通りやすい、借りやすいカードローンをその根拠と共に紹介します。

この記事を読めば、カードローン審査が不安で仕方ないあなたも、審査申し込みにぐっと勇気が出てくるはず。

審査が通りやすいカードローンの特徴

ネット上にも氾濫する「審査に通りやすいカードローン」という言葉。

スマホで調べているあなたも、その情報量に戸惑っているのでは。

あなたはただ「審査に通りやすいカードローンがどれか」を知りたいだけなのに。

私が情報を噛み砕いてまずは、「審査に通りやすいカードローンの特徴」から説明していきたいと思います。

とはいえあくまでここで説明するのは「比較的審査に通りやすい」ということであって、申し込んだ誰もが審査に通るというわけでもありません。

金利が高いカードローンは審査が通りやすい

金利が高いカードローンは、比較的審査が通りやすいカードローンだといえます。

その理由は、そのものずばり「金利が高いから」です。

金利が高いということは、カードローン利用者が支払う利息の金額は高いということ。

そして多くの利息を支払うことで、消費者金融や銀行は、利用者が返済不能になることに備えることができます。

それにより「返済能力の低い人」にもお金を貸し付けることができるのです。

つまり、審査に通すことができるということ。

これが「金利の高いカードローンは審査が通りやすい」理由です。

消費者金融のカードローン審査は通りやすい

カードローンを扱っている、数ある業者のなかではやはり「消費者金融カードローン」の審査が一番通りやすいです。

銀行カードローンより、信販会社のカードローンより、消費者金融のカードローンの審査なら多少返済能力が低くとも、審査に通してお金を貸してくれるはず。

中小消費者金融カードローンは審査が通りやすい

消費者金融にも規模があります。

テレビCMを放送するような、全国区の大手消費者金融よりも、地方でひっそり経営されている「中小消費者金融」の方がはるかに審査は通りやすいです。

中小消費者金融の審査なら、たとえ収入が少なくとも、たとえ信用情報にブラックな記録が残っていても、審査通過実績があります。

少しでも審査に通りやすい消費者金融を探している方は、最初から中小消費者金融に絞って申し込んだほうが良いでしょう。

信販系カードローンも意外と審査が通りやすい

クレジットカード業務をメインで扱う「信販会社」もカードローンを運営しているのをご存知でしたか?

たとえばセディナや、オリコなど…。

そうした、信販系カードローンもまた銀行カードローンや消費者金融カードローンとは違う、借りやすい審査基準が設定されています。

独自の審査基準なので、銀行カードローンにも消費者金融カードローンにも審査が落ちた人で、信販系カードローンの審査に通った…という声を聞くほどです。

信販系カードローン審査、一度チャレンジしてみる価値はありそうですよね。

審査に通りやすい大手消費者金融カードローン

それでは具体的に、どのカードローン審査が通りやすいのか。

審査に通りやすく広い方が借りやすいカードローンを、具体的にいくつか紹介します。

ここでおすすめするのは審査基準が甘くて通りやすいだけでなく、借り入れに時間がかからないなど、審査意外にもおすすめポイントが多いカードローンです。

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
即日融資 最短1時間

大手消費者金融プロミスのカードローンは、消費者金融らしい通りやすい審査基準を設定している、借りやすいカードローンです。

審査以外の部分も優秀で、短い審査、様々な方法で可能な即日融資など、プロミスだけのメリットが多いです。

わたしは「借りやすいカードローンってどれ?」と人から聞かれたら、迷わず「プロミスのカードローン」だと答えます。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
即日融資 最短1時間

アコムのカードローンも大手消費者金融らしく、審査に通りやすいカードローンです。

違うのはその審査基準より、ACマスターカードの存在でしょう。

アコムのカードにクレジットカード機能をつけるだけで、即日発行可能でお得なクレジットカードに早変わりするのです。

アコムには借りやすいカードローンだけでなく、作りやすいクレジットカードもあるということです。

アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
即日融資 最短1時間

アイフルのカードローンも、審査に通りやすいと評判です。

そしてアイフルのカードローンは、審査に通りやすいだけでなく審査に時間がかからない。

申し込んだ後電話すれば、審査を早めてくれるフリーダイヤルがあるというサービスの手厚さも魅力です。

大手消費者金融のなかでも、アイフルのサービスが一番行き届いているとはよく言われる話。

サービスが行き届いており、借りやすいカードローンを探している方はぜひ、アイフルのカードローンを利用してください。

審査に通りやすい中小消費者金融

審査に通りやすいカードローン、キャッシングをお探しなら、大手消費者金融よりも中小消費者金融がおすすめです。

中小消費者金融は、大手消費者金融とはちがった審査基準が設定されており、審査の甘さは折り紙付きです。

具体的に審査に通りやすくて借りやすい中小消費者金融をいくつか紹介します。

セントラル

老舗の中小消費者金融「セントラル」も審査に通りやすくて借りやすいです。

中小消費者金融にして、日本全国14店舗に無人契約機を設置しているのが強みです。

つまりセントラルは、中小消費者金融にして、即日融資に対応しているということです。

審査に通りやすいのに即日融資に対応した中小消費者金融は、かなり珍しいでしょう。

セントラルは即日融資に対応!即日借り入れるための条件は?

フクホー

大阪に本店を構えるフクホーもおすすめです。

時に「闇金か?」と疑われるほど甘い審査を行い、利用者にお金を貸し付けます。

店舗での即日融資が一般的ですが、コンビニもマルチコピー機を使った即日振込での借り入れも可能です。

老舗の消費者金融なので、こちらも借り入れに安心感がありますよね。

フクホー株式会社は闇金なのか?

アルコシステム

アルコシステムは、最大でも50万円までという少額融資と高い金利で、利用者が限られてくる設定を組んでいます。

しかしだからこそ、アルコシステムのキャッシングは審査に通りやすく借りやすいキャッシングだと言えるのです。

アルコシステムは即日融資のチャンスあり!審査の難易度と闇金疑惑を追及

カードローン審査で見られる要素は?

カードローン審査について考える上でまずは、「カードローン審査ではどの要素が見られているのか?」を考える必要がありそうです。

カードローンを運営する消費者金融や銀行各社は、申し込んだ人のどんな情報を見ているのか?

審査されるポイントもしっかり把握しておきましょう。

属性

カードローンへ申込むと、まずは「属性」が審査されます。

属性とは、申込み時入力した年収や勤務先など、主に生活に関わる部分。

この収入などの属性をスコアになおして、まずカードローン審査では返済能力をスコアリングで審査します。

属性の審査はほとんどシステマチックに行われるので、時間がかかりません。

収入が多いほど高スコア、勤務先の企業が大きいほど高スコアとなります。

生活力があるほど属性の審査に通りやすい…ということですよね。

信用情報

先程の属性の審査より重要なのが、この信用情報の審査です。

信用情報には、個人の「キャッシング申し込み記録」から「キャッシング借入記録」「キャッシング返済記録」まですべてが記録されています。

この信用情報を見るだけで、その人がどのようにキャッシングなど金融商品とか関わってきたのか、ひと目でわかるということです。

信用情報を審査することで、個人の返済能力、ひいては金融リテラシーまで丸見えです。

信用情報に悪い記録が残った状態(申し込みブラック)な時点で、カードローン審査をクリアするのはかなり難しくなると思ってください。

申し込みブラックとは?申し込みブラックになるともう審査に通らないのか?

審査通過率で見る大手消費者金融カードローン審査基準

消費者金融名 審査通過率
プロミス 46.40%
アコム 43.70%
アイフル 46.00%

大手消費者金融は株主向けのIR情報で、カードローンの審査通過率を公開しています。

この審査通過率から、カードローンの審査基準を探っていきましょう。

大手消費者金融3社とも審査通過率に大差はない

上の表をみてもらえば分かる通り、大手消費者金融3社とも、カードローン審査通過率に差がありません。

つまりどの消費者金融も、審査基準に大差はないということ。

どの消費者金融のカードローンに申し込んだとしても、結果は大差ないということですね。

どの消費者金融に申込むか決めるポイントとしては、やはりそれぞれ違うサービスでしょうか。

大手消費者金融ならどこも即日融資に対応しているので、お金の借り入れにかかる時間にはそう大差ありません。

カードローン審査通過率は20%上げるための審査対策

さて、カードローン審査の内容についてわかってきたところで、つぎはカードローン審査に通りやすくなるカードローン審査対策を学びましょう。

私の言うとおりに審査対策を行うことで、審査通過率を通常より20%上げられること請け合いです。

ひとつでも多く審査対策を行ってくださいね!

自分にあったカードローンに申込む

まず大前提として、自分でも借りられるカードローンに申込むのが大切です。

あなたの状況ではクリアできない審査基準のカードローンに申し込んだところで、どうせ審査に落ちることは目に見えた未来です。

まずは「自分にあったカードローン」を見極めるところからはじめてください。

申込み内容は正確に

申込み内容に嘘や誤りがあると、審査に落ちる要因になります。

例えば収入を多く申告する、勤務形態を正社員と偽るなど、少し調べればすぐバレる嘘はやめてください。

正々堂々とカードローン審査に立ち向かって下さい。

申込むカードローンは1社に絞る

申込み記録が信用情報に残るのは先程も言ったとおり。

そして多重申込みがあると、審査で「返済能力がない」と判断されてしまいます。

なぜなら、お金に余裕がある人ならば、同時に何社もカードローン申込みを行わないからです。

余裕をもって、狙いすました1社のカードローンへ申込みを行って下さい。

必要ないカードローン、クレジットカードは解約しておく

他社借入状況は、カードローン審査結果に大きく影響します。

少しでも他社借入件数、他社借入金額が少ないほど、カードローン審査に通りやすいです。

必要ないカードローンは返済完結して解約しておきましょう。

また、必要ないクレジットカードも同じく、支払いを終えて解約しておくと、カードローン審査通過率がかなり上がります。

銀行カードローンの審査は通りやすい?通りにくい?

カードローンの区分は大きく分けて2つ。

消費者金融のカードローンと、銀行カードローンです。

それぞれ違う審査基準が設定されていますが、よく「銀行カードローンは審査が厳しい」とも言われます。

どうして審査が厳しいのか?

審査が厳しい要因はどこか?

調べていきましょう。

以前より審査基準が厳しくなった

まず、以前より銀行カードローンの審査基準が厳しくなっている現実を把握しなくてはなりません。

一昔前は、「消費者金融カードローンより審査が甘い」なんて言われることもありましたが、今では高い返済能力がを持つ人しか審査に通りません。

審査は厳しくなり、時間もかかるようになったのが、銀行カードローンの現在の状況です。

審査で警察のデータベースにアクセスする

銀行カードローン審査が厳しくなった大きな要因が、審査で警察のデータベースにアクセスするようになったことでしょう。

以前は属性の審査と信用情報の審査を、銀行基準で行うのみでした。

しかも銀行カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融のカードローンより借りやすいなんて言われるほどだったのです。

即日融資なんて夢のまた夢

銀行カードローンは審査に時間がかかり、その後の借り入れにも時間がかかるようになってしまったので、結果的に即日融資で借り入れるのが実質不可能となっています。

時折、条件がすべて噛み合って、即日融資で借入可能な銀行カードローンもありますが、消費者金融ほど即日融資に確実性がありません。

時間をかけない借り入れを希望するならやはり、消費者金融のカードローンで借り入れましょう。

【借り入れを急いでる方向け】即日融資で借りられるカードローンはこれ!

審査の甘さを過剰にアピールする闇金に注意

カードローン審査について調べる上で考えておくべきなのはやはり、「闇金」についてでしょう。

闇金の審査は甘いというよりもはや「審査なし」です。

誰でも、無職だろうが学生だろうが主婦だろうが外国人だろうが誰でもお金を貸し付けます。

そして、法律を無視した金利でお金を貸し付けて、暴利をむしり取るのです。

そして利息の支払い、返済が遅れた人には、暴力的な取り立てを行います。

その取り立ては時に、家族や友人にまで及ぶとか…。

闇金の取り立ての手口はどんなものがある?闇金に関わると人生が狂います

闇金に関わると一生をふいにする危険すらある

闇金からお金を借りると、闇金に個人情報を掴まれてしまうというリスクもあります。

そしてその個人情報がどのように悪用されるか、わかったものではありません。

また個人情報を掴まれているということは、常に追われる恐怖とも戦うことになるということ。

闇金と一度関わってしまうと、その後ずっと闇金の影を感じながら暮らしていくことを強いられてしまうとういことです。

審査に通らない多重債務で悩んでいるなら債務整理も検討しましょう

カードローン審査に通らない多くの人が、他社カードローン借り入れの返済「多重債務」で苦しんでいるのでは。

そんなカードローン審査に通らない、多重債務の返済でも悩む方におすすめなのが「債務整理」です。

債務整理で返済を一気に進めることで、その後のカードローン審査も有利になりますし、今後カードローンに頼らない生活を送ることもできるようになるはずです。

カードローン審査に通らない方のためのお金調達方法

カードローン審査に通らないということは、カードローンでお金を借りられないということ。

つまりお金に困っている状況が続いているはず。

そんな状況を打破するための、お金の調達方法を紹介します。

趣味を見直す

お金に困っている人の多くが、はっきり言って「趣味にお金をかけすぎ」です。

趣味にかけているお金を見直してください。

お金のかからない趣味は、実はたくさんあります。

趣味を楽しむのは、今よりもっと多くのお金を稼ぐようになってからでも良いはずです。

お金がかからない趣味はこんなにある!節約につながる趣味10選

お金を稼ぐ

わかりやすいのが、「お金を稼ぐ」ことです。

今以上に収入を増やすことができれば、単純に使えるお金が増えるので、カードローンに頼る必要がない=審査で悩む必要もない。

ということです。

ネットでお金を稼ぐ方法はたくさんあります!初期投資不要の稼ぎ方紹介

個人融資で借りる

かなりグレーな方法にはなりますが、会社を挟まないキャッシング「個人融資」でお金を借りるという方法もあります。

しかし個人融資はいかんせん、闇金の温床になっていることもあり危険です。

個人融資でお金を借りるときには、くれぐれも慎重に…。

個人融資は危険!別の方法でお金を借りて下さい!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、審査に通りやすいカードローンを、審査に通りやすい根拠や、さらに審査に通りやすくなる審査対策と併せて紹介しました。

どのカードローン審査が通りやすいか。

そして銀行カードローン審査が通りにくいことなど、審査に関してかなり詳しくわかっていただいたのではないでしょうか。

カードローン審査をクリアできるかどうか、その明暗を最後に分けるのは「申し込む人の心持ち」です。