学生がカードローンの審査に通るためには

公開日: 最終更新日:

昔から言われていますが、学生さんは自由な時間がたくさんあるものの、いつだって金欠に苦しんでいるものです。
そんな金欠に悩む学生さんの中には、カードローンでのキャッシングを考えている人も少なくないはず。
今回はカードローンでお金を借りようとしている学生さんに向けて、カードローンの審査対策をご教授します。

悩む学生カップル


そもそも学生はカードローンを利用できるの?

そもそもまだ社会に出ていない学生さんはカードローンを利用した借入が可能なのかどうか。そこから確認せなばなりません。
例えば新生銀行カードローンレイクの公式ホームページのトップにはこう記載されています。

満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方)は、お申込みいただけます。

つまり成人しており、なおかつ安定した収入があれば誰でもお金を借入れることができるということ。ここに学生に対する制限は入っていません。


学生がカードローン審査に通るためにできること

では実際に学生さんがカードローンの審査に対して行うことができる対策を具体的に考えていきましょう。学生は、学生というだけでカードローンの審査で不利です。可能な審査対策はすべて行っておきましょう。

アルバイトで安定した収入を得る

まず審査に通るためには、安定した収入が必要不可欠です。
安定した収入とは、何も正社員として働いて得た収入でなくともかまいません。
アルバイトの収入だったとしても、それが定期的で安定したものであれば、十分安定した収入であると見なされます。
派遣社員や契約社員など、他の非正規雇用にもすべて同じことが言えます。

できるだけ長い期間働いておく

より収入が安定しているとみられるためには、少しでも長い勤続年数が必要です。勤続年数が半年以下では、まず審査に通らないと考えておいてください。審査で収入が安定しているとみられるための最低基準は一年以上の長い勤続年数です。

小額借入希望を出す

審査に受かりやすくなるためには、申込時に出す希望借入額を少しでも抑えることが大切です。多くのお金が必要無いのであれば、提出する希望借入額を10万円など小額の希望を届け出てください。それにより、審査が少し甘くなるだけでなく、審査に時間をかかりません。

携帯利用代金をきちんと払っておく

携帯電話利用料金の支払いが滞納していた場合、その情報で審査に不利となってしまいます。自分で携帯電話利用料金を支払っているとしたら、その支払が遅れないようにするべきです。

消費者金融カードローンに申し込む

よほど自信のある人以外は、三菱東京UFJ銀行カードローンなどの銀行カードローンではなく、プロミスやアコムなど消費者金融のカードローンへ申込みを行って下さい。
消費者金融の審査は学生でも十分借入れることができるほど甘く、時間もかかりません。
具体的に審査の甘いカードローンの情報は「どのカードローンの審査が甘いのか?口コミをチェック」で確認することができます。


親にバレたくないならネットから申込み

学生の皆さんが考えることは、親にバレずにお金を借りたいということ。
それならばおすすめなのが、スマートフォンやパソコンから消費者金融の公式ホームページにアクセスして行うネット申し込みです。
ネットからの申込みならば傍からみてもカードローンの申込みを行っているとバレにくいです。

自動契約機でカード受け取りがおすすめ

ネットから申込み、そのまま借入れカードを郵送で受け取ってしまうと、その郵送物を見られたことで家族にバレてしまいます。
家族にバレないためにおすすめなのは、ネットから申し込み後、カードの受取を自動契約機から行う方法です。
これなら余計な郵送物で親にキャッシングの事実がバレることがありません。
自動契約機の営業時間は22時までなど夜遅いことが多いです。空いた時間でネットから申しこみ、用事を済ませた後最寄り駅近くなど、街なかの目立つ場所にある自動契約機に立ち寄りカード発行、なんてことが可能です。

返済が滞納すると催促状が届くことも

せっかく自動契約機からカードを受け取ったとても、返済が遅れたとしたら、家に返済の催促の連絡をするための催促状が届くことがあります。
催促状が家族に見られてしまうと、当然家族にカードローン利用はバレてしまいます。くれぐれも返済が遅れないように、遅れるとしても早い段階で消費者金融や銀行へ連絡を入れてください。


無利息サービスで返済らくらく?

最近増えてきた、大手消費者金融の無利息サービスを頼りに、お金を借入れる人が多いのではないでしょうか。
無利息サービスは30日間など短い期間に限られてしまうものの、その期間の借入に利息がまったく発生しないサービスです。しかし多くの場合無利息サービスは、はじめてのキャッシングにしか適用されないことに注意が必要です。


低金利の銀行カードローン?

学生さんでは審査に通るのが難しいかもしれませんが、銀行カードローンは金利が低く条件の良いキャッシングが可能です。
数年間など長い勤続年数や、過去2,3回の適度なキャッシング履歴、長いクレヒスなど、審査に有利な情報を持っている学生さんは申し込んでみても良いでしょう。
まだまだカードローン審査に関して不安が残っている方は、TOPページのカードローン審査に関しての情報を見て、疑問や不安を解消してください。