カードローンの審査に落ちたあなたが今すぐすべきこと

公開日: 最終更新日:

申し込んだカードローンの審査に落ちてしまったとしたら、「どうして自分が?」なんてことを思ってしまうかもしれません。当然ですが、その審査落ちには原因があります。

電話を嫌そうにみる男性


カードローンの審査に申し込んだ人の何人が審査に落ちているのか

あなたが申し込んだのは、消費者金融のカードローンですか? それとも銀行カードローンでしょうか。
銀行カードローンの審査なら消費者金融より審査基準が厳しいので、申し込んだうち多くの人が審査に落ちてしまいます。審査基準が厳しく設定されているからです。
大手消費者金融のカードローンも、株主向けに公開されている審査通過率を見ると、およそ申し込んだ半数以上の人審査に落ちていることがわかります。審査に落ちたとしてもなんら不思議はないですね。


審査に落ちた原因として考えられる要因

では、まずあなたがカードローン審査に落ちた理由を探してみましょう。ほとんどの場合、ここに書いてあるいずれかの理由で審査に落ちているはずです。

属性が弱すぎる

審査で支払い能力に大きく関わる「属性」の値。これが、カードローンの運営する業者の定める審査基準を満たすことができなかったとき、審査に落ちてしまいます。属性の審査基準は明かされていないものの、どんな情報で属性が強くなるのかの目安はわかっています。

収入が極端に少ない

収入が少ないというだけでは審査に落ちないものの、あまりにも極端に金額が少ないと、審査で落ちる原因となります。具体的に言うと、銀行カードローンの審査では200万円以上の年収がほしいですし、消費者金融の審査でも150万の年収が必要です。

収入が安定していない

収入で重要なのは金額より、その収入の安定性です。
定期的にある程度の収入をもらっていれば、たとえアルバイトだったとしても審査に通ることは十分あります。

勤続年数が短い

収入が安定しているということを表明するためには、それなりに長い勤続年数が求められます。半年以下の勤続年数なんてもっての他です。審査に強い勤続年数が欲しいなら、一年以上の勤続年数が欲しいです。

信用情報で審査に落ちた

属性が十分だったとしても、信用情報で問題があった時点で、カードローンの審査に落ちてしまいます。信用情報の審査では、キャッシング履歴など様々な情報が残っており、審査では信用情報機関に残っている情報を照らしあわせて行います。

同時にカードローンをいくつも申込みすぎ

意外と知らない人も多いですが、キャッシングに申し込んだというだけで信用情報に残ってしまいます。同時にたくさんのカードローンの審査申込みを行うと、それだけキャッシングを焦っているとみられるので、審査で不利な信用情報が出来上がってしまいます。

過去の返済で遅延があった

信用情報に残った不利な情報といえば、過去の返済遅延です。信用情報に残る返済遅延とは、返済期間から一日二日の遅延ではなく、何ヶ月も返済が遅れた場合。または多少の遅れだったとしてもそれが何回も続いたとしたら、それは信用情報に残る返済遅延となります。

債務整理の記録がある

債務整理の手続きを行った記録も、かなり審査で不利な信用情報として扱われます。
しかも債務整理の記録は、最長10年間信用情報に残ってしまうため、債務整理を一度行うとその後しばらくは審査に通ることはないと思った方が良いです。


審査に落ちたあなたが今からやること5つ

ではここからは、申し込んだカードローンの審査に落ちてしまったあなたが今からやるべきことを5つ紹介します。問題は次です。また同じ過ちを繰り返し、再び審査落ちとなってしまわないためにすることが大切なのです。

まずは落ち着く

まずは一旦落ち着きましょう。
審査に落ちたとしたら、自分が否定されたような気分になりショックかもしれません。ですがまずは一旦落ち着いて、どうして審査に落ちたのか冷静に考えてみてください。
多いのが、審査落ちの原因をヤフー知恵袋などの質問サイトで聞くパターン。審査に落ちたその原因はカードローン運営会社の中でも一部の社員にしかわかりません。誤った、無駄な情報を取り入れないためにも、質問サイトに頼るべきではありません。

申し込んだカードローンを見なおしてみる

申し込んだカードローンについてもう一度調べなおしてみましょう。そのカードローン設定金利ほか借入条件は、果たして自分が利用するに値するものでしょうか。借入条件が良くなれば良くなるほど、審査基準は厳しくなります。
果たしてそのカードローンは、あなたが申込むのに、利用するのに適したカードローンでしょうか。

自分が審査に落ちた原因を見つける

先ほど述べた審査落ちで考えられる原因、またはその他の要因で審査に落ちてしまった原因がないか、もう一度考えてみましょう。
審査落ちの原因がわからないと適切な対策も立てようがありません。

自分に合った審査基準のカードローンを探す

あなたが持っている「属性」や「信用情報」でも通ることができる審査基準のカードローンでないと利用できません。審査基準は明かされていないものの、株主向けに明かされている大手消費者金融の審査通過率や、仮の審査結果を知ることができる「お試し審査」を受けてみるのをおすすめします。

プロミス お試し審査

対策を万全にしてからカードローン審査に申し込む

自分でも通るだろうというカードローンに目星をつけたなら、審査に通ることができやすくなる対策を十分に立てた後、別のカードローンの審査に申し込んでみましょう。
ここで重要なのは、申し込むのは厳選した一社か二社にすることです。復数のカードローン申込みは厳禁です。


カードローンの審査に落ちれば落ちるほど審査に不利

申し込んだカードローンの審査に落ちてしまうと、その審査落ちの記録は信用情報に残ってしまいます。審査落ちが続けば続くほど、消費者金融や銀行はお金の貸付に消極的になります。
TOPページの、カードローン審査に関する詳細情報を参考にしながら、次申し込むカードローンを見つけてみましょう。