借入審査に通りやすいカードローンを紹介

更新日:

悩ましげな男性
借入審査に通らないと、カードローンを利用してお金を借入ることができません。

「それなら…」と、誰しも借入審査に通りやすいカードローンを利用してお金を借りたいと思うもの。

…とはいえ、カードローンの詳しい審査基準は、内部の人間しかわからないもの。

外部の人間、つまり我々は、現時点出揃っている情報だけで、「借入審査に通りやすいカードローン」を見つけなくてはなりません。

そして、今ある情報で借入審査の甘いカードローンを見つけることは、ある程度「可能」です。

実際に、カードローンについてあらゆる知識をそなえた私から、借入審査に通りやすいカードローンを、その根拠を添えて紹介したいと思います。

そもそも借入審査で見られる要素とは

まずは、借入審査で審査される要素からみていきましょう。

借入審査を申し込むと、申し込んだ人のどんな情報を審査されるのでしょうか?

年収情報などから支払能力

キャッシングへ申し込むと、まずは「年収」「勤務先」「勤続年数」などをもとに支払い能力が審査されます。

入力項目の一つ一つを数値化して、その数値の合計値が審査されます。

この「属性の審査」は嘘をつくのが簡単ですが、審査する消費者金融からバレる可能性が高いので、嘘をつくのはおすすめできません。

この審査はほとんどシステマチックに整備されているので、ほとんど審査に時間がかかりません。

信用情報

信用情報の審査も重要です。

信用情報とは、信用情報機関という専門機関に集められる、「個人がキャッシングなど金融商品に関わった記録」です。

この記録の中で、「返済遅延」など金融トラブルが記録されていたとしたら、借入の審査がかなり厳しくなります。

これが「銀行カードローンの審査」だとしたら、審査通過はかなり厳しくなると思ってください。

信用情報は、なるべくクリーンなもの。

できれば少しだけカードローンを利用した記録があるくらいが、一番審査に通りやすいと言われています。

借入審査に通りやすいのは圧倒的に「消費者金融カードローン」

借入審査に通りやすいカードローンをお探しのことと思いますが、それなら圧倒的に「消費者金融のカードローン」です。

消費者金融のカードローンのほうが、銀行カードローンと比べて審査で見られる要素が少ない、審査される情報の深度が違うなど、通りやすい要素が多いです。

まず、あなたは「銀行カードローンから借りる」という選択肢を頭から排除するべきです。

その理由も説明していきます。

金利の高さから審査の通りやすさが伺える

そもそも、金利の高いカードローンのほうが「借入審査に通りやすい」ことをご存知でしたか?

もちろんそれにも理由があります。

金利が高いということは、利用者からそれだけ多くの利息を請求するということ。

利息を多く請求することで、「利用者の返済不能リスク」に備えることができます。

つまり、金利を高くすることで、返済能力の低い人相手にもお金を貸し付けることができるようになるのです。

消費者金融の借入審査はどこも通りやすい?

そこで気になってしまうのが「消費者金融の借入審査はどこも通りやすいのか?」ということ。

消費者金融はひとつではありません。

大手消費者金融のあそこもあそこも、等しく借入審査が通りやすいのか?

詳しく調べてみましょう。

大手消費者金融の借入審査は若干厳しい

大手消費者金融の借入審査は若干厳しいです。

その要因はやはり「信用情報」の審査でしょうか。

大手消費者金融はどこも、都市銀行グループの系列で運営されているので、銀行の厳しい規律に則って審査を行います。

その借入審査基準が甘いわけないかもしれません…。

参考に、大手消費者金融3社の「審査通過率」を載せておきます。

プロミス46.40%アイフル46.00%アコム43.70%

どこもおよそ40%、申し込んだ半数以下の人しか審査に通ってないのがわかるかと思います。

中小消費者金融「街金」の審査は通りやすい

大手消費者金融の借入審査は信用情報の審査などもあり少し厳しいとお話しました。

対して、通称「街金」中小消費者金融の審査基準は違います。

どの機関からの影響も受けない「独自の審査基準」で審査するので、大手消費者金融よりも借入審査に通りやすいです。

そして、街金のメイン顧客が「大手消費者金融の審査に落ちた人」なため、大手消費者金融の審査に落ちても十分借入審査通過がありえます。

どうしても、なんとか借入審査に通りたいと思うなら、中小消費者金融の審査を選んでチャレンジするべきでしょう。

大手消費者金融が重視するのは「信用情報」

大手消費者金融が借入審査にて重要視するのが「信用情報」です。

極端な話、信用情報さえクリーンなら、多少収入等属性の情報が弱くても審査に通ります。

信用情報に「返済が遅れた」記録があると、消費者金融は警戒して借入審査通過を渋ります。

これが「債務整理の記録」ともなると、借入審査通過は絶望的です。

消費者金融は在籍確認も電話なしで行う場合がある

消費者金融の借入審査によっては、「在籍確認を電話なし」で行ってくれるところも。

書類の提出のみで、「在籍確認」としてくれることもあるので、借入審査における在籍確認に心配がある方も安心ですよね。

中小消費者金融によっては、そもそも「在籍確認なし」なんてところも…。

消費者金融における在籍確認の内容とは?

はじめての借入なら「アイフル」のカードローンがおすすめ

私は、はじめて消費者金融から借りるなら、アイフルに申込みをおすすめします。

アイフルの借入審査は、極端に通りやすいとは言いませんが、大手消費者金融のなかで独立型の消費者金融ということである程度の「審査の柔軟さ」が期待できます。

毎月のIR情報の中の「審査通過率」をみても、アイフルは数字のアベレージが高いです。

どんな人がアイフルの審査に落ちるのか?審査に落ちたらどうする?

信用情報が「ブラック」なら中小消費者金融の借入審査を受ける

悩む男性

もしすでに信用情報が「ブラック」になってしまっているなら、ターゲットを絞りましょう。

ブラックな信用情報の持ち主は、「中小消費者金融」のキャッシング審査へ申込むべきです。

ブラックな信用情報がある時点で審査に通りにくいですから、「大手消費者金融の審査」はほぼ無理と思ってください。

かといって誰でも審査に通るヤミ金でもなく、なるべく借りやすい中小消費者金融の審査へ申込みがおすすめです。

セントラル

中小消費者金融の中でも「セントラル」はおすすめです。

なんといってもセントラルは、規模の小さい中小消費者金融にして、無人契約機を使った即日融資が可能です。

金利も大手消費者金融と大差なく、ほとんど大手と同じ感覚でカードローンを借入可能なのです。

「審査に通りやすい、なおかつ借りやすいカードローン」を聞かれたら、私は間違いなく「セントラルのカードローン」と即答します。

キャッシングスペース

キャッシングスペースの借入審査も通りやすいと評判です。

たとえ短期間にキャッシングを同時申込みを行っていたとしても、過去債務整理を行った記録があっても、キャッシングスペースの借入審査には通る可能性が高いです。

信用情報にここまで余裕を持たした審査を行ってくれるのは、さすが大阪堺市に本店を構える街金、といったところでしょうか。

キャネット

ブラックでも借入審査に通りやすいと有名なのが、このキャネットです。

金利は上限いっぱいで、限度額も最大50万円と低いですがその通りやすい借入審査は魅力的です。

即日融資のためには来店融資を受けなくてはならないものの、逆に言えば来店すれば即日融資を受けられるということですから、これは嬉しいポイントです。

借入審査に通りやすくなるようにやっておくべきこと

借入審査に通りやすくする方法はありますが、すでに何社か審査に落ちているあなたにはそんな付け焼き刃は意味がありません。

しかし少しでも審査に通りやすくするためにできることは、少しでも多くやっておきましょう。

無用なクレジットカードは解約しておく

「キャッシング利用状況」「クレジットカード利用状況」は少しでも何もない状態が審査に有利です。

キャッシングを解約できるのが一番望ましいですが、それはきっと難しいでしょうから、「使ってないクレジットカードを解約」して、少しでも金銭状況に余裕があることをアピールしてください。

使ってないクレジットカードの1枚や2枚減ったところで、あなたの状況はあまり変わらないはずです。

月初の申込みがおすすめ

これはあくまで私の予想の粋を出ないのですが、「消費者金融のノルマ」を意識した申込みがおすすめです。

消費者金融は、月ごとにノルマが設定されており、当然社員はノルマ達成に躍起になります。

月初めは社員がノルマ達成に必死なので、多少借入審査基準が甘くなることを期待できます。

月初の申込みがおすすめです!

ヤミ金から借りるのは絶対NG

借入審査で悩んでいるからといって、「ヤミ金からお金を借りる」のは絶対にNGです。

ヤミ金は言うまでもなく「法律を無視した貸付」を行う悪徳業者。

違法な金利で、法外な利息を請求します。

そして返済が滞れば、自宅や勤務先へ暴力的な「取り立て」を行うのです。

また、ヤミ金に掴まれた個人情報がどんな使われ方をするかわかったものではありません。

ヤミ金には絶対関わってはいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

借入審査の通りやすいカードローンについて、今回は説明しました。

圧倒的に消費者金融のカードローンが、銀行カードローンより借入審査が通りやすいこと、審査では信用情報が大切なことなど、わかっていただけたでしょうか。

信用情報に自信がない方はぜひ、「中小消費者金融の審査」をチャレンジしてみてください。