カードローンの仮審査結果と本審査結果で、結果が変わることはある?

公開日: 最終更新日:

「仮審査に通ったのに、その後受けた本審査に落ちてしまった…」なんて人は多いです。
どうして仮審査と本審査の結果が違うのか、気になりますよね。
実は、本審査と仮審査では、見られる情報の質と情報の深さに違いがあるのです。今回の、私の説明で、どうして自分が仮審査に通って本審査に落ちたのか、きっとわかってもらえるはずです。

タブレットを持って調べる女性


カードローンの審査には、仮審査と本審査がある?

ではまずは、カードローンの仮審査と本審査の違いについて勉強していきましょう。それぞれの審査にどんな違いがあるのでしょうか?

仮審査とは

消費者金融や銀行カードローンの「仮審査」とはどんな審査でしょう。仮審査とは、それぞれの公式ホームページ上にある、簡単ないくつかの項目を入力して、その情報を送信すれば大まかな審査結果を受け取れるサービスのことです。
仮審査結果は、その後受ける本審査と違い、ほとんど審査結果を知るまでに時間を要しません。仮審査に申し込むと申し込んだ直後の画面に、審査結果が表示されます。

本審査とは

本審査とは、消費者金融や銀行が、申し込んだ人の持つ収入や勤続年数など「属性」と、主にキャッシング履歴が含まれる「信用情報」を詳しく審査するものです。
この本審査には、審査の早い消費者金融でも最短30分程度時間がかかってしまいます。


どうして仮審査と本審査の結果が違う?

では本題に入りましょう。どうして、仮審査と本審査の結果に差異が出てしまうのでしょうか。簡単に言うと、仮審査と本審査では、審査で見られる情報の深さが違うからです。
仮審査では、「信用情報」の審査まで行わることはありません。行われるのは、主におおまかな支払い能力だけです。
情報の深さとはつまり、多少の信用情報の問題は良しとするのか、それとも何も問題のないクリーンな信用情報が求められるのかということです。

「信用情報」にはどんな情報が入っている?

本審査で見られる「信用情報」には、申し込んだ人のどんな情報が入っているのでしょうか。
「信用情報」には、主に過去と現在に行ったキャッシングが記録されています。この信用情報の審査で、過去の返済遅延や、返済額を減らすために行った債務整理の記録が見つかった時点で、そのカードローンの審査は落ちてしまうと言っていいでしょう。


仮審査結果はあくまで「目安」

仮審査に通ったからといって、目当てのカードローン審査に通った気になっているようでは、まだまだ甘いです。
仮審査は、あくまでその後受ける本審査結果の「目安」でしかありません。仮審査の結果で、おおまかな本審査の結果に予想を立てておくにとどめておきましょう。


同時に復数の仮審査を受けておく

仮審査のサービスに対応している消費者金融や銀行は珍しくありません。大手消費者金融はほとんど対応していますし、中には銀行カードローンの公式ホームページ上で仮審査を受けられるものもあります。
目当てのカードローン以外の仮審査を、同時に受けてみることをおすすめします。いくら仮審査を受けても、信用情報には残りません。その後の審査で不利になることはないのです。
仮審査の厳しさで、その後受ける本審査の審査基準も多少掴むことができるのではないでしょうか。

本審査を同時に申し込むのはNG

仮審査を同時に復数申し込んでおくのはかまいませんが、本審査を同時に申し込んではいけません。
本審査に申し込んだ記録は、信用情報に残ってしまいます。短期間に復数のカードローン審査に申し込んだ記録は、「それだけお金に困っている」と見られてしまい審査で不利となります。
カードローンの本審査に申し込む場合は、厳選したいくつかの審査にとどめておきましょう。


モビットの「10秒簡易審査」は少し違う

ここまで消費者金融や銀行カードローンの「仮審査」についてお話しましたが、モビットの「10秒簡易審査」は他の仮審査とひと味違います。
モビットの「10秒簡易審査」は、他の簡易審査が4つか5つの情報を入力するだけでいいのに対し、10秒簡易審査ではもっと多くの項目を入力しなければなりません。
とても10秒では入力しきれない量です。10秒というのは、すべての項目を入力し終えて、その情報を送信すれば、10秒で審査結果がわかるという意味です。

10秒簡易審査では信用情報も関わってくる

そしてこの10秒簡易審査では、申し込んだ人の「信用情報」まで審査が入ります。これにより、もうほとんど本審査と変わらない審査結果を受け取ることができます。
さらに、10秒簡易審査に申し込んだその記録は、信用情報に残ってしまいます。本審査に申し込むのと同じように、記録がカウントされてしまことに注意しておきましょう。


まとめ

仮審査と本審査では、審査で見られる情報の質と深さに違いがあります。仮審査に通ったからといって、もっと詳しく「信用情報」を審査される本審査も通るとは限らないのです。
仮審査結果はあくまで本審査の「目安」として受け取っておきましょう。カードローン審査が不安な方にとって大きな味方である「仮審査」を上手に使って、その後の本審査も問題なく通るための助けとしてください。
まだまだ審査に落ちた理由がわからない…という方は、TOPページのカードローン審査の詳細情報を参考にしてください。