あなたが三井住友銀行カードローンの審査に落ちた理由をお教えします

三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまったあなたは、現在途方にくれているはず。
どうして自分が審査に落ちたのか?何が審査落ちの原因なのか?
そのことばかり思い悩んでいる人も少なくないはずです。

つらいビジネスマン


まずは落ち着いてください

せっかく電話やネットから申し込んだ三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまったとなれば、あなたはさぞあたふたしているはず。審査に落ちたとは言え、一度落ち着いてください。
よくいるのが、審査落ちの原因をネットのQ&Aサイトで質問する人。Q&Aサイトで質問しても、私の目からみると見当違いなことを言っている人が多いです。Q&Aサイトを頼りにしすぎないで、正確な情報を見つけていきましょう。


三井住友銀行カードローンの審査の審査に落ちたその理由

三井住友銀行カードローンの審査基準は、外部向けにはっきりと公開されていません。どれくらいの人が審査に通ったのか、審査通過率も公開されていないので知ることができません。
ですが、審査で見られる情報に関して、消費者金融も銀行も大きく変わりませんから、審査落ちの原因にはある程度の目星を立てられます。

収入など、「属性」の情報が弱かった

審査で見られる二大要素の一つ、「属性」が三井住友銀行の審査基準を満たすことができなかった人は審査落ちとなってしまいます。
年齢や収入など、生活にまつわるあらゆる情報が属性の審査で見られます。これから述べる属性の審査基準で、あなたは審査に落ちた箇所に心当たりがあるでしょうか。

収入が安定してない?

収入の金額だけでなく、収入形態が審査に大きく影響します。収入が歩合制で毎月変動するよりも、収入が年俸制で毎月安定して収入を得ていた方が審査で有利です。
属性の審査で重要なのは、収入の金額よりも、「収入の安定性」なのです。

勤続年数が短い?

収入だけでなく、勤続年数も審査に大きく関係します。少しでも長い勤続年数が、審査で有利な属性となります。なぜなら、勤続年数が長ければ、急に今の仕事から離れることもないだろうという判断を受けるからです。
半年以下など極端に短い勤続年数は審査に不利です。審査に有利になるのは、一年以上の勤続年数からです。

「信用情報」に傷がついていた

属性よりも審査で重要視されるのは「信用情報」です。信用情報とは、申し込んだ人が現在どのクレジットカードやキャッシングに申し込んでいるのか、そして実際にどれだけお金を借りて、きちんと返済できているのか、その記録です。
特に、過去キャッシングの返済遅延の記録があった場合、信用情報にしっかりと残ってしまい、その後受けたカードローンの審査で不利です。
また、債務整理の記録も信用情報に残ってしまい、その記録が見られることでも、返済能力が低いとみられる原因となってしまいます。

短期間に復数のカードローンへ申し込んでいると審査で不利

意外と知らない人が多いのが、短期間に復数のキャッシングに申し込むと、審査で不利な信用情報となってしまうこと。
復数のキャッシングに申し込まなければいけないほど、お金に困っていると見られるので、支払い能力が低いと見なされてしまうのです。


三井住友銀行カードローンの審査に落ちないためには

三井住友銀行カードローンの審査に通りやすくするために、前もって行うことができる審査対策があります。しっかりと事前に審査対策を行った上で審査に申し込むのが、審査に通りやすくなるコツです。

申込み情報を正確に

三井住友銀行カードローンに申し込む際、正確な情報を申し込むのが大切です。実際の情報とのズレがあった場合、審査に落ちる原因となります。審査でついた嘘を、三井住友銀行は簡単に見抜きます。審査でついた嘘について、「カードローンの審査時についた嘘はバレる?」でも説明しています。
申込時に自分の情報を入力させるのは、どれだけ正直な情報で申し込むか、という信用度を測るという意味もあるのです。

借入件数、借入金額を少なくしておく

他社借入れ件数と借入金額が多い状態では、審査に不利な信用情報となってしまいます。
繰り上げ返済や一括返済を行って、少しでもクリーンな信用情報を作っておきましょう。

おまとめローンを活用する

借入件数を一気に一件とする方法があります。それは、消費者金融や銀行が運営するおまとめローンを使ってキャッシングの一本化を行う方法です。審査で重要視されるのは借入金額より借入件数ですから、おまとめローンでまとめてから審査へ受けると、審査でかなり有利となります。

審査に強い情報を持っておく

審査で有利に働く情報をたくさん持っておくのも有効です。例えばクレジットカードヒストリー、通称「クレヒス」が強いと、カードローンの審査で有利です。
または、これから作るのは難しいですが、過去の2,3度のキャッシング履歴も、しっかりと返済能力があると見られるので審査で有利です。


三井住友銀行カードローンの審査に再び申し込む際は時間を空けて

一度三井住友銀行カードローンの審査に落ちた状態で、再び審査を受け直す際にはある程度の時間を空ける必要があります。
できれば、三井住友銀行カードローンではなく、もっと別のカードローンへ申し込むべきです。ですが、どうしても三井住友銀行カードローンを利用したいならば、数カ月後再び申込みを行ってください。
その際には、あらかじめ審査対策をしておくのも忘れずに。