カードローンの審査に申し込む時必要な書類とは?用意が簡単な順番にご紹介

公開日: 最終更新日:

カードローンの審査に申し込むには、適切に書類を提出する必要があります。今回は申込時に必要な書類を、準備が簡単なものから順に紹介します。
申込み前に種類の準備を行っておけば、借入までの流れをよりスムーズに、そして時間もかけずに行うことができるはずです。
審査に必要な書類以外の、審査に関する詳しい話題を知りたい方は、TOPページのカードローン審査に関する詳細情報を読んでみてください。

給与証明書


カードローン申込みに必要な書類とは?

カードローン審査に申し込む際、書類の提出を求められるでしょう。
当然ですが提出した書類に不備が合った場合、審査に落ちてしまいます。あらかじめ必要書類について知っておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類とはその名の通り、申し込んだ本人であることを証明するための書類です。
この書類で、本人情報を偽ることはできません。また、この本人確認書類が必要になるのは審査が終わった後のカードローン契約時です。

収入証明書

貸金業法で、消費者金融から50万円以上の借入や、銀行カードローンで規定以上の数百万円単位の借入時には、自身の収入を証明するための収入証明書が必要になります。
収入証明書によっては、準備に時間がかかる場合があります。まとまったお金をキャッシングされる予定の方は、収入証明書の準備を怠らないようにしましょう。


用意しやすい本人確認書類トップ3

カードローン契約時に必ず必要になる「本人確認書類」を、すぐに準備できる順番に3つ紹介します。意外と、本人確認書類を持っていなかったという理由で契約できなかった…なんて人も少なくありません。

1位 運転免許証

運転免許証を常に持っている人は少なくないはず。これを書いている私も、財布の中に常に運転免許証が入っています。他の2つの本人確認書類と性質が異なるのは、常に携帯しているケースが多いということ。
難があるとすれば、中には運転免許証を持っていない、という人もたまにいるくらいでしょうか。運転免許証は写真から氏名、住所まで書いてある、優秀な本人確認書類です。

2位 健康保険証

健康保険証も、多くの人が持っている本人確認書類です。国が発行するため偽造が難しいです。ですが中には、常に持ち歩いていないという人も多いはず。運転免許証を用意するのが難しい方は、あらかじめこの健康保険証の準備を忘れないようにしましょう。

3位 パスポート

パスポートも顔写真から住所まで書いてある、優秀な本人確認書類です。ですが問題は、常に持ち歩いていないということ。それに、よく海外旅行に行かれる方以外は、パスポートを持っていないというケースが少なくないということです。


用意しやすい収入証明書トップ4

まとまったお金をカードローンでキャッシングする際に必要になるのが、「収入証明書」。
まとまったお金を借りられることを、消費者金融や銀行に証明するためには、この収入証明書の提出を求められます。用意が簡単な順に収入証明書のトップ4を紹介します。

1位 給与支払明細書

会社勤めの方なら、毎月この給与支払証明書が会社から発行されるはず。この給与支払証明書は、一番用意が簡単な収入証明書です。この給与支払証明書を提出する際に気をつけるのは、直近2ヶ月の給与支払証明書を提出しなくてはいけないということ。古い給与支払証明書は認められません。
会社勤めの方は、一番新しい給与支払証明書を準備しておきましょう。

2位 源泉徴収票

こちらも、会社勤めの方なら毎年会社から発行される書類です。
毎年会社の年末調整時期に発行されるため、しっかり手元に保管している人も多いのではないでしょうか。
ですが、給与支払証明書と同じく会社勤めでない方はこの源泉徴収票を手に入れることができないはず。その場合は役所から発行できる書類を提出しましょう。

3位 課税証明書

課税証明書を発行するには、市町村の役場に申告を出す必要があります。役所まで行く手間と、役場の営業時間も意識しなくてはなりません。

4位 確定申告書

確定申告書は、自営業の方が国に申告するために作成する書類です。
確定申告書にはいくつか種類があり、自分に合ったものを作成する必要がありますが、自営業の方ならむしろ簡単に準備できるかもしれません。
ですが、一から自分で作る必要がある収入証明書という点で、他の3つの収入証明書と比べて用意が難しいと判断しました。


近頃のカードローンは、書類の写真データを送るだけで申込み可能

書類は準備したものの、どうやって書類を提出すればいいのか、はじめてカードローンを利用する方ならなおさらわからないでしょう。
ですが安心してください。最近のカードローンは、書類の提出にお持ちのスマートフォンができる場合があります。スマートフォンについているカメラで書類の写真を撮り、そのデータを消費者金融などに送ることで書類の提出は終わり…なんてことは多くなっています。
または、自動契約機についているスキャナを使って書類のデータをスキャン、自動契約機から送信することで必要書類の提出が終わるなんてケースもあります。
必要書類の準備さえ済ませれば、書類の提出に関するハードルは低いと思って良いでしょう。