審査なしのカードローンなんて存在するのか?審査で悩むならこのカードローン!

公開日:


カードローン審査で悩んでいる方も多いはず。

収入、勤務先、クレジットカード利用状況、その他の都合でカードローン審査に通らない…なんて方は少なくありません。

そんな、カードローン審査で悩んでいる方が考えるのが、「審査なしのカードローンはないのか」ということ。

審査がなければ、そもそもカードローンの審査で悩むこともなくなります。

しかし、そもそも審査なしで借りられるカードローンなんて存在するのか。

そして私が言いたいのは、カードローン審査に落ちてしまう理由はなにか。

その理由にアプローチして、カードローンの審査に落ちない工夫をしたほうが、もしかしたら有益かもしれないということです。

今回は、「審査なしのカードローン」について。

そして、「カードローンの審査そのもの」について、一緒に考えていきましょう。

結論からいうと「審査なし」のカードローンはありません

身も蓋もない話からはじめますが、「審査なしのカードローン」はそもそも存在しません。

カードローンの審査は、貸金会社が申し込んだ人の返済能力を確かめるための大切な手続きです。

審査を行って、カードローンを利用した場合、しっかりその借りたお金を返してくれるか否かを、貸金業者は知りたがるのです。

申し込んだ人に、返済能力があるのかないのかわからない状態で、貸金業者がお金を貸すはずがありません。

よって、「審査なし」のカードローンはこの世に存在しないのです。

「審査なし」のカードローンをうたう業者は逆に怪しい

もし、「審査なしでお金を借りられるカードローン」があるとすれば、そのカードローンを運営するのはヤミ金です。

最近では貸金業法の締め付けも厳しくなり、消費者金融や銀行はキャッシング利用者を慎重に審査します。

ただ、法律を無視してお金を貸し付ける「ヤミ金」は、こうした法律を無視してお金を貸し付けるため、審査なしでのキャッシングなんてものが成り立つのです。

審査が心配でもカードローン選びを間違えなければ審査は通ります

カードローンの審査基準は、カードローンの種類によってバラバラです。

かなり審査基準が厳しく設定されているカードローンもあれば、申し込んだ多くの人が審査に通るカードローンがあるほどです。

つまり、「審査なしのカードローンはないか」と考えているほど、カードローン審査で悩んでいるとしても、「自分が審査に通るカードローン」へ申し込めば問題なく審査に通るということです。

言い換えれば、「勝てる試合をすれば誰でも勝てる」ということです。

カードローン審査の流れ

カードローンの審査がどんな流れで行われるのか。

どの段階で、どんな審査が行われているのか、その審査の内情を調べてみましょう。

申し込み

まずは、目当てのカードローンへ申込みを行います。

申込みフォームの入力項目を埋めて、申込みを行ってください。

属性の審査

カードローンの種類で若干変わりますが、申し込んでから最初に行われるのが「属性の審査」です。

まずは、申し込み情報に基づいて、生活の情報がまず審査されます。

信用情報の審査

その後、もっと深い情報「信用情報」の審査が行われます。

信用情報にブラックな情報がないかどうか、信用情報機関に問い合わせて審査が行われます。

仮審査結果通知

ここまでの審査で問題がなければ、申し込んだ人に向けて「仮の審査結果通知」が送られます。

この段階で、「在籍確認を行う連絡」もされます。

在籍確認・書類提出

ここからは、カードローン審査における「確認」の段階です。

申し込んだ人の職場へと「在籍確認」の電話がかけられて、在籍確認がとれたら書類の提出が求められます。

最近はカードローン審査における書類の提出が簡単になり、スマートフォンで書類の写真を撮って、そのデータを送るだけで済むようになりました。

カードローン契約

ここまできたらカードローン審査は終わりです。

審査結果を受け取って、カードローン契約を行ってください。

そこから振込でお金を借り入れるのか、カードの受け取り後借り入れを行うのかは、カードローンの種類によって異なります。

カードローン審査に落ちる理由を考えてみる

悩む男性

さて、審査なしのカードローンを探しているということは、すでにカードローン審査に落ちてしまっているということでしょう。

それならば考えるべきは、「審査なし」についてではなく、あなたが「カードローンの審査に落ちた理由」です。

カードローン審査に落ちた理由がわかれば、その理由に対してアプローチするなり、審査の甘い貸金業者を探すなり対応策が見つかるというもの。

これからのあなたの人生を考える意味でも、「カードローン審査落ちの理由」を考えていきましょう。

そもそもカードローン審査でみられる内容とは

カードローン審査落ちの理由を考える前に、そもそもカードローン審査でみられる要素について学んでいきましょう。

属性

まず、カードローン申込み後最初に行われるのが「属性の審査」です。

属性の審査は、「仮審査」「一次審査」と呼ばれるほど簡易的に行われる審査です。

属性で審査されるのは、主に申し込んだ人の「生活」です。

申し込んだ人が、どれくらい収入をもらっているのか。

勤務先はどの起業か。

住んでいる家、住んでいる場所はどこかなど、生活にまつわるあらゆる情報を審査されます。

これら生活にまつわる情報がスコアになおして審査され、スコアの合計値がカードローン審査基準を上回ったとき審査通過となります。

信用情報

属性の審査より重要なのがこの「信用情報」の審査です。

信用情報の審査でみられるのはそのまま「信用情報」です。

信用情報の説明はまた、下で行いますが、消費者金融や銀行は審査においてこの信用情報をとても重要視します。

信用情報には、個人が持つ返済能力がとてもよく表れているのです。

収入、勤続年数、属性で審査に落ちるケース

まずわかりやすいのが、「収入」で審査に落ちてしまうケースです。

当然、収入はカードローン審査において重要なファクター。

収入が豊富なだけで、返済能力が高いと見られて、審査に通りやすくなります。

とはいえ、カードローン審査で大切なのは「収入の額」ではありません。

大事なのは、収入が毎月安定しているかどうか。

月々の収入が安定しており、毎月あるカードローン返済に対応できるか否か。そこでカードローン審査結果が変わります。

また、勤続年数が短いと「収入が安定してない」と見られます。

その他、生活態度、生活での収支「属性」は、カードローン審査における第一の関門です。

信用情報の記録で審査に落ちる

そして、属性より重要なのがこの「信用情報」です。

信用情報には、現在のキャッシング申し込み記録、過去のキャッシング返済歴、債務整理を行った記録など、過去個人が金融商品と関わったあらゆる記録がここに残るのです。

そしてこの記録をみれば、「過去どれくらいキャッシングを利用しているのか」「返済が遅れた記録はないか」「債務整理を行ってないか」がわかります。

つまり、個人がキャッシング利用時しっかり返済が可能か。それがわかるのです。

そのため、属性のスコアが高かったとしても、この信用情報の記録が弱いと、金融会社は「返済能力が低い」と判断しがちなのです。

実際カードローン審査に落ちてしまった人がこの「信用情報」げ原因で審査に落ちています。

そして信用情報に不利な記録が残っている状態を「ブラック」と呼びます。

ブラックな状態で審査に通るカードローンは、現実問題数が多くありません。

信用情報は信用情報機関に集められる

信用情報が集められるのが、信用情報機関という独自機関です。

信用情報機関は3つあり、それぞれ信用情報機関によって集められる記録の種類が変わります。

JICCという信用情報機関には、おもに消費者金融のキャッシングを利用した記録が残ります。

CICという信用情報機関に残るのは、主にクレジットカード利用記録です。

そして、全国銀行個人信用情報センターには、その名にある通り「銀行のキャッシング」と関わった記録が残るのです。

審査申し込み情報の嘘で審査に落ちる

カードローン審査に申し込む際、「年収」「他社借入件数」などの項目で嘘をつく人がいます。

もらっている年収より高い年収を書いたり、他社借入件数を少なく申し込むなどです。

当然審査でついた嘘がばれたら審査に落ちます。

仮に嘘がばれないで審査に通っても、あとで嘘がばれたら融資を受けられなくなります。

まず一番最初にできるカードローン審査対策は、「正直で正確な情報でカードローンへ申し込む」ことなのです。

そもそもカードローン審査条件に満たない

カードローン審査に落ちた理由を考えるとき、そもそも考えるべきなのが「審査条件を満たしていたのか」ということです。

例えば消費者金融カードローンは、貸金業法との折り合いもあり「専業主婦」、収入のない「学生」の申込みができません。

そもそも利用資格がないので、審査に通るということがありえないのです。

その他「20歳以上でないとカードローンは申し込めない」など、そもそもの申込み条件から確認してみることは大切です。

在籍確認が取れなくて審査に落ちる

あまり多くないですが、「在籍確認が取れない」ことでカードローン審査に落ちてしまうことがありえます。

在籍確認とは、カードローン審査する会社から、申し込んだ人の勤務先への確認電話。

本当に申し込み情報どおりの会社で働いているのか、という確認が行われるのです。

この確認電話において、電話をとった社員から「在籍が確認できないセリフ」が出た時点で、カードローン審査に落ちてしまいます。

アルバイトでも行われるこの在籍確認。

前もって「自分宛ての電話がかかってくる」ことを社内で周知しておきましょう。

在籍確認の電話は個人名でかかってくるので、「同僚に内緒でお金を借りたい」と思っている方も安心です。

総量規制で審査に落ちる

貸金業法改定によって新たに生まれた法律が「総量規制」です。

総量規制がかかったキャッシングは、年収の3分の1以上お金を借りることができません。

つまり、総量規制の対象であるキャッシングで、「年収の3分の1以上の借り入れ」を行った時点で審査に落ちます。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査基準は異なる

書類を見て悩む男性

「カードローン審査に落ちた」という方に聞きたいのが、申し込んだカードローンは消費者金融のカードローンか、銀行のカードローンかということ。

それぞれのカードローンは、審査基準も、審査でかかわる法律も異なります。

銀行カードローンに落ちたからといって、単純に消費者金融のカードローン審査も落ちるかというと、そんなことはありません。

それぞれのカードローン審査で見られる情報も、それぞれのカードローン審査基準も異なるのです。

銀行法と貸金業法の違い

消費者金融と銀行カードローンで、制限を受ける法律も異なります。

銀行カードローンを制限するのは、「銀行法」。

そして消費者金融カードローンは、「貸金業法」の制限を受けるのです。

単純に、銀行カードローンは「総量規制」の制限を受けないので、収入に関係なく借り入れを行うことができます。

それにより、専業主婦や収入のない学生の借り入れが可能になるのです。

大手消費者金融の審査基準は「IR情報」でわかる

実は、大手消費者金融は株主向けに「カードローン新規契約顧客」の割合を公表しています。

これをみれば、お目当ての消費者金融が、どれくらいの人を審査に通しているかわかります。

つまり、審査基準をある程度把握することができるのです。

単純に、「審査通過率が高いところを狙い撃ち」なんてこともできるということです。

大手消費者金融が公開する「カードローン審査通過率」

それでは具体的に、大手消費者金融が公表する審査通過率をみて、カードローンの審査基準にめどを立ててみましょう。

データは、2018年8月のものです。

消費者金融 審査通過率
アコム 43.7%
アイフル 46.0%
プロミス 46.4%

この月は、わずかですがプロミスの審査通過率が一番高いですね。

8月は、カードローンの繁忙期なので、様々な条件の人が審査に申し込んだことが予想されます。

このデータをもとに、「プロミスへ申し込もう」なんてことが可能なのです。

「審査なし」のカードローンで借りたいあなたにおすすめのキャッシング

さて、ここまでは「審査なしのカードローン」を追い求めるほど、弱気になってしまっている人に役立つ情報をご紹介しました。

ここからは、そんな情報に基づいて、「具体的におすすめのカードローン」を紹介します。

どのカードローンを使えば、審査に不利な情報の持ち主でも、問題なくカードローン審査に通るのか。

多くの人がカードローン審査に通りやすい、おすすめのカードローンを紹介します。

アコム

アコム

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分

上の「審査通過率」の表では、一番審査通過率が低かったアコムですが、私の印象ではアコムが大手消費者金融の中で審査が甘い印象です。

一年のうち、多くの月で審査通過率が50%を超えることがあり、多くの人が審査に通っていることがわかります。

大手消費者金融のうちもっとも審査通過率の平均アベレージが高いアコムは、審査に通りやすい消費者金融でしょう。

アコムは即日融資に対応しているほか、ローンカードにクレジットカード機能を搭載できるなど、他の消費者金融とは違うメリットが盛りだくさんです。

利用する消費者金融にこだわりがないなら、まず手始めにアコムへの申込みはおすすめです。

ダイレクトワン

ダイレクトワン

金利 4.9~20.0%
限度額 300万円
審査時間 最短30分

ダイレクトワンも、カードローン審査が柔軟だとしておすすめの消費者金融です。

ダイレクトワンと聞いてピンとこない方も多いかもしれませんが、スルガ銀行グループの大手消費者金融ということで、信頼と実績は問題ありません。

店頭窓口から申し込みで即日融資の借り入れが可能となります。

セントラル

セントラル

金利 4.8~18.0%
限度額 300万円
審査時間 最短即日

セントラルも、審査が柔軟で借りやすいキャッシングを提供しています。

セントラルは、愛知県に本社をかまえる消費者金融ですが、中小消費者金融には珍しい無人契約機を運営しています。

そしてその無人契約機は、東京にまで設置されているほど。

つまり東京で、セントラルのローンカードを発行できるということ。

それほどの利便性がありながら、セントラルは「ブラック」の審査通過実績があるなど、審査の柔軟さにも定評があります。

どうしてもカードローン審査に通らない方の対応策

審査が柔軟でおすすめのカードローンまで紹介しましたが、それでもカードローン審査に通らず、お金を借り入れることができない人も多いでしょう。

ここからは、そんな「カードローン審査に通らない方」に向けて、カードローンでお金を借り入れる以外の方法でお金を調達する手段を紹介します。

カードローンは確かに、無担保無保証人でお金を手に入れることができ、即日融資にも対応しているという、優秀な「お金の調達手段」です。

しかし、調べてみれば、お金を調達するための手段は他にもあります。

クレジットカードへ申し込む

クレジットカードを上手に使えば、現在の金欠を脱することができるかもしれません。

そもそもお金が必要な理由は何でしょうか?

なにか買いたいものがある?

他社キャッシング返済にあてるお金が必要?

それぞれのお金が必要なパターンは、このクレジットカードを上手に使うことで脱することができるはず。

クレジットカードの審査基準は、カードローンとは違います。

クレジットカードの審査では、主にCICの信用情報が審査されるので、過去の消費者金融キャッシングが与える影響はそれほど大きくありません。

お金がないなら、上手にクレジットカードを活用して現状を変えてみてください。

クレジットカードの現金化を検討

クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスがあるのをご存知でしょうか。

これなら、実質審査無しで現金を手にすることができます。

しかし、この方法は「クレジットカード利用規約」を違反していることもあり、かなりグレーな資金調達法。

クレジットカードの現金化を行う際は、くれぐれも慎重に行ってください。

日払いのバイト

働いて、その当日中に給与が手に入る「日雇いバイト」もおすすめです。

日雇いバイトの種類も多く、工場勤務、引越し業者、イベントスタッフなど、様々な業種から選んで働くことができます。

自分にあった仕事で、働いた当日お金を受け取って、そのお金を自由に使ってください。

働いて得たお金は、どこかからか借りたお金よりもノーリスクで安全です。

できればこの「日雇いバイト」を、多くの人に選んでほしいですが…。

国からお金を借りる

条件を満たせば、国の制度を利用してお金を借りることができます。

国からお金を借りることができれば、業者から借りるのと比べてかなり安全で、なおかつ安心ですよね。

国の「生活福祉資金貸付制度」を利用できる条件は以下の通り。

  • 生活を維持するのが難しい低所得者世帯である
  • 住居の確保ができている
  • 生活保護などを受けられない世帯であること
  • 貸付を受けられれば、自立した生活が見込める
  • 健康で就労が可能である

この条件を満たしていれば、カードローンなどと比べるとかなり低い金利で借り入れることができます。

連帯保証人をつけることができれば、生活福祉資金貸付制度は無利子にて借り入れが可能なほど。

借り入れに多少時間がかかりますが、安全な借り入れを希望する方は、生活福祉資金貸付制度の利用を検討してください。

「審査なしの即日融資」は可能か?

審査なしのカードローンを探している方の中には、「審査無しで即日融資を受けたい」方も多いのではないでしょうか。

果たして審査なしで即日融資を受けられるのか?

…なんて前置きを置いてみましたが、実際にはそんなキャッシングはありません。

審査なしでお金を即日貸してくれるなんて、そんなキャッシングは怪しいですし、実際ヤミ金でしょう。

審査なしで即日貸してくれるのなんてヤミ金くらい

審査無しで即日お金を貸してくれる業者があるとしたら、それは十中八九ヤミ金でしょう。

通常の業者なら、属性、信用情報を審査した後、即日お金を貸してくれるはず。

キャッシングにおいてうまい話ばかり言っている業者は、怪しい業者が多いです。

即日融資を受けられるカードローン

在籍確認なしでカードローンを利用することは可能か?

カードローン審査で気になるのが「在籍確認」です。

在籍確認は個人名でかかってくる、審査する金融会社からの確認電話。

内緒でカードローンを利用したいと思っている方なら誰しも、この「在籍確認」が疎ましいはず。

そんな方に向けて、在籍確認の対応が柔軟な、内緒でカードローンを借りやすい消費者金融を紹介します。

在籍確認の対応が柔軟で借りやすい消費者金融

プロミス

プロミスは在籍確認への対応が柔軟です。

WEB完結のキャッシングが利用しやすく、同じくSMBCモビットのWEB完結キャッシングより使いやすいというメリットもあります。

しかも、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日借り入れることができるというおまけつき。

プロミスは、とにかくサービスに優れた消費者金融です。

アイフル「SuLaLi」

女性専用のレディースローンですが、アイフルの「SuLaLi」もおすすめです。

在籍確認は、貸家に在籍していることを証明できる書類のデータ提出で代替えできます。

限度額が低く、女性の少額借り入れに制限されてしまうものの、優秀なキャッシングであることは間違いありません。

アイフル

「在籍確認を必ず行う」という消費者金融が多い中、アイフルは在籍確認の対応に柔軟です。

事前に相談すれば、アイフルの審査における在籍確認は、「在籍を確認できる書類の提出」で終えることができます。

大手消費者金融の中でもっとも在籍確認の対応が柔軟なのは、間違いなくこのアイフルでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

カードローン審査に不安を抱えており、「審査のないカードローンはないか」とお悩みのあなたのために情報を提供しました。

結論から言うと「審査なしのカードローンはない」ということ。

審査なしのカードローンがあったとしても、その業者はヤミ金であること。

わかっていただけたでしょうか。

カードローン審査を行ってない業者があっても、容易に信用しないようにしてください。