カードローンの審査に通るために必要な要素

カードローンの審査に申し込むと、どうしても通らない人と通る人が出てきます。
せっかく申し込んだ審査に落ちてしまっては、ショックなだけでなくその審査に要した時間が無駄になってしまいますよね。
あなたがこれからカードローンの審査に申し込むつもりなら、少しでも審査に通りやすくするための対策を行っておくべきです。

審査する人


審査に通る人とは

まず、審査に通る人とはどんな人なのか。それを知っておくことも大切です。
具体的に、三井住友銀行カードローンの審査に通る人の特徴について知りたい方は、TOPページの中の、三井住友銀行カードローン審査についての情報を参考にしてください。

属性に問題がない人

属性には、収入から勤続年数、勤務先の会社の情報や居住年数など、生活にまつわる情報が記されています。この属性は情報が加点方式で審査されます。少しでも収入が多ければ高い属性値となり、勤続年数が長ければ長いほど審査で通るために有利な属性となります。
消費者金融や銀行はその人が持つ返済能力を知るために審査します。属性は返済能力と密接に関係する情報なのです。

信用情報に事故情報が残っていない人

信用情報とは、申し込んだ人が今どのキャッシングに申し込んでおり、どれだけお金を借りているのか。また、過去どれだけお金を借りており、その返済を行った記録が残った情報が信用情報です。
信用情報に返済遅延や、また返済額を減らすために行った債務整理の手続きの記録が残っていたとしたら、審査に通りにくい信用情報となってしまいます。


審査に通るために行っておく対策

審査に通るために、申込時に行うことができる対策があります。この対策をするかしないかで審査に通る確率が大きく変わってくることでしょう。

審査に提出する情報は正確に

審査申込時に必要書類を提出する必要があります。必要書類に不足があれば当然審査落ちとなってしまいますし、申し込み書の記載情報にミスがあっても審査落ちとなってしまいます。
嘘をついたつもりが無くとも、結果的に自分が持つ情報と差異が出てはいけません。申し込み前にしっかりと自分の情報を確認して、記載する内容は正確に。
審査が有利になるように収入やその他情報で嘘をついても、消費者金融や銀行は簡単にその嘘を暴きます。申込時に嘘をつくのもやめましょう。

一度に申し込むキャッシングは少なく

短期間に復数の消費者金融や銀行のキャッシングに申し込むのもやめておきましょう。
キャッシングへ申し込んだ情報は、信用情報に残ってしまいます。そして短期間に復数の業者への申し込み情報は、返済能力が低いと判断される理由となってしまいます。
申し込む消費者金融や銀行その他キャッシングは、厳選した一社にすること。これが審査に通るためのコツです。

過去の借り入れ実績を作っておく

実は、はじめてのキャッシングは審査において不利な情報となってしまいます。
まっさらなキャッシング履歴よりも、過去何度かお金を借入れており、そのお金をきちんと期限内に返済できていたほうが、審査に有利な信用情報となります。
あまりにも借入れ履歴が多すぎるのも問題ですが、ほどよくキャッシングを利用しており、きちんと返した情報を持っておくことも、審査に通るために大切な情報なのです。

クレジットカードヒストリーも審査で有利

クレジットカード利用履歴である、クレジットカードヒストリーも審査で常用です。
クレジットカードの性質はキャッシングとよく似ています。クレジットカードを使ってもその場でお金を支払うことはなく、翌月や翌々月に支払うことになります。これはお金を借りてそのお金を返すのとよく似ていますよね。
審査に通りやすくする信用情報を作るためには、一定期間以上のクレジットカードヒストリーを積み重ねておくことも大切です。


審査が心配ならお試し審査に申し込んで

そうは言われても審査に通るかどうか不安だと言う方も多いはずです。特にはじめてのキャッシングなら審査に不安を抱いても致し方なしでしょう。
そんなあなたにおすすめしたいのが、限られた消費者金融などで利用できるお試し審査です。
年齢や性別、年収や他社借り入れ件数など、少ない項目を入力して送信するだけで、大まかではありますが、借入可能か、そして借入限度額はどれくらいかの審査結果を受け取ることが可能です。
このお試し審査の審査結果は本審査の結果と必ずしも同じとは言えませんが、大きく外れることもないはずです。


申し込みブラックだったとしたら

あなたが過去キャッシングを利用しており、信用情報に問題が残っていたとしたら。
その場合は審査に通るのがかなり難しくなります。まず、銀行カードローンや大手消費者金融のカードローン審査ではまず通らないと思ってください。
この場合あなたが利用するべきなのは、大手消費者金融よりも小さな規模で経営を行う中堅消費者金融です。多少の信用情報に残った事故情報は多めに見てくれる業者が多いので、一度相談してみてください。

ヤミ金の利用はNG

ヤミ金は、そうした審査に落ち続けている申し込みブラックの人を相手に商売を行っています。
自己破産から時間が経っていなくても、返済遅延を繰り返していても、どんな人にもお金を貸す代わりに、その貸付は悪質です。
金利は法外に高く、取り立ては暴力的です。一度お金を借りてしまうとヤミ金から手を切るのは難しいです。絶対に利用しないようにしましょう。