収入証明書不要で借りられるカードローンは?収入証明書提出が求められない条件も紹介

更新日:


「カードローンを利用したいけど手元に収入証明書がない」
こちらの記事では、そんな人に向けて収入証明書不要でも借りることができるカードローンを紹介していきます。

源泉徴収票などの収入証明書は大切な書類ですが、なかなか使う機会もないので乱雑に扱いがち。

そのためいざカードローンを利用しようと思っても、すぐに見つからないケースは多いです。

そんな人でも利用可能なカードローンはありますので、あきらめずにこの記事を読んでみてください。

収入証明書の再発行は時間がかかる

カードローンを利用するとき、収入証明書の提出を求められることがあります。

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2~3か月分)
  • 所得証明書
  • 確定申告書類

などが該当します。

サラリーマンの場合、源泉徴収票か給与明細書が必要となりますが、手元に無いとなると会社に再発行をしてもらう必要があります。

会社の経理部に頼めば源泉徴収票の再発行はできますが、手続きに時間がかかるので即日融資はまずできないでしょう。

また会社によってはなぜ源泉徴収票の再発行をするのか勘ぐられる可能性もあり、あまりいいこととは言えません。

収入証明書の再発行をするということは、イコール即日融資ができなくなるということです。

収入証明書不要で借りられるカードローンってどんな会社?

収入証明書が手元に無くてもお金を借りたい場合、収入証明書不要で借り入れができる会社を探さなければなりません。

果たしてそれはどのような会社なのでしょうか。

50万円以下であれば収入証明書不要の消費者金融がほとんど

また消費者金融から融資を受ける際、融資希望額を50万円以下にすれば収入証明書が不要になることがほとんどです。

これは日本貸金協会の貸金業法についてという欄にも記載があります。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)
あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。引用:貸金業法について

このように貸付金額が50万円以上であれば、収入証明書の提出が義務付けられています。

つまり逆を言えば、50万円以下であれば収入証明書の提出は不要ということ。

この法律に則って消費者金融では、借入限度額が50万円以下であれば収入証明書不要としている会社がほとんどです。

借入限度額50万円以下でも、収入証明書の提出を求められるケースはありますが、その場合は消費者金融に相談をしましょう。

消費者金融としてもお金は借りてほしいので、いろいろ相談には乗ってくれますよ。

収入証明書なしでカードローンを利用するときの注意点

融資希望額50万円以下で消費者金融に申し込めば、収入証明書なしで借り入れることがおわかりいただけたと思います。

ここからは収入証明書なしでカードローン審査を受ける際の注意点をみていきましょう。

収入・勤務先欄に嘘は書かない

まず1つ目の注意点は、収入・勤務先欄に嘘を書かないことです。

収入証明書の提出が不要となると、少しでも審査を通過しやすくしたいという思いから収入や勤務先情報に嘘を書く人がいます。

結論から伝えると、嘘がばれた時点で即審査落ちとなるので嘘を書くことは絶対にやめましょう。

勤務先には在籍確認の電話があるので、そこで在籍していないことがわかるとすぐ勤務していないことがばれます。

また消費者金融は、さまざまな人を相手にしてきた審査のプロで、あらゆる会社に関するデータも保持しています。

そのため勤務先・勤務歴・年齢からその人の、大体の年収を割り出すことも可能。

つまりその割り出した年収と、記載された年収があまりにかけ離れていた場合、嘘をついていることがばれてしまいます。

お金を貸すということは、返済してくれるという信頼があってはじめて成り立ちます。

申込時に嘘を書いていることがわかると、その人に対する信頼がないので審査に落ちてしまうということですね。

申込書に嘘を書くと自分の首をしめる結果になりかねませんので、正直に書くことをおすすめします。

消費者金融と銀行の営業時間に注意

続いては消費者金融と銀行の営業時間に注意することです。

特に、即日融資をするときは主に2つのパターンがあります。

  • 無人契約機に行って契約し、ローンカードを発行してもらう
  • インターネット申し込みをして銀行口座に振り込んでもらう

前者の場合営業時間が22時ごろまでのことが多く、審査の時間を考えると即日融資をしてもらうためには20時には来店したいですね。

後者の場合申し込みは24時間できますが、即日振り込みが反映されるのは、15時までのところがほとんど。

銀行の営業時間が15時までなので、銀行振込で融資を受けるときは時間にも気を付けましょう。

どうしても時間がない時は、申込後消費者金融に電話をするという手もあります。

消費者金融も即日融資にニーズがあることはわかっていますので、場合によっては優先して審査対応してくれることもあります。

即日融資の場合時間との戦いでもあるので、その点はしっかり注意していきましょう。

くれぐれも借り入れ希望金額は50万円以下に抑えてください

くれぐれも、消費者金融などのキャッシング申込時「借り入れ希望金額」を聞かれた際には50万円以下で申し出ましょう。

50万円以上の借り入れを希望した時点で、収入証明書の提出を求められます。

仮に、本当に多くの年収をもらっていたとしても…です。

必要ないなら、最低限の借り入れ希望金額で申込みを行いましょう。

他社借入額合計も総量規制内に抑える

一社からの借入額ばかり気にしていると、収入証明書提出は避けられません。

複数社借りているとしたら、その合計の借入額が100万円を超えた時点で収入証明書の提出が必要になります。

すでに、あちこちからお金を借りている…なんて人は、現在どこからどれだけ借りているか改めて把握し直してください。

そして、できれば返済して借入額合計を減らしておくと、収入証明書提出の確率を減らすことができるはずです。

審査において収入証明書の提出が求められない人の条件

それでは具体的に、カードローン審査において、収入証明書の提出が求められにくい人の特徴も調べておきましょう。

どんな人が収入証明書の提出が求められないのか知っていれば、収入証明書の提出が求められないために今何をするべきか、それが見えてくるはずです。

収入証明書が必要ないくらい属性の条件がいい

カードローン審査で収入証明書の提出が求められるのは、申し込んだ人の収入条件に疑問が求められるからです。

当然ですが、「収入条件がしっかりしている」「収入証明書の提出は不要」という認識をカードローン審査で持たれることで、収入証明書不要で借り入れが可能です。

とはいえ、今すぐ収入条件を改善しろと言ってもそれは難しいですよね…。

過去キャッシング返済実績がある

信用情報に、過去キャッシング利用実績があり、その実績で返済を滞りなく行った記録があると、かなり審査に有利となり収入証明書提出を求められにくくなります。

過去キャッシングを利用しており、なおかつしっかり返済しているとなれば、「返済能力が高い」という認識を持たれるからです。

在籍確認を職場への連絡で行う

アイフルなど一部消費者金融は、在籍確認を書類の提出で代わりにすることができます。

しかし書類で在籍確認を行うと、消費者金融から返済能力に疑問をもたれるので収入証明書の提出を求められやすくなります。

職場の電話連絡で在籍確認を行うと、クリーンな収入を表明することができるので、収入証明書の提出を求められにくくなるのです。

具体的な収入証明書の取り寄せ方

次に、以上でご紹介した収入証明書の取り寄せ方についても、詳しくお伝えしておきたいと思います。

源泉徴収票

まず、収入証明書で最も利用されるケースの多い源泉徴収票についてです。

源泉徴収票には、その年の税込年収や支払った社会保険料など、全ての情報が記載されており、ほとんどの会社では毎年12月になると会社から自動的に配布されたり、また自宅に郵送される会社もあるようです。

また、最近の会社では社内のイントラネットに自分でログインして、源泉徴収票を印刷できるようにしている会社も多くなっているようです。

ただ、小規模の会社の場合や、また以前勤めていた会社を辞めてしまった場合には、改めて会社に源泉徴収票の発行を依頼しないといけません。

その場合は、少々面倒な手続きになりますが、会社の総務担当や人事担当者にその旨を伝えると会社としては源泉徴収票の発行の義務がありますので、快く発行してくれると思います。

尚、何らかの事情で源泉徴収票が発行されない場合は、この後ご紹介する課税証明書などを利用するしか方法はありません。

課税証明書

次に、課税証明書の取り寄せ方についてです。

課税証明書には、給与所得額や所得割額などがきちんと明記されていますので、その人が一年間にどれくらいの収入があって、どれだけの税金を納めたかという事が一目でわかる書類になっています。

課税証明書は、基本的に自分が住んでいる地域の役所に行けば発行してもらう事が可能ですが、もし忙しくて窓口に行けないような場合には、交付依頼書を役所に郵送する事で、課税証明書を自宅に送付してもらえるという自治体もあります。

詳しくは、各市役所や自治体のホームページで確認される事をお勧めします。

確定申告の写し

次に、自営業者や会社経営者などに提出が求められる「確定申告の写し」です。

この場合、特に発行手続きが必要という訳ではではなく、毎年確定申告をきちんと行っていれば確定申告書の控えが手元にあるはずですので、その書類を楽天銀行に提出すればいいという事になります。

尚、万一確定申告の写しを紛失してしまった場合は、税務署に行って保有個人情報開示請求書を提出する事により再発行してもらう事も可能です。

ただし、この場合は手数料もかかりますし、住民票や本人確認書類の提示が再度必要になりますので、少々面倒になります。

収入証明書を偽造してもバレない?

最後に、カードローン審査時に提出する収入証明書を偽造した場合のリスクについても、念のためにお伝えしておきたいと思います。

特に、源泉徴収票や給与明細などは、会社によってはパソコンで偽造ができるぐらいの簡単な書類が発行される場合もある為、人によっては「自分のパソコンで適当に偽造してもバレないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、源泉徴収票に書かれているのは税込の年収だけではなく、支払った社会保険料や税金など非常に細かな金額が記載されていますので、素人では税金の計算などは難しいのが現状です。

したがって、適当な数字を入力して書類を偽造すると、カードローンの審査担当者もその道のプロですのでそのような嘘はすぐに見送ってしまいます。

また、一つでも書類の疑義が発生すると、合わせて別々の収入証明書の提出を求められる場合もありますので、いずれにしても収入証明書を偽造すればすぐにバレると思っておいたほうがいいでしょう。

収入証明書不要で借入可能なおすすめのカードローン会社

それでは収入証明書不要で借り入れ可能なカードローン会社の中から、おすすめの会社をピックアップして紹介していきます。

この中から自分に合った会社を探して、早速申し込みをしていきましょう。

アコム

収入証明書不要で借りられるカードローン会社1つ目はアコムです。

消費者金融の審査に通過する審査通過率は45%ほどの会社が多い中、アコムは48%と高い審査通過率を誇っています。

数%の差ですが、審査に通過しやすいというのは、即日融資を希望している人には嬉しいポイントではないでしょうか。

また楽天銀行に口座を持っている人であれば、24時間振込対応も受け付けています。

インターネットからの申し込みでも、24時間即日融資に対応しているので、緊急を要する人にも嬉しいですね。

どうしても収入証明書提出なしで融資を受けたいのであれば、審査通過率が高いアコムがおすすめです。

  • 審査通過率が他の消費者金融と比べて高い
  • 楽天銀行の口座があれば24時間振込対応が可能

プロミス

収入証明書不要でカードローン利用ができるカードローン会社2つ目はプロミスです。

プロミスは家族や知人にばれずにお金を借りたいという人におすすめ。

プロミスにはWEB完結というサービスがあり、これを選択した場合ローンカードの郵送がなくなります。

返済は口座振替を通じて行うのですが、それに対する手数料も必要ありません。

そのためプロミスから郵送物がくることがなくなるので、家族や知人にばれるリスクが低くなります。

WEB完結を選択した場合、収入証明書不要で即日融資も可能なので、積極的に利用していきたいですね。

  • WEB完結であれば郵送物不要で手続きができる
  • 最短30分で審査が完了するスピーディさ

レイクALSA

収入証明書不要で利用できるカードローン会社3つ目はレイクALSAです。

レイクALSAは金利を少しでも安くしたいという人に、おすすめのカードローン会社。

30日間無利息サービスというのは多くの消費者金融が実践していますが、レイクALSAの場合無利息サービスを

  1. 利用金額のうち5万円分を180日間無利息
  2. 最大60日間無利息

という2つから選べます。

つまり5万円以下の融資であれば、半年間無利息で利用できるということ。

少額融資であればレイクALSAの金利はかなり安くなるので、活用しない手はありませんね。

無利息期間も最大60日間と長いので、金利を少しでも抑えたいという人は、レイクALSAがおすすめです。

  • 無利息期間が長い
  • 無利息サービスを2つから選べる

アイフル

収入証明書不要でカードローン利用ができるカードローン会社4つ目はアイフルです。

アイフルは少額融資が可能で、利用金額を1,000円単位で選べます。

最大30日間無利息サービスもあるので、少しだけお金を借りたいという人に便利。

短期間の少額融資を希望している人は、アイフルがおすすめですね。

  • 1000円単位で借入可能
  • 最大30日間無利息期間がある

収入証明書不要でカードローン利用は可能!

いかがだったでしょうか。

収入証明書の提出が必要なく利用できるカードローンを紹介しました。

併せて、収入証明書提出不要になりやすい条件なども説明しました。

収入証明書の提出がしたくない方は、今回の説明を参考に借り入れてみてください。