「審査の甘いカードローン」こんな言葉に安心してはいけません

  公開日:   最終更新日:

「審査の甘いカードローン」。こんな言葉を目にする事があります。
「審査が甘い」ということは、それだけカードローンに申し込んだ多くの人にお金を貸し付けるということ。審査が甘いということはメリットのように思うでしょうが、実はこの裏には落とし穴が潜んでいます。「審査が甘い」という言葉に惑わされず、冷静な判断力を持ったままキャッシングを行ってください。

携帯を持って悩ましげな女性


どうして「審査が甘い」のか

審査が甘いカードローンには、当然ですが審査が甘い理由があります。

支払い能力が無くてもお金を貸すから

カードローンの審査で重要視されるのが、まず「属性」の情報です。属性の審査では、主に申し込んだ人の支払い能力を調べます。通常、「属性」の審査で重要視されるのが以下の情報です。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 居住形態
  • 居住年数

カードローンによっては、持っている電話が固定電話か携帯電話かなど、かなり詳しい情報まで審査されます。
ところが審査の甘いカードローンは、勤務先の情報や簡単な収入情報だけを簡単に審査して、お金を貸し付けます。

信用情報にある問題にも目を瞑るから

属性と同じく審査で重要視される情報が、申し込んだ本人が持つ「信用情報」です。
信用情報とは、現在どのキャッシングやクレジットカードを申込み、実際に利用しているのか、その借り入れと返済の記録です。
通常、この信用情報に返済遅延や、債務整理の手続きを行った記録が残っていた時点で審査に落ちてしまいます。ですが審査の甘いカードローンは、たとえ信用情報に傷がついていたとしても、その情報を無視してお金を貸し付けます。
他社借り入れがある状態も、審査結果に影響を及ぼします。


審査が甘いカードローンの弊害とは

審査が甘いと聞くと、それが「良いこと」のように聞こえてしまいますが、実は審査が甘いことによる弊害があります。
審査が甘いことによる代償が求められる、とも言えるかもしれません。うまい言葉の裏にはいつも落とし穴が潜んでいるものです。

貸し倒れが続いて会社が倒産するかも

誰にでも貸し付けるような審査の甘い業者は、顧客の中に返済が追いつかず貸し倒れてしまう人もいるでしょう。
顧客が貸し倒れてしまうと、そのままその業者の経営が危うくなるリスクです。顧客が貸し倒れて、それによりそのまま経営が傾き、その会社が倒産してしまう…なんて話はよく耳にする話でもあります。
カードローンを利用している会社が倒産すると、別の会社に債権が移り、返済に関する設定がまるごと変わってしまうなど不都合があります。

その業者はヤミ金かも

ヤミ金の大きな特徴の一つに、「審査が甘い」というものがあります。ヤミ金はたとえ収入がない無職だろうと、生活保護受給者だろうと、関係なしにお金を貸し付けるのです。

暴利をむしられるかも

通常、国から認可を受けた正規の消費者金融は、貸金業法で制限された金利を設定しています。ところがヤミ金の場合は、法律を無視して金利を設定しています。
審査が甘い代わりに、異様に高額な利息を請求されてしまうのです。

悪質な取り立てにあうかも

返済を催促する取り立てに関しても、法律で制限がかかっています。ところがヤミ金はその法律すら無視した取り立てを行います。
通常禁止されている、日中の取り立てや、家族、知人を巻き込んだ返済催促も平気で行うのです。


審査が厳しいカードローンの方が安心

できれば、むしろ審査が厳しいカードローンを選んで利用するべきです。
審査基準が厳しく設定されているカードローンの方が、利用者にとって安全な理由があります。

低金利なカードローンが多い

審査が厳しく利用できる人が限られているカードローンには、低金利の設定が組まれていることが多いです。
金利が低い方が支払う利息の金額は少なくなるということ。利用者にとって支払う利息の金額は、少しでも少ない方が嬉しいですよね。

資本の大きな会社の審査は厳しい

会社規模の大きな会社が運営するカードローンの方が、キャッシングに安心感があります。
わかりやすいのが、銀行カードローンです。大きな資本でお金を扱う銀行が運営するカードローンの審査は厳しく設定されています。

三井住友銀行カードローン
金利 限度額 審査
4.0~14.5% 800万円 最短30分

そんな審査の厳しい銀行カードローンの中でも、比較的審査通過が難しくない銀行カードローンが、「三井住友銀行カードローン」です。銀行内の「ローン契約機」を使えば即日融資でキャッシング可能なのも、三井住友銀行カードローンのメリットですね。


審査が厳しいカードローンの方が設定が優秀

「審査の甘いカードローン」と聞くと聞こえは良いですが、「審査の厳しいカードローン」の方が、低金利であることや運営会社の信頼感が大きいなどのメリットがあります。
多少無理してでも、むしろ審査の厳しいカードローンを選んで利用した方が安全だと言えるでしょう。
審査基準ほかカードローン審査をもっと詳しく知りたい方は、TOPページのカードローン審査の詳細情報をよく読んでみてください。