カードローンの審査基準はどこでも同じ?

カードローンの審査基準について詳しく知らないと不安で、カードローンに申し込むことができない…。そんな方に向けて、今回はカードローンの詳しい審査基準についてお伝えします。
とはいえ、カードローンの審査基準はそのカードローンを運営する消費者金融や銀行によって異なりますから、一様に審査基準はこうであるとは説明できません。
カードローンの審査基準以外の、審査に関する話題が知りたい方はぜひ、TOPページに載っているカードローン審査に関する詳しい話題をチェックしてみてください。

書類を審査する男性


カードローンの審査で見られる内容

まずは、カードローンに申し込んだ後、審査で見られる情報について知っておきましょう。
審査基準がわからないと不安なあなたは、審査で見られる情報がわからないことでも不安を感じてしまいますよね。

属性

属性の値が表すのは、おおまかにその人が持つ生活力です。カードローンの審査で重要になる属性の情報は、

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 年収
  • 居住年数
  • 独身か既婚か
  • 持っている保健所の種類

これらの情報となります。
例えば年齢の情報で言えば、若ければ若いほど審査で有利というわけでもなく、26歳~35歳の、一番体力があり、これからどんどん収入が増えてくることが見込まれる年齢層です。一般的に結婚している方が審査で有利ですが、25歳以下の若年層では、結婚している人の方が審査で不利となってしまいます。
雇用形態も言うまでもなく、アルバイト・パートより正社員の方が解雇されるリスクが少ないと見られて、審査で有利です。
属性は加点形式で審査され、最終的なスコアが審査基準を満たした時、審査通過となります。

信用情報

信用情報は少し複雑です。信用情報に含まれる情報は、申し込んだ人が現在どのキャッシングやクレジットカードへ申し込んでいるのか。実際に契約を結んでいるのはどこか。また、返済履歴もここに含まれます。
消費者金融や銀行によって、加盟している信用情報機関の種類が異なり、信用情報機関により残る情報の種類も質も異なります。
ですが、信用情報機関同士で、返済遅延などの事故情報は「CRIN」というシステムで共有されています。
返済遅延や債務整理などの情報はどこへ申し込んでも見られてしまうと思っておきましょう。

どこまで情報を許容するのか

審査基準とはつまり、どこまで属性と信用情報を許容するのかということ。
属性が少し物足りない、例えばアルバイト・パートの人でも、他の情報が問題ないなら審査に通すのか。信用情報に問題があっても、属性が強ければ審査に通すのか。どこまで情報を甘く見るのかの設定は、消費者金融や銀行によってまちまちです。


カードローンの審査通過率で見る審査基準

大手消費者金融の中には、株主向けのIR情報で審査通過率を発表しているところがあります。
審査通過率が高いということは、審査基準が優しいということです。審査通過率には要注目です。

大手消費者金融3社の審査通過率

消費者金融名 審査通過率
アイフル 47.0%
アコム 44.0%
プロミス 47.0%

審査通過率は毎月多少の変動がありますが、近頃はどこも高い数字が出ており、大手消費者金融が貸付に積極的であることがわかります。
銀行カードローンの審査通過率は明かされていないものの、この半分ほどの審査通過率ではないかと見られています。


消費者金融の審査基準は優しく、銀行カードローンの審査基準は厳しい?

一般的に消費者金融の審査は厳しく、銀行カードローンの審査基準は厳しいと言われています。
私も実際その通りだと思います。銀行カードローンの審査は厳しく、時間もかかります。信用情報に少しでも問題があると審査に落ちてしまいますし、収入などの属性の審査も厳しいです。
反対に、消費者金融は多少の信用情報についた傷、また属性が弱いと見られたとしても審査に通ることが多いです。
その中でも審査が柔軟な消費者金融と銀行カードローンを二つご紹介します。

アイフル

234×60
金利 限度額 審査
4.5~18.0% 500万円 最短30分

アイフルは今時めずらしい、銀行に頼らない経営を行っている独立系大手消費者金融です。
独立系を貫くだけの経営ノウハウは信頼に値するものです。その審査基準も銀行に影響を受けない独自のもので、IR情報にも47.0%という高い審査通過率が出ています。

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 限度額 審査
4.6~14.6% 500万円 最短30分

三菱東京UFJ銀行は銀行カードローンは確かに銀行カードローンですが、審査の大部分を提携しているアコムに委託しているため、審査基準がかなり優しくなっています。
審査に多少自信がある方は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」に申し込んでみるのも良いでしょう。


仮審査で調べる審査基準

大手消費者金融や銀行カードローンによっては、簡単にいくつかの項目を入力し送信すると仮の審査結果を受け取ることができる、お試し審査に対応しているところがあります。
このお試し審査だけでも、多少の審査基準のバラつきがあります。まずはこのお試し審査にいくつか申し込んでみることで、カードローンの審査基準が大まかに見えてくるのではないでしょうか。
お試し審査についての詳しい情報は、「カードローン審査が不安なら、まずはお試し審査」で説明しています。こちらも合わせてご覧ください。