「消費者金融の審査に落ちた…」審査に落ちた理由は?どこの審査が甘い?

公開日: 最終更新日:

疑問に思うパソコンを持つ男性
数ある消費者金融の中から「借りたい」と目星をつけて、じっさいにその消費者金融に申し込んだとしても、実際に借りられるかどうかはその後受ける審査の結果次第。

消費者金融ごとに定められている審査基準をクリアしないと、その申し込んだ消費者金融のキャッシングを利用することはできません。今回は、そんな消費者金融の審査に落ちてしまった方に向けて、審査落ちの理由と、審査に落ちても利用できる審査の甘い消費者金融もご紹介します。

そもそも消費者金融が審査で知りたいのは「返済能力」

どうしてどの大手消費者金融も、中小消費者金融も、申し込んだ人を審査するのか。それを考えてみてください。

消費者金融が審査で何を知りたいのか、それを考えれば、今後の審査対策も自ずと見えてくるはずです。

金銭能力は十分か?

申込情報における「年収」や「勤務先」などの情報を審査することで、申し込んだ人の金銭能力を審査します。

お金を貸す側の心持ちを想像してみれば、ろくに収入もなく、勤務先も得体の知れない会社だったとしたら。そんな人にお金を貸したいとはおもいませんよね。この金銭能力、支払い能力の審査を、下で説明する「属性の審査」で行います。

信頼に足る人間か?

この人にお金を貸すと、きちんとそのお金は返ってくるのか。お金を貸せるだけの信頼に足る人間なのか。

過去の行いから、「信頼」を審査します。この審査も、下で説明する「信用情報」の審査で行います。信用情報には、個人が信頼できるかどうか、あらゆる観点の情報が記録されています。

過去の行いにおいて、人間は嘘をつくことはできません。

消費者金融の審査基準

続いて簡単に、消費者金融が申し込んだ人のどんな情報を見ているのか。消費者金融の審査基準からおさらいしましょう。

属性

まずは消費者金融が、申込時に入力した情報を元に属性の審査が行われます。

「年収」「職業」「勤務形態」「勤務先」などの、生活にまつわる、支払い能力に関する情報の審査が行われます。属性の審査基準は、消費者金融によって異なりますが、最低限属性のスコアが認められれば、属性の審査はクリアとなります。

信用情報

属性より重要なのが、この信用情報の審査です。

信用情報とは、専門の信用情報機関に記録される、個人の金融情報です。信用情報に記録される情報を見るだけで、消費者金融は大まかにその人の返済能力を判断します。いくら「属性」の情報が審査に有利だったとしても、信用情報次第で審査結果が変わってしまうほどです。

信用情報は「信用情報機関」に集められる

個人の信用情報は、それぞれ規定されている「信用情報機関」に集められます。

信用情報機関の数は全部で3つ。それぞれ扱う記録の種類は違いますが、審査で必要になる重要な記録は、信用情報機関の間で「CRIN」というシステムによって共有されます。つまり、クレジットカードの利用で起こしたトラブルが、消費者金融のカードローン審査で影響が出るということです。

それぞれ、信用情報機関の種類と特性を調べてみましょう。

JICC

消費者金融の審査に一番絡んでくるのが、この「JICC」です。

JICCが扱うのこそ、「消費者金融」など、貸金業者に関わった記録です。消費者金融のキャッシングに申し込んだ記録から、キャッシング契約記録、そして返済の実績まで残ります。

特に重要なのが、『異参サ内容/異参サ発生日』です。この記録欄に、「延滞」や「債権回収」「債務整理」「カード強制解約」などが記録されていると、審査においてかなり不利です。

また、ここで重要なのが「他社借入金額」です。JICCの記録に高額な他社借入金額が残っている時点で、総量規制との兼ね合いで審査に落ちやすくなってしまいます。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターに記録されるのは、主に銀行のキャッシングを利用した記録です。

ですが、銀行のキャッシングだけでなく、銀行の発行するクレジットカードやアメックスなんかも、審査において全国銀行個人信用情報センターの情報を照会します。

CIC

CICは主に「クレジットカード」の申し込み記録、使用記録、そして利用代金支払い記録です。

もちろん、消費者金融の審査においても、この「CICの信用情報」が関係してきます。

消費者金融の審査に落ちてしまう人の特徴

ではここからは、あなたが消費者金融の審査に落ちてしまった理由を、具体的に考えていきましょう。

属性編

まずは、属性の情報で審査に落ちてしまったパターン。属性の情報は、返済能力に直接関わってくるので、審査落ちの理由も特定しやすいです。

安定収入がない

まずは「年収」に関する情報で審査に落ちるケースから。年収も審査基準の一つであるものの、年収の額はそれほど重要ではありません。重要なのは、収入が定期的で安定しているか。不定期で途切れがちな収入では、審査に落ちやすくなってしまうからです。

審査に落ちてしまった方は、まずは自分の収入が安定したものか、思い返してみましょう。

「年収の額」よりも収入の安定性が重要

年収が少ないと審査に落ちてしまう…。と思っている方も多いでしょうが、年収の額は、実はそれほど審査に重要ではありません。

審査で重要視されるのは、「年収の額」よりも「収入の安定性」です。勤続年数が一定以上の長さならば、「収入が安定している」とみなされるので、審査に有利な収入条件となります。

雇用形態も重要

雇用形態如何で、「収入が安定しているか」も判断される材料となります。

雇用形態がアルバイト・パートだと、いつ辞めるかわからないと判断されるので、「収入が不安定」だと思われるのです。とはいえ、アルバイトだったとしても、審査のスコアが不利になる程度です。審査結果に直接影響することは少ないと思われます。

職業で審査に落ちるか

わかりやすく審査に落ちる職業も存在します。消費者金融が嫌うのが「水商売」「風俗業」で働くひとです。収入が不安定で、働いている人が比較的すぐ辞めてしまうという理由で、審査に不利な要素ばかりです。

勤続年数も審査基準の一つ

勤続年数が短いと、審査で不利となります。働き始めてから3ヶ月未満では、収入が途切れるリスクが大きいという理由で審査に落ちてしまうかもしれません。半年以上の勤続年数がないと、属性の審査ではかなり不利なスコアとなってしまうでしょう。

信用情報編

信用情報の記録で審査に落ちてしまうケースも考えておきましょう。

属性の審査と違い、信用情報は記録一発で審査に落ちてしまうほどの影響力があるため、信用情報の記録は利用者側も慎重に扱う必要があります。

過去に金融トラブルを起こしている

消費者金融の審査に落ちてしまう人の多くが、この信用情報に記録されている「金融事故」を原因に審査に落ちてしまいます。

過去のキャッシング利用中に返済遅延があったらその記録、そして過去返済額の減額を狙った債務整理を行った記録、これらの記録で簡単に審査落ちとなってしまいます。

信用情報に残った不利が消えるまでには5年から10年ほど時間が必要です。その間は審査に落ちやすくなってしまうということですね。

短期間に複数のキャッシングに同時申し込みを行っている

他者キャッシング申し込み記録も、信用情報に記録されます。

短期間に、多くのキャッシングに申し込んでいる記録が見られると、「キャッシング同時申し込みするくらいお金に困っている」と判断されます。これにより、消費者金融の審査に落ちやすくなってしまうのです。

キャッシング審査通過率を上げるためにも、申し込む消費者金融は厳選しましょう。

他社借入件数が多すぎる

他者キャッシングをすでに利用しているなら、その借入記録によって審査に落ちることも考えられます。

他者借り入れが多ければ多いほど、返済にかかりきりとなるので、「返済能力が低い」と判断されるからです。消費者金融の審査に通りやすくなるための対策として、「多少無理しても繰り上げ返済を行う」というものがありますね。

総量規制内の借り入れか

総量規制により、消費者金融など貸金業者から借りられるお金は「年収の3分の1」までという制限がつきます。

総量規制の制限を受けたキャッシングを利用するならば、他者借入額合計が年収の3分の1を越えていないか、一度思い出してみてください。

ちなみに消費者金融のキャッシングだけでなく、クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象です。

総量規制に関する開設は、「総量規制とは?どんなキャッシングが総量規制対象外なのか?」の中で行っています。

大手消費者金融の審査は厳しいのか?

アコムやプロミス…そうした知名度の高い「大手消費者金融」の審査基準はやはり厳しいのでしょうか。

銀行傘下の営業を行う大手消費者金融の審査は、やはり提携している銀行の影響を受けるので、審査基準に強いしがらみがあるのも確かです。大手消費者金融のサービスは、利用者にとってかなり借りやすい、優秀なものが揃っています。しかしそのサービスを受けるには、やはり「相応の返済能力」が求められるというわけです。

大手消費者金融3社の「審査通過率」

大手消費者金融は、株主向けのIR情報で、カードローン申し込みに対する「審査通過率」を公開しています。

審査通過率を見れば、その消費者金融の審査基準がどの程度か、だいたいの目安を知ることができます。

今回は参考として、「2017年10月」の大手消費者金融3社の審査通過率を載せておきます。

消費者金融 審査通過率
アコム 47.2%
プロミス 46.8%
アイフル 46.4%

大手消費者金融の審査に落ちても借りられる審査の甘い消費者金融

ここまでであらかた審査落ちの理由は目星をつけられたのではないでしょうか。しかし一度消費者金融の審査に落ちてしまったなら、その事実はもう変えようがありません。問題はこれからです。これからどうするか。私がおすすめするのは、多くのしがらみがあり審査の厳しい大手消費者金融より審査野甘い、「中小消費者金融」に申し込むことです。

中小消費者金融の中にも、大手消費者金融と遜色ないくらい使い勝手の良いサービスを備えている会社もあります。

具体的にどの消費者金融がおすすめなのか?私がいくつかピックアップします。

アロー

アロー

金利 15.0%~19.94%
限度額  200万円
融資  最短即日融資

アローは、愛知県に本社を置く、俗に言う「街金」です。

アローのキャッシング、「フリープラン」は、審査最短45分。審査に通れば最短即日振込で借り入れも可能となります。他者の借り入れをまとめる「おまとめローン」にも対応しており、「多重債務者」への審査の柔軟さもうかがい知ることができます。

セントラル

セントラル

金利 4.8%~18.0%
限度額  300万円
融資  最短即日融資

セントラルは、中小消費者金融には珍しい「自動契約機」を町中に設置しています。その他にもレディースローンにも対応するなど、利用しやすいサービスが自慢です。金利も4.8~18.0%と、大手消費者金融のキャッシングとほぼ同じ設定です。

それでいて、審査基準は大手より甘いとなれば、申し込まない理由も見つかりませんよね。

ライフティ

ライフティ

金利 8.0%~20.0%
限度額  500万円
融資  最短即日融資

ライフティは、新宿の歌舞伎町に本社を構える中小消費者金融にして、サービスは充実しています。なんと、審査時間は脅威の最短30分。

審査の早いカードローンは、はじめての利用には「35日間の無利息期間」がつきます。また、ライフティはカードローンの他にも、「おまとめローン」を展開するなど、サービスに優れた中小消費者金融なのです。

フタバ

フタバ

金利 14.959%~17.950%
限度額  50万円
融資  最短即日融資

フタバの審査も柔軟で、信用情報に過去債務整理の記録があったとしても、審査に通った実績があるほどです。

そしてなんといっても、「1935年創業」の信頼感もあります。街金は借り入れに信用出来ないところが多く、実際街金に混じってヤミ金も多く存在しているのも確かです。

キャッシングに「信頼」を求める方には特に、「フタバ」からの借り入れをおすすめします。

株式会社アルコシステム

アルコシステム

金利 8.0%~20.0%
限度額  500万円
融資  最短即日融資

アルコシステムも、審査が柔軟であるだけでなく、「最短即日融資」に対応している中小消費者金融です。

金利が高めですが、だからこそ、「審査の甘さ」が期待できるのです。というのも、金利が高いキャッシングというのは、「キャッシング利用者の返済不能リスク」を考えたうえで、高く設定されているのです。

つまり、金利が高ければ高いほど、「審査は甘い」と考えて良いということです。

SGファイナンス

金利 8.0%~20.0%
限度額  500万円
融資  最短即日融資

お金を貸し付ける地域に制限がかかる中小消費者金融も多い中、株式投資SGファイナンスは「全国の振込対応」の消費者金融です。

金利設定も大手消費者金融並の低さで、借換ローンや多目的ローンにも対応しています。

電話申し込みの上、直接来店して申し込みも可能です。電話申し込み、ネット申し込みが不安なら、SGファイナンス店舗に赴いて申し込みを行ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

すでに消費者金融の審査に落ちてしまっているとしたら、まずどうして審査に落ちてしまったかの原因究明。そして、これからの審査について考えなくてはなりません。

自分の情報に見合った消費者金融に、しっかりと審査対策を行った上で申し込めば、絶対に審査に通ります。もちろん、信用情報に不利な情報が残っていないこと前提ですが…。