消費者金融や銀行…カードローンの審査基準はどこも同じ?

公開日: 最終更新日:

カードローンの審査基準について詳しく知らないと不安で、カードローンに申し込むことができない…。そんな方に向けて、今回はカードローンの詳しい審査基準についてお伝えします。
とはいえ、カードローンの審査基準はそのカードローンを運営する消費者金融や銀行によって異なりますから、一様に審査基準はこうであるとは説明できません。
たとえばみずほ銀行カードローンなど、一社に絞った審査情報を知りたい方は、専用の審査基準ページを参考にしてください。→「みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

書類を審査する男性

カードローンの審査で見られる内容

まずは、カードローンに申し込んだ後、審査で見られる情報について知っておきましょう。
審査基準がわからないと不安なあなたは、審査で見られる情報がわからないことでも不安を感じてしまいますよね。

属性

属性の値が表すのは、おおまかにその人が持つ生活力です。カードローンの審査で重要になる属性の情報は、

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 年収
  • 居住年数
  • 独身か既婚か
  • 持っている保健所の種類

これらの情報となります。
例えば年齢の情報で言えば、若ければ若いほど審査で有利というわけでもなく、26歳~35歳の、一番体力があり、これからどんどん収入が増えてくることが見込まれる年齢層です。一般的に結婚している方が審査で有利ですが、25歳以下の若年層では、結婚している人の方が審査で不利となってしまいます。
雇用形態も言うまでもなく、アルバイト・パートより正社員の方が解雇されるリスクが少ないと見られて、審査で有利です。
属性は加点形式で審査され、最終的なスコアが審査基準を満たした時、審査通過となります。

信用情報

信用情報は少し複雑です。信用情報に含まれる情報は、申し込んだ人が現在どのキャッシングやクレジットカードへ申し込んでいるのか。実際に契約を結んでいるのはどこか。また、返済履歴もここに含まれます。
消費者金融や銀行によって、加盟している信用情報機関の種類が異なり、信用情報機関により残る情報の種類も質も異なります。
ですが、信用情報機関同士で、返済遅延などの事故情報は「CRIN」というシステムで共有されています。
返済遅延や債務整理などの情報はどこへ申し込んでも見られてしまうと思っておきましょう。

「信用情報開示」で自分の信用情報を確かめることができる

自分の信用情報がどんな状態か、それを知る方法があります。それが「信用情報開示」です。
CICやJICCなど信用情報機関に、「信用情報を開示してくれ」と要求することで、最長10年ほどの信用情報を確認することができます。
信用情報開示請求は、パソコンやスマートフォンから気軽に出すことができます。インターネット開示請求なら、家にいてもどこにいても出すことが可能になるのでおすすめです。
自分は過去のキャッシングやクレジットカード利用時に問題を起こしていないか。問題が残っているとしたら、その問題からどれくらいの期間が経過しているのか。それを確かめてみましょう。

どこまで情報を許容するのか

審査基準とはつまり、どこまで属性と信用情報を許容するのかということ。
属性が少し物足りない、例えばアルバイト・パートの人でも、他の情報が問題ないなら審査に通すのか。信用情報に問題があっても、属性が強ければ審査に通すのか。どこまで情報を甘く見るのかの設定は、消費者金融や銀行によってまちまちです。

消費者金融や銀行にとって審査基準はトップシークレット

この「審査においてどこまで情報を許容するのか」の基準は、審査を行う消費者金融や銀行によって異なります。
「多少収入が少なくとも、信用情報が優秀な羅審査に通す」消費者金融は多いです。カードローン審査でより重要視されるのは、「属性」より「信用情報」なのです。この審査基準は、カードローンを扱う審査担当者以外には公開されていません。カードローン審査基準は、自社のキャッシング経営の根幹だからです。

カードローンの審査通過率で見る審査基準

大手消費者金融の中には、株主向けのIR情報で審査通過率を発表しているところがあります。
審査通過率が高いということは、審査基準が優しいということです。審査通過率には要注目です。

大手消費者金融3社の審査通過率

消費者金融名 審査通過率
アイフル 47.0%
アコム 44.0%
プロミス 47.0%

審査通過率は毎月多少の変動がありますが、近頃はどこも高い数字が出ており、大手消費者金融が貸付に積極的であることがわかります。
銀行カードローンの審査通過率は明かされていないものの、この半分ほどの審査通過率ではないかと見られています。

審査通過率の高さは「広告の数」に比例する?

「審査通過率が高いと審査が甘い」と単純に考えてしまいがちですが、実は、審査通過率はカードローン運営会社の「宣伝活動」にも比例します。単純に、知名度の高いカードローンは「新規申込者数」も多くなるので、それだけ審査通過率が高くなるからです。

大手消費者金融3社では、知名度の高さにそれほど差が無いかもしれませんが、例えば知名度の低い「ノーローン」へ申し込むのは信用情報が弱い人が多いです。なぜなら、知名度の低いカードローンへ申し込むのは、大手のカードローン審査に落ちてしまった人が多いからです。
つまり、「ノーローンの審査通過率が低い」ことは、「ノーローンの審査基準が厳しい」ことに直結しないのです。

審査通過率で単純に判断しないで、審査通過率は一つの目安にする冷静さがあれば、カードローン審査をクリアしやすくなるでしょう。

消費者金融の審査基準は優しく、銀行カードローンの審査基準は厳しい?

一般的に消費者金融の審査は厳しく、銀行カードローンの審査基準は厳しいと言われています。
私も実際その通りだと思います。銀行カードローンの審査は厳しく、時間もかかります。信用情報に少しでも問題があると審査に落ちてしまいますし、収入などの属性の審査も厳しいです。
反対に、消費者金融は多少の信用情報についた傷、また属性が弱いと見られたとしても審査に通ることが多いです。
ですが矛盾するようですが、実は最近、消費者金融と銀行のカードローン審査基準には差が無くなっています。

銀行カードローンの保証会社に大手消費者金融が入った

現在、銀行カードローンの審査を行う保証会社の多くは「大手消費者金融」であることが多いです。それにより、審査基準を消費者金融のカードローン寄りとすること、審査に時間がかからないなどの恩恵を得ることができます。
単純に、「保証会社が消費者金融」のカードローンは審査が甘め、とも言えます。審査に自信がない方が、申し込むカードローンは、保証会社が消費者金融のカードローンが狙い目です。

「銀行カードローンの審査基準」を知るには「保証会社」を調べるべき

カードローンの審査を行うのは、その銀行で設定されている「保証会社」です。カードローンは申込時「保証人」を設定しなくて良いかわりに、「保証会社」を設定しなくてはならなくなるのですが、カードローンの審査を行うのはこの「保証会社」です。銀行のカードローン審査基準を知るには、この「保証会社の審査が甘いか厳しいのか」調べれば良いということです。
例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社として設定されているのは、大手消費者金融のアコムです。三菱東京UFJ銀行カードローンとアコムの関係は、「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか?厳しいのか?」の中で詳しく書いています。

それぞれのカードローンで設定されている保証会社一覧
キャッシング 保証会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル
じぶん銀行カードローン アコム
プロミス 自社
アコム 自社

銀行ではなく消費者金融のカードローンは、返済の保証を自社で行っているのが見て取れるはず。つまり消費者金融のカードローン審査は、自社基準で行うということです。
さらに、じぶん銀行カードローンなど、一部の銀行カードローンで設定されているのは「アコム」など大手消費者金融。つまりじぶん銀行のカードローン審査基順は、限りなく「アコムの審査基順に近いもの」だということです。
審査基順が柔軟な銀行カードローンをお探しの方は「じぶん銀行カードローン」や「三菱東京UFJ銀行カードローン」など、保証会社に消費者金融が設定させている銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

消費者金融の方が審査時間も短い

消費者金融のカードローンは、審査基準が柔軟なだけでなく銀行カードローンほど審査に時間を取られることがありません。

大手消費者金融はどこも、即日審査どころか「最短30分審査」をうたっており、早ければ申し込んでから1時間後には借り入れを完結できる設計を組んでいます。

審査時間が短いカードローン、また審査を早める具体的な方法を知りたい方は、「即日審査対応のカードローン、即日審査に落ちないための審査対策」を読んでみてください。

審査基準の柔軟なおすすめカードローン

具体的に、審査が柔軟でおすすめのカードローン商品を二つご紹介します。これから紹介するカードローンはどちらも、審査に時間がかからず審査基準も甘めです。

アイフル

234×60
金利 限度額 審査
4.5~18.0% 500万円 最短30分

アイフルは今時めずらしい、銀行に頼らない経営を行っている独立系大手消費者金融です。
独立系を貫くだけの経営ノウハウは信頼に値するものです。その審査基準も銀行に影響を受けない独自のもので、IR情報にも47.0%という高い審査通過率が出ています。

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 限度額 審査
4.6~14.6% 500万円 最短30分

三菱東京UFJ銀行は銀行カードローンは確かに銀行カードローンですが、審査の大部分を提携しているアコムに委託しているため、審査基準がかなり優しくなっています。
審査に多少自信がある方は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」に申し込んでみるのも良いでしょう。

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン
金利 限度額 審査
4.3~14.8% 500万円 最短即日

千葉近郊にお住まいの方のみ利用できるという制限がついているものの、最短即日融資にも対応している、使いやすいカードローンです。
口座があれば即日融資を受けられるなどのメリットがあるものの、他銀行口座への振込も可能など、柔軟性の高いカードローンでもあります。

仮審査で調べる審査基準

大手消費者金融や銀行カードローンによっては、簡単にいくつかの項目を入力し送信すると仮の審査結果を受け取ることができる、お試し審査に対応しているところがあります。
このお試し審査だけでも、多少の審査基準のバラつきがあります。まずはこのお試し審査にいくつか申し込んでみることで、カードローンの審査基準が大まかに見えてくるのではないでしょうか。
お試し審査についての詳しい情報は、「カードローン審査が不安なら、まずはお試し審査」で説明しています。こちらも合わせてご覧ください。

あなたがカードローン審査に不安なのはどこですか?

そもそも、あなたはどうしてカードローンの審査に通るか不安を感じているのでしょうか。
収入が少ないから?過去のキャッシング利用で信用情報に傷がついたから?そもそもカードローン利用がはじめてだから?

収入が少なくて不安なら消費者金融のカードローンへ申し込んで

収入が少なくて、「カードローンの審査に落ちてしまうのでは…?」と思っている方は、銀行カードローンより消費者金融のカードローンへ申し込むべきです。
消費者金融のカードローンなら、たとえもらっているのがアルバイトの収入だったとしても、受けたカードローンの審査に通るはずです。

過去のキャッシングで信用情報が傷ついたなら

過去のキャッシング利用に返済遅延などがあり、信用情報に傷がついてしまっている場合は、少しカードローン審査通過が難しくなってしまいます。

信用情報がクリーンになるのを待つ

返済遅延や債務整理記録が信用情報から消えるまでには、5年から10年の期間が必要です。また、たとえ完全に記録が消えるのを待たずとも、記録された時点より時間が少しでも経過していれば審査に通りやすくなります。

中小消費者金融のキャッシングを利用する

中小消費者金融の審査は甘く、たとえ「ブラックリスト入り」をしている申込者だったとしても審査に通す「審査の柔軟さ」があります。
しかし問題は、中小消費者金融が扱うキャッシングが「フリーローン」であることが多いことです。カードローン利用を希望している方は、中小消費者金融申込時に少し調べたり考える内容が多くなります。

カードローン利用がはじめてなら、サービスが手厚い消費者金融のカードローンがおすすめ

カードローン利用がはじめてだと、「審査に通るのか」「そもそもお金の借り入れが不安」など、考えることが多くなるかもしれません
「カードローン利用がはじめて」だというだけで、審査において不利になることは少ないです。どのカードローンでも一定以上の確率で審査通過が期待できるでしょう。ですが、カードローン利用がはじめてなら消費者金融のカードローンがおすすめです。
なぜなら、銀行カードローンよりもはじめてのカードローン利用者がうれしい「サービス」が豊富に揃っているからです。

消費者金融や銀行の審査に落ちた時考えられる理由

あなたが申し込んだ消費者金融や銀行カードローンの審査。その審査で落ちた時考えられる、審査落ちの理由について書いておきます。各カードローンの詳しい審査基準はわからないものの、審査落ちの理由についてある程度の目処を立てることができます。
もしすでにカードローン審査に落ちた経験があるなら、自分がどうして審査に落ちてしまったのか。審査落ちの原因を知るための材料にしてください。

「属性」の審査基準を満たさなかった

まずキャッシングの審査で重要になるのが、「属性」の値です。属性とは、わかりやすく言うとその人の持つ「支払能力」を表す数値です。「どれくらいお金をもらっているのか」「どれくらい資産があるのか」など、どれくらい金銭的に優位な状態か、それぞれの項目を加点方式で審査します。

年収が少ない

年収も、属性において重要な項目となります。より多くの年収をもらっている人が、単純に「強い属性を持つ人」となるのです。
ですがこの年収の審査もそれほど単純なものではなく、年収が高いと言うより、「収入が安定している」人が一番審査に強い属性を持つ人となります。
もしあなたが過去カードローン審査に落ちた経験があるなら、「自分の年収は極端に少なくないか」「収入は毎月定期的な、安定した収入か」を思い返してみてください。

勤続年数が足りない

上でも述べた「安定した収入」を表現するためには、「ある程度長い勤続年数」が必要です。どれだけ良い会社で働いていても、勤続年数が半年以下なら、それは審査で有利な属性を手に入れることができません。
審査で有利な勤続年数は、少なくとも一年以上の勤続年数が欲しいところです。

収入が安定していない

「安定しない収入」とはどんなものかというと、毎月一定のタイミングで得られない収入のことです。
芸術家やミュージシャンなど、人気商売の人は収入のタイミングが一定でない人が多いですよね。その場合は、審査に不利な収入体系となってしまうのです。

「信用情報」が原因で審査落ち

続いて審査落ちの原因として考えられるのが、「信用情報」に残った記録で審査に落ちてしまったケースです。
信用情報とは、信用情報機関という専門機関に残された、「その人が今まで金融サービスとどのように関わってきたか」の記録です。その記録は審査する側にとって、申し込んだ人の返済能力を測る上でとても重要。審査に申し込む人は、自分の信用情報についてもしっかりと注意しておくべきでしょう。

短期間に復数のカードローン申込みがある

まず、信用情報にはカードローンやクレジットカードの審査に申し込んだ、「申込み記録」が残ります。この申込み記録が、短期間に集中していた場合、審査に落ちやすくなってしまいます。
なぜなら、その記録を見た消費者金融や銀行が、「お金に困っているので返済能力が低い」と判断するからです。

他社借り入れが多すぎる

さらに、信用情報には、「他社借り入れ情報」が残ります。この他社借り入れ状況も重要です。単純に、あちこちからお金を借りている人は、「他社の返済で金銭状況が思わしくない」と判断されるからです。審査に通りやすい信用情報とは、「他社借り入れが多すぎない信用情報」を指すのです。

過去のキャッシングで返済遅延を起こしている

信用情報に残る記録で最も重要視されるのが、「過去のキャッシング利用履歴」です。過去のキャッシング利用で、もしも返済遅延など金融事故を起こしていた場合。その記録を見た消費者金融や銀行が、「自社のカードローンでも返済遅延を起こしやすい」と判断して審査に落とされやすくなります。
返済遅延の記録は、信用情報に5年ほど残ってしまいます。その機関中は、カードローンの審査においてかなり不利です。

債務整理記録が残っている

債務整理の手続きを行った記録、これも信用情報に残されます。審査する側にとって、キャッシング利用中に債務整理の手続きをされると大きな損害となってしまいます。返済が免責になる自己破産などもってのほかです。当然、信用情報が少しでもクリーンな人の方が、カードローンの審査に通りやすくなるのです。

信用情報は信用情報機関に集まっている

個人ごとのキャッシング履歴などの膨大な記録。これらはすべて、信用情報機関という専門機関に集まっています。信用情報機関は全部で3つ。

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

これらの信用情報機関に、違う種類の信用情報が集まります。基本的に消費者金融などの貸金業者のキャッシング利用記録は、「JICC」に集まります。「CIC」に集まるのは、クレジットカードの利用記録、申し込み記録などです。全国銀行個人信用情報センターはその名の通り、銀行のキャッシング利用記録です。
それぞれ違うところから信用情報が集まるものの、審査で必要な情報をそれぞれの機関同士で共有しています。

CRIN

CRINという独自のシステムで、信用情報機関同士は情報を共有しています。
ある意味当然ですよね。銀行のキャッシング審査には、貸金業者のキャッシング記録も、クレジットカード利用記録も参考になります。
「自分は銀行のキャッシング利用は初めて」という方も、別の記録が審査結果を左右するかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
「カードローン審査で見られるポイント」から、「消費者金融と銀行のカードローン審査基準の違い」まで説明しました。
しっかりと審査において相応の対策を行っていれば、カードローンの審査に落ちることはありません。目当てのカードローンの審査で好印象を受けるためにも、しっかりと審査対策を行ってください。

カードローン審査基準より、おまとめローンの審査基準を知りたい方は、「おまとめローン審査に通るコツとおすすめのおまとめローン」を参考にして下さい。