カードローンの審査に通りやすくなるコツはある?

  公開日:   最終更新日:

カードローンは消費者金融や銀行に申し込んで、その審査に通らないとお金を借り入れることができません。
審査に通りやすくなるためのコツを知っておき、審査対策を万全にしておくことでせっかく申し込んだその審査に落ちてしまうなんてことのないようにしましょう。

具体的に、「三井住友銀行カードローン」の審査について知りたいという方は、「三井住友銀行カードローンの審査」を参考にしてください。

申し込み書


どうしてカードローンの審査に落ちてしまうの?

カードローンの審査に落ちてしまうのはどんな人でしょうか。
一番重要視されるのは、年収など収入に関する情報より現在や過去のキャッシング利用情報です。それらの情報は信用情報と呼ばれ、信用情報機関という専門機関に集められます。
消費者金融や信販会社によって利用する信用情報機関の種類が異なります。信用情報に審査で不利な返済遅延や債務整理の情報がまだ残っていた時点で審査に落ちてしまいます。
そして年収や勤続年数など属性も審査で重要になります。少しでも多い収入、少しでも長い勤続年数が審査に落ちにくい属性となります。


審査に落ちないコツを教えて!

審査に落ちにくくするコツがいくつかあります。カードローンの審査で落ちるときには落ちてしまうのですが、少しでも審査に落ちにくくすることは可能です。

申込内容を正確に

申し込む消費者金融や銀行へ送る情報を正確に記述しておくことが、審査に通りやすくするためのコツです。自分音持っている個人情報と違う情報が申し込まれた時点で審査に落ちてしまいます。年収や職場の情報で審査に落ちにくくするために嘘をついたとしても当然審査に落ちてしまいます。
万が一審査に通ってお金を借りていたとしても、借りたお金の全額返金を求められてしまうことになります。

借入れ希望額を小額に

申し込む際に希望する借入額を小額にて申し込むことも審査に通りやすくするコツです。反対に高額キャッシングになればなるほど審査に通りにくくなります。
高額キャッシングになると自分の収入を証明できる収入証明書が必要になり、さらに審査にもより多くの時間がかかります。

申し込みは一社ずつ

申し込む消費者金融や銀行は短期間に10社など多くの業者に申し込むのではなく、借入れ条件を比較し厳選した一社に申し込むことにしましょう。他一ヶ月以内など短期間に復数の消費者金融や銀行への申し込みを行うと、その情報は生活が安定していないと見なされて審査に不利となってしまいます。

審査の甘い消費者金融に申し込んで

消費者金融や銀行によって審査基準はまったく異なります。10社あったら審査基準が10パターンあると思って良いです。大手消費者金融の中には審査通過率が明かされているところがあるので、前もって確認しておきましょう。

消費者金融 審査通過率
プロミス 42.7%
アイフル 47.8%
アコム 47%
レイク 40%

この数字は2016年4月時点の審査通過率となります。狙い目は独立した消費者金融であるアイフルです。銀行の経営に頼らない独自の審査基準で審査を行うため他社より甘い審査基準が設定されています。少しでも審査が甘い消費者金融を狙って審査を受けることでカードローンでの借入をより確実なものとできるでしょう。


審査に有利なのはどんな人?

審査に有利な人と不利な人が存在します。
有利なのはアルバイトより正社員として勤務している人だというのはわかりやすいです。ですが年齢でも有利不利があるのを知っていましたか? カードローンの審査で一番有利なのは、働き盛りで健康な26歳から35歳まで。独身者ならばさらに返済能力が高いと見なされて審査に有利となります。反対に35歳以上の人で独身者は審査に不利となり、25歳以下の若年層で既婚者は審査に不利となってしまいます。
その他持っている電話が携帯電話ではなく固定電話ならばより審査に有利ですし、健康保険の種類が国民健康保険ではなく社会保険証の方が審査で有利です。
より生活が安定しているほどカードローンの審査において有利なのです。

審査で見られる内容は?

もっと具体的に審査で見られる属性の情報とその情報の優先度を見ていきましょう。
やはり優先されるのは年収の金額です。年収が200万円以下では消費者金融の審査においても不利となります。銀行カードローンの審査ではまず通ることはないでしょう。
雇用形態も重要な審査基準の一つです。正社員なのかアルバイトなのか。公務員なのか自営業なのかを審査されます。アルバイトよりも正社員の方が、収入が安定していると見なされて審査に有利です。
勤務先の会社がどこなのかも審査で見られる情報です。有名な大手企業のほうが審査で有利です。
居住形態や家族構成、同居人の有無なども審査で見られる情報ですが、これらの情報は年収の情報などと比べるとそこまで優先度は高くありません。


審査前急いでいてもまずは落ち着いて

急いでお金を借り入れる必要があるとしても、まずは自分の情報を見なおして、自分が申し込む先の業者の情報も見なおしてみることが大切です。実際に申し込む段になっても、申込内容を確実に、間違いのないように申し込むことで審査に通りやすくなるでしょう。