カードローンの審査内容と対策が知りたい

  公開日:   最終更新日:

カードローンの審査に申し込もうと思っていても、審査で見られる内容など、審査に関する詳しい情報がわからないと不安…なんて方も多いのではないでしょうか。
ここではあらかじめ審査で見られる詳しい内容、そして審査に通りやすくするための審査対策を説明します。
この記事内の情報でもまだ足りない!という方は、TOPページのカードローン審査に関する情報を読んでみましょう。

書類を審査する男性


カードローンの審査で見られる内容は?

カードローンの審査で見られる内容は、どの消費者金融や銀行でも大きな差がありません。
大きく分けて属性と信用情報、審査ではこれら二つの情報を審査します。

属性とは

属性に含まれるのは、支払い能力にまつわるあらゆる情報。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態

一言に年齢と言っても、一番有利なのは「26歳~35際」であるなど、細かい規定があります。
これら以外にもあらゆる情報が属性に含まれますが、消費者金融などのカードローン審査で、特に重要視されるのはこれらの情報です。
属性は加点形式で審査が行われ、雇用形態が正社員であれば高得点、年収が高いほど高得点となり、最終スコアが審査基準を満たしていると審査通過となります。

信用情報とは

信用情報は、申し込んだ人が現在どのキャッシングやクレジットカードに申し込んでいるのか。また、どのキャッシングと契約を結んでいるのか、そして実際の借入れと返済履歴の記録。これが信用情報です。
信用情報を見れば多重債務や返済遅延など、返済能力に問題を来している部分を見つけることができます。大手消費者金融や銀行の審査では、どれほど属性が優れていようと、この信用情報が弱いとそれだけで審査落ちとなってしまいます。
多重債務などの審査基準は消費者金融や銀行によって若干審査基準が異なり、消費者金融は多少甘く審査してくれる場合もあるでしょう。


先に返済シミュレーションで仮審査結果を

一部の消費者金融や銀行によっては、ホームページ上で仮の審査を行うことができる場合があります。
この「お試し審査」は、現在の年収、他社借り入れ件数など簡単な数項目を入力するだけで、借入可能かどうかの仮審査結果を受け取ることができるのです。
仮審査の結果は必ずしも本審査の結果とは同じと限りませんが、一つの目安となることは間違いありません。


審査対策は

審査の内容について詳しくわかった後は、少しでも審査に通りやすくするための審査対策について学んでいきましょう。

申込内容情報を正確に

意外と多いのは、審査の申込情報で記載ミスや、嘘の情報で申し込んでいた場合。
実際の情報との差異が見つかった時点で当然カードローンの審査は落ちてしまいます。
勤務先の情報や年収の申込で嘘をついても、その嘘は審査の中で簡単にバレてしまいます。仮に嘘が通って審査が通ったとしても、後でその嘘が発覚した場合、借入れたお金の全額返金が求められ、信用情報にしっかりその情報が残ってしまいます。

借入件数を減らしておく

多重債務者は審査でかなり不利となってしまいます。多重債務を抱えているとそれだけ支払い能力が低いと見られるので、消費者金融や銀行はお金を貸したいとは思えませんよね。
審査申し込み前に一件でも借りれ件数を少なくしておくことは、審査対策としてかなり重要です。消費者金融や銀行は借入金額よりも借入件数を重要視して審査します。

おまとめローンでキャッシング

多重債務で苦しんでいるなら、おまとめローンで多重債務を一本化するのをおすすめします。
おまとめローンでキャッシングを一本化すれば、借入件数が減るどころか借入件数が一件になります。ネットから、または自動契約機を利用して即日借入れることができるおまとめローンもありますから、気軽に申し込んでください。

審査基準の甘いカードローンに申し込む

そもそも申し込むカードローンの審査基準が優しければ、審査に落ちてしまうという心配はありません。
アルバイト・パートで審査に自信が無い方は、申し込むカードローンの種類は銀行カードローンより消費者金融のカードローンの方が最適でしょう。
大手消費者金融の中でも審査通過率には若干の差が出ています。そうした情報はIR情報として公式サイトで見ることができますから、少しでも審査通過率が高いカードローンを選ぶというのも、審査対策として有効です。

楽天銀行カードローンは特殊

ですが、中には特殊な審査基準の銀行カードローンがあります。
例えば楽天銀行カードローン。

楽天銀行-468×60-20140611
金利 限度額 審査
4.9~14.5% 500万円 最短即日

楽天銀行カードローンは楽天カードユーザー、中でもカード使用頻度が高いユーザーを審査で優遇します。楽天銀行カードローンは低金利の割に「審査に通った」という声もよく耳にしますから、審査に自信が無い方でも楽天カードユーザーは申し込んでみるのも良いでしょう。


消費者金融も銀行も審査の内容は変わらない

消費者金融のカードローンと、銀行カードローン。どちらも審査の内容は変わりません。
違うのは、審査で見られる情報の基準だけです。銀行カードローンの方がより属性の高いスコアを、より過去のキャッシングで問題のない信用情報を求められます。
加盟する信用情報期間の種類も違いますが、信用情報機関同士で情報の共有が行われているので、なんにせよキャッシングの履歴は明るみになってしまいます。