銀行カードローンの審査に落ちた…その理由は?

銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すると審査基準が厳しく設定されており、申し込んだ多くの人が審査に落ちてしまいます。
審査に落ちてしまったのなら、どうして審査に落ちてしまったのか。その原因を探してみましょう。
意外な理由で審査に落ちてしまう場合があります。申込先の審査基準を満たすことができなかった場合の他、申し込み内容に誤りがあった、在籍確認がとれなかった場合も審査に落ちてしまいます。

銀行カードローンの中でも、とりわけ「三井住友銀行カードローン」について知りたい方がいれば、「三井住友銀行カードローンの審査」を読んでみてください。

スマートフォンを見ながら悩む男性


銀行カードローンの審査で見られること

銀行カードローンで見られる情報の種類は、実はそこまで複雑ではありません。大きく見られる情報は2つ。属性と信用情報です。どちらの情報に問題があっても審査に通りカードローンでお金を借入れることができません。

属性

銀行や消費者金融によって多少異なりますが、属性に主に属性に当てはまるのは以下の情報です。

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 年収
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 居住年数

さらに健康保険の種類や、持っている電話の種類、さらに既婚か独身かなど、生活にまつわる細かい情報が属性に当てはまります。
銀行はここを詳細に審査しますが、消費者金融は細かい情報を深く掘り下げることはありません。年収と勤続年数など、おおまかに収入が安定しているのか、その情報を見ます。
この属性はスコアリングで審査し、最終的なスコアがその業者が定めた審査基準を満たした時、審査に合格したことになります。

信用情報

属性より重要な審査基準が信用情報です。信用情報は過去現在のキャッシングの申し込みや契約、借入の記録です。
一番審査で不利なのが過去のカードローンやその他キャッシングでの返済遅れ。または、クレジットカードの利用代金支払い遅れです。
返済額を減額するための債務整理を行った記録も審査で不利です。信用情報機関の種類でも異なりますが、返済遅延や債務整理の記録が消えるまでには5年から10年ほど時間を必要とします。この間は銀行や大手消費者金融の審査ではかなり不利となることを理解しておきましょう。

銀行によって審査基準が違う

銀行によって審査基準はまちまちです。都市銀行カードローンである三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行カードローンは保証会社に大手消費者金融が入っており、審査も大手消費者金融が大部分を担います。
それにより、他の銀行カードローンで審査に落ちてしまった人もカードローン利用可になる場合があります。都市銀行カードローンは即日融資に対応しているのもうれしいですよね。


審査に落ちたとき考えられる理由

どうして審査に落ちてしまったのか。その場合考えられる主な理由をいくつか紹介します。審査は様々な基準から行われるので審査に落ちた理由も複雑です。しかし多くの人はこの中のどれかの理由に当てはまっているでしょう。

申し込み内容に誤りがあった

以外と多いのが、申し込み内容に実際の情報と差異があった場合です。単純に記載ミスがあった場合審査に落ちてしまいますし、実際の年収より多く申告した嘘なども審査に落ちるきっかけとなってしまいます。
嘘は審査の過程で簡単にバレてしまいます。正確な情報を申し込むことが、もっとも簡単にできる審査対策です。

審査基準を満たさなかった

審査に落ちてしまった理由として考えられるのはやはり、その銀行や消費者金融の審査基準を満たさなかった場合です。スコアリングで見られる属性が審査基準を満たさなかった場合審査に落ちてしまうことになってしまいます。

信用情報に問題があった場合

信用情報に問題があって審査に落ちる人は多いです。カードローンは復数の業者に渡り、何度も繰り返し利用することが多いですから、過去のカードローン利用で信用情報に問題があった場合、特に銀行カードローンの審査では大きく不利となってしまいます。

在籍確認が取れなかった場合

カードローンの審査で最後に待ち受けるのが、職場への確認電話である在籍確認です。この在籍確認が行われたとき、職場に在籍しているという確認が取れなかった場合審査に落ちてしまいます。
在籍確認が行われる時間帯などで相談できる業者もあるので、自分が確実に電話に出れる時間帯を指定するなど、在籍確認の対策も行っておきましょう。

短期間に複数業者への申し込みを行っていた場合

知らない人も多いですが、短期間に復数のカードローンに申し込んでいると、その短期的の同時申し込みは審査に不利となってしまいます。
短期間に復数のカードローンへ申し込むくらいに生活に逼迫しているということは、それだけ返済能力が低いと見なされて審査に不利となるわけです。