カードローンの審査に通らない理由は?どこの審査が甘い?

公開日: 最終更新日:

携帯を持って悩ましげな女性

カードローンでお金を借り入れる前には審査に申し込んで、その審査が通らないとお金を借り入れることができません

カードローンにはそれぞれ異なる審査基準が設定されています。

カードローンの審査にもし落ちてしまったなら、自分の属性や信用情報をもう一度見なおして、もっと審査の甘いカードローンに申し込んでみましょう。
そもそも銀行カードローンの審査に通らないと思ったなら、消費者金融の審査にターゲットを切り替える必要もあるでしょう。

そもそもどうして銀行カードローンの審査に落ちてしまったのか

最近は銀行カードローンの審査も一昔前と比べると甘くなっており、多くの人が貸付対象となっていると聞きます。

とはいえまだまだ消費者金融の審査と比べると厳しく設定されており、審査に落ちてしまう人も多いです。大きな審査に落ちてしまう要因で考えられるのは二つ。

属性が銀行カードローンの審査基準を満たさなかった

年齢や職業の他、雇用形態や年収の金額がそのものずばり入っているのが、この属性です。属性は審査基準の一つとなり、カードローンの審査ではこの属性が強い値でないと審査に通るのは難しくなります。

収入形態がどれだけ安定しているのかという情報のほか、家族構成や健康保険の種類、さらには持っている電話が携帯電話か固定電話かという情報も含まれます。

属性は生活力そのものです。生活がより安定していれば審査に強い属性だといえます。

年収は「100万円」が足切りライン 収入が安定していることも重要

やはり「収入」は、カードローン審査において重要な審査基準です。

収入が多ければ多いほど返済能力が高いということになります。まずどのカードローン審査でも、「年収100万円」が審査通過のために必要なラインです。それ以下だとカードローン審査に通るのがかなり難しくなると思ったほうが良いでしょう。

そしてそれ以上の年収だったとしても、「収入が不定期で不安定」だった場合、審査に落ちやすくなってしまいます。カードローン返済は毎月定期的に行うものですから、返済に対応するためには定期的な収入が必要になってくるのです。

勤続年数は半年以上でないと審査に落ちる

「収入の安定」を認めてもらうには、長い勤続年数が必要です。

勤続年数が長くなればなるほど、「この人はすぐに職を辞さない」と判断されるので、収入が安定しているとみなされます。

勤続年数が半年以下だと、いくら正社員だったとしても、審査に落ちやすくなる要因となってしまうでしょう。

職業が不安定

職業の種類も審査に影響があります。

風俗嬢やお水など夜のお仕事、芸術家など、「収入が安定しない職業」は、審査が落ちやすくなってしまいます。

信用情報に残っていた金融トラブルで審査に落ちたかも

属性よりさらに重要なファクターが信用情報です。信用情報に含まれるのは、ローン商品などキャッシング商品に申し込んだ記録。実際にキャッシングの契約を結んだ記録、そして契約した業者から借りたお金を返済した情報が記録されます。

審査において致命的なのが、返済が遅れたという情報。返済が遅れた情報は延滞の情報として、最長で5年間残ってしまいます。

2,3日の返済遅延が一度二度程度起こったとしても記録には残りませんが、返済遅延が続いた記録、数ヶ月の返済遅延が起こった場合はその情報は信用情報に残ります。

「信用情報」で業者が返済能力を量る

「返済記録」や「申し込み記録」「他社借り入れ記録」など、信用情報にまつわる記録でカードローン業者が何を知ろうとしているかというと、それも返済能力に他なりません。

「毎月返済していた実績」があるとそれは返済能力に繋がります。逆に他社カードローン借り入れが多すぎると、それらのカードローン返済で返済能力が下がってしまうというわけです。

信用情報は信用情報機関に集まる

個人がキャッシングなど、お金と関わった記録「信用情報」はどこに集められるか、それは「信用情報機関」です。

信用情報期機関歯は大まかにわけて3つ。それぞれの信用情報機関によって、記録される情報の質、種類が異なります。

信用情報にブラックな記録が残っているという自覚があるなら、信用情報機関への「情報開示請求」を行って、自分の信用情報を確かめておきましょう。

JICC

JICCで記録されるのは主に、「消費者金融の利用記録」です。

どの消費者金融に申し込んでいるのか。どの消費者金融のキャッシングと契約しているのか。そして実際、消費者金融のキャッシングでどれくらいのお金を借りているのか。それらの記録が残ります。

消費者金融の審査では主にこのJICCの信用情報が用いられます。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターに残されるのは、その名の通り、銀行のキャッシング利用記録です。

銀行キャッシングの審査では主に、全国銀行個人信用情報センターの信用情報が審査されます。

CIC

CICに残るのは、クレジットカードの利用記録。

クレジットカード利用料支払いに送れが生じると、CICにブラックな記録が残ります。クレジットカードの審査に落ちてしまうのは、多くの場合が、CICに残った記録に起因します。

それぞれのブラックな記録は「CRIN」で共有される

「自分は消費者金融のカードローンへ申し込むから、クレジットカードの記録は関係ないな」

と思う方も多いでしょうが、それは誤りです。なぜなら、それぞれの信用情報間のブラックな記録は、CRINというシステムによって共有されるからです。

どこかにあなたの「ブラック」な記録があった時点で、審査に落ちやすくなってしまうということです。

カードローン審査に通るためにあなたがやること

さて、カードローン審査に落ちてしまったその理由についてわかったところで、次の話題に移りましょう。

カードローン審査に落ちてしまったわけですが、それでは次に何をするべきなのか?

カードローンの審査に落ちた要因を取り除く

上で説明した、「カードローン審査に落ちた理由」。

これに当てはまらない人は、単純に言って審査に落ちることはありえません。つまり、「カードローン審査落ち」の理由を、努力して取り除くことで、次回のカードローン審査に通ることができるのです。

「収入を増やす」「他社カードローンの返済を行う」など、簡単にできることばかりではないものの、これができればカードローン審査に落ちることはまずありません。

審査の甘い消費者金融のカードローンに申し込む

カードローン審査に通らないとお困りの方は多くが、「自分に見合わないカードローン審査」を受けています。

つまり厳しすぎる審査にチャレンジしているのです。カードローン審査に落ちたなら、もっと審査基準の甘いカードローン審査にチャレンジし直すのをおすすめします。

消費者金融の審査について詳しい情報を知りたい方は、「「消費者金融の審査に落ちた…」審査に落ちた理由は?どこの審査が甘い?」を参考にしてください

審査の甘い消費者金融「アコム」

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 500万円
融資 最短1時間

申込みはこちら
大手消費者金融の中でも一番審査の甘い「アコム」のカードローンをおすすめします。

アコムは審査が甘いだけでなく、「最短30分審査」と「最短1時間融資」を可能としています。さらに、アコムの借入カード「ACマスターカード」にはクレジットカード機能を付帯できます。

サービス面に優れたアコムのカードローン。ぜひ審査にチャレンジしてみてください。

サービスに優れている「アコム」

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
融資 最短1時間

申込みはこちら
銀行傘下に下らずに経営が進められる、今時珍しい独立型の消費者金融「アイフル」のカードローンも、比較的審査が甘くおすすめです。

ですが、いくら審査が甘いとはいえ、「安定した収入」と、「クリーンな信用情報」が無いと、アイフルの審査をクリアすることは難しいです。

しかし、独自のレディースローンや、審査を早めてくれる専用ダイヤルなど、サービス面に優れた消費者金融「アイフル」のカードローンはかなりおすすめです。

審査の甘い消費者金融「アロー」

アロー

金利 15.0~19.94%
限度額 200万円
融資 最短即日

アローのキャッシングはかなり審査が甘いです。

審査時間も最短45分とかなり早い設定。街金のキャッシングも中々捨てたものではありません。

次回申し込みは一社に申し込み

「短期間の複数キャッシング申し込み」は、審査に落ちる要因となってしまいます。

「同時に申し込むほどお金に困っている」=「返済能力が低い」と判断されるからです。

くれぐれも、カードローン審査に通らないとお悩みなら、次回は「一社に絞った申し込み」を行ってください。

まとめ

カードローンの審査に通らないなら、そこには必ず理由があります。

どうして審査に通らないのか?どうすれば審査に通るのか?どのカードローン審査に申し込めばいいのか?

しっかり考えて、次回のカードローン審査には落ちないようにしたいですね。