カードローンの審査時についた嘘はバレる?

公開日: 最終更新日:

マスクの女
カードローンに申し込んだ後あなたが受けることになるのが、申し込んだ消費者金融や銀行による申込者の審査です。この審査を少しでも通りやすくするために、または借入限度額を少しでも高くするため申し込み時に嘘をつく人がいます。

申し込み時についた嘘は消費者金融が取り寄せた信用情報などを見ることで簡単にバレてしまいます。嘘をついてその嘘がバレずに審査をクリアしたとしても、良い結果は待っていません。正直な情報で申し込みましょう。

大前提として…カードローン審査でついた嘘はバレます

まず大前提として、カードローン審査時についた嘘は、かなりの高確率でバレます。

逆に、審査する消費者金融や銀行にバレない程度の地味な嘘なら、嘘をつく意味があまりないと言えます。

消費者金融など金融会社は、過去何千人も何万人も審査してきたのです。そのため、様々なパターンの利用者データが残っています。この年齢でこの職業でこの地域に住んでいる人はだいたいこんな感じの人…といった感じに、様々な属性のデータベースがあります。

当然嘘がバレると審査に落ちる

申込時に嘘がバレるとその審査には落ちてしまいます。そしてその審査申し込みの情報、そして審査に落ちた情報も信用情報に残ってしまいます。

審査に落ちた人の多くは別の消費者金融への申し込みを行うでしょう。その際その審査に落ちた情報は不利となります。

ブラックな信用情報になってしまうことも

短期間に復数の業者へ申し込んでおり、その審査で落ちている情報が残っていると、審査に無条件で落ちてしまう「申し込みブラック」となってしまうことがあります。

一社一社の申し込みを確実に、申し込む消費者金融も厳選することが大切です。

カードローン利用後嘘がバレることも

もし嘘がバレず審査に通り、カードローン利用可能な状況になったとしても、カードローン利用後に嘘がバレてしまうケースも少なくありません。

その場合、当然カードローンは利用停止処分を受けてしまいます。もし嘘が悪質だった場合、貸しつけたお金の一括返済を求められることもあり得ます。

信用情報にも金融事故情報として残ります。審査に落ちてしまうより痛いペナルティだと言えるのではないでしょうか。

嘘をつかなくても利用できるおすすめのカードローン

嘘をつくとカードローン審査に落ちてしまう確率がむしろ落ちます。無理やりカードローン審査に通したとしても、限度額が低くニーズに叶うカードローン利用ニーズが叶わないかもしれません。

効率的なカードローン申し込みは、「嘘をつかなくても利用できるカードローンを選んで、そのカードローンに申し込む」ことです。

嘘をつく必要のないカードローンをいくつかここで紹介します。

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分
融資 最短即日

申込みはこちら
プロミスのカードローンは利用しやすく、審査において嘘をつく必要もありません。

ネット申し込み、電話申し込み、無人契約機からの申し込みそれぞれあらゆる方法で、即日融資での借り入れが可能となっています。

審査に時間がかからないということは、それだけ審査スキームがしっかりと確立されているということ。下手に嘘をついてしまうと、その嘘は簡単にバレる仕組みがあると見たほうが良いです。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

申込みはこちら
アコムは株主向けに公開している、「カードローン審査通過率」が大手消費者金融3社のうちもっとも高いです。

つまり、それだけ審査が甘いということ。カードローン審査において嘘をつかなくとも、アコムのカードローン審査ならば十分審査に通る望みがあります。

申込時の嘘とバレるパターン

申込時ついたどんな嘘が、どんな流れでバレてしまうのか。先にそのことを理解しておきましょう。

本人情報

本人情報の嘘は意味をなしません。申込時に本人確認書類を提出するからです。

年齢によってカードローンの審査に通りやすくなることもありますが、ここで嘘をついて有利な状況を作っておこうと思う人はいないのでは。

居住形態

今賃貸に住んでいるのか。持ち家に住んでいるのか。居住年数はどれくらいかなど、確かに審査に通りやすい嘘をつきやすい部分ではあります。

しかし居住年数は過去のキャッシングやクレジットカード申し込み時の情報でバレてしまいます。住宅ローンの借入も信用情報に残っているので、ここでつく嘘にも意味がありません。

勤務先

勤務先で嘘をつく人は多いですが、その嘘は在籍確認で簡単にバレてしまいます。在籍確認でその人が在籍していないと電話口で言われたなら、そこで審査落ちとなってしまいます。

勤続年数の嘘も、過去のクレジットカード申込時の情報と照らし合わせることでバレてしまいます。

年収

ここで嘘をつきたくなる人が一番多いのではないでしょうか。年収が多ければそれだけで簡単に審査に通るというほど単純ではないですが、年収が多いと確かに審査で有利です。

ですが最近多いのが在籍確認を収入証明書でその代わりとできるパターン。この時その収入に関する嘘はバレてしまいます。消費者金融は総量規制の関係で、この年収の確認を厳しく行います。

収入証明書を提出しなければ実はバレにくい年収の情報ですが、勤続年数と勤務先、年齢などを見れば消費者金融や銀行は大まかな年収を推測できるのではないでしょうか。

現在のキャッシング状況

現在どこからどれだけお金を借りているのか。この情報も審査に大きく関係するので、嘘をつきたいと思う人は多いでしょう。

多重債務者は審査でかなり不利です。しかしこの借入状況は信用情報に記載されているので、信用情報をみれば一発で嘘がバレてしまいます。消費者金融もここには注意を払って審査を行います。

最も審査がバレやすい部分であると言っても過言はないでしょう。実は一番嘘がバレやすいポイントでもあるのです。他社借入があるなら正直に申し出ておきましょう。

借入れたお金の利用意図の嘘はバレない

申込時に、借入れたお金の利用目的を大まかに伝える項目があります。この場合ついた嘘は例外的にバレにくいです。

たとえギャンブルで浪費するお金だったとしても、生活費やレジャー目的の借入だと伝えても、その嘘はバレにくいです。