お金の使いみち次第でカードローンの審査に影響が出る?

カードローン利用前に気になるのが、申し込んだ審査に無事通りお金を借入れることができるかどうか。
できるだけ、申し込んだ後の審査で落ちてしまう要因を作るのは避けておきたいはずです。ここで気になるのが、申し込む際届け出たお金の利用目的が審査結果に影響を及ぼすのかということ。
カードローンで借入れたお金の利用目的は原則自由となっており、よほど突飛な利用目的を設定しないかぎり利用目的で審査に落ちてしまうことはありません。
さらに詳しく、審査についての詳しい情報を知りたい方は、TOPページにあるカードローン審査についての詳細情報を読んでみてください。

お金を持って喜ぶ男性

カードローンで借入れたお金の利用目的は原則自由

カードローンで定められた規定で、借入れたお金の使いみちは原則自由とされています。カードローン利用者の好きな利用目的で借りたお金をつかうことができます。
禁止されているのは事業目的での借入、または返済能力を疑われてしまうギャンブルの元手にするための借入です。

事業目的のお金はビジネスローンで

もし事業目的での借入が必要な場合はビジネス目的の借入専門であるビジネスローンを利用してください。
中小企業や個人事業主に向けて作られたローンで、銀行だけでなく消費者金融や信販会社の中にもビジネスローンを展開しているところがあるくらいです。
ビジネスローンにより金利の設定もまちまちです。中には即日融資に対応しているビジネスローンもあるのでしっかりと比較した上の借入を行ってください。

利用目的をギャンブルにした場合にも審査で落ちてしまうことがある

消費者金融や銀行は高い返済能力を持っている人にお金を貸したいと思っています。借りたお金でギャンブルを楽しみたいと宣告している人は、返済能力が低いと見なされる場合が多いのです。
たとえギャンブル目的の借入であっても「レジャー目的」など借入目的の申し込みで工夫を凝らしておきましょう。

カードローンで借りたお金の使いみちで多いパターン

カードローンで借入たお金の利用目的で多いのはやはり生活費や、娯楽を楽しむためのレジャー目的の借入です。利用意図原則自由であることのメリットはここにあります。
他のローンでは遊ぶためのお金や、生活費を補填するための借入を行うことができないからです。

生活費の補てんに便利

まだまだ日本国内は不景気に苦しんでいます。消費税は今より上がることも近い未来ほとんど決まっています。
ほかの色んな理由で生活費が足りず生活苦に追い込まれてしまう人が多いでしょう。消費者金融や銀行のカードローンはそういった人たちの強い味方です。カードローンで借りたお金の利用目的一位がこの生活費にあてるお金の借入です。

レジャー目的の借入にも対応

同じくカードローンの借入目的の一位がこのレジャー目的の借入です。
例えば旅行のための借入、他にもずっとほしかったものを買うためのお金を借入れることもできますし、その利用意図で審査に落ちてしまうことはありません。しかし借入と返済には計画性を持っておくことが大切です。

限度額までなら何度でも再融資可能

カードローンの利点は限度額まで何度でもお金を借入れることができるということです。
消費者金融のカードローンは総量規制がかかることにより年収の3分の1までしか借りることができないという制限がかかるものの、お金が必要になったタイミングでお金を借りることができるのは大きなメリットです。

急な金欠でカードローンが大活躍

カードローンは急に訪れる予想できないお金のピンチに対応できるという利点があります。
有名な大手消費者金融カードローンだけでなく、三井住友銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンも即日融資に対応したものが多いからです。
お金が必要なタイミングでお金を借入れることができる。それが消費者金融や銀行のカードローンです。
銀行カードローンのほうが消費者金融のカードローンより低金利でのキャッシングが可能ですが、審査基準が異なることにも注意しておきましょう。

即日融資以外のサービスもしっかり比較

即日融資に対応していること以外にも、金利やサービスをしっかり比較したうえでのキャッシングを行う必要があります。レディースローンやスマホ対応のネットキャッシングなど、キャッシングを助けるサービスの種類は多いです。

他社の借金返済に利用可能

カードローンで借入れるお金の利用目的は原則自由です。そして申し込みも借入も気軽に行うことができる点から、複数社にわたってカードローンの借入を行う人は少なくありません。
しかしそうなると、高い利息をそれぞれの業者に支払うことによる返済の負担は大きくなります。そんなときにもカードローンで借入れたお金を、他社への返済にあてることも可能です。
ですがそんな自転車操業を行っていてもジリ貧の生活から脱することはできません。複数社の借入をまとめるためのおまとめローンの利用も検討してください。