主婦はカードローンの審査で不利なのか?

  公開日:   最終更新日:

「主婦はカードローンの審査で不利」そんな思い込みで、申込みに踏み切れない方は多いのではないでしょうか。
最近のカードローン利用者の割合を見ると、主婦の利用者の割合が大きくなっています。これは、大手消費者金融が運営するレディースローンの存在や、銀行カードローンが借りやすくなったということに由来するでしょう。
今回は、主婦とカードローン審査の関係について詳しく説明します。
カードローン審査に関する詳細情報は、TOPページにもたくさん載せておきました。TOPページのカードローン審査における詳細情報を読めば、審査に悩む主婦の助けとなる情報があるはずです。

お金に悩む主婦


主婦はカードローン審査で不利?

主婦がカードローン審査に申し込む際重要なのは、申し込む主婦に収入があるかということです。収入に関する情報は、返済の話題と大きく関係するからです。
働いている主婦は、大手消費者金融や銀行カードローンなど、選択肢が広いです。対して収入が無い専業主婦の場合は、総量規制対象外の銀行カードローンのいくつかが、専業主婦のキャッシングに対応しています。

働いている主婦の場合

働いており、収入が一定以上ある主婦は、利用できるカードローンの種類が多いです。有名なプロミスやアコムなど、大手消費者金融のカードローンをはじめ、銀行カードローン各種もキャッシング対象です。
何も正社員として働いておらずとも、アルバイト・パートなどの非正規雇用者でも、収入が安定している主婦なら問題なく審査に通ります。

専業主婦の場合

働いていない、収入がまったくない専業主婦の場合は話が別です。総量規制の対象となる、消費者金融などのカードローンは、収入で借入金額が決まるため、まったく収入のない専業主婦が利用することはできません。
専業主婦がカードローンを利用する場合は、総量規制対象外の銀行カードローンの中でも、専業主婦のキャッシングに対応したカードローンを利用しなくてはなりません。


カードローン審査に通りやすくなるコツ

ここからは、カードローン審査を申し込む主婦が、審査に通りやすくなるコツを紹介します。

申し込むカードローンは厳選した一社へ

短期間に復数のカードローンへ同時に申し込むと、その申込記録で審査に落ちてしまいます。
申し込むカードローンはあらかじめ情報を調べて、厳選した一つか二つに絞っておきましょう。

申込情報で嘘をつかず、正確な情報で申し込む

まず、申し込む情報で審査に有利になるだろうと、嘘の情報で申し込むのはやめましょう。審査する消費者金融や銀行は、申込み情報に含まれた嘘を、過去のノウハウで簡単に見破ります。

借入件数と借入金額を減らしておく

借入件数と借入金額を、少しでも少なくしておくのをおすすめします。他社借入件数と他社借入金額が多い状態だと、支払い能力が低いと見られてしまい、審査で不利となってしまいます。
繰り上げ返済やおまとめローンの活用をおすすめします。

勤続年数は長いほうが有利

今すぐできる審査対策ではありませんが、一つの職場で長く働いている記録は、審査でかなり有利となる情報です。たとえアルバイトだったとしても、一年以上などの長い勤続年数は、「収入が途切れにくい」と見られて審査に有利となります。

なるべく審査の甘いカードローンへ申し込む

審査の甘いカードローンへ申し込むのも大切です。大手消費者金融の中でも多少審査基準が違いますし、銀行カードローンの中にも、大手消費者金融とほとんど審査基準が変わらない銀行カードローンがあるくらいです。
前もって口コミなどを参考にして、審査の甘いカードローンに目星をつけておきましょう。


旦那にバレないようにカードローンを利用するには

主婦が気になるのは、カードローン利用が旦那にバレてしまうのではないかということ。ですが、少し工夫すれば、カードローン利用が旦那にバレてしまうことはありません。
そもそもカードローンは、申し込む際保証人も担保の提出も求められません。一人でキャッシングを完結することができます。

自動契約機でカードを受け取る

主婦の皆さんにおすすめしたいのが、大手消費者金融が中心に展開している、「自動契約機」です。
自動契約機を使ってローンカードを発行すれば、カード郵送の場合バレてしまうリスクの心配が必要ありません。
専業主婦の皆さんには、三菱東京UFJ銀行の「テレビ窓口」をおすすめします。テレビ窓口を使えば消費者金融の自動契約機と同じく、その場でカードを受け取ることができます。

ネットでキャッシングを完結する

カードローンの中には、ネット上でキャッシングのすべてを完結することができるものがあります。そうしたカードローンを利用することで、ATMを利用している姿を見られるリスクが無くなります。
スマートフォン上でキャッシングを完結すれば、お金の借入で場所の制限を受けることもありませんよね。


主婦がカードローンを利用する際の注意点

主婦がカードローンを利用する際に注意して欲しいポイントがいくつかあります。

主婦のカードローンは限度額が低い

主婦は、カードローンの審査に通ったとしても、設定できる限度額が低くなってしまうことが多いです。
これには、主婦の収入が少ないこと、そもそも専業主婦が利用できる限度額が最高30万円程度と制限を受けているからです。

返済が遅れると連絡が来る

カードローンの返済が遅れると、返済を催促する連絡が、消費者金融や銀行から届く場合があります。
その連絡で、旦那や家族にカードローン利用がバレるケースが多いです。くれぐれも返済は遅れないようにしましょう。

カードローン利用で借金地獄に?

カードローンは限度額まで何度でも追加融資を借りられる、とても利便性の高いキャッシングサービスです。自分の返済能力を越えた借入を続けていると、借金がやめられずに借金地獄へまっさかさまです。

クレジットカードの審査に影響が出る?

クレジットカードを作ろうとしている主婦の皆さんがきになるのは、カードローンの利用でクレジットカードの審査に影響が出るのかということ。
ですが、カードローンを利用しているだけでは、クレジットカードを作る際の審査結果に影響は出ません。問題は、返済遅延や債務整理を行った場合です。

信用情報は信用情報機関同士で共有される

返済が遅れた記録や、債務整理の手続きを行った記録は、「信用情報」に残り、審査で見られてしまいます。ですが、クレジットカードの審査で見られる信用情報と、カードローンなどキャッシングの審査で見られる信用情報は別物です。
しかし、あまりにもひどい返済遅延や、債務整理を行った記録は信用情報機関同士で共有されるため、様々な審査で影響が出てしまいます。
また、現在いくら借入れているかの記録も共有されてしまいます。クレジットカードのキャッシング枠を設定する際、借入状況が大きく関わってくるからです。


主婦でもカードローン審査に通るが、収入があるかが重要

今回、主婦がカードローンの審査へ申し込む際の注意点について説明しました。
収入がある主婦なら、大手消費者金融や銀行カードローンなど、幅広い選択肢の中から自分にあったカードローンへ申し込むことができます。その申し込んだ主婦の収入が安定していれば、問題なくカードローンの審査に通るはずです。
専業主婦でも、利用可能な銀行カードローンはいくつかありますから、収入のない専業主婦も心配いりません。
つまり、自分にあったカードローンをしっかり選んで申込むことが大切だということです。